芸能界

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 00:42:19.88 ID:CAP_USER9
人気グラビアアイドルの石原佑里子が、芸能界から電撃引退することがBuzzFeed Newsの取材で分かった。石原は5月いっぱいをもって芸能界から引退する。

所属事務所によれば、引退理由は「学業に専念したいという本人の希望」。既にTwitter、インスタグラムなどのSNSを閉鎖している。

石原は2016年に本格的に芸能界デビュー。愛らしい顔と90センチFカップのバストで「日本一おっぱいがキレイな女子大生」と呼ばれ、昨年リリースしたDVD3本はいずれもヒットし、アイドル通販サイト「東京Lily」ではDVD年間売り上げ1位を記録した。

また「ヤングアニマル」など雑誌の表紙やグラビアでも活躍。フジテレビ系の深夜バラエティー番組「佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議」にもレギュラー出演し、2017年にブレイクするグラドルと関係者に期待されていた。

一方で、石原には現役の大学生という顔もあった。

昨年1年間は芸能活動に専念するため休学していたが、芸能活動を行う中で改めて自分の将来を考え、芸能界から離れる決断をした。

先月から仕事をセーブしており、4月からは大学に復学。今後は学業に専念するという。4月16日の大阪での撮影会、5月20日に開催予定だった東京・秋葉原でのDVD発売記念イベントは既に中止となっている。

今月20日には最新DVD「お願い! ゆりりん」(イーネット・フロンティア)がリリース予定で、これが引退作となりそうだ。

写真
no title


BuzzFeed Japan 4/14(金) 17:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00010005-bfj-ent

【日本一おっぱいがキレイな女子大生 「人気グラビアアイドル」石原佑里子が電撃引退! 所属事務所が明かす・・・】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 23:57:57.59 ID:CAP_USER9
一昨年の、のん(23・能年玲奈)の独立、昨年のSMAPの解散と、タレントと事務所の対立が続いている。1月には江角マキコ(50)が芸能界を引退、2月中旬には清水富美加(22)が事務所を離れ、「幸福の科学」に出家。また2月末には堀北真希(28)が「お仕事から離れること」を発表した。

「近年、ブラック企業が厳しく批判されるなど、労働者の権利意識が高まっている。芸能界も例外ではない」(芸能プロ関係者)

 とりわけ清水富美加が所属事務所の「レプロエンタテインメント」に対しておこなった批判は強烈だった。清水は『仮面ライダーフォーゼ』に出演していた2011年ごろには月給5万円で、仕事に行くためにヒッチハイクをしたと明かしている。

 レプロエンタテインメントは、引退騒動の際に顧問弁護士が会見し「仕事の報酬、仕事量に見合う適切な報酬を払ってきた」と主張した。

 雛形あきこ、MEGUMIなど多くのタレントを育成してきた「サンズエンタテインメント」の野田義治氏(70)はこう話す。

「最初の月給が5万円というが、ひよこになるかもわからない卵にどれだけ育成費や人件費をかけているのかわかっていない。マネージャーの人件費、仕事の交渉のための交際費、衣装の借り賃、スタイリスト代……すべてにお金がかかっている。たとえば、サラリーマンは今までの10倍稼いだからといって、急に給与が10倍にはならない。なぜ、芸能人だけそうだと考えるのか」

 野田氏もギャラで揉めたことがある。

「CMにも出ていたタレントから『何年も月給が100万円から上がっていない』と文句がきたことがある。だが、なぜこの報酬なのか、支払い調書を全部見せて説明したら、納得しましたよ」

 清水の場合、最終的に年収1000万円を超えていた。だが芸能界のキャリアすべてを捨て、一からの出家を選んだ。

「出家者は教団の職員として働くことになります。彼女はいずれ教団制作の映画に出演することになるのでしょう。職員はお給料がもらえますが、1000万円なんてとても(笑)」(現役信者)

 歩合制でギャラを払われているタレントもいる。事務所とタレントの取り分は五分五分というのが相場だ。タレントで保育ビジネスプロデューサーという顔も持つ角川慶子はこう語る。

「所属している『プラチナムプロダクション』の場合、専属が五分五分、私は業務提携なので、取り分は私が6で事務所が4です。ちなみに契約は1年の自動更新となっています」

 契約の自動更新は多くの芸能事務所が取っている契約形態のひとつ。自ら意思表示しない限り、契約が続いていく。昨年はSMAPの一部メンバーがジャニーズ事務所と契約更新をしないのではないかと話題になった。

