有村架純

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 16:42:37.45 ID:CAP_USER9
 ドラマの視聴率は様々な要素が複雑に絡み合うだけに、特に放送開始直後はどちらに転ぶか判断が難しいことが多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が新しい朝ドラについて分析した。

 * * *
 4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。前作『べっぴんさん』の後半が不評だった影響なのか、初回の視聴率は20%台に届かず。その後もなかなか数字が伸びない状況が続いています。

 けれど、『ひよっこ』の評判、次第に上がっていくのではないでしょうか。以下3つの点から可能性を感じます。「時代」「家族」「地域」の描き方において、前作との違いがはっきりと際立つからです。

●その1 「昭和の懐かしさ」徹底して絞りこんだテーマ性

 舞台は北関東・奥茨城村。時代は昭和39年、東京オリンピックの年。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純さん。女子高生のみね子は、いわゆる「金の卵」となって東京へ。高度経済成長期まっただ中の日本で、時代と格闘しながら「ひよっこ」の殻を破って生きていく……。

 聖火リレーにジェスチャーゲーム。鉄腕アトム、がちょーん、アジャパー。細かい点までいき届いた「昭和」の時代考証。登場人物たちの表情も昭和チックです。喜怒哀楽をまっすぐに出す。子供同士がじゃれあう。先生はゲンコツを落とす。これから大きく成長していく社会。希望が覆っていた昭和の明るさがよく伝わってきます。

 冒頭に流れる桑田佳祐の主題歌「若い広場」も心憎い仕掛け。歌謡曲全盛時の匂いがぷんぷん立ちのぼるメロディ。視聴者は一気に「昭和」の空気の中へ運びこまれる。

 この時期に青春を送った団塊世代は、800万人もいる分厚い層。そこへ届けば大きな反応が期待できる。いや、若い世代にも「昭和の懐かしさ」はウケるはず。今の時代は「懐かしいアナログ時代=新鮮」という構図が成り立つからです。

●その2 家族のキャラクター造形と人間関係

 前作は一人ひとりの表情や個性が乏しく、どんな人物か今ひとつ伝わってこなかった。しかし今作は対象的。支え合う家族の形がきっちりと描かれ、それぞれキャラクターの輪郭も、はっきりしている。キャスティングは父・実を沢村一樹、母・美代子を木村佳乃、祖父は古谷一行。

 その家族の中に、唐突に割って入る叔父の宗男。マッシュルームカットのすっとんきょうなオジサンが、いい味出しています。西洋文化に憧れ日本文化を捨てていく「軽薄」なあの時代の日本を、象徴しているようでもある。宗男を演じるのは「銀杏BOYZ」のミュージシャン・峯田和伸。

●その3 朝ドラの使命=地域性に根ざす

 NHKが公共放送である以上、それぞれの地域を平等に扱い、土地の個性を大切にしなければならない。しかし前作は舞台となった神戸がどんな場所なのか、どんな個性をもった土地なのか、結局よくわからずじまいでした。

 一方、今回は「奥茨城」がどの位置にあって、人々はどんなイントネーションでしゃべっていたのか。山間の農家ではどんな生活をしていたのか。経済、労働、近隣関係といった要素を具体的に活き活きと描き出そうとしています。地域性にこだわっているあたりも高く評価したい。

 舞台設定に配役、脚本、演出と『ひよっこ』の滑り出しは上々。まずは、「朝ドラの王道」と言っていいのではないでしょうか。家族の輪がしっかりと描かれているからこそ、「父の失踪」という破綻、それによる不安と喪失が陰影をともなって立ち上がり、ドラマに緊張が生み出されていく。

 とはいえ前作も「冒頭はよかったのに」という声が聞かれました。そんなことにならないよう、半年間頑張って走っていってほしい。

『ひよっこ』を見終えると、ニュースでは「決算延期を繰り返さざるをえない東芝」「上場廃止の危機」についてのアナウンスが。「光る、光る東芝、走る、走る東芝」というあのCMソングが鳴り響いていた輝かしき時代の象徴が消えていく。昭和の終焉について、リアルに考えさせられてしまいます。

 そう、「懐かしさ」と「喪失感」というテーマは、今こそドラマが描き出すべき対象なのだとガテンしました。

2017.04.15 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170415_510200.html?PAGE=1#container

1713_arimura_kasumi

【有村架純の『ひよっこ』 視聴率の後伸びが期待できる理由】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 17:57:10.43 ID:CAP_USER9
女優、有村架純(24)が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が、初回視聴率20%の大台割れでのスタートとなった。
体重を増やしてまで挑むヒロインだが、不安な船出となってしまったようだ。

「ちゅらさん」の岡田惠和氏が脚本を手がけ、「あまちゃん」でブレークした有村がヒロインとあって注目されていたが、
朝ドラの初回20%割れは、2012年後期の「純と愛」以来という低空発進となった。

「前作の『べっぴんさん』は全話平均では20%を超えたが、3月に入ってからの視聴率が軒並み20%を割るなど低調で、
最終回も19・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にとどまった。
そういう意味では視聴習慣が途切れてしまったことが影響しているのでは」と放送関係者。

