AKB48

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 16:00:23.39 ID:CAP_USER9
1期生の小嶋陽菜(29)が卒業し、さらに世代交代が加速したAKB48。
その中で独自路線を歩み、47都道府県代表メンバーで構成されるチーム8が結成3周年を迎えた。
今月はさいたまスーパーアリーナ公演を成功させるなど、AKBの将来を担う存在として期待される若手集団だ。

「2万年に1人の美少女」の異名を持つ「ゆいゆい」こと東京都代表の小栗有以(15)は、アイドルらしい可憐なルックスを誇るチーム8の人気メンバー。
今春、高校生になったばかりの彼女にインタビューした。

小栗は1月にチーム8を代表して北海道の坂口渚沙(16)、熊本県の倉野尾成美(16)とそれぞれソロコンサートに初挑戦。
AKBのシングルで3作連続で選抜入りするなど実績を重ねている。

「選抜のお仕事ではチーム8をアピールしたくて、パフォーマンスの中でチーム8のポーズをしています。でも、ファンじゃないと8ポーズを知らない人もいるだろうし、今はまず自分のことを知ってもらって、チーム8の入り口になれたらいいなと思っています」

小学生のころ、前田敦子(25)や大島優子(28)がヒット曲「ヘビーローテーション」を歌う姿を見てAKBにあこがれた。
学校の授業では人前で話すのも苦手だったが、AKBが大好きなことを知っていた友達からチーム8のオーディションがあると聞き、祖母から「やりなよ」と背中を押されて応募。
中学1年で東京都代表として活動を始めた。

デビュー2年目にネットに掲載されたライブ写真から「2万年に1人の美少女」と注目度が急上昇。
しかし、加入当初は自身のスキルと「東京」という看板のギャップに悩んでいたという。

「東京代表といったら最初に目をつけてもらえそうですが、目立つことができなくて、東京代表っぽくないと言われてばかりでした。どうしたら東京代表っぽくなれるのかなと思ってたんですけど、あるとき、ファンの方が『自分らしく頑張って』と言ってくれて、その言葉で自分らしく頑張ろうって思ったんです」

「チーム8では妹キャラですよ」と無邪気に語るが、活動4年目に突入したチーム8の課題を冷静にとらえている。

「NGT48もデビューしたし、AKBには16期生が入りました。いつまでもフレッシュさだけではいられないとみんなとも話しています。もっと一人一人のことを知ってもらって、一人一人の能力を上げていきたいです。もちろん、フレッシュさと初心を忘れずに」

2001年生まれで、同学年のアスリートはフィギュアスケートの本田真凛(15)ら。
アイドルでは、欅坂46でセンターを務める平手友梨奈(15)らがいる。

48グループ、乃木坂46、欅坂46の混合ユニット「坂道AKB」で活動をともにし、スター性抜群の同い年の平手からは刺激を受けたという。

「平手ちゃんの表現力がすごい。初めて会ったときは『中学生だね』ってしか話しかけられなかったです(笑)。私はかわいい系もかっこいい系の曲も歌いながら、今までの私とは変わらないように私らしく、一つ一つの活動を頑張ります」

始まったばかりの高校生活には、「友達とはJKらしいことをしてみたくて。遊園地が大好きなので、学校終わりに遊園地へ行きたいです」とにっこり。
どんな場所でも自分らしく。
アイドルとして大輪の花を咲かせるため努力を続ける。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000525-sanspo-ent

「2万年に1人の美少女」 AKB48チーム8 小栗有以
no title

no title

no title

欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

【【AKB48】「2万年に1人の美少女」小栗有以、同い年の欅坂46平手友梨奈から刺激「表現力がすごい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 11:30:44.04 ID:CAP_USER9
“ゆきりん”ことAKB48兼NGT48の柏木由紀(25)が、髪の毛をカットしたミディアムヘアの姿を公開。
春らしい服ともに爽やかさが溢れだし、ファンから好評の声が相次いでいる。

 柏木は21日に自身のツイッターを更新。「思い立って髪切った!」と髪の毛をカットしたことを報告し、
「ミディアム? かな? おきにいり」と綴って自身のショットを3枚公開した。

 柏木が掲載したショットは前、横、後ろから撮影した3つのカット。背中辺りまで伸びていた柏木の
トレードマークとも呼べる長髪は、肩口で切り揃えられたミディアムヘアに一新されている。薄いベージュの服と
合わさり、春らしい爽快感を演出しているかのようだ。

 このショットにファンからは好評の声が続々と寄せられた。柏木のツイッターには
「結構切りましたね。かわいいです」「バ、バ、バッサリ 新鮮」「今までで一番短いような!」
「『可愛い』って言葉しか出てこない」「この長さも可愛い」「ミディアムがめっちゃ似合ってる!」
「春らしくて良い」などと称賛コメントで溢れている。

 柏木は今年、沖縄で開催されるAKB48選抜総選挙に不出馬を表明している。2日に自身のブログで、
ギリギリまで悩んだことを打ち明け、「たぶん10年のAKB人生の中で、初めての大きな決断だったような
気がします」などと吐露した。