「今年こそ、木村拓哉以外の元SMAPのメンバー4人は9月の契約更新をおこなわないとみられている。テレビ局のキャスティング会議では、4月以降の新番組に4人の名前が挙がらなくなった」(別のテレビ局関係者)

 事務所によって違いがあるが、様々なルールがある。

「『原発問題など政治的発言は控える』『SNSには勝手に他事務所のタレントと一緒に映ってはいけない』などが定められている」(タレント)

 結局、仲違いする最大の原因は今も昔もコミュニケーション不足にある。

「タレントと事務所はパートナーだ。互いが互いを信用しないと成り立たない。いまはマネージャーがスケジュールをSNSで送って既読になったらオーケーという時代かもしれないが、それは非常に怖いことだ。タレントをモノとして扱ってはいけない。だから、事務所よりも、家族や『先生』の言うことをタレントが信じるようになる」(野田氏)

(週刊FLASH 2017年3月28日、4月4日号)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010001-flash-ent&pos=4

1-1

【<芸能界>「月給5万円」がまかり通るカラクリ教えます!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 16:07:47.60 ID:CAP_USER9
no title


芸能界での立ち居振る舞いは独特なものがあり、陰で「あいつはマナーがなっていない」などと言われることもある。
明確な正解はないものの、先輩芸能人がこれまでに失敗してきたこと、喜ばれたことからその立ち居振る舞いを教えてもらうことも必要だろう。
4月9日に放送された『テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書♯9』(AbemaTV)では、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐(44)が、生徒役である若手の女性芸能人5人に処世術を伝授。
その5人とは、池田美優(モデル・18)、堀田茜(モデル・タレント・24)、田中道子(モデル・女優・27)、都丸紗也華(グラビアアイドル・20)、ほのか(モデル・21)だ。

no title


講師役の品川が登場する前、各人が悩みを述べたが、「ドラマで演者さん、先輩との距離感、立ち回りが難しいです」「先輩に話かけたりはするのですが、嫌がる人もいます。
どうすればいいのでしょうか」「トークが苦手です。リズムが他の人と違うようで、追いついていけない」「どこのタイミングで合いの手を入れていいのかが分からない」
「とにかくどうすればいいのか分からない」など、基本的には「何が正解なのかが分からない」というところが悩みのようである。

収録前の楽屋挨拶は必須か? 有吉弘行は絶対NG

no title

品川から、収録前の立ち回り術として何が求められるかを聞かれたほのかは「挨拶?」と回答。これは正解だ。

「僕、やってなくて怒られたことがあるんですよ。ダウンタウンの浜田雅功さんに怒られたことがあるんです。
なんでしなかったんだろうね?相方の庄司(智春)が楽屋へ行っているのに、オレは行かなかったんですよ。でも、愛があるお叱りでした」

しかし、スタジオ収録前にメイクをしたり台本読んだりする人もおり、そちらを優先すべきだと考える向きもあるが、品川は「しないより絶対した方がいい」と語る。

「『挨拶なんていいっすいいっす』と言いながら、挨拶をされて嬉しい人もいるんですよ。でも、本当に来て欲しくない人はいます。
それは、有吉弘行さん。挨拶とかは嫌いだと公言しています。
『挨拶に来ないでいいです』という貼り紙を貼る人もいます。
『打ち合わせ』の貼り紙をする人もいます。今田耕司さん、土田晃之さんははそんなことはない。
今田さんは、グラビアの人を大歓迎していますし、僕らが行ってもウェルカムで挨拶してくるのです」

no title

これに対して、都丸は「行かない方がいい方ってのもいますが……」とその見極めに悩む様子を見せたが、品川はそれでも行って鬱陶しいと思われる方がいいと回答。
というのも「あいつ来なかった」となるよりもよりマシなのだという。挨拶を受ける側はイヤがるのかもしれないが、周囲の人間が「新人のくせに挨拶しないとは非常識だ」と考えてしまうこともあるのだろう。

「気持ち悪い」と言われても…“笑顔”はマスト

no title


また、品川は「自分ルール」を作っており、楽屋への挨拶は芸人の先輩にしか行かないという。役者やアナウンサーに対しては「前室」という、スタジオ手前で挨拶するのだそうだ。

ここで「前室では必ず〇〇を作る」というクイズが出題されるも、その答えも「笑顔」。
品川は若手時代、笑顔がなく、煙草も吸っており、先輩やスタッフが来てもそっけなく「あっ、こんにちは」のような接し方をしていたため、多少の悪評も立った。
「だから、笑顔の方が多少気持ち悪いと言われても笑顔の方がいいってこと」と品川は語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/12915978/
2017年4月10日 15時42分 AbemaTIMES

