長澤まさみ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 12:33:35.94 ID:CAP_USER9
女優の長澤まさみ(29)が出演しているスポーツメーカー、「アンダーアーマー」のCM動画が話題を呼んでいる。
当ブランドは、アメリカのスポーツウエアブランドで、日本のスポーツ選手も数多く個人契約を結んでいる有名メーカーだ。
長澤まさみのようにCMに女優が起用されるのは、初めてのケースという。

「I WILL. 私の意志 長澤まさみ」と題し、地下空間で全身ストレッチを行う長澤が、タンクトップ姿でしなやかな全身のラインを披露。
全力疾走する姿や、ナイトクラブでダンスに興じるシーンなどを展開する内容となっている。
この動画は注目を集め、長澤の大人っぽい美しいプロポーションが、男性ファンを釘づけにしているようだ。
しかし近年は、テレビドラマの出演が減少している。

「昨年は大河ドラマ『真田丸』(NHK)に出演しましたが、そのほかの出演は映画がメインになっています。
『真田丸』でさえ、2年ぶりのテレビドラマ出演作品でした。今年も、お正月に放送された単発ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)に出演した以外は、やはり映画が中心。
テレビドラマの現場陣と馬が合わないからとも言われていますが、一時はテレビドラマの常連女優だっただけに、
テレビで見ることができなくなった寂しさを感じるファンもいるようですね」(芸能記者)

デビュー当初は清純派のイメージが強かった長澤だが、2011年に出演した映画『モテキ』でセクシーシーンに挑戦して新境地を開拓した。
同作品は、現在の映画中心の路線やセクシー路線に繋がる分岐点となったようだ。

■長澤の路線変更で”セクシー”が最大の武器に?

この長澤の路線変更は、同年代の女優と差別化を図る点で有効に作用しているという。

「長澤と同年代の女優は現在、30歳を目前にそれぞれ分岐点に立たされています。
榮倉奈々(29)や堀北真希(28)はそれぞれ結婚、新垣結衣(28)は『逃げる恥だが役に立つ』(TBS系)のヒットを受け、再びドラマ女優として返り咲きました。
堀北は引退して、榮倉は現状活動は休止中。
その中で、現在は新垣にスポットが当たっていますが、そのキャラクターは依然、清純派路線を継続しながら女優として活動しています。
そのため、長澤は彼女たちにはない“映画を中心に活躍しながら色気もある女優”として、他の同世代女優達と差別化がしやすいのです。
本人もそれを戦略として、今後もこの路線を進む可能性はありますね」(前出・芸能記者)

今年1月に出演したミュージカル『キャバレー』でも、力強い歌声とダンス、そして胸元や足を露にした派手な衣装が話題を呼んだ。
したたかに他女優との差別化を図りながら、長澤は大女優への階段を着実に登り始めているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1298765/
2017.04.10 11:50 デイリーニュースオンライン


no title

【長澤まさみがセクシー路線へ転向?”アラサー”女優に迫る分岐点】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 05:48:04.61 ID:CAP_USER9
女優の長澤まさみが11日、自身のインスタグラムを更新。先月、福岡での主演ミュージカル『キャバレー』大千秋楽を振り返り、「これからもキャバレーの様な作品を届けて行かなければならないんだと、この作品の奥深さに浸り涙が流れて来ました」と思いを綴った。

 『キャバレー』は、ヒトラー政権の台頭へと向かう時代を背景に、ベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」のデカダンなショーと、歌姫サリー・ボウルズ(長澤)をはじめとする人々の恋物語を、絶妙な構成で描くミュージカル。キャストには、石丸幹二や小池徹平も名を連ね、演出は松尾スズキが務めた。

 長澤は「本当に沢山の方に観に来て頂いて嬉しかったです。ありがとうございました」と言葉を添えて、舞台でスポットライトを浴びる自身の姿を収めた写真を投稿。続けて「大千秋楽ではこの舞台が終わってしまう事がキャバレーの様であり、そしてこれからもキャバレーの様な作品を届けて行かなければならないんだと、この作品の奥深さに浸り涙が流れて来ました」と思いを綴った。

 本作を観劇したファンからは、「長澤まさみさんの歌声が大好きです!」「サリーほんとにキレイで素敵でした」「あんだけ歌上手いんやったらカバーアルバムとか出してくれたらいいのに」「わたしもキャバレーの様な人生送りたいと思いました!」といったコメントが寄せられている。

引用:https://www.instagram.com/masami_nagasawa/


no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://www.crank-in.net/entertainment/news/48793

