結婚

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 05:59:57.36 ID:CAP_USER9
“美人すぎる市議”として話題を集めた青森・八戸市の藤川優里市議(37)が2月14日のバレンタインデーに同世代のイケメン弁護士と結婚していたことが22日、分かった。
関係者によると、2人は数年来の友人で、1年未満の交際でゴールイン。
2007年の初当選以降、3期連続で市議を務めるなど“仕事一筋”だったが、彼の一途なアプローチと温厚で優しい人柄にひかれ、ウエディングベルを鳴らした。

 つぶらな瞳とキュートな笑顔。政治家とは思えないアイドル並みの容姿で全国区の人気を誇った藤川氏が、バレンタイン婚で幸せをゲットしていた。

 関係者によると、お相手は藤川氏と同じ八戸市出身で、同世代のイケメン弁護士。
2人は数年来の友人で、地元の発展のために尽力する藤川氏の真摯な姿勢に共感した彼から熱烈なアプローチがあったという。

 最初、藤川氏は恋人の対象としては考えていなかったが、徐々に彼の誠実な性格にひかれていき、交際に発展。
多忙な藤川氏を気遣う温厚で優しい人柄が支えになっているという。

 当初は藤川氏の誕生日である3月8日に婚姻届を提出することも考えていたが、「絶対に忘れない、分かりやすい結婚記念日がいい」との理由でバレンタインデーの2月14日に決めた。

 藤川氏といえば初当選後、公式ホームページに掲載した画像がネット上で「美人すぎる市議」として話題に。
2008年には「八戸市のためになるなら」と、純白のビキニ姿などで地元の観光名所を紹介するDVDと写真集を同時発売した。

 翌09年にはスペイン紙「20ミヌートス」が行った「世界で最も美しい女性政治家」のネット投票にノミネートされ、約14万票を集めて1位に輝いた。
「天使の笑顔」と称されたペルーの政治家、ルシアナ・レオン氏(38)らを抑えての“トップ当選”は、日本中で話題となった。
(続きはソースをご覧下さい)

http://www.sanspo.com/geino/news/20170323/mrg17032305050002-n1.html
2017.3.23 05:05

 

no title

【“美人すぎる”藤川優里市議、バレンタインデーにイケメン弁護士と結婚していた】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 05:14:11.63 ID:CAP_USER9
歌手のmisono(32)が、18日放送のレギュラー番組『音ボケPOPS』(TOKYO MX/毎週土曜 後9:30)に出演し、一部で報じられていたロックバンド・HighsidEのドラマーNosuke(27)との熱愛について、自らの口で報告した。

 misonoはレギュラーの歌手・華原朋美や元サッカー日本代表の武田修宏らを呼び出し、「真剣交際で人生で初めて同棲していますし、結婚を前提にお付き合いしております」と堂々と宣言。それまでは「結婚はしない、できない」と思っていたというが、Nosukeと交際し「初めて、結婚してくれるならこの人しかいないと思った」とラブラブぶりをアピール。

 すでに両家の家族へのあいさつも済ませており、具体的な結婚の時期として「今は喪中のため、それが明けてから」と明言すると、出演者たちから拍手で祝福され、うれしそうな笑顔を見せた。

 HighsidEは俳優の山田親太朗(30)を中心に結成され、昨年デビューしたバンド。報道によると、2人は共通の知人である山田を通じて出会い、昨年2月ごろに交際をスタート。これまでも互いのブログやインスタグラムで2ショット写真を公開するなど親密な様子をみせていた。

 misonoは今月6日に更新したブログで、同番組の収録で「やっと報道について話すことができました!」「“人生、初めての○○を3つ”告白してきたのですが!」と明かしていた。

 なお、misonoはこれまで熱愛報道があった際、自ら報告したことがなかったため、自身の口から交際について言及するのは、今回が初めてのこととなる。


・misonoとNosukeのラブラブ2ショット(画像は本人オフィシャルブログより)
no title

no title

http://www.oricon.co.jp/news/2087748/full/

【misono、Nosukeとの結婚前提の真剣交際を報告「この人しかいないと思った」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 03:30:36.56 ID:CAP_USER9
 タレント島崎和歌子(44)が16日、司会を務めるBS11の新歌番組「あなたが出会った昭和の名曲」(4月6日スタート)の開始直前特番(30日放送、午後7時)の収録を行った。