 その上で、「ソロの活動をさせてもらえるならソロで頑張って、そこからAKBにも興味を持ってくださるような
活動をしたいなぁとか。。歌の練習ももっともっとしたいです」と、ソロ歌手としての活動への意気込みを伝えつつ、
卒業は「まだ考えておりません」とも寄せていた。

 春らしい気候を迎える中で、柏木は髪バッサリで心機一転の心境にあるのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010002-musicv-ent
no title

no title

no title

no title

no title

【【AKB48】柏木由紀、髪カットでミディアムに 爽快な春仕様がファンに好評 心機一転も? 】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 11:45:11.71 ID:CAP_USER9
AKB48の渡辺麻友(23)が主役を務め、当初発表のタイトルにあった「きりたんぽ」の言葉が物議を醸したテレビ朝日の連続ドラマ(30日スタート、日曜深夜0時40分)のタイトルが「サヨナラ、えなりくん」に決定した。
「アイドルのイメージをぶち壊したい!」と意欲を見せる渡辺は、女優としての真価を見せられるか。

当初は「サヨナラ、きりたんぽ」とタイトルが発表された同ドラマ。
番組タイトルとドラマの内容が、秋田県の郷土料理「きりたんぽ」のイメージを損なうとして、秋田県からの抗議を受け、テレビ朝日は3月8日にタイトル変更を発表。
その後「タイトル未定」となっていた。

渡辺が演じるのは、理想の結婚相手を探して婚活に精を出す25歳の桐山さおり。
だが、出会う男は浮気男、マザコン男、ドケチ男と“ダメンズ”ばかり。そんなさおりは、彼らにひどい仕打ちを受けた瞬間、表情を一変させ、特殊な能力を発揮する――。

清純派アイドルの渡辺が、恋多き女を熱演する異色の純愛コメディー。
カギを握る役として、タイトルにも刻まれた俳優のえなりかずき(32)の悪キャラにも注目が集まる。

今まで演じたことのない役柄に、渡辺は「“アイドル・渡辺麻友のイメージをぶち壊したい!”“自分の殻を破りたい!”という思いで、本気で挑んでいる」と意気込んだ。

渡辺をよく知る出版関係者は「本人は今作を“アイドルからの脱皮”と位置付けている。タイトル騒動もあり、ドラマへの注目度は増している。夢である女優としての真価が問われる格好の場でしょう。視聴率うんぬんではなく、渡辺自身が納得できる演技ができたら、グループからの卒業も視野に入ってくるでしょうね」

さらに、今回のドラマは、6月17日に開票が行われる「第9回AKB48選抜総選挙」への追い風にもなるという。

「NMBの山本彩、AKBの柏木由紀らが総選挙出馬を辞退。そんな中で、タイトル騒動もあり、グループ活動、ドラマ撮影と多忙なスケジュールが予想されながらも、渡辺は出馬を決断した。“最後の総選挙”と語る渡辺に対して、ファンも『最後の花道を』と団結している。これでドラマで新境地を見せれば、新たなファン層も獲得できますし、3連覇を狙う指原(莉乃)を倒せるかもしれません」(前同)

渡辺は「この作品を私のターニングポイントにする」ときっぱり。
アイドル・渡辺から「女優・渡辺」を印象付けられるか注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000000-tospoweb-ent

ドラマ「サヨナラ、えなりくん」 渡辺麻友、えなりかずき
no title

no title

no title

AKB48 渡辺麻友
no title

no title

【【AKB48】「アイドルのイメージをぶち壊したい!」まゆゆ「本格派女優」へ飛躍チャンス タイトル変更騒動で主演ドラマ注目度UP】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/14(金) 15:33:35.92 ID:CAP_USER9
日本中の小中高生が歌声を競う「NHK全国学校音楽コンクール」(通称・Nコン)をめぐり、関係者の間で動揺が広がっている。
AKB48の新曲が中学の課題曲に決まったためだ。

「『さすがにAKBは来ないだろうね』って、ずっと話していたんです。それが現実になるとは……」。ベテラン指揮者の田久保裕一さんはため息をついた。
全国の管弦楽団や合唱団でタクトを振るかたわら、合唱指導者向けの講習会も行う田久保さん。ここ数年、彼のもとには、昨今の「Nコン」の姿勢を憂える声が
絶えなかったという。

●合唱曲とポップス違う

「Nコン」は、朝日新聞社などが主催する「全日本合唱コンクール」とともに、学校合唱界の双璧をなす一大イベントだ。85年の歴史があり、昨年度には約2500校が参加している。「憂いの声」とは、ここ10年ほど、特に中学校の部の課題曲でポップス曲が続いていること。アンジェラ・アキの「手紙」を筆頭に、いきものがかり、flumpool、SEKAI NO OWARIなどが担当してきた。

 今年は秋元康氏作詞の「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」に、曲名も含め批判が集まっているという。

