能年玲奈

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 10:50:19.84 ID:CAP_USER*.net
能年玲奈、有村架純に大人の事情で棚ボタ主演は「黒木華」

運と実力。どちらが欠けても物事ははかばかしく進まないけれど、演技派として売り出し中のこの女優は、
今、その両方を手にしているかに見える。この4月から連ドラで初主演を果たす黒木華(はる)(26)。
その裏には、人気若手女優2人が椅子を空けた「棚ボタ」的事情があったという。

そのドラマは4月12日からTBS系で放映される『重版出来!(しゅったい)』。
大手出版社に入社したマンガ編集者が、出版不況はじめ様々な難題に立ち向かう物語である。

「主人公は大学時代、柔道のオリンピック候補だったという設定。しかし、黒木さんは柔道経験がほとんどない。
そのため、昨秋から柔道場に週に1日ほど通い、背負い投げなどの稽古に励んでいました」(スポーツ紙の芸能記者)

大学時代に野田秀樹氏演出の舞台でデビューした黒木は、2014年にベルリン国際映画祭で日本人4人目の
最優秀女優賞を獲得。昨年、今年と2年続けて日本アカデミー賞の助演女優賞も取った。
山田洋次、岩井俊二両氏ら有名監督からのオファーも相次ぎ、連ドラ主演の機会はむしろ遅すぎたように思えるのだが――。

■割烹着が似合う

「実はうちとしては、彼女は外れの外れの指名でした」
と、TBS関係者が意外な内情を明かす。

「昨年、最初にオファーしたのは、能年玲奈。うまく行けば、『あまちゃん』後、
初めての連ドラ主演になって話題性抜群でした」

が、能年が所属事務所と待遇を巡ってトラブルを抱えているのは周知の事実。
本人は「辞めてでも出る!」と乗り気だったものの、結局調整が付かず、取りやめとなったという。

「次に接触したのは、ブレイク中の有村架純。彼女も乗り気でしたが、既にこの時、今年だけで映画出演の
予定が複数入ってしまっていた。さすがに忙しすぎて無理という判断になってしまったのです」

こうしてようやくお鉢が回ってきたのが、黒木だったというワケだ。

「2人に比べて黒木さんの方が女優としての実力は上です。ただ、残念ながら顔が昭和っぽくて地味。
あくまで助演、脇役として光るポジションで、主役に必要な見る者を惹きつける“華”はやや足りなかった」

名は体を表す、とはいかなかったようなのだ。

「黒木は、高校時代3年間、主役を張っていましたよ」
と言うのは、彼女が通った追手門学院高校で演劇部顧問を務めた阪本龍夫教諭。

「彼女が1年生の時のこと。公演直前に本来主役を務めるはずだった先輩が体調を崩してしまい、代わりに黒木が入った。
それ以来、ずっと主役です。演技の基礎は出来上がっていますから、私は心配はしていません」

その代演の芝居が野田秀樹氏の作品で、後の舞台デビューに繋がった。
昔から何かを持っていることは間違いなさそうなのである。

映画評論家の北川れい子さんが言う。

「彼女は“割烹着が似合う女優”と言われたように、受けの人。今回のキャスティングは冒険ですし、
視聴率も苦戦すると思います。ただ、逆に抜擢が“賭け”になり、また一つ新たな方向性を見せられれば、
さらなるステップアップに繫がると思います」

演技派女優を超える「真価」が問われるのである。

デイリー新潮
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/04140510/?all=1
黒木華 no title

有村架純、能年玲奈 no title

【【ドラマ】能年玲奈、有村架純に大人の事情で「棚ボタ主演」黒木華】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 09:19:53.28 ID:CAP_USER*.net
エイプリルフールの4月1日、女優の能年玲奈が公式ブログで、
「最近、兄弟で写真を撮りました」とコメントして人気アニメ「おそ松さん」の六つ子コスプレを披露した。
能年自身は公の場で依然沈黙を貫いているが、活動復帰した際に需要があるのか不明だ。

■どこに向かってる? ゴール不明の能年にファン涙

約1年近く活動休止状態が続く能年。
近頃目立った活動は、
昨年7月にかんぽ生命保険の企業広告『人生は、夢だらけ。』第3弾(テレビCM「人生の山と谷」篇/「夢の中へ」篇)へ出演したこと、
ラジオ番組のレギュラー出演(昨年10月に終了)、
12月に日刊スポーツ映画大賞で
石原裕次郎賞新人賞を受賞した広瀬すずに楯を渡す役目(※前年度に能年が同賞を受賞)をこなしたことくらい。
事実上、干されている状況だ。

自身のブログでは体調不良の様子は一切なく、元気な姿を見せている。
そんな能年が時折注目を集めるのがコスプレ。
これまでにもサンタクロースや映画「アベンジャーズ」シリーズのブラックウィドウなど、
数々のコスプレでメディアの話題を集めた。

今回披露したコスプレは、人気アニメ『おそ松さん』に登場する六つ子。
女子人気の高い同作を能年も視聴していたようで、「推し松は十四松です」と語るなど夢中の様子。
しかしファンの間では、六つ子がニートのキャラクター設定であることから、
能年のニート的な状況と重ねて「涙が止まらない」という声も出ている。

