金スマ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 09:14:43.56 ID:CAP_USER9
ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動により休業していたベッキーだったが、
今月、レギュラー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で復帰した。

この出演に対して、ベッキー不倫をすっぱ抜いた「週刊文春」(文藝春秋)がすぐさま川谷と離婚した元妻が抗議文を送ったと報じた。
報道のとおりならば重ねて不義を働いたベッキーへのバッシングが再燃することも予想されたが、被害者側であるはずの元妻サイドがすぐさま否定し、鎮静化を図っている。
あまりにも不可解な一連の騒動だが、なぜ元妻はベッキーの“失点”を防ぐことに協力したのだろうか?

「この事態には驚きました。『文春』サイドは否定していますが、不倫騒動の当初から『文春』と元妻は一蓮托生とみられていましたから。
それがここにきて割れたということです」(ワイドーショー関係者)

元妻がわざわざ「文春」の報道を否定してまで、ベッキーを守った理由は、5月上旬の会談にある。
実は、この時に、持ち前の人たらし術で元妻を“陥落”させていたというのだ。

「ベッキーは元妻に直接会った時、平身低頭で謝罪。そんなベッキーの態度を見て、元妻はすぐに許すことを決めたのはもちろん、
むしろ彼女を応援しようという気持ちにさえなったそうです。
その後番組収録のことを知り落ち込んだのは事実ですが、だからといって再び怒りを燃やすということはなかった。
そのため、ベッキーを応援すべく、『文春』を否定する声明を出したのです。それだけベッキーの印象が良かったということ」(芸能プロ関係者)

不倫騒動の前まで、ベッキーがこれだけ多くのCMやレギュラー番組を持つほどの人気者になったのも、
「やはり芸能界で力がある人や企業の偉い人たちへの対応が抜群によく、振る舞い方を知っていたということが大きいです。
その能力を川谷の元妻の前でフルに発揮し、完全にベッキーシンパにしてしまったのです」と前出関係者。

元妻からすれば自分の夫を奪って家庭を壊したベッキーは不倶戴天の敵といえる存在だが、その元妻でさえもシンパにしてしまうとは…。ベッキー恐るべし、といったところだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1137885/
2016.05.31 09:00 トカナ

no title

【あまりにも不可解! ベッキー“フライング「金スマ」出演”が大事にならなかった恐ろしい理由とは?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/17(火) 07:35:09.35 ID:CAP_USER9
不倫騒動で芸能活動を休止していたベッキー(32)が13日の
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、涙ながらに謝罪する姿は、世間の一定の同情を誘った。
だが、逆にテレビ業界では大きな反感を買ってしまったようだ。
「金スマ」を契機に本格復帰を目指すベッキーだが、テレビ局に渦巻く反感は、大きな足かせになりそうだ。

ベッキーは「金スマ」で、休業していた1月末から104日ぶりに復帰した。
「SMAP」中居正広(43)を相手に、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)と不倫関係だったことや、
1月の会見でウソをついていたことを認め、謝罪した。

ベッキー復帰は芸能界で大きなトピックとなり、多くの芸能人を巻き込んで大きな話題となった。
「ダウンタウン」松本人志(52)は15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で
「ていうか、ぼくもう飽きた。ベッキー嫌やぁ」「今まで通りのベッキーの感じで来られるとイラッとするかもしれないですね」などとコメント。

また「金スマ」でベッキーと共演したIMALU(26)は「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、
ロケ当日までベッキーが復帰することを知らなかったエピソードを明かした。

ベッキーの復帰時期は7月が有力視されていたが、「本人は早い段階での復帰を望んでいた。
その心情を察知したTBS内の『金スマ』のチームが熱烈なオファーをかけ、一気に囲い込むことに成功した」と芸能プロ関係者。
ベッキーは休業するまで、10本のレギュラーテレビ番組を抱えており、現時点ではすべて休養扱いで、降板とはなっていない。
当然、一番組で復帰するならば、義理がある他番組への根回しは必要だったが、今回はまったくなされていなかったという。

「夏に日テレの『世界の果てまでイッテQ!』で復帰というのも有力候補として話し合いも行われていた。
ただ、今回は本格復帰というわけではなかったため『金スマ』がかっさらっていった形となった。
復帰にあたっては『金スマ』、ベッキーサイドが極秘プロジェクトとして進めたため、まったく他のレギュラー番組に説明がなかった」とテレビ局関係者。

もちろん、メンツを潰された日テレを筆頭に、各局のレギュラー番組は、ベッキーサイドに怒りを見せている。
さらに、この怒りはベッキー不倫騒動と同時期に解散騒動が勃発したSMAPが、各テレビ局に配慮ある手法を取っていたこともあって、増幅されているという。