「たしかにJ-POPは若者ウケするし、なじみやすい。でも、これまで大切に育んできた合唱曲の中でポップスは異質で、発声方法も違う」と田久保さん。

 批判的な人たちの多くは、ポップス自体が悪いのではなく、良い曲も多いと考えている。だが、「合唱とは別モノ」だ。ユニゾンで完成している楽曲を無理に合唱曲へアレンジして約半年間、教育現場で取り組ませる必要があるのか。「CD売り上げや視聴率アップ狙いが透けて見える」との声も絶えない。

 実は、こうした憤りを表に出せる人は多くない。コンクール強豪校の、ある教員は「大会に挑む者にとっては、主催団体に物申すなんて、無理な話です」。

 生徒たちの前で「今年の課題曲は良くない」などと言えるわけもなく、楽曲の美点を探し出して指導するしかない。たとえ自由参加の大会でも、部活動としての立場上、「『曲に納得できないから今年は出るのやめる?』なんて言えない」という。

 だが、くすぶり続けた不満が頂点に達したのか、今年の課題曲や「Nコン」のあり方に疑問を呈した田久保さんのブログに、教員や音楽関係者、生徒らからも同感の厳しい意見が多数寄せられた。「人気取り主義、視聴率主義が見え見え」「音楽的価値の低い楽曲を生徒に与えていいのか」
「中学生を甘く見ないで。コンクールを甘く見ないで」

 今回の「願いごとの持ち腐れ」を3月、AKB48がテレビ番組内で披露するや、SNS上でも議論が沸騰した。けなげに歌う姿には共感が広がりつつも、ファン内では評価が分かれている。

 人気合唱曲「君とみた海」などで知られ、NHKの音楽番組でも活躍してきた作曲・編曲家、若松歓さんも、参考音源を聴いて驚いた一人だ。

●本来の理念と相いれぬ

 日本語の抑揚と音の上がり下がりが合っておらず、詞への違和感もぬぐえなかった。詞と曲の雰囲気の違いも感じたという。

「取り組む子どもたちが、これではかわいそう。番組制作者の理念が、教育でなく視聴率のためであるなら許されない」と若松さんは語気を強める。

「握手券付きCDを売るという商法と、Nコンの本来の理念とは、到底相いれない」

 主催者のNHKの見解は、

「ふだんから多くの中学生が親しんでいるポップス系の課題曲を作ることによって、より多くの生徒たちに合唱に興味を持ってもらいたいと考えております。
コンクールの参加校数は、平成に入ってから減少の一途をたどっていましたが、回復に転じています」(NHK広報局)

 前出の田久保さんは意見を集約し、「課題曲を選択制に」「諮問機関の設置」などの要望とあわせ、4月中旬にNHKや文部科学省などに意見書を提出する予定だ。(ライター・加賀直樹)

※AERA 2017年4月17日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00000037-sasahi-musi
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00000037-sasahi-musi&p=2

no title

【【AKB48】AKB48の新曲「願いごとの持ち腐れ」合唱関係者らが猛ブーイング】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 20:53:24.03 ID:CAP_USER9
本日のAKB48劇場にてチーム4伊豆田莉奈のBNK48(バンコク48)への移籍を発表させて頂きました。

移籍日程等は、また追ってお知らせ致します。

みんなのいずちゃんがAKB48劇場で見れる事が少なくなると思うと寂しいですが、本人の一歩踏み出した決意を応援したいと思います。

https://7gogo.jp/kayano-shinobu/13720


伊豆田莉奈「私伊豆田莉奈はタイのBNK48に完全移籍することになりました」

伊豆田莉奈「去年の夏ぐらいからずっと考えていて、2回ぐらいタイに行かせてもらったときに、ファンの方の温かさだったり、AKB48でたくさん学んだことがあって、今は教える立場側になってきて先輩になってきたんですけど」

伊豆田莉奈「この1~2年でいろいろやってきて、平凡に続けているんじゃないかなっていうのがあって、新しいことをやってみたなと思って、不安はあるんですけど、楽しみのほうがすごく大きくて、この前メンバーに会ったときに活動したいないう気持ちがあるので、まだ詳細は決まっていないんですけど」

伊豆田莉奈「AKB48にいる間は小嶋さんも卒業しちゃうので、もっともっと盛り上げていけたらいいなと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」

小嶋陽菜「手ごたえとかあったの? なんで?」

伊豆田莉奈「1回行ったときにうちわがなぜか日本より多かったんですよ。2回目はいちばんコールも大きくて、それが手ごたえだったんですよね」

小嶋陽菜「はるごんもそうだったんだよね」

小嶋陽菜「はるごんコース。CMいっぱい取ってきてください」

伊豆田莉奈「はい、トップスターになります」

メンバー「頑張れ~」

http://twitter.com/s_egg

(正式ソースは後ほど)

BNK48(バンコク)に完全移籍を発表した伊豆田莉奈
no title

no title

no title

no title

AKB48 伊豆田莉奈
no title

http://pbs.twimg.com/media/C3YJ47rWYAMHlfe.jpg

【AKB48伊豆田莉奈、BNK48(バンコク48)への完全移籍を発表 「トップスターになります」】の続きを読む




このページのトップヘ