渡辺美優紀

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 17:25:30.62 ID:CAP_USER9
今月25日に出演予定だったインターネット生放送が突然中止になっていた、元NMB48のみるきーこと渡辺美優紀(23)が28日、自身の公式チャンネルページを更新。
今後の放送も未定となり、有料会員には返金対応することを発表した。

「お詫びとご報告」と題した告知で、25日の放送が急きょ中止になったことを謝罪し、
「当該チャンネルに月額会員登録を申し込まれた方に対しては、返金手続きをさせていただきます」と説明。
具体的な返金方法は「決定次第、別途こちらに追記を致します」としている。

昨年8月にNMB48を卒業した渡辺は、今月21日に個人ブログと動画配信サービス「FRESH!」に公式チャンネルを開設。
25日午後8時30分から生配信を行うことを告知し、放送は冒頭部分のみが無料放送で、それ以降は有料会員限定(月額1600円)となっていた。

しかし放送開始時刻になっても始まらず、突然「本日の配信は事情により中止になりました」と発表。
中止の理由など詳細は明かされず、渡辺もブログで「生放送スタンバイしていたのですが、私もわからないのですが、5分前に事情により中止になっていました。私も残念です、、またお会いしましょう!」と陳謝していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000368-oric-ent

【お詫びとご報告】

4月25日(火)20:30から放送を予定していた「渡辺美優紀Channel」の放送が諸事情により急遽中止となりました。
ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

番組放送日程については現在もなお未定となっており、当社としましては、当該チャンネルに月額会員登録を申し込まれた方に対しては、返金手続きをさせていただきます。

具体的な返金方法は決定次第、別途こちらに追記を致します。

http://freshlive.tv/watanabemiyuki-official

元NMB48 渡辺美優紀
no title

no title

【みるきー、突然中止のネット生放送が“白紙”に 今後の放送も未定 有料会員に返金対応へ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 22:55:16.03 ID:CAP_USER9
元NMB48の渡辺美優紀が25日に出演予定だった動画配信サービス「FRESH!」の生放送が、急きょ中止となった。

このたび「FRESH!」に渡辺のチャンネルが誕生し、きょう25日20時30分から生放送が予定されていたが、開始時刻になってもスタートせず。
「本日の配信は事情により中止となりました」と発表された。

その後、渡辺は自身のブログを更新し、「FRESH生配信中止になり、申し訳ございません」と謝罪。
「FRESHの会社にて生放送スタンバイしていたのですが、私もわからないのですが、5分前に事情により中止になっていました」と説明した。

渡辺は昨年8月にNMB48を卒業し、芸能活動を休止していたが、今月21日にブログを開設。
24日に「FRESHにて私のチャンネルができた 明日からアップしまーす!夜は20:30より生放送をします お楽しみに!」と発表していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12984241/
2017年4月25日 22時20分 マイナビニュース

no title

【元NMB48渡辺美優紀、ネット生放送中止を謝罪「私もわからないのですが…」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 20:57:03.48 ID:CAP_USER9
6日、元AKB48グループの人気メンバー・渡辺美優紀が自身のインスタグラムに、「あったかいところに行きたーい」と、アイドル活動をしていた頃に撮った、ハート柄の白いワンピース水着を着た画像をアップ。
これを見たファンからは、「一緒に行こう!」「みるきーの水着姿がやっぱり1番!」などと称賛の声が寄せられた。

2010年にNMB48の第1期生として芸能界デビューを果たした渡辺。
AKB48やSKE48を兼任していた時期も長く、握手会でのファンのハートを鷲掴みにするテクニックから“天才釣り師”とも称され、グループ間の分け隔てなく、“みるきー”の愛称で愛された。
昨年8月にAKB48グループから卒業して以降は目立った芸能活動はしていないものの、SNSの更新は続け、ファンのハートを繋ぎ止めている。

