田中萌アナ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 23:53:37.70 ID:CAP_USER9
昨年12月に先輩の加藤泰平アナウンサーとの不倫疑惑が報じられ、
「グッド!モーニング」などの番組出演を自粛していたテレビ朝日の田中萌アナウンサー(25)が、24日放送の特番「バクモン学園」(後11・15)で復帰した。

芸人がスマホで撮影した動画を鬼教師役の爆笑問題・太田光(51)が選別して放送する番組で、田中アナは進行役の副担任として出演。グレーのスーツに眼鏡という衣装だった。

太田から、「今日、紹介したい新人の子がいるから」と紹介され「副担任を務めます田中萌です」とあいさつ。
「こいつの奥さんと同姓同名なんです」と相方の田中裕二と結婚した山口もえのことを引き合いにいじられ、「大変お騒がせしまして」と恐縮していた。

「グッドモーニング」で共演する既婚の加藤アナと田中アナの不倫は昨年12月8日発売の「週刊文春」で報じられた。
2人は発売日の8日から同番組を含めた出演番組への出演を取りやめていた。

田中アナは4月にスタートする新番組「バクモン学園」(月曜、深夜0・15)へのレギュラー出演が決定し、「グッド-」は降板することとなった。

デイリースポーツ 3/24(金) 23:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000125-dal-ent


写真
no title

【不倫疑惑のテレ朝・田中萌アナ 特番で復帰「大変お騒がせしまして」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 16:58:56.87 ID:CAP_USER9
 2016年の芸能界は様々な不倫報道があったが、それは会社員も同様。テレビ朝日では、入社2年目の田中萌アナ(25)が『グッド!モーニング』で共演の加藤泰平アナ(33)との社内不倫が発覚し、2人は忽然と番組から姿を消した。
 
「田中がセンターに立つ番組ポスターは、不倫報道後すべて剥がされた。だが、田中は早河洋会長の覚えがめでたいため、すでに単発のバラエティ番組でちゃっかり“復帰”。収録はすでに終えたようです。一方、加藤は他部署に飛ばされる可能性が高い」(テレ朝関係者)

“2大エース”の宇賀なつみアナ(30)と竹内由恵アナ(30)の間にも火種はくすぶっている。

「報道志向の強い竹内は、後輩の宇賀が『モーニングショー』で株を上げているのを気にしているともっぱらの噂。武内絵美(40)を中心とする報道畑の女子アナが集まる“武内会”に所属する宇賀に比べて、竹内には“後ろ盾”もいない。下平さやか(43)率いる“下平会”に入る手もあるが、新入社員時代に下平にこっぴどく叱られたトラウマがあるため、なかなか門を叩くことができない」(同前)

週刊ポスト2017年1月13・20日号

http://www.news-postseven.com/archives/20170108_480733.html

001-75

【田中萌アナ 社内不倫も会長から寵愛受け無事復帰】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:00:46.93 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の田中萌アナ(25)の不倫疑惑が波紋を広げている。
相手は朝の情報番組「グッド!モーニング」で共演する既婚者の加藤泰平アナ(33)。

8日の番組では、そろって出演を取りやめた。
番組内では2人に触れることはなく、田中アナの代わりには、
何事もなかったかのように島本真衣アナ(32)が入ったが、
不気味な“沈黙”が事態の深刻さを物語っている。

「田中アナはテレ朝の早河洋会長や番組でも共演するタレントの中尾彬らの“お気に入り”でした。
将来のエース候補だったのは間違いない。
来年の編成でも、人気番組に抜擢する構想があったのですが、これで練り直しになってしまった。
社内は大騒ぎになっています」(テレ朝関係者)

女子アナの不倫が多いイメージのテレ朝だが、表沙汰になった時の対応は早い。
かつて、松尾由美子アナが妻子ある先輩男性アナとウワサになった時は、
すぐさま男性アナが報道に異動になった。

その後の松尾アナの活躍は見ての通り。
素早い対応なので“治り”も早いわけだ。
おそらく、今回の加藤アナも即刻、どこかへ異動となるだろう。

◇不倫疑惑もセクハラ報道も「放置」のフジテレビ

一方、対照的なのがフジテレビだ。
報道プロデューサーとの不倫疑惑が報じられた秋元優里アナ(33)は、いまだに対応なし。
さらに、社員から「ありえない対応」と怒号が噴出している事件もある。

制作局第二制作センター室長で“バラエティー部門トップ”の夏野亮氏が、
レコード会社の女性社員に悪質なセクハラをしていたことが明るみになったのだが、
これまでのところ処分はなし。
その理由は、日枝久会長や亀山千広社長の覚えがめでたいからというから、あきれるしかない。

「セクハラ報道後も、夏野氏は何食わぬ顔で湾岸スタジオに来て、芸能関係者と談笑していたらしい。
夏野氏をめぐっては他にもヒドイ話があるんです。

すでに『アサ芸』が報じていますが、今年9月のイベントで、
新人の女子アナに対し“ベロチュー”をしたという疑惑がある。
しかも、社員やイベント関係者らがいる目の前です。

その様子をスマホで撮っていた者もいたらしく、いつそれが“流出”してもおかしくない。
こんな人物をいつまで幹部に据えておくのか。みな怒り心頭です」(フジテレビ関係者)

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

日刊ゲンダイ 2016年12月10日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195493
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195493/2

b2f9a66f-s


【田中アナ不倫疑惑も迅速 テレ朝“醜聞対応”はフジと大違い】の続きを読む




このページのトップヘ