「SMAPはフジテレビの『SMAP×SMAP』内で謝罪会見を行い、そのVTRを他局にも提供しました。
もちろんこれは異例の対応であり、ジャニーズがフジに働きかけて実現した。
だが今回は『金スマ』で謝罪する様子はTBSしか使えない。レギュラー番組を抱える他局からしたら面白くないですよ。
結果的に『金スマ』以外のレギュラー番組を敵に回してしまったということです」とワイドショー関係者。
「金スマ」では中居がベッキーをうまく導いたこともあり、バッシング一色だったネット上でもベッキーを許すムードが醸成されている。
そういう意味では「金スマ」での復帰は成功といえるが、他局とのパワーバランスを考えると大成功と言えるのか、まだ疑問が残るところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000003-tospoweb-ent
東スポWeb 5月17日(火)6時58分配信

no title

【ベッキー 根回しなし「金スマ」復帰でテレビ界は敵だらけ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 09:15:36.97 ID:CAP_USER9
ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業していたタレント、
ベッキー(32)が13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)で104日ぶりにテレビ復帰し、
番組の平均視聴率は24・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

前回4月29日の16・8%から7・2ポイントと大きく数字を伸ばし、16年のランキングでは第7位タイの高視聴率。
視聴者の関心の高さを裏付けた。

今年1月に発覚し、通話アプリ「LINE」のやり取りが流出するなど、世間に衝撃を与えた一連の騒動。その真相が明かされるとあり、大きな注目を集めた。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/16/kiji/K20160516012585780.html

no title

【ベッキー復帰「金スマ」視聴率24・0%! 前回から7・2ポイント上昇】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 10:38:55.44 ID:CAP_USER9
2016.05.14

 1月にロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動を起こし、芸能活動休止状態だったタレント、ベッキーが、約3カ月ぶりに復帰した。
ベッキーは5月13日放送のテレビ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演し、司会の中居正広(SMAP)からの質問に応えるという形式で、一連の騒動を釈明した。

 番組内でベッキーは、川谷が妻帯者だと知りながらも交際を続けたことについて、『夫婦関係は破綻していると私は思っていたので』と説明。さらに不倫中に一緒に川谷の実家へ旅行に行った理由について、
『親戚のお子さんがいて会わせたいということでお誘いいただいて』などと釈明した。また、川谷の奥さんと直接面会し謝罪する予定であることも明かし、現在の川谷への恋愛感情については「好きじゃないです」ときっぱり否定した。

 ベッキーとしては、これをひとつの区切りとして今後本格的に芸能活動を再開させたいところだろうが、テレビ局関係者は語る。

「今回の出演は、視聴者がどのような反応を示すかを番組サイドが“試す”という位置づけのものなので、今後『金スマ』にレギュラー出演することを意味するものではありません。
TBSとしては視聴者の反応をみて、特にスポンサー企業の意向を尊重しつつ検討して今後継続的に起用するかを決める。不倫発覚後、ベッキーの出演番組のみならず、そのスポンサー企業に直接、視聴者からのクレームが殺到したことが、
各番組がベッキー起用を一斉にやめた大きな原因ですが、今回の釈明における一連の発言でベッキーの“自分勝手さ”が視聴者に強く印象づけられたことは否めません。
TBSや『金スマ』スポンサー企業にクレームが殺到していることは容易に想像でき、それを受け他局もベッキー起用に尻込みしてしまう。本格復帰は絶望的といえるでしょう」

 別のテレビ局関係者は語る。

「実はここ最近、ベッキーはレギュラー出演していた各番組スタッフにお忍びで“お詫び行脚”を行ってきました。各番組サイドとしては高い視聴率が確実視できるため、どこも“ベッキー復帰一発目”を狙っていました。
今回の『金スマ』出演についてベッキーサイドは他局に対し事前に説明を行っておらず、これは非常にマズイです。TBS以外の局は“裏切られた”と受け止めてしまい、今後TBS以外での起用は難しくなるでしょう」

■対応のまずさ

 さらに、別のテレビ局関係者も厳しい見方を示す。

次のページ ベッキーが嘘をついていたことがバレ、多額の契約金を払ってきたスポンサー企業を完全に敵に回した

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:ビジネスジャーナル http://biz-journal.jp/2016/05/post_15104.html


no title

【ベッキー、金スマ不倫釈明で本格復帰絶望的…テレビ各局とスポンサー企業を敵に回す】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 07:17:32.53 ID:CAP_USER9
「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫疑惑が報じられたタレントのベッキー(32)が13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で
休業を経て約3か月ぶりにテレビ復帰した。
「間違った恋だった」と不倫を反省し、川谷への気持ちは「もう好きではない」と不倫清算を断言したが、同番組を含め、
計10本あったテレビのレギュラー番組への完全復帰が決まったわけではない。節目となった復帰舞台裏で何が起きているのか――。

