NHK

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 11:29:41.85 ID:CAP_USER9
4日に放送された女優・綾瀬はるか(31)主演のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」(土曜・後9時)第7話の平均視聴率が6・7%を記録。前回から0・4ポイント上昇したことが6日分かった。

 上橋菜穂子さんのベストセラー小説「守り人シリーズ」を原作にNHK初の大河ファンタジードラマとして描かれる今作。綾瀬演じる架空の国の女用心棒「バルサ」の活躍を描く冒険物語だ。16年3月から3年にわたり、計3シリーズ全22回を放送。昨年4月に放送された第1部の初回視聴率は11・7%だった。

 昨年10月に急死した平幹二朗さん(享年82)の後を受け、鹿賀丈史(66)が聖導師役で出演することも話題になっている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000081-sph-ent

NHK

【綾瀬はるか主演「精霊の守り人」第7話は6・7% 同ドラマ最低の前回から0・4ポイント上昇】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 12:25:20.92 ID:CAP_USER9
関西地方のNHK総合で3月18日、ネコを視聴者とした「ネコがみるみるテレビ」が放送されます。
23時36分から。

こちらは、NHKのベテラン・カメラマンによる企画。
ネコ向けの番組を作るという設定で進行していき、ネコがどんな映像に興味をもち、どんな音に反応するのかということを検証しながら、ネコが見る番組作りに懸命に取り組むドキュメンタリー形式となっています。
番組の最後には、福井県にある29匹のネコが暮らす通称ネコ寺・御誕生寺で上映会を実施し、ネコが本当に見てくれるのかという実験も行います。

気まぐれの猫様が果たして人間が作る番組に満足して下さるのか、ぜひその目で確かめてください。
放送時間は約20分。

no title

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/03/news145.html

【「ネコ」が視聴者の番組、NHKで放送決定!関西地方で3月18日から放送】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/01(水) 19:41:22.25 ID:CAP_USER9
1日に放送されたNHKの健康番組「ガッテン!」(水曜後7・30)で、2月22日放送回で糖尿病の治療に睡眠薬を直接使えるかのような行き過ぎた表現で誤解を与えたとして謝罪。小野文恵アナウンサー(48)が冒頭3分間に渡り謝罪するとともに、誤りの内容を説明した。

 2月22日には「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題し、睡眠障害を改善することで血糖値も改善したとのデータを紹介。「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」など不適切な表現があった。薬剤名が分かる映像も使い、この薬を推奨している印象を与えて配慮に欠けたとしている。「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」などと批判が出ていた。

 番組の公式ホームページ(HP)では2月27日に「『最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎』をご覧になった皆様へ」として謝罪文を掲載していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000147-spnannex-ent

no title


【NHK「ガッテン!」冒頭3分おわび 小野文恵アナが説明】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 17:59:28.46 ID:CAP_USER9
NHKの生活情報番組「ガッテン!」が、ある特定の睡眠薬を飲むことで「糖尿病が治療できる」などといった特集を放送した問題をめぐり、厚生労働省が「国民の健康に大きな影響が出る懸念がある」としてNHKを注意していたことが分かった。

厚労省医薬・生活衛生局の担当者が2017年2月27日、J-CASTニュースの取材に明かした。そのほか、問題の放送については、日本睡眠学会と日本神経精神薬理学会も「看過できない問題点が確認された」として、番組内容に抗議する趣旨の文書を同日に公表している。

no title

番組テロップでは「睡眠薬で糖尿病が治療できる」とうたっていた(画像は放送より)

■「国民の健康に大きな影響が出る」として口頭注意

問題となったのは、2月22日に放送された「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題した特集だ。番組では、糖尿病患者がある特定の睡眠薬を飲むことで、安全に血糖値を下げることができるなどと説明。テロップでは「睡眠薬で糖尿病が治療できる」とも説明していた。

放送後、医療関係者を中心に番組内容を問題視する声が出たことを受け、NHKは26日夜に公式サイト上に謝罪文を掲載。放送について「行き過ぎた表現や短絡的な表記」があったことを認め、

「あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました」
として視聴者や医療関係者に謝罪していた。

厚労省医薬・生活衛生局の監視指導麻薬対策課の担当者は2月27日のJ-CASTニュースの取材に、

「NHKに対しては24日までに、放送内容に対する注意を口頭で行いました」
と明かす。その理由については、放送を受けて睡眠薬の処方を希望する患者が出るなど医療現場に混乱が出ていることから、「国民の健康に大きな影響が出る懸念があったため」だと説明した。

なお、26日夜にNHKが公開した謝罪文について、担当者は「こちらからの注意喚起を受け、適切に訂正・謝罪を行って頂いたものと考えている」。ただ、今後もNHKをはじめメディアの医療や薬品に関する報道姿勢については「変わらず注視していきたい」とも話していた。

>>2以降に続きます

2017/2/27 17:51
http://www.j-cast.com/2017/02/27291710.html

関連スレ
【テレビ】NHKガッテン「睡眠薬で糖尿病治療できる」 医師「番組見たが、ちょっとひどい」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487938111/

【NHK】「睡眠薬を糖尿病治療に使えると誤解与えた」 NHKガッテン! 番組HPで謝罪
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488146028/

【厚労省、NHKガッテン「糖尿病治療」を問題視 専門学会も「許されない」抗議文】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 10:12:46.05 ID:CAP_USER9
女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第8回が26日に放送され、
平均視聴率は13.4%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。前回の12.9%から
0.5ポイント増だった。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、脚本を「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN-仁-」
などの森下佳子さんが担当したオリジナル作品。主人公の直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖で、
徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる人物。井伊家当主・直盛の一人娘として生まれるが、
幼くして許婚(いいなずけ)と生き別れ、その後、出家。やがて男の名で家督を継ぎ、今川、武田、
徳川が領地を狙う中、知恵と勇気を頼りに、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を
守りながら、生き延びていく……というストーリーが描かれる。

 第8回「赤ちゃんはまだか」では、直親(三浦春馬さん)との間になかなか跡継ぎができないしの
(貫地谷しほりさん)は、次郎法師(柴咲さん)への嫉妬心にかられ、ひと騒動を巻き起こす。
そのころ駿府では、今川義元(春風亭昇太さん)が、尾張の織田攻めに向けて着々と準備を
進めていて……という展開だった。「おんな城主 直虎」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000002-mantan-ent

【おんな城主 直虎 第8回視聴率は13.4% 前回から微増】の続きを読む




このページのトップヘ