欅坂46

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 17:37:42.70 ID:CAP_USER9
2017年は「欅」──最近そんな声があちこちで聞かれる。
乃木坂46に続くアイドルグループとして2016年4月にCDデビューし、その年のうちに紅白出場を決めた欅坂46。
新曲「不協和音」の歌詞どおり、アイドルの「既成概念を壊」した、史上最強と言われるその秘密に迫る!

欅坂46のセンター・平手友梨奈が、デビュー曲「サイレントマジョリティー」で右手を高くかかげ、両サイドにわかれたメンバーの間を歩く、「モーセの十戒」と呼ばれるパフォーマンス。
それは、グループアイドル界に新たな道が切り開かれた瞬間だった。

2016年4月に発売されたこの曲の初週売り上げは、女性アーティストデビュー曲として歴代最多枚数の26万2千枚を記録。
その後もCDは売れ続け、1年たった現在もチャート100位以内にランクイン、YouTubeの再生回数は5400万回を超えている。
曲をリリースするごとに売り上げは伸び、昨年末には紅白歌合戦にも出場。
紅白効果で、1月にはそれまでのシングル3枚すべてがチャートの上位にランクインした。

「駆け上がり方の速さも、同じ秋元康さんプロデュースのAKB48や乃木坂46よりも圧倒的に速い。もちろんそのAKB、乃木坂あってこそのものではありますが、彼女たちに何もなかったら、ここまで絶対たどりつけていません」

アイドル事情に詳しい音楽評論家、宗像明将さんが言う。

欅坂46は、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾という位置づけの21人グループだが、フランスの清楚なリセエンヌというイメージの乃木坂に対して、欅坂のコンセプトには、イギリスのロックカルチャー的な、スタイリッシュなイメージが投影されている。

「曲、ダンス、衣装、CDジャケットなど、統一美を徹底的に追求した視覚的な快楽がとても強く、見るだけでカタルシスを感じる。これまでのアイドルが歌って踊る、いわゆる“振り付け”とは全く違うものだという感覚です。もはや歌うことを想定していないとすら思うような振り切れ方をしている。ある種の美意識の最終形ではないでしょうか」(宗像さん)

発売されたばかりの最新シングル「不協和音」のミュージックビデオについても、宗像さんはこう語る。

「冒頭、横たわっていた平手さんがユラリと立ち上がり、そこに他のメンバーが走りこんできて、全員が同時にポーズをキメる。その瞬間の圧勝感。欅坂の持つ緊張感は、さらに増したと感じました」

シングル曲のパフォーマンスではほとんど笑わずクールな印象が強いが、アイドルグループらしいポップな曲や、昭和の歌謡曲やフォークを思い起こすような、ちょっと懐かしい雰囲気の楽曲も持ち歌にしている。
彼女たちの冠バラエティー番組でも、等身大の姿が見られる。

「バラエティーやカップリング曲などで、それぞれの個性を見せながら、表題曲ではあえて個性を消して統一美を見せる。そういう構造も面白い」(宗像さん)

4枚のシングルすべてのセンターをつとめてきたのが、2017年4月21日号の「週刊朝日」表紙を飾っている平手友梨奈。
その圧倒的な存在感から、所属するレコード会社の大先輩・山口百恵さんの再来と形容されることもある。

「彼女のことを何も知らなくても、何か違う、ただ者ではないと思わせる強烈なスター性、そこは似ているかもしれません。最新曲の『不協和音』でも、平手さんの形相は、すごいものになっている。そんな彼女がこのあいだまで中学生だったという事実。百恵さんと違うのは、独特の憂いがないところでしょうか」(同)

「不協和音」の売り上げは、発売初日で45万枚を突破、自己最高記録を更新している。
宗像さんは言う。

「この先5年ぐらいは、このインパクトを超えるアイドルグループは現れないんじゃないか、そのぐらいの突き抜け方をしている存在です」

欅坂46が2017年を引っ張ることは、間違いなさそうだ。
「サイレントマジョリティー」の歌詞通り、「つまらない大人は置いて行け」と言われてしまわないよう、彼女たちから目を離してはならない。

