1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 05:18:04.48 ID:CAP_USER9
2016.5.23 05:05

フリーアナウンサー、赤江珠緒(41)が放送中のTBS系連続ドラマ「重版出来(しゅったい)!」
(火曜後10・0)で“女優デビュー”することが22日、分かった。

過去にドラマの出演経験はあるが、すべてアナウンサーやリポーター役。
今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役で、本格演技に初挑戦する。
赤江はサンケイスポーツの取材に「男勝りな私の中にある母性を発掘したい」と熱演を約束した。

アナウンサー歴20年目の“タマちゃん”が、さわやかで活発なイメージを覆すけなげな人妻役で新境地を開拓する。

東京都内で行われた「重版出来!」のロケ現場でサンケイスポーツの取材に応じた赤江は、
「演技自体が未知の領域」と緊張気味。MCを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」
(月~金曜後1・0)などでみせる歯切れの良いトークとは裏腹に、
「アナウンサーと演技の共通点を考えましたが、ないんです」と、悩みながら撮影に臨んでいた。

過去に2012年のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」などへの出演歴はあるが、
アナウンサーやリポーター役で「普段の延長上というイメージ」だった。
「重版-」はコミック編集者(黒木華=26)の奮闘記で、赤江は売れっ子漫画家の夫を優しく支え、
一人娘にも愛情を注ぐ良妻役として、5月31日放送の第8話に登場。
同放送回のストーリーに大きく絡む役どころだ。

赤江は2008年に結婚したが、
「劇中で旦那さまを『あなた』と呼ぶのですが、人生で『あなた』と呼んだことがなくドキドキします」と赤面。
「母親役ですが、子供を持ったことがないのでどうしたらいいか…」と素直に告白した。

それでも、今回は演劇をテーマにした大好きな少女漫画「ガラスの仮面」を熟読し、
「徹底的に役に入る姿勢を学びました!」と気合十分。
周囲からは「男勝りで中坊(中学生)みたい」と言われることが多いそうで、
「はかなげで優しい女性役ですが、自分にそんな要素があるか心配」と苦笑しつつ
「演技を通じて私自身の母性を発掘したいです」と“女子力アップ”も誓っていた。


・“女優デビュー”を果たす赤江珠緒(右)。左は娘役の蒔田彩珠(あじゅ)=東京都内
no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20160523/geo16052305050001-n1.html

【赤江珠緒アナ「重版出来!」で“女優デビュー”、人妻役で新境地】の続きを読む