騒動

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 09:37:00.82 ID:CAP_USER9
今年初頭、『週刊文春』(文芸春秋社)のスクープから端を発した“ベッキー騒動”。
ここにきて、タレント・ベッキーの“不倫相手”と言われるロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音の妻が離婚を発表し、
代理人を通じて一連の不倫騒動を幕引きにしたい意向を表明。
今月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で3ヶ月半ぶりに一応のテレビ復帰したベッキーだが、
これまで清廉潔白なイメージが強かっただけに、今後の活動に影響が出るのは必至。
果たして視聴者は、一連の不倫騒動をどのように捉えているのだろうか?

◆まだまだ批判も多いが、『金スマ』出演を機に潮目が変わった印象も

今回、ORICON STYLEでは10代~50代の男女1000人を対象に、一連の騒動の“幕引き”と“ベッキーの復帰”についてアンケート調査を実施。
清楚で明るいキャラクターで愛されてきたベッキーだが、「今後もこれまで通りのキャラクターで活躍ができるか?」との質問には、

【活躍ができる】が22.6%、【活躍できない】が77.4%と、約8割が【活躍できない】と回答。
世代別でもほぼ同割合で、男女比も半々だった。「1度ついてしまった悪いイメージはなかなか払拭できないと思う」(10代/千葉県/女性)、
「会社員だったらクビになる」(30代/茨城県/男性)、「信用できない感じがするから」(30代/埼玉県/女性)、
「LINEのやり取りがすべてだと思う。あれが本性」(50代/東京都/女性)と否定的な意見が圧倒的で、
これまで通りの活動は難しいという意見が大多数を占めた。

しかし、【活躍できない】と回答した人でも、「明るくちょっと毒を入れたら全然いけると思う!」(20代/愛知県/女性)、
「八方美人から普通になった気がする」(30代/富山県/男性)と、若干ではあるが『金スマ』出演を機に若干ではあるが潮目が変わった印象も受ける。

一方、【活躍ができる】と回答した人は、「純粋だなって思った」(10代/北海道/女性)、「人は忘れてゆくもの。数年経てば、笑い話になる」(40代/神奈川県/男性)、
「それができなければベッキーである意味がない」(20代/東京都/男性)などの声も合わせると、一連の騒動で、
キャラではない“素”の部分を見せたベッキーをどこかで許したい、応援したいという気持ちがあるようだ。
とは言え、今まで通りの活躍が期待できるかとなると、前途多難との意見が多いのが現状のようだ。

◆活動自粛の必要性や復帰タイミングは、年代性別で見解も様々

また、休業から3ヶ月半で芸能界復帰したことに関しては、

【早い】が46.5%、【妥当な時期】が53.5%と、わずかながら復帰時期は“妥当派”が上回った。
【早い】と回答した人でも、「大好きなベッキーですが、もう少し休んで、変な事をいう人たちが忘れた頃に、出ても良かった気がします」(20代/福岡県/女性)
という肯定派から、「まだ不愉快、見たくない。周りも扱いに困るだろうし、迷惑なのでは」(40代/東京都/女性)といった完全否定派まであるが、
全体的には「ベッキーだけの責任ではないと思うから」(20代/大阪府/女性)、「きちんと反省したと思う」(40代/千葉県/男性)など、
ベッキーに対する嫌悪感はここにきて薄らいでいるように思われる。

一方、自粛することなく活動を続けてきた、もう一方の“当事者”である川谷絵音について、『活動を自粛するべきだと思いますか?』との設問に、
【自粛するべき】が49.8%、【自粛しなくても良い】が50.2%。と、これもまたわずかに“現状肯定派”が上回った。
しかし男女で言えば、女性の52.8%が【自粛するべき】と答え、10代・20代の女性になると、それぞれ66%、65%が自粛派。
「しっかり謝罪すべきだと思う。ファンの前でお辞儀をしただけで、ファンには許してもらえるに決まっている。
しっかりとした謝罪もせず活動を続けているのはおかしいと思う」(10代/長野県/女性)など、若い女性ほど手厳しく、かつ的確な意見が多い。
だが、「別問題」(20代/愛知県/男性)、「世の中ではざらに起きてる事だから。
離婚もして奥さんともキレイサッパリ」(40代/三重県/女性)と、全体としては意外に冷めた目で見る人が多いようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00000354-oric-ent
オリコン 5月21日(土)8時40分配信

no title

【ベッキー、騒動後の“復帰の是非”~今まで通りのキャラでは活躍できないが約8割】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 08:48:30.58 ID:CAP_USER9
■センテンス・スプリングこと週刊文春vsベッキー不倫騒動はこれで幕引き!?


