苦悩

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 12:47:55.47 ID:CAP_USER9
26日深夜放送のTBS系「タビフク。」で、元AKB48の永尾まりやが板野友美にAKB卒業後の苦悩を相談する場面があった。

番組で永尾と板野はインドネシアのバリ島を訪れた。
番組の後半、ソファーに腰を落ち着けたところで、永尾は「もう私もAKB卒業したじゃないですか」と板野に相談を切り出した。

永尾は「私は、何か変わるかなって思ったんですよ」と卒業当時の心境を振り返り「まだ一年経ってないですけど……自分が思い描けてた自分にはまだ慣れてないかな」と現状を明かす。
さらに「結局変わりたくて辞めたけど『なりたい自分にまだなれてないかも』とか思うときがあって」と悩みを告白した。

板野が「どういう自分が理想像なの?」と質問すると、
永尾は「いろんな映画でて、いろんな、できたらドラマ出て、ファッション誌もたくさんできてみたいなのを思い描いていた」と答えたが「(AKBの)看板ってスゴイ大きいから」と、卒業後の現実の厳しさを噛みしめていた。

話を聞いていた板野は「確かに卒業して、AKBの枠から離れたら時間は出来るけど、やっぱり1人で戦わなきゃいけないから」と永尾に語り掛ける。

さらに板野は「そんなすぐに上手くいかないとおもうわけ。やっぱりその諦めずに続けていくことが、すごい大事だと思う。まずある仕事で100点をずっと出していけば、まりちゃんと仕事したいなとか、私と仕事したいなと思ってくれる人が増えると思うしそれを繰り返すことが次へのステップに繋がるんじゃないかな」と永尾にエールを送った。

以前には元AKB48の宮澤佐江もテレビ番組で自身のグループ卒業後の給料について明かす場面があり「ほんとに過去最大に少なかったときありました」と卒業後の収入減を赤裸々に語っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00034031-etalent-musi

「タビフク。」 板野友美と永尾まりや
no title

元AKB48 永尾まりや
no title

no title

元AKB48 板野友美
no title

no title

【永尾まりや「AKBの看板はスゴイ大きかった」 板野友美に卒業後の“苦悩”を相談】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 16:06:56.48 ID:CAP_USER*.net
今年4月4日から『5時に夢中!』(MXテレビ)のアシスタントに起用されているフリーの上田まりえアナウンサー(29)。
彼女は同番組の月~木曜を担当しており、1週目はさすがに緊張している素振りを隠せなかった。
そんな上田アナも翌週から次第に肩の力が抜けていっている様子が見て取れる。
ならば、そろそろ彼女のパーソナリティも深掘りしていってもいいのではないか。
例えば、1月まで所属していた古巣・日本テレビでの日々はどうだったのだろう?

まず11日の放送では、第1週目を思い出し「いろんな経験をさせていただいて、ハートが強くなりました」とコメントした上田アナ。
元から強心臓に見えなくもない彼女だが、実はそうでもないらしい。
月曜コメンテーターであるマツコ・デラックス(43)は「相当、最初(日テレ入社当時)は弱ってたみたいよ。
夏目(夏目三久アナウンサー/31)から聞いた」と、リアルな人脈から引き出した生々しい情報を披露している。

日付は飛んで13日、番組内では「霊感」をテーマにトークが進む。
ここで「実は、結構感じるタイプ」とカミングアウトしたのが、上田アナだ。
特に、「日本テレビの麹町のスタジオは落ち着かなかったですね……」と、かつての古巣の居心地の悪さを打ち明けた。
この告白を受け、日テレで共演歴のある内科医・おおたわ史絵(51)は「よっぽど嫌だったんだね。よっぽど、ひどい目にあったんだね」と意味深にコメント。
即座に「ちがいますから、(日本テレビが)大好きでしたよ!」と否定した上田アナだが、
司会のふかわりょう(41)は「全く響きませんね」と切り捨てていた。兎にも角にも、MXテレビは水が合うようで何よりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1119864/
2016.04.22 14:00 日刊大衆

no title

【上田まりえアナ「日テレ時代の苦悩」を退社後に初めて告白】の続きを読む




このページのトップヘ