(一部省略)
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00000058-sasahi-ent

欅坂46 『サイレントマジョリティー』
https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8



アイドルの「既成概念」を壊した欅坂46のパフォーマンス 「サイレントマジョリティ」
no title

no title

no title

no title

センター平手友梨奈
no title

【【欅坂46】「突き抜け方がハンパない!」 アイドルの「既成概念」を壊した、“史上最強”と言われるその秘密】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/14(金) 23:36:04.93 ID:CAP_USER9
「不協和音」生放送で初披露

また番組では、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を彷彿とさせる激しいダンスがMV解禁時から大きな話題を呼んでいた、4thシングル「不協和音」を生放送で初披露。

生きることの苦悩と葛藤を描いたグループ史上最高難度のダンスに挑んだ作品であり、
出演後、ネット上では「迫力が半端ない」「アイドルが放つはずのないオーラが見えた…」「言葉を失った…気づいたらパフォーマンス終わってた」「ちょっと今からCD買ってくる」「アイドルの定義がわからなくなった」と、圧巻のパフォーマンスへの反響が続々と上がっている。

(抜粋)
http://mdpr.jp/news/detail/1678916

「Mステ」出演前 体調不良・今泉佑唯のポジションが“空席”の集合写真 欅坂46
no title


「Mステ」で「不協和音」をパフォーマンス
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

センター平手友梨奈
no title

no title

【【欅坂46】新曲「不協和音」を生放送で初披露 「Mステ」で圧巻のパフォーマンス「アイドルが放つはずのないオーラが見えた…」の声】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 16:16:08.79
欅坂46「不協和音」テレビ初披露に視聴者の鳥肌止まらない 「語彙力を失った」「アイドルが歌う歌じゃない」

【欅坂46/モデルプレス=4月6日】6日、NHKの音楽番組『SONGS』(総合テレビ 22時50分~)に同日、デビュー1周年を迎えた欅坂46が登場。テレビ初披露となった新曲『不協和音』に大きな反響が寄せられている。

史上最高難度のダンスが話題の「不協和音」

番組では、欅坂46のパフォーマンスの魅力に迫るべく、最年少センター・平手友梨奈を徹底解剖する特別企画を敢行。デビュー曲『サイレントマジョリティー』からこれまでの全てのシングルを平手が各楽曲にかける思いを紹介しながら披露した。

生きることの苦悩と葛藤を描いた『不協和音』は、グループ史上最高難度のダンスに挑んだ作品。『サイマジョ』
を彷彿とさせる激しいダンスはMV解禁時から大きな話題を呼んでいた。

平手友梨奈、「僕は嫌だ」は「私の心の叫び」

番組内のインタビューで平手は「今すごい自分が嫌なんです。自信が無いまま前に立たされてやるのも。やっぱり私的には自信がついてから(センターに)立ちたい」と葛藤を吐露。曲中のセリフ『僕は嫌だ』は「私の心の叫び
かなって思います」と明かし、「色々ファンの人から言われたりはするし、それは傷つくし」と4曲連続センターを
任せられているプレッシャーを打ち明け、「でもそれには負けてられないし、だったらもうやってやるって思いま
す」と強い闘志をのぞかせた。

そして、そのまま『不協和音』のパフォーマンスへ。倒れているメンバーがなんとか立ち上がる入り、途中で倒れ
ている平手をメンバーが引っ張り起き上がらせる場面、そして鬼気迫る平手の“睨み”…心の叫びが詰まった物語性のある表現で、既存のアイドルのパブリックイメージとはかけ離れているダークな世界観で魅了。

視聴者からは「やばすぎて語彙力を失った」「鳥肌がすごい」「震えたね」「痺れた~~~~」「戦闘力が桁違い
」「良い意味でアイドルが歌う歌じゃない」「MVとは違う良さがあった」など圧倒された声が殺到している。(mod
elpress編集部)
https://mdpr.jp/music/detail/1676990

欅坂46平手友梨奈、鬼気迫るパフォーマンスの裏側に葛藤と努力 「傷つく」言葉への“反論”に反響
https://mdpr.jp/music/detail/1677052

