1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 15:40:50.45 ID:CAP_USER9
【10月23日 AFP】家族と同居する17歳の福士リナ(Rina Fukushi)は、普通の女子高生とはまったく違う世界を経験している。
ハンバーガーを食べたり、弟と遊んだりするとき以外に、「ミュウミュウ(Miu Miu)」や「マーク ジェイコブス
(Marc Jacobs)」のランウェイを歩き、ヨーロッパやニューヨークで新人モデルとしてセンセーションを巻き起こしているのだ。

 福士は、14歳のときにモデルとして見出された。その大きな瞳、太い眉、ふっくらとした唇は、ヴォーグ(Vogue)誌に
「最高にクール」で「目を引く」と評された。米モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)やケンダル・ジェンナー
(Kendall Jenner)も参加するパリ、ニューヨーク、ミラノのランウェイではすでに常連である。

「スカウトされたときから、自分が有名になると分かっていた。でもまだ信じられないときもある」と福士は言う。
明るく友好的な性格で、くすくすとよく笑うが、この若さにしてはしっかりと自分を持っている。福士は「アマゾン
ファッション ウィーク 東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」期間の過密なスケジュールの中、シックなカフェで
AFPの取材にこたえてくれた。言語の違いを巧みなジェスチャーでフォローしながら笑顔で語り、
シャイな部分と活発な部分の両面が見え隠れする。彼女は申し分なく礼儀正しく、そ
してファッションの世界に完全に心奪われていた。

 旅先でも、ヴィンテージショップで古着を漁るのが好きだという彼女は、パリで買った黒いスカートに、
日本で買った黒のタートルネック、そしてミラノで買ったハンドバッグを合わせてインタビューに現れた。
首もとには「リナ」と名前が刻まれたシルバーのペンダントが揺れ、手には昨晩ショーに出演したばかりの
日本のブランド「ビューティフル ピープル(beautiful people)」のレザージャケットを持っていた。

 福士のスケジュールは多忙を極める。朝7時に起床し、夜の10時まで数々のショーに出演。ベッドにもぐりこめるのは夜中の1時頃だと言う。

■ニューヨークが大好き
 そんな仕事のスケジュールと学業を両立させるため、現在は通信制高校で学んでいる。来年3月の卒業を心待ちにしており、
その後は大好きなニューヨークにより長く滞在してみたいと言う。東京に比べてニューヨークは騒がしく汚いのではないかと
尋ねると「人がすごく素敵だから好き」と福士は笑った。ニューヨークの活気や多様性、積極性を彼女は愛しているのだ。

「マーク・ジェイコブス」のショーへの出演は、記憶に強く残っているという。17年春夏コレクションに登場したレインボーカラーの
ドレッドヘアについて、「すごくかわいい、とにかくかわいい」と福士。だが、高い厚底ブーツに関しては「絶対転ばないぞ、
と思いながら歩いた」と笑った。

 素顔の彼女は、輝くようなナチュラルビューティーだ。ダークブラウンの髪は、肩下まで届く。前はもっと長い
ロングヘアだったが、「アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)」のショーのバックステージでいきなりばっさりと
切られてしまった。そんなプロ意識が高く、指示に快く従うモデルの福士に、ニューヨークの都会派デザイナーで
あるワンは「すごく優しかった」と言う。「おもしろい顔だね、どこの出身なんだ? って聞かれた」と福士はほほ笑む。

 日本のメディアに「エキゾチック」と評されることもある福士は、スペインとフィリピンのクオーターの母と、
日本とアメリカのハーフの父を持つ。フィリピンのマニラで誕生後すぐに日本に戻り、東京で育ち、
タガログ語と日本語を操る。

 福士は14歳のとき、友人と初めて買い物に訪れた原宿で、3つのモデル事務所からスカウトされた。
最後に声をかけた現在のエージェント、
小桜真由美(Mayumi Kozakura)は「彼女は身体のバランスがすごく良かった」と語る。(以下ソースで)

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3105423?pid=18409172
画像
no title

no title

no title

no title

no title

【福士リナ、世界に旋風を巻き起こす日本人モデル】の続きを読む