連続テレビ小説

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 14:20:49.42 ID:CAP_USER9
女優・有村架純(24)が主演するNHK総合の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)
の10日放送の第8話の平均視聴率が18・3%だったことが11日、分かった。
今までの最低だった18・8%を下回るワーストとなる。

3日の初回は19・5%でスタート。以後、18・8%、19・7%、19・4%、18・8%と推移し第1週を終え、
10日の第7話では初の大台超えで最高の20・1%を記録していた。

「ひよっこ」は東京五輪が開催された1964年から始まる物語。
茨城から集団就職で上京するヒロイン・みね子(有村)の成長を描く波乱万丈の青春ストーリー。

みね子の父・実に沢村一樹(49)、母・美代子に木村佳乃(40)、祖父・茂に古谷一行(72)、叔父・宗男に、
こちらも連続テレビ小説初出演の峯田和伸(38)のほか、羽田美智子(48)、柴田理恵(57)らが出演している。

9月30日までの全156回放送される。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知 4/11(火) 10:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000065-sph-ent

写真
no title

【NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 第8話の視聴率はワースト18・3%…10日は20・1%も】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:57:10.43 ID:CAP_USER9
女優、有村架純(24)が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が、初回視聴率20%の大台割れでのスタートとなった。
体重を増やしてまで挑むヒロインだが、不安な船出となってしまったようだ。

「ちゅらさん」の岡田惠和氏が脚本を手がけ、「あまちゃん」でブレークした有村がヒロインとあって注目されていたが、
朝ドラの初回20%割れは、2012年後期の「純と愛」以来という低空発進となった。

「前作の『べっぴんさん』は全話平均では20%を超えたが、3月に入ってからの視聴率が軒並み20%を割るなど低調で、
最終回も19・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にとどまった。
そういう意味では視聴習慣が途切れてしまったことが影響しているのでは」と放送関係者。

そして「有村は、自身もインタビューでも視聴率が気にならないといえば嘘になると話していたように、高視聴率を期待されているし、本人も意識している。
それだけに予想を下回るスタートは半年間の長丁場での不安材料になりかねない。
精神的な負担にならなければいいが」と続ける。

ただ有村の不安はそれだけではないようだ。

「実の姉である有村藍里が先週発売の週刊誌『FRIDAY』でヌードを披露しました。
姉はそれまで新井ゆうこの名前で活動し、有村との関係も一応伏せていました。
しかし今回本名に戻し、見出しでも“有村架純の姉”と打ち出しているほど。
妹が朝ドラヒロインで注目を浴びるタイミングだけに、妹の足を引っ張ることにならなければいいのですが」とは出版関係者。

なかなか前途多難なようだが、どこまで盛り返せるか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12905157/
2017年4月7日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)

no title

【有村架純を覆う“不安の影” 「ひよっこ」低空発進…実姉は週刊誌でヌード披露】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 05:03:56.98 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。ヒロイン・谷田部みね子を演じる有村架純(C)NHK

 NHKの連続テレビ小説・第96作『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)が3日にスタートする。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純。脚本は『ちゅらさん』『おひさま』に続き、連続テレビ小説3作目の岡田惠和氏が担当。主題歌は桑田佳祐の「若い広場」で初回放送時が初OAとなる。語りはマラソン中継の解説でおなじみの増田明美が務める。

 東京がオリンピック開催に向けてお祭りムードで湧く1964年から始まる物語。高校3年生のみね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村でのびのびと朗らかに暮らしていた。父・実(沢村一樹)は不作の年に作った借金を返すため東京に出稼ぎに出ており、普段は、明るくおしゃべりな母・美代子(木村佳乃)、無口な祖父・茂(古谷一行)、そして妹と弟の家族5人で農業をして生活している。

 幼なじみの時子(佐久間由衣)は女優になるために、三男(みつお/泉澤祐希)は三男坊であるために、それぞれ卒業後は東京で働くことになっているが、みね子は父が出稼ぎを辞め帰って来る日を願いながら、奥茨城で農業を手伝いずっと暮らしていこうと思っていた。

 一方、実は故郷の家族と田んぼに思いを馳せつつ、ビルの工事現場で重労働に汗を流し、日銭を稼いでは送金する日々だった。年に一度の稲刈りのため奥茨城に帰る日、実は赤坂で鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)らが営む洋食屋「すずふり亭」とめぐり会う。そして、故郷に帰った実は真っ先に畑の匂いと感触を確かめるのだった。翌朝、時子や三男、叔父の宗男(峯田和伸)も参加し、稲刈りが始まる。


・NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。ヒロイン・谷田部みね子を演じる有村架純(C)NHK
no title

no title

no title

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000303-oric-ent

【有村架純主演、新・連続テレビ小説『ひよっこ』スタート】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 05:06:21.87 ID:CAP_USER9
NHKで放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月~土 前8:00)。神戸を舞台に、戦後、べビーと子ども用品の専門店・キアリスを立ち上げたヒロイン・すみれとその仲間たちの物語は、4日から後半へ。
お正月にふさわしい晴れ着姿でかしこまったヒロイン・坂東すみれ役の芳根京子、仲間の小野明美役・谷村美月、小澤良子役・百田夏菜子、村田君枝役・土村芳の4人から、新年のメッセージが到着した。

▽芳根京子
 「坂東すみれとして毎日、豪華な共演者の皆さんと大阪で撮影していることがうれしくて、幸せです。途中、余裕のない時期もありましたが、収録が後半に差しかかかったいま、改めてぜいたくな時間を過ごしていると感じていますし、大きなやりがいにつながっています。
2017年は、2016年を超えられる年にしたいです。これまで昨年ほど祝福をいただいた年はありませんでしたが、むしろここから始まるんだ!という思いで成長していきたいです」

▽谷村美月
 「2016年はお仕事のほうは充実していましたが、プライベートがなかなか無かったように感じた年だったので、今年はプライベートもたっぷり、充実を感じられるような、そんな年にしたいです」

▽百田夏菜子
 「いまは『夏菜子ちゃん』より『良子ちゃん』と呼ばれることのほうが多い気がして、これまで声をかけられなかった世代の方々から反響をいただけるので素直にうれしいです。改めて連続テレビ小説の影響力を知り、その現場に立っているありがたみを感じています。
自分の気持ちや周りに見えるものが“変わってきた”と実感しているので、得たものを大事にしつつ、2017年に生かせたらいいなと思います」

▽土村芳
 「『べっぴんさん』に参加してたくさんのすてきな人たちに出会えたことがうれしかったです。初めての“朝ドラ”に不安もありましたが、いまはこの作品を支えるスタッフの皆さんや共演者の皆さんの中に私も一員としていられる事が幸せです。(2017年は)自分に合う運動を見つけたい!」

 物語の後半は、べビーと子ども用品の専門店・キアリスの拡大と思春期を迎えた娘・さくらのはざまで悩むすみれ、さくらが出会う新たな登場人物、意外なかたちで再登場する栄輔と、後半も新しい別品ドラマが次々と展開していく。


・連続テレビ小説『べっぴんさん』メインキャスト4人から新年のあいさつ(左から、土村芳、谷村美月、芳根京子、百田夏菜子)(C)NHK
no title

・連続テレビ小説『べっぴんさん』1月4日から放送再開、第14週「新春、想いあらたに」(76回)より(C)NHK
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2084052/full/

【【べっぴんさん】芳根・谷村・百田・土村、晴れ着姿で新年のあいさつ 今年は「2016年を超えられる年に」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 08:27:36.83 ID:CAP_USER9
 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で俳優、唐沢寿明(53)扮する雑誌「あなたの暮し」の編集長・花山の娘役を演じた女優、水谷果穂(19)が来年1月22日に写真集「1819」(ワニブックス、3240円)を発売することが13日、分かった。

 11月1日から誕生日の同3日までの3日間に、小学生時代に家族旅行で訪れた沖縄で撮影。「10代最後の一人旅」をテーマに水着で海ではしゃぐ姿や、初の泡風呂にも挑戦。「ちょうど誕生日だったので、18歳と19歳の水谷果穂が共存しています」とPRしている。

 発売日の来年1月22日午後1時から、東京・紀伊國屋書店新宿本店で発売イベントを行う。

ソース
http://www.sanspo.com/geino/news/20161214/gra16121405030001-n1.html
清楚な顔立ちとは対照的な、黒のビキニが鮮烈な水谷果穂
no title

泡風呂に初挑戦した水谷果穂
no title

ビキニが鮮烈な水谷果穂
no title

no title

【『とと姉ちゃん』唐沢の娘役、水谷果穂(19)が写真集で泡風呂に初挑戦】の続きを読む




このページのトップヘ