赤江珠緒

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/07/23(土) 16:11:13.50 ID:CAP_USER9
フリーの赤江珠緒アナウンサー(41)が23日、カンテレ系の「さんまのまんま」に出演し、
MCの明石家さんま(61)と共にキー局と準キー局の仲の悪さについて盛り上がった。

赤江はさんまから私生活について聞かれ、「結婚したのは8年くらい前」で、テレビ朝日に勤務していることを告げた。
さんまが「ぼくと仕事したことは?」と尋ねると、赤江アナは「ないです。バラエティーじゃなくて報道関係です」と答えた。

赤江アナが大阪にある準キー局・朝日放送の出身であることをさんまが指摘し、夫がテレビ朝日であることから
「まあ、言えば犬と猿みたいな関係でしょ?!」とツッコむと、赤江アナは「そうです」と顔をしかめた。

ここでスタジオ観覧者らから笑いが起こり、さんまは「カンテレとフジテレビもそうやで」とテレビ朝日と朝日放送に限ったことではないことを指摘。
「TBSと毎日放送は特にひどい。なんで同局って仲悪いんやろな。不思議。仲良くしたらいいのに」と首をかしげた。

赤江アナは「朝日放送の昔の報道局長が」と秘話を披露。夕方のニュース番組での出来事だそうで、
「テレビ朝日さんのニュースのあとに、全国ネットの後にローカルニュースをやるじゃないですか」と述べ、
テレビ朝日のニュースを見た朝日放送の報道局長がテレビ朝日にFAXで
「ニュースなめたらあきまへんで」と送ろうとしていたという。赤江アナは「みんなが止めた」と笑って振り返った。

さんまは「いい競争心になってるのかな」と話すと、赤江アナも「そうですね」と同意した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160723-00000054-dal-ent
デイリースポーツ 7月23日(土)16時1分配信

no title

no title

【赤江珠緒アナ テレ朝と朝日放送の犬猿ぶり告白 さんま、TBSと毎日放送特にひどい】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 18:43:45.37 ID:CAP_USER9
7月6日にバラエティ番組「クイズ!気を付けて」(フジテレビ系)が放送される。同番組では女性のバストに関する内容を放送するという。

「この番組は自分の身に振りかかるかもしれない様々な問題に対し、気を付けるべきことをクイズとして出題するバラエティ番組。
その中で、美しい胸を手に入れるために気をつけることという内容を放送するようです」(テレビ誌記者)

番組はウエンツ瑛士や赤江珠緒の進行のもと、普通のクイズ番組とは一味違う内容のクイズをパネラーたちに出題していくという。

そして現在、フジ系列では同番組の予告が、放送前から繰り返し流されているのだが、その内容の過激さに注目が集まっている。

「予告では胸に関する知識を持つと思われる専門家が、
フリーアナウンサー・赤江珠緒の胸を背後から鷲掴みにして、上下に激しく揺らすシーンを大々的に流しています。
映像を見る限り、下世話なシーンを使って男性視聴者を釣ろうとしているのは明白。この番組が放送される6日といえば、
『笑ってこらえてSP』(日本テレビ系)や『水曜日のダウンタウン』(TBS系)など人気番組が裏に名を連ねていますから、
フジはこのような過激な予告を流して、少しでも視聴率アップを狙っているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

かつてフジの水曜22時といえばドラマ枠だったが、低視聴率により打ち切りとなり、現在はバラエティに切り替わっている。
はたしてこの狙いすぎな予告映像で、フジはどれほどの視聴者を獲得することができるのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1157081/
2016.07.04 17:58 アサ芸プラス

no title

【赤江珠緒の胸揉み映像を大々的に放送!フジの番宣がエゲツなさすぎる】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 05:18:04.48 ID:CAP_USER9
2016.5.23 05:05

フリーアナウンサー、赤江珠緒(41)が放送中のTBS系連続ドラマ「重版出来(しゅったい)!」
(火曜後10・0)で“女優デビュー”することが22日、分かった。

過去にドラマの出演経験はあるが、すべてアナウンサーやリポーター役。
今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役で、本格演技に初挑戦する。
赤江はサンケイスポーツの取材に「男勝りな私の中にある母性を発掘したい」と熱演を約束した。

アナウンサー歴20年目の“タマちゃん”が、さわやかで活発なイメージを覆すけなげな人妻役で新境地を開拓する。

東京都内で行われた「重版出来!」のロケ現場でサンケイスポーツの取材に応じた赤江は、
「演技自体が未知の領域」と緊張気味。MCを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」
(月~金曜後1・0)などでみせる歯切れの良いトークとは裏腹に、
「アナウンサーと演技の共通点を考えましたが、ないんです」と、悩みながら撮影に臨んでいた。

過去に2012年のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」などへの出演歴はあるが、
アナウンサーやリポーター役で「普段の延長上というイメージ」だった。
「重版-」はコミック編集者(黒木華=26)の奮闘記で、赤江は売れっ子漫画家の夫を優しく支え、
一人娘にも愛情を注ぐ良妻役として、5月31日放送の第8話に登場。
同放送回のストーリーに大きく絡む役どころだ。

赤江は2008年に結婚したが、
「劇中で旦那さまを『あなた』と呼ぶのですが、人生で『あなた』と呼んだことがなくドキドキします」と赤面。
「母親役ですが、子供を持ったことがないのでどうしたらいいか…」と素直に告白した。

それでも、今回は演劇をテーマにした大好きな少女漫画「ガラスの仮面」を熟読し、
「徹底的に役に入る姿勢を学びました!」と気合十分。
周囲からは「男勝りで中坊(中学生)みたい」と言われることが多いそうで、
「はかなげで優しい女性役ですが、自分にそんな要素があるか心配」と苦笑しつつ
「演技を通じて私自身の母性を発掘したいです」と“女子力アップ”も誓っていた。


・“女優デビュー”を果たす赤江珠緒(右)。左は娘役の蒔田彩珠(あじゅ)=東京都内
no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20160523/geo16052305050001-n1.html

【赤江珠緒アナ「重版出来!」で“女優デビュー”、人妻役で新境地】の続きを読む




このページのトップヘ