【長澤まさみ「作品の奥深さに浸り涙が流れた」 主演舞台『キャバレー』を振り返る】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 07:37:19.27 ID:CAP_USER9
毎年、元日のスポーツ紙では芸能ニュースのスクープ合戦が繰り広げられる。
今年は広瀬すず(18才)とモデルで俳優の成田凌(23才)の熱愛や、昨年女性セブンが交際をスクープしたローラ(26才)と三代目J Soul Brothers・登坂広臣(29才)との破局が報じられた。
.
 そんななか『デイリースポーツ』は、前田敦子(25才)とロックバンド『RADWIMPS』の
野田洋次郎(31才)の親密交際を報じた。
.
 ところが、すぐに前田がツイッターで《全く、ないですよ!! そんな根も葉もない噂で出ちゃうと相手方にも、ファンのみなさんに申し訳ないです》と完全否定。対する野田も《熱愛報道みたいなのが出てるみたいですがまったくの事実無根です。正月早々。
相手方にも申し訳ないので、伝えさせてもらいます》と、こちらもツイッターで断固否定した。
.
 その後、続報は聞かれず、真相は藪の中。ふたりの本当のカンケイが気になっていた
2月下旬、野田の姿をキャッチした。
.
 若者から絶大な支持を誇り、昨年末のNHK紅白歌合戦に、大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』の挿入歌『前前前世』をひっさげて初出場を果たしたRADWIMPS。野田は同バンドでボーカルとギターを担う。

 2月21日の夜8時過ぎ、野田は迷っていた。新曲のメロディーや歌詞に悩んでいたわけではない。
文字通り、道に迷っていた。スマホを何度も確認し、やっとの思いでたどり着いたのは都内の目抜き通りから1本入った路地裏にある知る人ぞ知るベトナム料理店。.

「遅れてごめん!」
.
 平謝りの彼を店内で待っていたのは長澤まさみ(29才)だった。
.
「テーブル席に座っていた長澤さんは特に怒っているという感じもなくて、野田さんも安心したのか“よっ!”みたいな感じ。もうひとり、年上の女性も同席していました」(居合わせた客)
.
 ふたりはこれまで共演こそないが、昨年2月に「毎日映画コンクール」の表彰式に揃って出席。
また、前述の『君の名は。』で長澤は主人公の先輩役の声優を好演していた。

 長澤は、超セクシーがウリの人気舞台『キャバレー』の地方公演の合間のリラックスタイムだったようだ。
.
「もともと長澤さんが野田さんの大ファンで、ライブにも何度か足を運んだことがあるそうです。
長澤さんは“あのライブのここがよかった!”とか“この曲のここが大好き!”とか終始ホメっぱなしで、野田さんもタジタジ。長澤さん、あまりの興奮に声が大きくなっちゃって、同席した女性にたしなめられるシーンもありました」(前出・居合わせた客)

 かなりグイグイな長澤に限らず、芸能界に野田ファンは多い。妻夫木聡(36才)や波瑠(25才)、二宮和也(33才)がファンを公言。若い世代に限らず、ドリカムの吉田美和(51才)やB’zの稲葉浩志(52才)も野田の音楽に惚れ込み、福山雅治(48才)とはカラオケ仲間だ。また昨年12月の城田優(31才)の誕生パーティーでは、山田孝之(33才)や綾野剛(35才)、佐藤健(27才)、ONE OK ROCKのTaka(28才)らと写真に収まっていた。

 交際歴も華やかで、前田のほか臼田あさ美(32才)や吉高由里子(28才)との交際も報じられた。音楽関係者が言う。
.
以下全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00000002-pseven-ent&p=2
2軒目のバーを後にする長澤まさみとRAD野田

1-1


【長澤まさみ RAD野田洋次郎とベトナム料理店で会食】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 23:18:32.92 ID:CAP_USER9
女優の長澤まさみが、ユニバーサル・スタジオの最新作『SING/シング』の日本語吹替版キャストとしてヤマアラシのアッシュ役を担当する。
まだ公開前ではあるものの、劇中で聞かせる歌声に注目が集まっている。
女優としての活躍はもちろん、声優としても多数のヒット作に出演する長澤が、声優として、アニメ業界で好まれる理由とは何か、探ってみたい。

 大河ドラマ『真田丸』ではヒロインのきり役を務めるなど、女優として活躍している長澤は、第5回(99年度)東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得してデビュー。
04年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』では第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など数々の賞を受賞。ドラマ『優しい時間』、大河ドラマ『功名が辻』など話題作に出演し、名実ともにトップ女優の仲間入りを果たした。

