相手

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 16:09:49.81 ID:CAP_USER9
──昨年大晦日に解散したSMAPのリーダー、中居正広(44)の熱愛を3月16日発売の『女性セブン』が
報じる。

 お相手は振付師やダンサーとして活躍する武田舞香(32)。17才でダンスの道に進み、ジャニーズの
コンサートなどに数多く参加。安室奈美恵(39)や加藤ミリヤ(28)のツアーのバックダンサーなどを
務めた実力派ダンサーとして注目され、2010年からはAKBグループの振付師やダンス指導を務めている。
昨年、NHK連続ドラマ小説『あさが来た』の主題歌として大ヒットした『365日の紙飛行機』の
振り付けも担当した。

 AKB48を卒業してソロ活動をする板野友美(25)のバックダンサーとしても活動し、公私ともに
仲が良い。板野のSNSにもしばしば登場している。

 インスタグラムに投稿された彼女の写真と、仲良しの板野とお揃いのコートを着た姿からも、
その素顔をうかがい知ることができるだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00000022-pseven-ent

1-2

【中居正広の熱愛相手・武田舞香(32)の素顔を公開】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 16:07:19.36 ID:CAP_USER9
モデルのダレノガレ明美が9日、都内で行われた「山の日制定記念 登山前日は『グリナ』で快眠しよう」の宣伝イベントに出席した。
ダレノガレは現在同棲中の恋人がいることを公表しているが、この日改めて結婚の可能性について問われ、「ないです」ときっぱり。
結婚までの過程を山登りにたとえ、「まだ1合目にも達していない」と笑顔を見せた。

芸能人の結婚発表が相次ぐ中、自身の結婚の可能性について問われたダレノガレは「わたしはないです」と即答。
結婚願望についても「前まではあったんですけど、最近ほかにやりたいことがたくさん出てきたので、まだ急がなくていいかなって」と消極的。
同棲相手との交際状況についても「いつまで続くかな」と意味深な発言を残した。

結婚については「30歳までには。東京オリンピックの時には誰かと結婚していたいです。
オリンピックとはかぶらないように。誰かが金メダルをとると報道されなくなってしまうので」と理想を明かしたが、
「彼は考えているみたいです」と相手は結婚に積極的であることを紹介。現在、プロポーズをやんわり予告されているとも明かし、直近の結婚の可能性にも含みを持たせた。

相手の容姿については番組で共演したおぎやはぎの二人から集合写真に写った姿を見られ、「お前の彼氏は下から3番目だよ」と酷評されたと照れ笑い。
自身は「雛人形みたいな顔しています」と気に入っているといい、「やさしいですよ。何事にも頑張っているところが素敵」とのろけた。

プライベートでは体を鍛えることにはまっているというダレノガレ。「(ダイエットしても)体重が戻りやすいので、日々運動をして鍛えています。
一番肌が露出する時期。綺麗にしたい」としみじみ。この日のイベントのテーマである登山にも興味があるといい、
「友達と行きたい。女性と。男性と行くとペースが乱れそうだから。登山デートだとけんかしちゃいそうだし」と嬉しそうに語っていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1177661/
2016.08.10 11:32 リアルライブ

no title

【ダレノガレ明美、同棲相手との結婚の可能性を否定「いつまで続くかな」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 10:24:36.27 ID:CAP_USER9
女優・優香が俳優・青木崇高との結婚を発表した。6月13日の報道当初は青木の名が出ておらず、
「ドラマで共演歴がある同世代のイケメン俳優」とのキーワードだけが先行。情報番組やネットでは予想合戦が繰り広げられていたが、
優香といえば過去にV6・岡田准一や俳優・妻夫木聡など、数々の大物芸能人との熱愛が報じられてきた。
その中で優香の“ラスト元カレ”にあたるのが、2014年に熱愛が報じられた俳優・三浦貴大。
関係者の間では、「青木よりも断然三浦!」との声が上がっているという。

「三浦は、まず何と言っても三浦友和と山口百恵を両親に持つ、芸能界のサラブレッド。
兄・三浦祐太朗もシンガーソングライターや俳優として活躍している、まさに芸能一家です」

こう語るのは、芸能プロダクション関係者。

「最近では2013年の映画『永遠の0』や2015年の『進撃の巨人』、今年7月公開の『シン・ゴジラ』や9月公開の『怒り』など話題作に起用され、徐々に注目を集めつつある三浦ですが、
デビュー当初は両親の名前で強烈に売り出すわけでもなく、かといって本人の力だけではインパクトに欠けた。
初めての熱愛報道が優香だったものの、こちらもスキャンダルのわりに特に盛り上がらず、今となっては本当だったのかも怪しいと疑う者もいるくらいです」

