酒井法子

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 20:52:08.78 ID:CAP_USER9
女優の酒井法子(45)が22日、都内で、デビュー30周年記念コンサートを行った。
単独コンサートは16年ぶりで、2009年の事件後は初めて。
ファン1200人で埋まった客席に向かって、「マンモスうれピー!!」とハイテンションに“のりピー語”をさく裂させ、代表曲「碧いうさぎ」など30曲を熱唱した。

膝上20センチのミニスカートという現役さながらのファッションで登場すると、1987年2月5日発売のデビュー曲「男のコになりたい」をまずは披露。
「緊張します。16年ぶりですよ。今日はお祭り。皆さん、踊らされちゃってください。よろピクピク~!!」と客席をあおって大歓声を浴びた。

覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け、12年11月に芸能活動を再開後、初となる単独ライブ。
ファンの前で事件に直接的に触れることはなかったが、「皆さんが酒井をステージに帰してあげようと思ってくれて、こういう日を迎えることができました。遅くなったけど…言おうかな。ただいま!!幸せ者だなぁ」と感情をたかぶらせた。

3パターンの衣装では、ピンクのロングドレスや、ヘソ出しTシャツで、往年のアイドルオーラを振りまいていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000091-dal-ent
デイリースポーツ 9月22日(木)19時59分配信

デビュー30周年記念コンサート 酒井法子
no title

no title

no title

no title

no title

【酒井法子(45)、超ミニスカで「よろピクピク~!」…16年ぶり単独コンサート】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 20:45:51.67 ID:CAP_USER9
no title


今でこそベテランのアイドルヲタクのような顔をしている私だが、初めてアイドルと握手したときはビビリまくっていた。

 誰かに(←誰にだ)見つかったらやばいと思い、変装をしていたし、その前にも何度か「握手しよう」と思ったアイドルはいたが、
気恥ずかしさが先に立って、踏ん切りがつかなかったのだ。

 そんな中、「それでも握手がしたい!」という気持ちが勝って、初めて握手をしたのが、酒井法子だった。28年前の春のことである。

 今年の7月1日、酒井法子のファンクラブサイトが7年ぶりに再開された。

 事前に、サイトの再開と30周年記念コンサートのことがYahoo!ニュースなどで報道されたものの、その後の高知東生逮捕などの影響もあり、あまりよい展開とはならなかった。

 実際、当日の事務所からの通知も、代表の廣瀬洋二郎氏によるTwitter(?@HiroseYoujiro)の
「本日酒井法子ファンクラブサイト復活致しました。」との一文のみ。
ネット上でも「介護の話はどうなった?」「ブログが有料とはセコすぎる」などと、散々な書かれようだった。

 でも、違うのだ。

 本人の魅力が勝っていれば、その手法や金額など大きな問題ではない。私は彼女がまたこの世界に帰ってきたことが、ただただ嬉しい。

 では、私がそこまで惹かれている、酒井法子の魅力とは何か。

 酒井法子は1985年、14才でオーディションに入賞し、芸能界入り。デビュー当時の彼女は、とにかく「元気な女の子」というイメージだった。

 デビュー曲「男のコになりたい」(ビクターエンタテインメント)にしても、初期の代表曲「夢冒険」(ビクター音楽産業)にしても、
聴く者に元気や勇気を与えるものだったし、当時作られていたビクターの甲子園ポスターに起用されたのも、そのイメージがぴったりだったからだろう。

 しかし、当時から彼女はいろいろなものを抱えていたのだと思う。

 中学生でサンミュージックに入り、社長の自宅に下宿をしていたとき、事務所の、そしてアイドルとしての先輩である岡田有希子が自ら命を絶つ。

 それを目の当たりにした少女は、一体何を思っただろう。

 自分と同じ家に暮らして、自分と同じ仕事をしていた女性が自殺をした。
そして、自分はその同じ道を歩まねばならない。その覚悟は、想像を絶するものであったに違いない。

 彼女はそこでも逃げる選択はしなかった。

 なぜなら彼女には逃げる場所などなかったから。

 覚せい剤の事件があってから、彼女の生い立ちや複雑な家庭事情が報道されたが、あの頃のファンは、
そのあたりのこともみんな知っていた。それも含めて、芸能界で戦っている彼女を応援していたのだ。

 そして、彼女がレコードデビューした後、時は「アイドル冬の時代」へと入っていく。そんな中で、
「正統派アイドル歌手」として、彼女はまた新たな戦いを強いられることになるのだ。

 ヒット曲こそなかったが、この頃の彼女の曲は名曲が多かった。アイドルとして戦いは続けていたものの、
少しずつ肩の力も抜けてゆき、「女性としての優しさ」や「素敵な恋の情景」などを見事に歌いこなし、着実に「表現者」としての幅を広げていった。

 正直、彼女が時折、淋しそうな、そして辛そうな表情を見せることがあるのに気づいてはいた。
ただ、ファンである私たちにできるのは、いつかそんな彼女の努力が実を結ぶことを祈り、応援することだけだった。