欅坂46「不協和音」
https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM


画像
 
no title

no title

no title

no title

no title



【【欅坂46】「鳥肌が止まらない」「やばすぎて語彙力を失う」 NHKで平手友梨奈の鬼気迫るパフォーマンスに絶賛の声が殺到】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 20:45:17.76 ID:CAP_USER9
あす6日にデビュー1周年を迎える人気アイドルグループ・欅坂46の4thシングル「不協和音」(5日発売)が店着初日に45万6518枚を売り上げ、4/4付オリコンデイリーシングルランキング1位に初登場。
自身最大のヒットを記録していた前作「二人セゾン」(昨年11月30日発売)の初週売上44万2322枚をわずか1日で更新し、猛烈な勢いで首位発進した。

同グループは、1stシングル「サイレントマジョリティー」(昨年4月6日発売、初週26.2/累積41.3万枚)、
2ndシングル「世界には愛しかない」(昨年8月10日発売、初週32.3/累積41.7万枚)、
3rdシングル「二人セゾン」(初週44.2/累積59.0万枚)と右肩上がりに売り上げを伸ばしてきたが、
激しすぎるダンスミュージックビデオで話題の今年第1弾シングルでも、勢いをさらに加速させている。

なお、デビュー曲「サイレントマジョリティー」は、最新のオリコン週間ランキングで39位に入り、発売から1年間(52週)連続ランクイン(200位以内)の快挙を達成。
しかも、11/7付の108位を除いてはTOP100をキープしており、新人のデビュー曲としては驚異的なロングセールスを記録している。

欅坂46はあす6日、東京・代々木第一体育館でデビュー1周年記念ライブを行う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000362-oric-ent

欅坂46 『不協和音』
https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM



欅坂46『不協和音』MVより
no title

no title

no title

no title

no title

no title

欅坂46
no title

no title

センター 平手友梨奈
no title


欅坂46 『サイレントマジョリティー』
https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8&feature=youtu.be


【【欅坂46】新曲「不協和音」が初日で45万枚超の売上げ 猛烈な勢いで首位発進 「サイマジョ」は1年間連続ランクインの快挙】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 22:12:51.16 ID:CAP_USER9
欅坂46の渡辺梨加と渡邉理佐が、23日発売の雑誌「別冊カドカワDirecT 05」の表紙に登場。
巻頭で大ボリュームグラビアを展開する。

同誌では今回、4月5日に4thシングル「不協和音」をリリースする欅坂46を総力特集。
表紙に起用された2人のグラビアのほか、メンバーのビジュアルを志田愛佳がディレクションした企画や、織田奈那、齊藤京子(けやき坂46)による、小林由依への妄想爆裂企画、要注目の美少女、高本彩花(けやき坂46)のロンググラビアも掲載。

そして特集のラストには、今年1月21日にキャプテンに就任した菅井友香のひとり語りを収録している。

◆アイドルソング&ジャパニーズヒップホップも

ほか第2特集では、1971年の南沙織の歌手デビュー曲「17才」を起点とした、アイドルソングのクロニクルを。
数多のアイドルの存在を形作ってきた作曲家、楽曲にひときわフォーカスし、音楽シーンに寄与してきた功績に迫る。

また巻末は、近田春夫とDJ KRUSHの対談、DJ YAS、ダースレイダー、田我流、ちゃんみな、Zeebraらの証言で綴る、ジャパニーズヒップホップを特集。
日本におけるヒップホップの黎明期から、街中でもフリースタイルラップを目撃することができる現在までのシーンの編纂を考察する。

http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1672990/

「別冊カドカワDirecT 05」 渡辺梨加と渡邉理佐
no title

no title

no title

no title

欅坂46 渡辺梨加、渡邉理佐
no title

欅坂46 渡辺梨加
no title

欅坂46 渡邉理佐
no title

【【欅坂46】欅坂46が誇る“圧倒的顔面”渡辺梨加&渡邉理佐がどこまでも美しい】の続きを読む




このページのトップヘ