番組冒頭から登場したベッキーは白いチュニック、ジーンズ姿で、メーンMCの中居正広(43)と対談する形で経緯を語った。

川谷の元妻に謝罪を申し入れたことを明かし「騒動後すぐにお話をしました。奥様は『男性(川谷)と私と3人ならいいです』と。
それで私は男性との関係は絶ったつもりだったので『できれば1対1がいいんですけど』とわがままを言ってしまった。それで流れてしまって。
再度お願いをしたらOKをいただきました」という。テロップでは5月2日に謝罪したことも明かされた。

川谷を「男性」とし、時折、涙を流しながら反省の弁を続けた。

「一人の女性を傷つけた罪の大きさ、私に届く声、正直、つらいものがありました。
多くの方々にご迷惑をおかけして、悲しませたこと、お仕事ができないこと、こういう恋愛ができるのかと思い描いていたのと、現実が違っていた」

1月6日に開いた記者会見について、ベッキーは「ウソはありました。
男性(川谷)と出会って、好きになって、出かけて、奥様がいることも知った。
お互い気持ちがあるのはわかっていた。正式なお付き合いは離婚してからと。
そこでブレーキをかければよかったけど『友達のまま』と言いながら会って、気持ちが大きくなった。子供の言い訳みたいですけど」。
会見で強調した友人関係がウソだったことを認め、中居に「お付き合いしてた?」と問われると「そうですね。気持ちが通った時点で不倫だと思います」と認めた。

ネット上では「奥さんにも謝罪したのだし、完全復帰させてあげて」という同情論から、「別れたらそれでOK? 経緯を世間は忘れないだろう」との反対論まで、様々な意見が飛び交った。
公式ブログには14日午前9時の時点で3600件余りのコメントが殺到している。

だが、水面下ではベッキーの“暴走”が問題視されているのも事実だ。

「事務所幹部は当初、正式な釈明会見をやってからテレビ復帰を果たすのが筋だと説得したのですが、ベッキーは受け入れず『金スマ』を選んだそうです。
番組ではMCの中居が、ある程度は鋭い部分に迫りましたが、記者会見でない以上、番組で釈明したといっても、
言いたいことだけ言って終わった点では1月の“質問ナシ会見”と変わらないと批判を浴びてもしょうがない」(芸能プロ関係者)

このベッキーの暴走は今後の本格復帰に影響を与えかねない。というのも「来週の『金スマ』に出演する予定は今のところないし、今回一回限り。
他の番組も復帰という話はない」(制作会社関係者)からだ。
休業するまであったテレビのレギュラー番組10本で「金スマ」のTBSはもちろん、他のテレビ局、事務所も世論がどう反応するかを見定めたいのが本音だ。

「ベッキー本人は『金スマ』を機に、なし崩し的に他のレギュラー番組へも7月の改編期で本格復帰したいという狙いもあるようですが、事務所幹部はそんなに甘いものじゃないとわかっている。
ベッキーの釈明会見拒絶が続くようだと世論やスポンサーの同情は得られない可能性もある」(前出の芸能プロ関係者)

さらに、休業した3か月の間にはポストベッキーも現れ、“ベッキー不要論”も浮上している。

「関西テレビの『にじいろジーン』には清水富美加が新加入して、ウケがいい。ベッキーがいなくても数字的には変わらないし、そのポジションそのものがなくなりつつあるケースさえある。
今後、積極的にベッキーを起用するレギュラー番組がどこまであるのか」(前出の制作会社関係者)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00000000-tospoweb-ent
東スポWeb 5月15日(日)6時34分配信

no title

no title

地上波の民放番組の本格復帰までにはまだまだハードルがある。そこでベッキー側は別の路線も模索し始めている。
「7月にBSスカパーの音楽祭(日本武道館)で司会という話が上がったのもその一環ですね」と別の芸能プロ関係者。

7月本格復帰を目指すためにもベッキーは“暴走”を控えたほうがよさそうだ。

【「金スマ」復帰を事務所は反対していた 釈明会見をやってからテレビ復帰を果たすのが筋だと説得したがベッキーは受け入れず】の続きを読む




このページのトップヘ