【有吉弘行は絶対NG 芸能界の楽屋挨拶ルールを品川が解説】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:38:23.49 ID:CAP_USER9
 女優の上野樹里(30)が“芸能界追放”の危機に瀕している。連続視聴率三冠王の民放新記録を達成した日本テレビから、半永久的に出入り禁止を通達されてしまったのだ。
 事の発端は、同局で4月に放送されるKAT-TUN・亀梨和也(31)主演のドラマ『ボク、運命の人です。』。なんとヒロインのオファーを受け一度は快諾していたものの、土壇場になって一方的にキャンセルを通達してきたというのだ。
 「2月末のことです。ジャニーズ一推しの亀梨が主演とあって、日テレもかなり気合いを入れていたんです。当初、ヒロインにオファーしていたのが長澤まさみでしたが、米ブロードウェイの留学準備で忙しいと、NGをもらったんです。続いてオファーしたのが北川景子。でも、6月予定のスペシャルドラマ『かえって来た、家売るオンナ』(仮題)の収録で、スケジュールの調整がつかなかった。そんなときに猛烈売り込みがあったのが上野だったんです」(テレビ関係者)

 当初、日テレ制作陣も、上野サイドの売り込みに当惑するも、同時に強く惹かれていたという。
 「クセのある女優であることは百も承知です。でも、やっぱりNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主役を演じた女優。亀梨の拙い演技力を支えるヒロインとしては、必要というジャッジになった」(同)

 日テレサイドは万全の体制を組み、3月初旬のメディア発表に向けて準備を進めていたという。そんな最中にもたらされたのが、今回のドタキャンだった。
 「表向きはスケジュール不調性です。でも真相は、上野からの売り込みにも関わらず、土壇場で、演技ができないジャニタレとはやりたくないと言い出したようなんです。もう一つは出演料。日テレはキー局の中でも最安値で知られている。大河経験者の上野に1本110万円~を提示していたそうです。事務所サイドも、売り込んだ手前と視聴率アゲアゲの日テレということで、この金額を飲んだのですが…」(同)

 もっとも、ドタキャンの一番の被害者は、所属事務所とも言われている。
 「正直、プライドが高い上野の扱いに手を焼いている。最近、某俳優が契約解除を通達されたが、上野も似たようなことが起こりうるかもしれません。とにかく、ワガママでいまだに自分は人気者だと勘違いしているんです」(制作関係者)

 今回、上野のドタキャンの穴を埋めたのが木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に出演し話題の木村文乃。
 「木村のギャラは上野より高い130万円~。日テレの意趣返しですね」(放送作家)

 日テレにソッポを向かれた上野に、明日はない!?

2017年03月26日 12時00分
http://wjn.jp/article/detail/8280963/
no title

【身勝手女優に日本テレビが怒り心頭 上野樹里“芸能界追放”の危機】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 12:23:36.27 ID:CAP_USER9
アイドルグループRev.from DVLの秋山美穂が10日、ブログを更新し、芸能界からの引退を表明した。

 秋山が所属するRev.from DVLは3月31日で解散することが発表されているが、
秋山は「それと同時に私はこれまでやってきた 芸能のお仕事から離れる事を決意致しました」とつづった。

 「事務所に所属して以来、約10年半という長い間、いつも応援してくださるファンの皆様、
お世話になった沢山の関係者の皆様、そして近くで支えてくれた家族、本当にありがとう」と感謝の気持ちも記し
「4月からは1人ひとり違った道を歩むことになるけど、みんなを色々な所で見かけるのを楽しみにしてるよ。
1番近くにいるファンなので」と、他のメンバーへエールも送った。

 今後については「次に挑戦したい事を見つける事が出来ました。その夢を掴みたいと強く思っています」と、
具体的な夢こそ明かさなかったが、次の目標も見つけたようだ。

 解散まで、まだ握手会などもあるようで「ラストになるので沢山話して楽しみたいです」とファンに呼びかけていた。

デイリースポーツ 3/10(金) 12:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000054-dal-ent

 
画像 秋山美穂

5b58d307-d077-47ce-a362-bf2cdebc7920


【Rev.from DVLの秋山美穂が芸能界引退を発表「次に挑戦したいことも…」】の続きを読む




このページのトップヘ