Perfume

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 10:12:42.67 ID:CAP_USER9
Perfume主演ドラマに続報、幼なじみ3人娘が引きこもり中年の面倒見る
テレビ東京ほかで放送されるPerfume主演のスペシャルドラマ「パンセ」の予告映像が完成。
共演者など詳細が明らかになった。
「パンセ」はあ~ちゃん演じる建設会社のOL「どんちゃん」、かしゆか演じる実家の
家業手伝いの「おかみど」、のっち演じるフリーターの「のりぶう」という幼なじみの
女の子3人が主人公。非日常を求めて昔から気になっていた洋館を買うことになった3人は、
格安の価格と引き換えに「“力丸”の面倒を見ること」という条件を飲む。
3人は“力丸”をペットと信じ込んでいたが、その正体は勝村政信が演じる引きこもりの中年男性だった。

http://natalie.mu/music/news/224932
no title

【Perfume主演ドラマに続報、幼なじみ3人娘が引きこもり中年(勝村政信)の面倒を見る】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 11:21:35.73 ID:CAP_USER9
2月15日にニューシングル「TOKYO GIRL」をリリースするPerfumeが、これを記念したYouTubeでの生配信企画を実施する。

この生配信はYouTubeのPerfume公式チャンネルにて、シングル発売を目前に控えたバレンタインデーの2月14日20:00から行われる。また、毎年恒例のファンクラブ「P.T.A.」会員向けのUstream配信は、このYouTube生配信に続いて行われるとのこと。両企画で果たしてどんな映像が見られるのか、ファンは楽しみにしておこう。

YouTube「Perfume バレンタインSPECIAL企画」
2017年2月14日(火)20:00~20:15(予定)

2017年2月10日 22:00
http://natalie.mu/music/news/220336
no title

no title

no title

【Perfume「TOKYO GIRL」発売記念しバレンタインにYouTube生配信】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/01(水) 11:38:31.50 ID:CAP_USER9
日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」の主題歌になっているPerfumeのニューシングル
「TOKYO GIRL」ミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオには、いろいろな想いが行きかう“東京”の街の中にPerfumeタワーが出現。
情報過多な都会の街で、自分を見失ってしまいそうな人々が抱えるそれぞれの思いが
Perfumeタワーの周りで交差し、Perfumeのダンスで浄化されていく。楽曲同様、今の自分に
自信を持たせてくれて、背中を押してくれるようなミュージックビデオとなっている。

衣装は、1980~90年代に流行したワイドショルダー・肩のラインが特徴的で、構築的な
デザインでファッション界をリードしたティエリー・ミュグレを彷彿させるデザインに
仕上げられており、グッと大人びたエレガントなPerfumeを魅せている。

また、今回はPerfumeのメンバーと公私ともに仲がよく、ドラマ「東京タラレバ娘」の主演を務める
吉高由里子が友情出演している。

「TOKYO GIRL」は2月15日のCDリリースに先がけ、2月8日よりデジタル先行配信される。

リリース情報
2017.02.15 ON SALE
SINGLE「TOKYO GIRL」

番組情報
日本テレビ系「東京タラレバ娘」
毎週水曜22:00~23:00
出演:吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、鈴木亮平 ほか
(C)NTV

「東京タラレバ娘」番組サイト
http://www.ntv.co.jp/tarareba/

Perfume OFFICIAL WEBSITE
http://www.perfume-web.jp

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000006-mnet-musi

[MV] Perfume 「TOKYO GIRL」(short ver.)
https://youtube.com/watch?v=KrjqhCEgGTI


1 (1)

【吉高由里子が友情出演!Perfume、ドラマ「東京タラレバ娘」主題歌「TOKYO GIRL」MV公開】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 04:54:16.33 ID:CAP_USER9
女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で、 3人組ユニット「Perfume(パフューム)」の“あ~ちゃん”こと西脇綾香さんと俳優の加藤諒さんが声優に初挑戦することが11日、明らかになった。
2人が演じるのは、吉高さんが演じる主人公・倫子に容赦ないダメ出しをする謎の生き物「タラ」と「レバ」で、2人とも、もともと声優の仕事に興味を持っていたことを明かして意気込みを語っている。

 「タラ」(加藤さん)はタラの白子、「レバ」(あ~ちゃん))はレバテキがモチーフのキャラクターで、倫子にしか見えないという設定。ドラマ中はCGで表現する。
倫子が「あのとき、ああだったら」「こうしていれば」と“タラレバ話”をすると、強烈なダメ出しをして倫子の心を折る。