「ブログが頻繁に更新されているため"生存確認"はできますが、ナゾの工作をしたり妙な行動を取ったり、
相変わらず不思議ちゃんキャラですね。能年のブログ遊びは休憩の一環かもしれませんが、
はたして彼女はどこに向かっているのでしょうか」(芸能関係者)

能年の騒動が本格化したのは昨年1月、代表取締役になって株式会社三毛andカリントウを立ち上げた。
同社の役員には、能年が大きく影響を受けた演技指導の先生、"生ゴミ先生"こと滝沢充子氏の名が記されており、
事務所であるレプロエンタテインメントから独立する動きを見せた。
以後、今日に至るまでの沈黙につながっている。

「レプロは相変わらず能年について口を塞ぎがちです。何かしら動きがあるとすれば、
今年6月に能年との契約が切れますから、それからでしょう」(同上)

能年が脚光を浴びたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が放送されたのは、2013年と今や昔のこと。
それから約3年が経とうとする今、
清楚系女優のポジションには広瀬すずや有村架純、桐谷美玲、小松菜奈らが台頭してきた。
復帰をしたところで能年自身に需要があるのかどうか……今こそ彼女自身の実力が試されているのかもしれない。

http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1111383/

『おそ松さん』の“六つ子”姿を披露した能年玲奈 オフィシャルブログより
no title

能年玲奈と広瀬すず
no title

【【女優】 能年玲奈に6月復帰説が浮上も需要あるかは不透明 広瀬すずらが台頭】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 22:19:06.49 ID:CAP_USER*.net
2016/03/03

女優の能年玲奈さんが3日、自身のブログを更新し、着物姿を披露しました。

年中行事に合わせる能年さんのブログ更新は恒例イベントになりつつありますが、
桃の節句にあたる今回は、大きな花柄模様の着物を着て撮影が行われたようです。
能年さんは、レトロな趣のあるお店の中でお澄まししてポーズをとっています。

かねてより、明治から昭和初期にかけて活躍した竹久夢二に憧れていたということで、
能年さんは今回の撮影について「少し夢二にも憧れて…。ポーズをとってみたものの…。
まだまだ修行が必要ですね!」と振り返っていました。

なお、3日の更新は「それでは。ひなまつり第一弾でしたっ。」
というあいさつで締めくくられています。


no title

no title

no title

no title

no title

http://yaplog.jp/lp-n-rena/archive/1205

【【芸能】能年玲奈さん、桃の節句にレトロな美人画風ポージング】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 07:10:32.88 ID:CAP_USER*.net
「人生は、夢だらけ。」──。このフレーズがおなじみの「かんぽ生命」のCM。
29日、「新企業CMキャラクター発表会」に登場したのは、能年玲奈(22)ではなく、高畑充希(24)だった。

椎名林檎がCMのために書き下ろしたオリジナル曲に乗せ、ミュージカル風の踊りで登場した高畑は「『人生は、夢だらけ。』というキャッチフレーズの世界観が好きだったので、
あの世界に自分がいるとは信じられない。テレビや『ユーチューブ』で何度も見ていたので、決まったときは結構うれしかったです」と喜びを語った。

能年と高畑といえば、共通点はNHKの朝ドラ。能年は13年前期に「あまちゃん」、高畑は4月から始まる「とと姉ちゃん」でそれぞれヒロインを務めており、くしくも“バトンタッチ”という形に。
ドラマ、映画、CMに引っ張りだこの高畑だが、それと好対照なのが能年だ。

昨年4月、所属事務所からの独立騒動が発覚。
その後は「あまちゃん」フィーバーがウソのように仕事はみるみる減っていったが、そんな中でこの「かんぽ生命」のCMだけが唯一、お茶の間に姿を見せる仕事だった。
しかし、その放送も今年1月28日で終了。
「かんぽ生命」広報部によれば、能年のCMは「契約期間満了によるリニューアル」であり、打ち切りではないとか。
新シリーズについては「まだ未定ではありますが、高畑さんのシリーズは第2弾、第3弾と続けていくつもりです」(担当者)という。

旬の女優にあっさり仕事を奪われた能年。「人生は、夢だらけ。」ではないことを痛感していることだろう。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/176346
2016年3月2日

no title

「かんぽ生命」新CMキャラクターの高畑充希(左)と能年玲奈(C)日刊ゲンダイ

【【芸能】高畑充希にCM交代 お茶の間から消滅した能年玲奈の命運】の続きを読む

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:56:52.11 ID:CAP_USER*.net
2016/02/19

女優の能年玲奈さんが19日、自身のブログを更新し、模様をつけた風船を披露しました。

これまで「自由に楽しいことはできる」と、さまざまなアートを発信してきた能年さんですが、
今回はドレスの裾をイメージして風船に模様を描き、屋外で暖かそうに日向ぼっこ中。

ところがこの日は能年さんの両目が充血し、少し調子が良くない様子。
顔も普段より暗めで、心配するファンからは「花粉症?」、「目は大丈夫?」などの
コメントが寄せられていました。


no title

no title

no title

no title

 
http://yaplog.jp/lp-n-rena/archive/1201

【能年玲奈さん、風船に素敵な模様をつけて披露も目の充血が少し心配?】の続きを読む




このページのトップヘ