松田龍平

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 19:09:55.02 ID:CAP_USER9
女優の松たか子、満島ひかり、俳優の高橋一生、松田龍平が出演するTBS系ドラマ「カルテット」(毎週火曜よる10時)の公式Twitterが16日、第5話(14日放送)のオフショットを公開した。

第5話では、いつかカルテット「ドーナツホール」としての夢を叶えるため、二次元萌えを狙ったコスプレ演奏という意に沿わない仕事をこなす場面が登場。
本番のためフォークダンスを練習し、最終的にはピアニストの都合により本番は当て振りとなり、悔しさを抑えながらも仕事を全うした。

4人が扮したのは、地球外生命体である戦闘型カルテット美剣王子「愛死天ROO(読み:あいしてんるう)」。
設定は、真紀が緑髪のアラサーキャラ、すずめがピンク髪にブリブリのメイド服の妹キャラ、家森が銀髪のドS王子キャラ、
別府が金髪ロングに白タイツの童貞キャラで、口癖は順番に「ありガトーショコラ」「お兄茶碗蒸し」「よろしく頼ムール貝」「時すでにお寿司」。
イベントスタッフが設定を説明するシーンでは、「質問があったら手をあげて下さい」というスタッフに対し、謎すぎる設定に呆然のあまり、4人の挙手が止まらなかった。

テンポの良い会話劇や、先の読めないサスペンスストーリーとともに、くすっと笑える“小ネタ”が詰め込まれていることも好評の同作。

この唐突なコスプレにも放送中、視聴者から「キャラ設定に頭が追いつかないんですけどwww」「質問がありすぎて手が下がりません」「毎回ネタの強度が増してる気が」「ちょっとすずめちゃん違和感なさすぎ可愛すぎ」など反響が殺到しており、
公式Twitterは作中でも紹介されたアニメ版のビジュアルと、同じポーズをノリノリでとる4人のオフショットを「カルテット美剣王子『愛死天ROO』の皆さんです(実写版&アニメ版)」と公開。

これに「爆笑しました」「ありがとぅしょこらぁ…」「永久保存版」「クオリティに本気を感じます」と感謝の声が多数寄せられている。
(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1664049
2017-02-16 18:58


no title

no title

https://twitter.com/quartet_tbs/status/832149146123399169

【「カルテット」松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平の二次元コスプレショット公開 “愛死天ROO”に「永久保存版」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 17:54:07.41 ID:CAP_USER9
黒沢清がメガホンを取り、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己が初共演する映画「散歩する侵略者」が9月16日に公開される。
本作は、前川知大率いる劇団イキウメが2005年の初演以来、再演を重ねている同名舞台をもとにしたもの。
数日間の行方不明を経て「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫・加瀬真治、突然穏やかで優しくなった夫に戸惑う真治の妻・加瀬鳴海、
町で発生した一家惨殺事件を追うジャーナリスト・桜井の日常が少しずつ変容していくさまを追う。

鳴海を演じる長澤は「現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました」と明かし、
真治役の松田は「『侵略者』がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います」、
桜井に扮する長谷川は「ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています」とコメント。
黒沢は「今まで多分誰も見たことのない、まったく新しい娯楽映画ができあがったように思う」と自信をのぞかせている。

no title

http://natalie.mu/eiga/news/211920
2016年12月6日 5:00


【長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己共演、黒沢清がイキウメの舞台「散歩する侵略者」映画化】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 06:56:22.91 ID:CAP_USER9
女優松たか子(39)、満島ひかり(31)らが連続ドラマで“大人の共同生活”を送る。

来年1月スタートのTBSドラマ「カルテット」(火曜後10・00)で、松、満島、俳優
高橋一生(35)、松田龍平(33)の4人によるラブストーリー。偶然出会った30代独身の4人が、
ある理由で長野・軽井沢にある別荘で一冬の共同生活を送る。全員が弦楽器を演奏することができ、
弦楽四重奏のカルテットを組む。ただ、それぞれが秘密を抱えており、サスペンス的な要素もある
人間ドラマだ。