 女優としての印象が強い長澤だが、実は声優としても高く評価されている。
08年の『デトロイト・メタル・シティ』(OVA)でのヒロイン・相川由利役を皮切りに、11年にはジブリスタジオ製作の『コクリコ坂から』では主人公・松崎海を担当。
15年公開の『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』ではエミちゃん役、『君の名は。』では奥寺ミキ役を務めている。

 そして、今回、『SING/シング』では、パンクロックが好きなアッシュを熱演している。
この『SING/シング』という作品の最大の見どころは、誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上も劇中で流れることだ。
当然ながら、長澤演じるアッシュが英語歌唱する場面もあり、高い歌唱力も求められる役柄である。
ほかの日本語吹替版キャストもスキマスイッチの大橋卓弥や歌手のMISIAなど“本職”の人たちや、坂本真綾、山寺宏一、トレンディエンジェルの斉藤司と歌がうまいことで知られるキャストばかりだ。

 これまで、長澤は歌手活動をしておらず、歌がうまいことはあまり知られていなかった。
しかし、ここにきて、ミュージカル『キャバレー』での主演、『SING/シング』での吹替と歌を披露する機会に恵まれ、がぜん長澤の歌唱力にも注目が集まったのだ。

 そもそも長澤が『SING/シング』にキャスティングされた経緯について、配給元である東宝東和の宣伝プロデューサーは
「まず白羽の矢を立てたのが、声優としても活躍して評価も高く、テレビドラマで英語の歌を歌い話題になった、長澤さんでした。
洋楽を英語のまま歌うこの役どころでは英語で歌えることも重要な選定基準でした。
また、オファーと同時期に初のミュージカル『キャバレー』への出演も決定したことで、名実ともに長澤さん以外に絶対にありえないとスタッフ全員の気持ちがより一つとなりました」と明かす。

 さらに、「アッシュはロックを歌うパンクな女の子で、彼氏の浮気により失恋し、歌の力で立ち直っていくという演技力も必要な難しい役」ということからも、
女優としても高い演技力を持っている長澤へのオファーは自然ななりゆきなのかもしれない。

 ちなみに『コクリコ坂から』の声優起用について、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「三谷幸喜さん脚本のドラマ『わが家の歴史』でのお芝居が良かったのでお願いしました」と当時語っており、
やはり長澤の高い演技力こそが声優としての活躍の裏付けになっていることがうかがえる。

 確かな演技力を持ち、抜群の歌唱力を持つ。それこそが、長澤が声優として好まれる理由ではないだろうか。

http://www.crank-in.net/game_animation/special/48329
2017年02月18日 06:50

 
no title

【長澤まさみが声優として好まれる理由 確かな演技力と歌唱力に評価】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 15:56:50.45 ID:CAP_USER9
メガヒットした『ミニオンズ』(15)や『ペット』(16)のユニバーサル・スタジオ×
イルミネーション・エンターテインメントが放つ新作アニメーション映画
『SING/シング』(3月17日公開)の日本語吹替版完成報告会見が、2月16日に
ザ・ペニンシュラ東京で開催。内村光良らと共に登壇した長澤まさみは、
白いシャツに黒のビスチェ、赤のパンツで美脚を披露した。

洋画の吹き替えに初挑戦した長澤の役柄は、パンクロックを愛する
ヤマアラシの少女・アッシュ役で、オリジナルソング「セット・イット・オール・フリー」
などを歌う。オリジナル版ではスカーレット・ヨハンソンが声を当てている。
本日は役柄に合わせて「パンクでロック」なイメージのファッションで登壇したと語った。

演じたアッシュ役について長澤は「彼氏に浮気されて落ち込んでいる
可愛い姿もある。女子は共感して彼女に感情移入してもらえるんじゃ
ないかなと。興奮してトゲが飛ぶところが可愛いです。ぴりっとスパイスのきいた
女の子って感じで好きですね」と愛着を語った。

この日は内村、長澤のほか、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地真央、
山寺宏一、坂本真綾、宮野真守も登壇。坂本はヌードカラーのシックな
ノースリーブのドレスを、大地は奇抜なプリントが入ったモノトーンの
ドレスで貫禄を見せつけた。

『SING/シング』の舞台は動物だけが暮らす世界。取り壊し寸前の
劇場支配人であるコアラのバスターが、かつての栄光を取り戻すため
歌のオーディションを開催する。そこに集まってきた個性的な動物たちが、
それぞれに歌声を披露していく。【取材・文/山崎伸子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000040-mvwalk-movi
no title

no title

no title

no title

【長澤まさみ「パンクでロック」なファッションで美脚見せ】の続きを読む




このページのトップヘ