 最近の歌番組では曲をフルコーラスで歌うことが少ない。「歌はフルコーラスが大事。そうでないと、歌詞の世界観が伝わりません」とアピールした。
 取材陣から結婚について質問をされると「憧れているが実績がない」と話した後で「40年もよく飽きずに…」とジョークを飛ばして笑わせた。


一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://www.asahi.com/sp/and_M/interest/entertainment/Cfettp01703160065.html
(記事提供:日刊スポーツ)
no title

【島崎和歌子、結婚には「憧れているが実績がない」(すごく黄色い)】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 18:04:03.47 ID:CAP_USER9
アラフォーを過ぎ、いまだ独身。“負け組ぶりっこキャラ”が定着して久しいさとう珠緒(44)に、
なんと結婚情報が流れている。

 珠緒は2013年7月、本紙のスクープで元お笑いコンビ「エネルギー」の森一弥(43)との
熱愛同棲が発覚。お笑い関係者によると「つい最近、週刊誌に初めてツーショットを撮られたみたい。
内輪では、珠緒さんがゴールインするんじゃないかという話まで流れている」というのだ。

 2人は2010年、ウッチャンナンチャン南原清隆(52)が仕切る舞台での共演がきっかけで
恋仲に。ただ交際発覚当初は両人とも、ブログやツイッターでもその件には一切触れなかった。
本紙スクープは珠緒の主演舞台と重なったが、主催者自ら“取材お断り”をアピールし、翌月の森が
出演する公演もマスコミの呼び込みはなかった。

 私生活ネタを宣伝に利用しないのがむしろ、2人の本気度をうかがわせた。

 プライベートを切り売りしない裏で森は、先輩芸人には珠緒との交際を打ち明け、13年11月の
出演舞台制作発表では観念し「仲良くやっています」と告白。なのに珠緒のほうは徹底してダンマリを
キメこんでいた。

 14年9月、大阪で交通安全イベントに出席した際には、森との関係を聞かれ
「いやぁ、…です(笑い)。この微妙な空気を察していただければ」などと答え、地元スポーツ紙に
「破局告白」の見出しで夏ごろ別れたと報じられた。森はその翌日、埼玉で格闘技イベントに参加し、
破局報道を取材陣に突っ込まれたが「内緒です」とはぐらかした。ただ、2人共通の知人によれば
「あのときも別れてませんよ。ずっと仲良くやっていた」という。

 思い返せば、かつて「角界のロボコップ」高見盛(40=現・振分親方)や俳優・内田滋
(39)とのデートが報じられた際も、珠緒は交際を否定し、これまで自ら認めた熱愛は皆無。
「だが今回とうとう、熱愛の動かぬ証拠をマスコミにキャッチされてしまった。その記事が出たら、
もう逃げられない。オメデタなら結婚するしかないだろう」とお笑い関係者はみている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000030-tospoweb-ent
no title

【熱愛続いていた!さとう珠緒ついに結婚の情報】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 09:07:39.21 ID:CAP_USER9
元AKB48のメンバーで、現在はネイリストとして活動している佐藤夏希さん(26)が21日、自身の経営するネイルサロンの公式ブログで結婚を発表した。

佐藤さんは「皆さん!突然ですが今日は私からご報告があります!!」と切り出し、
「実は…私、結婚することになりました」と報告。
「本当に突然ですみません」といきなりの発表を詫びた。

「自分が奥さんになるなんて!まだあまり実感もわかない」と心境を率直に告白。
「ふと、今までの自分の人生を振り返った時に、本当に彼には何度も助けられて来たし、支えてもらったなぁと思うことがたくさんありました。きっとこれからも、私が歩んでいく人生の中で、彼は必要不可欠な存在だなと心から思っています」とお相手の男性への思いをつづった。

「これから二人で温かい家庭を築いていけるようにそして彼にとって一番の“支え”になれるように、頑張って行きたいと思っています!」と所信表明。
「まだまだ未熟な私ですが、これからも温かく見守っていただけたら幸いです」と結んだ。

佐藤さんは2006年に第2期生としてAKB48へ加入。
12年にグループを卒業し、その後は都内でネイルサロンを経営している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000083-spnannex-ent

元AKB48 佐藤夏希
no title

no title

【元AKB48「2期生」佐藤夏希さん、結婚発表「自分が奥さんになるなんて!」】の続きを読む




このページのトップヘ