松は「こんなに魅力的なスタッフ、キャストとこの冬を過ごせるのが本当に楽しみ」とクランクインを
心待ちにしている。

脚本は「東京ラブストーリー」などを手掛けた恋愛ドラマの名手、坂元裕二氏が担当する。

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/30/kiji/K20161130013819150.html
no title

【松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が“男女4人冬物語”】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 18:46:27.42 ID:CAP_USER9
10月25日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)に、俳優の松田龍平が登場した。
もちろん用件は映画の宣伝なのだが、バラエティ慣れしていないためか、ほかの出演者が盛り上げるなか、終始無表情であったことが話題になっている。

「松田はもともと表情をあまり出さないんです。番組でも『緊張が顔に出ない』という悩みを告白していました。
いまだに仕事の時には台詞が覚えられるか、不安や緊張でいっぱいになるそうです。
さらに、バラエティはテンポが早すぎて苦手と言い、共演者たちが松田のペースに合わせようあの手この手で試していました。
質問をしても反応が遅く、みんなが固唾を飲んで返事を待つようなとてもバラエティとは思えないシーンも。
聞いているのかいないのかわからないような無表情もテレビ的には新鮮でした」(女性誌記者)

松田はアニメやゲームが好きで内向的。話したりすることがあまり得意ではない。
そして、そのマイペースな雰囲気も松田の魅力の1つ。
そんな松田が精一杯バラエティに馴染もうと頑張った今回の放送は、ファンにとってはプレミア映像だったかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1218283/
2016.10.27 17:59 アサジョ

no title

【質問しても反応なし!?松田龍平の「無表情でバラエティ出演」が話題に!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/04(土) 22:35:07.82 ID:CAP_USER9
俳優の松田龍平さんが、女優の松嶋菜々子さんが主演し7月にスタートする連続ドラマ
「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)に出演することが4日、明らかになった。

松田さんが連続ドラマに出演するのは2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来、約3年ぶり。
松嶋さんと共演するのは今回が初めてで
「今から撮影が楽しみです。久びさの連続ドラマ出演になるので、体調を崩さないよう、
よく食べ、よく寝て撮影に挑みたいと思います。よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

ドラマは、広告代理店の売れっ子クリエーティブディレクター(CD)だった主人公・吉良奈津子(松嶋さん)が、
40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰。
次から次へと勃発する問題に正面から向き合いながら、仕事と家庭を両立させるため奮闘する姿を描く。

脚本は14年に放送され人気を集めた同局の連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
などで知られる井上由美子さんが担当する。

松田さんが演じるのは、業界大手の広告代理店・東邦広告のクリエーティブ局に勤務する優秀なCDの高木啓介。
新人時代に、当時バリバリと働いていた奈津子の下で担当した“ある仕事”で辛酸をなめさせられた経験を持つ。
高木は、復帰してきた奈津子のいまだに笑顔で乗り切れると思っている勘違いや時代錯誤なところが気に入らず、
厳しい言葉をかけるが、心のどこかで成長した姿を見せつけたいと思っている……という役どころだ。

同局ドラマ制作センターの三竿玲子プロデューサーは
「奈津子が戦い、バディを組んでいく相手役の高木啓介は、絶対に“愛される男”にしたいと思い続けていました」といい、
松田さんについては「唯一無二の存在感は、ドラマにとって最も重要な先々への“期待感”を
醸し出してくださると同時に色気を感じさせてくれるもの。
時に見せる無邪気な表情が、このドラマをチャーミングに彩ってくれること間違いなしです。
厳しさと優しさの両面を、絶妙に持ち合わせている高木を、好演してくださることを、期待しています」と期待を寄せていた。

「営業部長 吉良奈津子」は、7月から毎週木曜午後10時に放送。


・7月スタートの連続ドラマ「営業部長 吉良奈津子」に出演が決まった松田龍平さん
no title

no title

http://mantan-web.jp/2016/06/04/20160604dog00m200028000c.html

【松田龍平:「あまちゃん」以来の連ドラで松嶋菜々子と初共演 フジ7月期ドラマ】の続きを読む




このページのトップヘ