有村架純

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 05:03:56.98 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。ヒロイン・谷田部みね子を演じる有村架純(C)NHK

 NHKの連続テレビ小説・第96作『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)が3日にスタートする。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純。脚本は『ちゅらさん』『おひさま』に続き、連続テレビ小説3作目の岡田惠和氏が担当。主題歌は桑田佳祐の「若い広場」で初回放送時が初OAとなる。語りはマラソン中継の解説でおなじみの増田明美が務める。

 東京がオリンピック開催に向けてお祭りムードで湧く1964年から始まる物語。高校3年生のみね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村でのびのびと朗らかに暮らしていた。父・実(沢村一樹)は不作の年に作った借金を返すため東京に出稼ぎに出ており、普段は、明るくおしゃべりな母・美代子(木村佳乃)、無口な祖父・茂(古谷一行)、そして妹と弟の家族5人で農業をして生活している。

 幼なじみの時子(佐久間由衣)は女優になるために、三男(みつお/泉澤祐希)は三男坊であるために、それぞれ卒業後は東京で働くことになっているが、みね子は父が出稼ぎを辞め帰って来る日を願いながら、奥茨城で農業を手伝いずっと暮らしていこうと思っていた。

 一方、実は故郷の家族と田んぼに思いを馳せつつ、ビルの工事現場で重労働に汗を流し、日銭を稼いでは送金する日々だった。年に一度の稲刈りのため奥茨城に帰る日、実は赤坂で鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)らが営む洋食屋「すずふり亭」とめぐり会う。そして、故郷に帰った実は真っ先に畑の匂いと感触を確かめるのだった。翌朝、時子や三男、叔父の宗男(峯田和伸)も参加し、稲刈りが始まる。


・NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。ヒロイン・谷田部みね子を演じる有村架純(C)NHK
no title

no title

no title

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000303-oric-ent

【有村架純主演、新・連続テレビ小説『ひよっこ』スタート】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 05:21:42.36 ID:CAP_USER9
3日からスタートするNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・0)で朝ドラのヒロインに初挑戦する女優、有村架純(24)がサンケイスポーツの取材に応じ、9~10カ月に及ぶ長丁場の撮影を地道な筋トレで乗り切ると宣言した。

 6カ月目に突入した撮影については「体力的にきついときもある」と告白。もともとジムに通うが「撮影も忙しいし、最近は自宅で腹筋200回、背筋とスクワットを40回毎日やっています」と説明し「体調管理のために筋トレをすると、体がすごく楽です」と“体力勝負”に備えている。

 同作は昭和の高度成長期、茨城県の農家から集団就職で上京する高校生・みね子の成長物語。有村は「田舎っぽさを出すために、丸々とした感じが良いかなと思って」と役作りで5キロ増量した。

 劇中では日焼けメークともんぺ姿で元気いっぱいのみね子を体現。自身は兵庫・伊丹市出身で「私も田舎っぽいし、全く違和感はないです」とキュートに笑う。

 オーディションなしで朝ドラの主演に抜てきされ「最初は『なんで有村?』といわれるのではと不安でした」と悩むも、「故郷の母親に『一生懸命やりなさい』と励まされました」。主人公同様、故郷に感謝しながらの熱演を誓った。


・5キロ増量で主人公を体現する有村架純。現在は上京後の「東京編」に向け、「みね子の成長に合わせて徐々に減量しています」=東京・渋谷(撮影・寺河内美奈)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170402/geo17040205030018-n1.html

【有村架純、腹筋200回で「ひよっこ」撮影乗り切る!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 21:32:54.32 ID:CAP_USER9
3月30日(木)夜、女優・有村架純(24)の実姉で、モデル・グラビアアイドルの新井ゆうこ(26)が、自身のツイッターで改名を発表。
本名の有村藍里(あいり)として再出発することを宣言した。

藍里と架純は実の姉妹である事実を公にせず、それぞれ活動をしていた。
しかし、’15年春に夕刊紙に報じられるかたちで関係が明るみに。

藍里が当時の状況を振り返る。

「急にいろんな取材や問い合わせが来るようになって、パニックでした。私の知名度なんて全然ないのに、妹はNHKさんの『あまちゃん』にも出演していましたし……。妹になにか迷惑がかかるんじゃないかと心配でした。でも妹はとてもしっかりしていて、『お互いにやるべきことをやっていこう』って」

藍里は3月31日発売の「FRIDAY」で裸身解禁グラビアに初挑戦。
5月26日(金)には、初の写真集が講談社から発売される。

「とても大胆な内容です。どうせ腹をくくるならと思ったので、カラダも名前もありのままで挑むことにしました。ひとりでも多くの方に見ていただきたいですね」(藍里)

たびたびお互いのSNSにツーショットが投稿されるなど、仲良し姉妹としても知られる藍里と架純。
かたや初の写真集、かたや初の朝ドラ主演。
この春は、二人にとって大きな転機となりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00010000-friday-ent

有村藍里 @arimuraairi
突然ですが私、改名します。
有村藍里(ありむらあいり)として活動します。
本名にするという私の1つの覚悟。自分の意志で決めました。
そして5月26日に講談社さんから初の写真集が発売されます。
どうか、応援よろしくお願いいたします。
最初の大きな一歩、始まったばかり。