また、普段の三浦は無骨でそこまで背も高くなく、ダサい私服でもっさりした印象を与えるそうで、これに対し、優香がこのほど結婚相手に選んだ青木は、
私服に金を掛けないわりにオシャレなんだとか。
青木は、今年1月から3月までNHKで放送していた木曜時代劇『ちかえもん』で優香と共演。そのほか、2012年と2014年の大ヒット映画『るろうに剣心』シリーズや、
TBS系で現在放送中の人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』にも出演している。

しかし、前出の関係者は「優香は、三浦を選ばなかったことを後悔する日が来るかも」と話す。

「三浦の俳優としてのポテンシャルは相当なもの。イケメンすぎない好青年で、そのルックスだけでも青木に圧勝。
それに、若いうちはくすぶっていても、遅咲きのブレイクは間違いないと思われます。
二世タレントにありがちな遊んでいる感じが一切なく、言葉遣いも丁寧な“役者バカ”タイプ。
将来的には大物タレントと結婚するような風格を感じさせるんです」

優香を射止めた青木も大したものだが、三浦はそれ以上と期待されている。
優香の審美眼が正しかったのか答えが分かるのは、数年後だろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1146398/
2016.06.16 09:00 トカナ

no title

【優香の結婚相手「青木崇高」の微妙な評判「断然、元カレの三浦の方がいい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/05(木) 12:34:18.23 ID:CAP_USER9.net
女優の相武紗季(30)が5月3日、一般男性と結婚したことを発表した。
ファンからは嘆きの声が漏れている他、「36歳の会社経営者」という肩書きをもつK氏に“プロ彼氏”疑惑も出ている。

■まさかの結婚報告に男性ファンは悲鳴

TOKIOの長瀬智也(37)と付き合っていた相武が、会社経営者のK氏と約1年半の交際を経てゴールイン。一般人男性の手中に収まった。
相武は3日、直筆文書を各所にFAXで送付し、文面で「不器用な私を忍耐強く、愛をもって見守ってくれる彼と温かく、笑顔いっぱいな家庭を築いていきたいと思います」とコメント。
多くのメディアで取り上げられている。

また、相武はツイッターでもファンに向けて「私、相武紗季は本日5月3日に入籍いたしましたことをご報告致します。
今までと変わらず、仕事に、プライベートに、自分らしく、邁進していきます」とコメントし、多くのファンから祝福の言葉を受けた。
同ツイートは1万9千件以上のリツイート、4万8千件以上の「いいね」を記録している。

ゴールデンウィーク最中のまさかの一報に、ファンの間では「辛い」「今日は何もする気が起きない」「相武紗季が結婚したので仕事に身が入りません」と悲痛な声が漏れた。

現在、相武はK氏の自宅でさっそく結婚生活をスタートさせているという。相武のツイートを読むかぎり、女優業は現状維持となりそうだ。

しかし相武のファンは煮え切らない様子。億単位の年商を稼ぐと言われる経営者との結婚に、
一部では「相武紗季と結婚できる会社経営者は一般人とは言えない」「また会社経営者」と違和感を口にする声も。まるで“プロ彼氏”だと言わんばかりだ。

「メディアを通じてK氏のプロフィールが一部紹介されているため、ネット上では“特定作業”が行なわれて素性はほぼ明らかにされています。
K氏は会社経営者で、そして相武の言葉では『優しい』と。
優しい性格の会社経営者、社長、実業家というのは、たしかにトップ女優すら落とす”プロ彼氏”みたいなものですかね」(報道関係者)

女優の伊東美咲(38)の結婚相手もプロ彼氏といえそうだ。
人気のピークに達していた2009年に、パチンコ機器メーカー・京楽産業の代表取締役社長である“パチンコ王子”こと榎本善紀氏(47)と結婚。
芸能界からこつ然と姿を消した。
吉瀬美智子(41)も2010年12月に推定年商20億の青年実業家との結婚を発表している。

プロスポーツ選手や芸能人と肩を並べ、人気の女優・アイドルを口説き落とすには、敏腕経営者になるのが近道しれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1125007/
2016.05.05 12:05 デイリーニュースオンライン

no title

no title

no title

【相武紗季の結婚相手は”プロ彼氏”?リッチで優しい経営者に違和感】の続きを読む




このページのトップヘ