本日、5月19日に発売された『週刊文春』5月26日号によると、5月13日のTBSテレビ『金曜日のスマイルたちへ(以下『金スマ』)』で放送されたベッキー(32)の「ゲスの極み乙女。」
ボーカルの男性(27)との不倫騒動についての謝罪シーン(視聴率は24%で番組歴代最高)は、ボーカルの男性の元嫁A子さんへの謝罪前の4月30日に収録を終えていたことが判明した。

記事によると、元嫁A子さんは5月2日、某法律事務所の一室で、ベッキーが所属する「サンミュージックプロダクション」の顧問弁護士、
ボーカルの男性が所属する事務所「スペースシャワーミュージック」の顧問弁護士2名、
そして元嫁A子さんの弁護士ら計4名と共にベッキーに会い、一連の不倫騒動について謝罪を受けたという。

元嫁A子さんは当初「(ボーカルの男性)がいる前で、本当のことを話して欲しかった」と3人での面会を希望したものの、
ベッキーサイドからは、「元嫁A子さんとベッキー2人のみで謝罪したい」と謝罪に条件をつけられ困惑、
一旦は面会も白紙状態になったが、『週刊文春』5月5,12日GW特大号に掲載されたベッキー直筆の
「元嫁A子さんへの謝罪を再優先したい」という内容の手紙を読んだことで、5月2日の面会へとつながったと語っている。

夫であるボーカルの男性(27)を略奪したベッキーとの初めての対面に、かなり緊張していた様子のA子さんであったが、
たまたまその5月2日がボーカルの男性との離婚届けを提出した日でもあり、A子さんの弁護士も「この日をもって水に流しましょう」と話すほど、最終的にはなごやかな雰囲気になったのだとか。
だが一方で、その5月27日の時点ではすでに『金スマ』の収録は済んでいた(4月30日収録)のである。
自分への謝罪を再優先したわけではなかったという事実を知ったA子さんは、現在、強いショックを受けているという。

http://dailynewsonline.jp/article/1132008/
2016.05.20 05:05 R-zone

no title

【ベッキーの不倫騒動と芸能人生にセンテンス・スプリング(文春)がトドメをさした!!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 09:36:24.35 ID:CAP_USER9
タレント・ベッキー(32)と「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)の不倫騒動で、ベッキーが改めて謝罪し、川谷がブログを更新し、
報道されていたLINEの内容を事実だと認めていた件で、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(33)が
16日、レギュラーを務める日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)でコメントした。

川谷のブログについて近藤は「個人的には“後出し”だと思う。ブログもいらないと思う」とタイミングが悪すぎた川谷ブログをバッサリと切り捨てた。

芸能リポーターの井上公造氏(59)が「個人的な意見を言えば、(ベッキーサイドが負担する)違約金を払うのがいいと思う。
誠意の見せ方はお金しかない。(違約金の)一部ですが…」と違約金も“両成敗”で負担するのが筋とコメント。

MCの加藤浩次(47)「受け取りますか?」と疑問を示すと、近藤も「もうかかわらないほうがいいと思います」と否定的だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000045-sph-ent
スポーツ報知 5月16日(月)8時46分配信

20160516-00000045-sph-000-1-thumb


【近藤春菜、ベッキー不倫騒動の川谷ブログ謝罪に「“後出し”だと思う。ブログもいらないと思う」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/13(金) 05:21:36.32 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 5月13日(金)5時3分

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫騒動の影響で休養していた
タレント・ベッキー(32)が、7月末に東京・日本武道館で行われるBSスカパー!の
音楽イベントの司会に内定したことが12日、分かった。

歌手、アイドルら複数組が出演する音楽祭で、騒動後、ベッキーが初めてファンの前に立つ場になりそうだ。
またこの日、13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)に
出演することが発表された。

今夏の本格復帰に向け、ベッキーは、水面下で準備を進めている。
7月末に日本武道館で行われるBSスカパー!の音楽イベントの司会に内定した。

ロックバンド、アイドルグループ、音楽ユニットら複数のアーティストが出演し、パフォーマンスを披露するイベント。
大勢の観客を入れて行われるため、ベッキーは復帰後、初めてファンと直(じか)に接する場所になる。

同局との縁は深い。15年3月からロックバンド「OKAMOTO’S」のハマ・オカモト(25)と共に、
BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」の司会を担当。
2月の放送まで約1年間、番組の顔として出演を続けた。