写真集では、かなり際どいポーズにも挑戦している
no title

新井ゆうこ改め有村藍里
no title

【有村架純の実姉・新井ゆうこが本名「有村藍里」に改名して再出発 大胆写真集を発売】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/25(土) 12:37:35.97 ID:CAP_USER9
no title



 3月19日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、女優の有村架純(24)が出演。タレントのウエンツ瑛士(31)からアプローチされ、とまどっていると告白する場面が見られた。

 この日のテーマは“愚痴ぶちまけますSP”で、有村は「ウエンツのグイグイ加減がすごい」と告白した。有村が『火曜サプライズ』(日本テレビ系)でウエンツと共演した際、有村が焼肉店で肉を焼くウエンツを気遣ってトングを取ろうとしたところ、ウエンツの手にタッチ。そこから急にウエンツが有村を意識し始め、有村の焼いた肉を食べると「うまい~! あっ、架純ちゃんが焼いてくれたからだ! やっぱ全然違ったな~」と有村をべた褒めして猛アピールし始めたのだという。

 また、ウエンツは有村がいない収録でも、ゲスト出演した俳優の藤原竜也(34)が、有村のポスターを見て「どうですか? パッと見て」と聞くと、「将来の嫁だと思ってますよ」と堂々と答えていたのだという。これに有村は「ちょっとグイグイ感が強すぎて困っている」と、困惑した表情で話していたが、一方、VTRで出演したウエンツは、「嘘で言いますか? 全部本音で勝負してます!」と、あくまで本気のアピールであることを主張していた。

 VTR終了後、スタジオで有村が「(ウエンツは)友達になりたいタイプ。話しやすいから。なんですけどグイグイくるから、そのときにどう返すのがいいのかなって」と、対応に困っていると告白。これを聞いたフットボールアワーの後藤輝基(42)が「異性としてウエンツってどう映るの? おつきあいとか考えられない?」と聞くと、有村は「友達タイプ」と、はっきり言い切っていた。

「これまで何度か熱愛報道があった有村ですが、売れっ子女優になって忙しいこともあるのか、パッタリ噂を聞かなくなりましたね。まして4月から放送されるNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の主役という、スキャンダルなんて絶対に許されない大きい仕事があるのですから、しばらく恋愛はシャットアウトのはず。ウエンツの思いも残念ながら、報われることはないでしょう」(芸能誌記者)――残念!


http://taishu.jp/detail/27145/

【有村架純 「困ってます」ウエンツ瑛士のマジ求愛に悩んでいた!?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 07:18:33.59 ID:CAP_USER9
 1964年の東京五輪の前後を背景に、茨城県北西部の奥茨城村で育った少女が、出稼ぎのために東京へ行ったまま帰ってこなくなった父親を探すべく、集団就職で上京する…。

 4月3日からスタートする連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)。ヒロインに抜擢された有村架純(24才)が大ブレークするきっかけとなったのもまた朝ドラだった。2013年の『あまちゃん』で、小泉今日子が演じるアイドルを夢見ていた若き日の春子を好演し、一気に芽が開いた。

 兵庫出身の有村が女優を志すようになったのは、地元の中学生だった頃。ドラマを見ながら「自分ならこう演じる」と自然に考えている自分に気づいたことがきっかけだった。しかし両親が離婚したこともあって、オーディションやレッスン代、上京するための資金問題が浮上。夢を叶えるために有村は、高校時代はアルバイトに明け暮れ、平日は学校が終わってから4時間、休日は朝から10時間、がむしゃらに働き続けたという。

 そんなド根性で、前述の『あまちゃん』で大ブレーク、その後も活躍を続けている。

『映画ビリギャル』(2015年)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞を、さらに同作と『ストロボ・エッジ』(2015年)での演技が高く評価され、『第58回ブルーリボン賞』で主演女優賞を受賞した。

 映画だけじゃない。2016年には月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)に出演。昨年末のNHK紅白歌合戦では紅組司会者を務め、現在はまもなくスタートする『ひよっこ』の撮影中だ。

 そんな彼女の住まいは、都内でも超高級住宅街の一角に佇むラグジュアリーマンション。70平方メートルにも満たない部屋で1億円を優に超えるという、閑静なその街でも特別なマンションだ。

 意外にも彼女がこのマンションの住人になってようやく1年。『あまちゃん』以降、ドラマや映画のヒロインに次々と抜擢され、CM女王との呼び声も上がっていたものの、当時彼女が住んでいたのはマンションというよりアパートという方がしっくりくる建物。

 6畳1間のワンルームで、家賃は10万円ほどの部屋だった。たまのオフには自転車に乗って、近所の商店街へ。親友の高畑充希(25才)が泊まりにくることも多く、その時はこの部屋の小さな台所で有村が高畑にカレーや煮物をふるまっていた。

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号
NEWS ポストセブン 3/22(水) 7:00配信
http://www.news-postseven.com/archives/20170322_502937.html?PAGE=1#container

4f4b7d7e


【有村架純 6畳1間からラグジュアリーマンションへ大出世】の続きを読む




このページのトップヘ