「インスタグラムのコメント欄には、水着姿に関して『恥ずかしい』と書き込まれていたのですが、現役時代はグラビア活動を積極的に行い、美スレンダーボディでファンの目を楽しませていただけに、『昔の水着姿もいいけど、最新版が見たいな』『グラビアだけでも復帰しないの?』などといった声が多く飛び交っていました。また『スキューバダイビングに興味津々 んー、、今年はついに渡辺さん夏を楽しんじゃおうかな』とも書き込まれていたため、『ついでに写真集の撮影もしちゃえば?』『TV番組の企画でやればいいのに』などと、ファンはやはり芸能活動の本格的な再始動を期待してしまうようです」(芸能関係者)

昨年8月にAKB48グループから卒業した際には、SNS上の投稿を大量に消去したため、
「芸能界から完全に引退?」「まさか結婚?」などとファンを悲しませていた渡辺だが、その後、SNSの投稿は続けているため、
最近では「今は充電期間なんだよね?」「俺たちはいつまでも待ってるよ」などと、前向きな声が飛び交っている。

「渡辺は昨年8月21日に行われた、『ファーストスタイルブック MILKY』(光文社)の発売記念イベントに出演して以降、公の場に姿を現していません。そのイベントで芸能界引退について訊かれた際には、『可能性はあります。流れに任せて』『事務所も探していないです』などと消極的なコメントが目立っていました。しかし、SNSの投稿を見る限りでは、劇場や映画館に積極的に足を運び、充電期間にあてているようにも思えます。先月には、渡辺がかつてAKB48グループで1番推していると語ったこともある、NMB48の市川美織が出演した舞台『こと~築地寿司物語~』を観劇したようなので、『みおりんに触発されて、みるきーも女優業やりたくなった?』と期待する声も寄せられています」(同)

渡辺は今も、白間美瑠や近藤里奈など、NMB48のメンバーと交流を続けている。
それぞれのメンバーの活躍に触発され、完全復活を遂げる日はそう遠くないのかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00010001-otapolz-ent

“ハート柄の白ワンピース水着”姿披露 渡辺美優紀
no title

元NMB48 “みるきー”渡辺美優紀
no title

no title

no title

【渡辺美優紀、“ハート柄の白ワンピース水着”姿披露 芸能活動再始動を望む声止まず「俺たちはいつまでも待ってるよ」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 23:00:16.61 ID:CAP_USER9
昨年8月にNMB48を卒業した渡辺美優紀(23)が1日付のツイッターで、治療で抜歯したとみられる親知らずの写真を掲載。
「捨てられるのわかいそう」との投稿に、驚くほどのコメントが殺到している。

渡辺は昨年「今後予定未定」として卒業。
以降は、目立った芸能活動を行っていないが、SNS投稿は継続している。
親知らずの写真には、ネット上が鋭く反応し「宝石みたい」「綺麗だ」「僕がもらう」「1万円で買う」と、猛烈な勢いでコメントが集まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000125-dal-ent

渡辺美優紀@miyukiofficial9
親知らず、、
捨てるのかわいそう(´・_・`)笑
no title


元NMB48 渡辺美優紀
no title

no title

【みるきー、抜歯した「親知らず」写真にコメント殺到「宝石みたい」「1万円で買う」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 00:12:09.86 ID:CAP_USER9
今年8月にNMB48を卒業した渡辺美優紀が26日、Instagramを更新。
プライベートで親交の深い弘中綾香テレビ朝日アナウンサーと東京ディズニーシーを満喫したことを報告している


◆渡辺美優紀×弘中綾香アナ“あやみるきー”ショットに歓喜の声

弘中アナが司会をつとめる音楽番組「ミュージックステーション」を通じて知り合い、渡辺のグループ卒業後も交流を続ける2人。


デニムの“双子コーデ”でディズニーシーを楽しむ様子を報告し、話題を呼んだ。

今回は2人そろってウインクしたショットを公開。ファンからは「あやみるきーきたー!!Wウインクはやばい!」
「可愛い2ショット待ってました」「ほんと仲良しですね」など喜びの声が続々と寄せられている。(modelpress編集部)

http://news.livedoor.com/article/detail/12336688/
2016年11月26日 20時51分 モデルプレス
 
no title
001_size6

【渡辺美優紀、テレ朝・弘中綾香アナとディズニー満喫 “あやみるきー”のWウインクにファン歓喜】の続きを読む




このページのトップヘ