2月28日に生放送された「スカパー!音楽祭 2016」では、司会を務めることが発表されていたが、
休業期間に入ったため、やむなく降板。音楽イベントは似たような作りの番組になることが予想されるため、
名誉挽回のチャンスにもなりそうだ。

今回のMC起用はまだ内定の段階。
7月末のイベント当日まで2か月以上あるため、復帰後の世の中の反応など、
状況を見極めた上で最終的なジャッジが下されることになる。

同局関係者は「アーティストが主役ですから。ベッキーさんが司会をすることに、
好意的な意見ばかりではない。総合的に判断した上で、最終決定を下すことになるでしょう」と明かす。
もちろん、根強いファンも多いため、テレビ局関係者は
「音楽イベントの前に、『FULL CHORUS』に出演させるプランもある。そこは流動的だ」と話した。

この件に、所属事務所は「本人が13日の放送で話す内容が全て。
その後の出演について現時点では未定です」とコメントした。


no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160513-OHT1T50006.html

【ベッキー、7月武道館で騒動後初めてファンの前に登場へ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 14:16:12.85 ID:CAP_USER9
今月9日、タレントのベッキー(32)と不倫騒動の渦中にあった、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)が夫人と離婚したことをブログで発表した。

「ご報告」と題したブログには、「私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。
これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります。
ファンの皆様、関係者の皆様、これからもよろしくお願いいたします」と綴っている。

■騒動は収束に向かうのか?

事の発端は、今年1月に『週刊文春』が報じたゲス不倫報道だった。
これに対して川谷は、「ベッキーさんとは、親しい友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、既婚の身でありながら、
私の軽率な行動によって、このように世間を騒がせる事態となりましたこと、
深く反省いたしております」とコメント。その後、夫人とは別居し、離婚協議中であることを認めていた。

不倫報道にもかかわらず、川谷は今回の騒動で知名度を上げ、コンサートツアーのチケットは売り切れが続いた。

一方、ベッキーは11本ものレギュラー番組やCMを多数抱えていた売れっ子だったにも関わらず、騒動後、休業に追い込まれる事態に陥っている。
天と地ほどの差がある二人の現状だが、今後、ベッキーはテレビ業界に戻って来られるのか。近しい関係者が語る。

「ベッキーは、テレビに必ず戻ってきますよ。最初のレギュラー番組だった、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)での復帰で調整しています。
これ以上、休業を続けられると、所属事務所の首が回らなくなるため、早ければ今月末。遅くとも7月の末にはテレビに復帰するはずです」

だが、復帰というニュースに「そろそろ許してあげよう」という雰囲気はあるが、
当然、「不倫女の顔は見たくない」「以前のイメージが全て覆された中でどんな顔で出て来るつもり」などの厳しい声が多いのが現状だ。

ベッキーは、川谷元夫人への直接謝罪が実現次第、復帰すると言われているが、
果たしてどんなポジションで帰って来るつもりなのか。別の関係者は語る。

■輝きを取り戻せる可能性は!?

「正直、どんなポジションやキャラになっても、厳しいことには変わりないでしょう。
過去に、不倫した男性芸能人でテレビの一線に返り咲いた人はたくさんいるが、女性となると話は別。
最近だと矢口真里さんが、開き直ったぶっちゃけキャラで復帰しましたが、厳しい現状はご覧の通りです。
他にも、山本モナさんや、加護亜依さんなんかもそうですが、一度不倫のレッテルが貼られた女性芸能人はとても難しい」

ただし、“他の不倫と違う”感を強く全面に出せば、もしかしたら、また活躍できる可能性があるのだとか。
前出関係者が続ける。

「川谷さんに騙されていたベッキーという構図を復帰に向けて強め、悲哀を誘った上で復帰すれば他の不倫とは少しは異なるカラーで見てもらえる可能性がある。
また、優等生キャラは脱ぎ捨てて、新たなキャラを模索するつもりで、『何でもやる』という心意気を持っていれば、やっていけるんじゃないかと思いますね。
ベッキーさんを慕う芸能関係者は多いですし。川谷さんに負けないよう、頑張って欲しいですけどね」

騒動勃発から4ヶ月が経ち、今年の元祖ゲス不倫騒動も徐々に収束に向かいつつあるのか。そして、ベッキーは復帰後に再び輝けるのか、注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1127764/
2016.05.12 12:05 デイリーニュースオンライン

no title

【ベッキー復帰後に待ち受ける“不倫タレント”のレッテル】の続きを読む




このページのトップヘ