 あ~ちゃんは「声のお仕事はずっとやりたいと思っていて、周りに話していたのでかなったと思いました。
レバちゃんは辛らつな言葉で罵倒し、私があまり言わない言葉ばかりなので、大丈夫かなと少し不安ですが、すごい楽しみです」、
加藤さんは「声の仕事にすごい興味があってぜひやりたいと思っていました。(原作マンガの)東村アキコ先生の作品はずっと読んでいて大ファン」と話している。

 「東京タラレバ娘」は、30歳独身の売れない脚本家・鎌田倫子(吉高さん)が、親友たちと3人で女子会を繰り返し、「きれいになっ“たら”もっといい男が現れる」「好きになれ“れば”結婚できる」と高すぎる理想や現実味のない話でくだを巻いていると、突然金髪のイケメンに「このタラレバ女!」と言い放たれ、厳しい現実を思い知らされる……という物語。
榮倉奈々さん、大島優子さん、坂口健太郎さん、鈴木亮平さんらも出演する。18日から毎週水曜午後10時放送。初回は10分拡大。


・ドラマ「東京タラレバ娘」に主演する吉高由里子さん(中央)と声で出演する加藤諒さん(左)、「Perfume」の“あ~ちゃん”こと西脇綾香さん(右)=日本テレビ提供
no title

no title

http://mantan-web.jp/2017/01/11/20170110dog00m200042000c.html

【Perfumeあ~ちゃん 「東京タラレバ娘」で加藤諒と声優初挑戦 吉高由里子に「ダメ出し」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 16:10:52.22 ID:CAP_USER9
 昨年のNHK紅白歌合戦。またまたPerfumeがやってくれた。「ダイナミックVR」と銘打ったパフォーマンスは、すごいことは分かるのだけれど、一体どうなっていたの?どんな仕組みなのか、関係者を取材した。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇

 まずは紅白でのパフォーマンスを振り返る。一言で言えば、床と背後に設置したLEDパネルを「1枚絵」のように錯覚させる、トリック・アートの超最新バージョン。レコード会社の担当者によれば、カメラのカット割りに対して「このカメラはここにあって、こういう角度だから、こうプログラミングして…」と計算し尽くし、メンバー3人がデジタル空間に浮遊しているかのような違和感のある映像を作り上げた。

 3人のパフォーマンスが高度な再現性を有しているから可能な演出でもあり、一発勝負の“生感”がもたらす驚きと意外性に満ちていた。あえてLEDに会場セットと同じデジタル映像を流すなど、虚構と現実を交錯させ、錯覚をとことんまで追求している。

 会場とテレビの前で違う体験をする試みで、リハーサルの際、NHKホールの客席で見ていたときは、どんな演出になっているのか、ピンとこなかった。本番をテレビで見て初めて全貌が分かり、なるほどとうなった。

 この演出は、昨年9月に放送された「Mステ ウルトラフェス2016」内でのパフォーマンスを進化、発展させたもの。当時は「オプティカル・イリュージョン」と命名されていた。

 紅白でのパフォーマンスには、これに「連動する光線」が加わっている。3人の衣装に取り付けられたポイントをカメラが追跡(トラッキング)。動きを即時データ化し、LEDに反映させることで3人の手足の動きに合わせて流線型の光の筋が舞った。

 2014年はドローンと連動、2015年は仮想空間と現実のNHKホールをリアルタイムで融合。近年、Perfumeは紅白で“最新作”を提示してきた。

 テクノロジーを担当するのはリオ五輪の引き継ぎセレモニーと同じ「Rhizomatiks(通称ライゾマ)」の真鍋大度氏。ドラマ「逃げ恥」の“恋ダンス”で時の人となったMIKIKO氏が演出、振り付けを担当している。新聞記事では、主語を「俳優の○○」「男性○人組グループ○○」などと肩書付きで表記するが、もはやPerfumeは「女性3人組テクノポップユニット」を超えたスペシャリストたちの集合体だ。

 とはいえ、ライゾマを特集した「美術手帳」1月号のインタビューで真鍋氏はこう語っており、Perfumeの核を伝えている。

 「僕らがやっていることはパフォーマーの努力によって成り立ってるものばかりなんです。当たり前のようにやっているように僕らも錯覚してしまうこともありますが、実際にはものすごく大変なことをお願いしています。だから、Perfumeがやっていることを他でそのままやるのは無理だと思う」

 もはや舞踊や演舞の達人的なすごみすら感じさせる広島出身の3人が、軽やかに見せる流麗にして力強いパフォーマンス。どんな演出であろうと涼しい顔で完璧に演じきる、その姿こそが最大の「錯覚」なのかもしれない。(デイリースポーツ 古宮正崇)


2017.1.8
http://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/01/08/0009811594.shtml
no title

【Perfumeの紅白 “最先端だまし絵”の仕組み 虚構と現実を交錯】の続きを読む




このページのトップヘ