続く

【酒井法子ファンクラブサイトひっそりと再開……それでも僕はのりピーの味方だ!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 09:27:06.39 ID:CAP_USER9
今年9月22日、東京・江東区のコンサート会場で大パニックが起こる可能性がある。会場の名は、「ディファ有明」。
収容人数は1273名だ。そこでのりピーこと酒井法子(45)がデビュー30周年を記念して、16年ぶりのコンサートをやるという。

「すでに上海でも話題になっています。コンサート会場はもっと大きなところでなければ絶対に足りません」

と語るのは、中国人ジャーナリストの周来友氏だ。のりピーといえば、中国版ツイッター「ウェイボー」のフォロワー数が約10万人もいるほど中国で絶大な人気を誇っている。

「薬物での逮捕があってから、日本ではあまりいいイメージがないようですが、中国では違います。
『彼女は悪い男に捕まってこういうことになってしまった』と信じているファンが大多数で、
いまでも『清楚なジャパニーズビューティー代表』といえば彼女なんです」(周氏)

しかも周氏によれば、のりピーのファンは中国だけにとどまらず、「シンガポールやその他の東南アジアの国など、幅広い地域からファンが押し寄せる」可能性があるという。

そうなると、約1200人しか収容できないコンサート会場では狭すぎるのではないか。のりピーの所属事務所はこう話す。

「いま、東京のコンサート会場は建て替えているところが多く、手狭ですがやむを得ずここに決まりました。ウェイボーに投稿してコンサートの告知をしようと考えています」

ただでさえ会場が狭いのに、10万人に向けて告知をしてもパニックになるだけのような気がするが……。所属事務所によれば、

「今後、中国や台湾でもコンサートの予定を組んでいる」

というので、今回わざわざ日本に来なくても、近いうちに現地にいながら“生のりピー”を見られるチャンスはあるということだ。
しかし、熱烈なファンはじっと待っていられない。

「酒井さんが中国で活躍したのは1990年代からで、その当時10~20代だったファンがいまでは30~40代。
経済的に余裕があり、すでに日本旅行を経験している人が多い。16年ぶりという記念のコンサート見たさに日本に押しかけるのではないか」(周氏)

公式ファンサイトでの先行予約開始は7月1日から。チケットの爆買いは起きるのか。

※週刊ポスト2016年7月8日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00000006-pseven-ent


NEWS ポストセブン 6月27日(月)7時0分配信

no title


https://www.youtube.com/watch?v=oZsk1UwLkyw
碧いうさぎ 酒井法子

【酒井法子の16年ぶりコンサート 中国人がチケット爆買いか】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 12:34:20.64 ID:CAP_USER9
 女優で歌手の酒井法子(45)が16年ぶりにコンサートを開くことになった。9月22日に東京都江東区のディファ有明で、デビュー30周年記念公演として開催する。現在、歌だけでなくダンスのレッスンも積んでおり、アイドル時代をほうふつさせるステージになりそうだ。

 単独コンサートは2000年11月4日、香港コンベンション&エキシビションセンターで行って以来。日本では、全国ツアーの大阪公演を吹田市文化会館で開催した同10月30日以来となる。

 約1200人を動員する見通し。現在、所属事務所は公式サイト上で、酒井の新アルバム(9月発売予定)に収録してほしい歌をアンケートしており、公演で歌う曲目もこの結果を参考にする。

 酒井は「デビューして30年、香港でコンサートをして16年。こうして時を重ねてこられたのも、応援してくださった方々のおかげ。
今年また、素晴らしい機会を与えていただき、精いっぱい努力します」と意気込んだ。

 これに先立ち、ファンクラブ(FC)も7年ぶりに再結成することになった。来月1日に公式ファンサイトをオープンし、会員登録を募る。
会員にはコンサートの先行予約の受け付けをはじめ、イベントの開催情報などを随時告知する。FCは09年8月、自身の薬物事件が原因で解散となっていた。

 中国ではすでに立ち上がっている。酒井の中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のアカウントにはフォロワーが約10万人もいることから、中国側関係者がFCの創設を酒井の所属事務所に提案。今月17日にファンサイトを開設した。関係者は「中国でののりピー人気は根強く、会員数が万単位になる可能性もある」と話している。

 また、デビュー30周年を迎えた今年はコンサートのほか、記念作品の発売も予定している。写真集とイメージDVDにグッズを同封した「記念BOX」を限定2000部で11月1日にリリース予定。90年代に台湾、香港で開催したコンサートの映像を収録したDVDマガジンは8月8日に発売する。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/21/kiji/K20160621012821420.html
no title


酒井法子
http://www.nigun-niiba.co.jp/sakai/

【のりピーこと酒井法子(45)、デビュー30周年 16年ぶりのコンサート開催 アイドル時代を彷彿させるステージに】の続きを読む




このページのトップヘ