そして「有村は、自身もインタビューでも視聴率が気にならないといえば嘘になると話していたように、高視聴率を期待されているし、本人も意識している。
それだけに予想を下回るスタートは半年間の長丁場での不安材料になりかねない。
精神的な負担にならなければいいが」と続ける。

ただ有村の不安はそれだけではないようだ。

「実の姉である有村藍里が先週発売の週刊誌『FRIDAY』でヌードを披露しました。
姉はそれまで新井ゆうこの名前で活動し、有村との関係も一応伏せていました。
しかし今回本名に戻し、見出しでも“有村架純の姉”と打ち出しているほど。
妹が朝ドラヒロインで注目を浴びるタイミングだけに、妹の足を引っ張ることにならなければいいのですが」とは出版関係者。

なかなか前途多難なようだが、どこまで盛り返せるか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12905157/
2017年4月7日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)

no title

【有村架純を覆う“不安の影” 「ひよっこ」低空発進…実姉は週刊誌でヌード披露】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 18:26:30.65 ID:CAP_USER9
有村架純(24)がヒロインのNHK朝の連ドラ「ひよっこ」が始まり、国民的女優として注目されるなか、有村の実姉でグラドルの有村藍里(26)が写真誌「フライデー」最新号でヌードを披露。世間を騒がせている。

「芸能活動を始めたのは姉の方が早く、有村が後なのですが、13年に『あまちゃん』でブレークした清純派の妹の仕事に気を使ってか、『新井ゆうこ』という芸名で活動し、姉妹であることを伏せていたんです。15年に姉妹であることを報じられてもそのままだったが、3月30日になって突然、自らのブログで本名に改名すると発表し、5月発売という写真集の宣伝をしている。フライデーでも『有村架純の姉』と前面に打ち出したため、妹の威を借る姉、売名とネットで叩かれているなか、『本名にするという私の1つの覚悟です』『全て自分の意志で決めました』などとつづり、バッシングに屈しない決意を見せています」(アイドル誌ライター)

もともと、それぞれのSNSにツーショット画像を投稿するなど、仲良し姉妹で知られるふたり。しかし、今では妹の方が芸能界でのザブトンが何枚も上なだけに所属事務所も内心は穏やかじゃないだろう。

有村は「ドラマを見てもらって世の中に新しい風が吹いたらいい」「できれば良い成績を残したい」などと取材会でコメント。朝ドラは「あまちゃん」以降、8作品中7作品が平均20%超(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)の高視聴率を叩き出す中、その流れを引き継ぐ覚悟を見せた。「あさが来た」の21世紀最高視聴率23.5%超えも期待されており、有村は体重を5キロ増減させるなどして必死の役づくりに臨んでいる。姉の突然のヌードは身内からのスキャンダル爆弾に近く、足を引っ張っているようにも見えるが……。

某局のワイドショー芸能デスクはこう解説する。

「同様のケースでは、最近は上野樹里の姉の上野まながグラビアに登場したことがあります。中高年世代には、中森明菜さんの妹の明穂さんがイメージビデオでセミヌードになって騒がれたのを思い出す方がいるのでは。今回もそうですが、たとえ親族であれ、売れっ子への便乗ともとられかねない商法は芸能界でもご法度。所属事務所は違っても売り出す前に報告や了解を取るという不文律がある。それらを無視してやっているとすれば、当然のように揉める火種となる。明菜さんと明穂さんは騒動後、関係が断絶したそうですし、仲良し姉妹でも禍根を残しかねない」

妹の有村架純は今のところこの件に関し、表だってコメントはしていない。どんな話し合いがなされているのか臆測が飛び交いそうだ。

20170405-00000010-nkgendai-000-view
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000010-nkgendai-ent

【有村架純を悩ませる 姉の有村藍里(26)「フライデー」で超セクシーヌード披露】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 10:09:34.32 ID:CAP_USER9
女優・有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)が
3日にスタートし、初回の平均視聴率は19・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが
4日、分かった。

 朝ドラ初回の視聴率は、「あまちゃん」(13年前期、20・1%)「ごちそうさん」(13年後期、22・0%)
「花子とアン」(14年前期、21・8%)「マッサン」(14年後期、21・8%)「まれ」(15年前期、21・2%)
「あさが来た」(15年後期、21・2%)「とと姉ちゃん」(16年前期、22・6%)「べっぴんさん」)
16年後期、21・6%)と、8作連続で20%超えが続いたが、大台突破は今作で途切れた。

 東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、
集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈青春記で、
幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる。

 朝ドラ96作目。脚本は「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和氏(58)による
オリジナル作品。朝ドラは「ちゅらさん」「おひさま」に続く3作目。演出は黒崎博、田中正の両氏。
語り・増田明美。主題歌「若い広場」は桑田佳祐(61)が書き下ろした。9月30日まで全156話。

 初回は、東京がオリンピック開催に向けて沸く1964年秋。高校3年生のみね子は茨城県の村で、
明るくおしゃべりな母・美代子(木村佳乃)、無口な祖父・茂(古谷一行)、妹・ちよ子(宮原和)、
弟・進(高橋来)と共に農業で生活をしている。父・実(沢村一樹)は不作の年につくった借金を返すため、
東京へ出稼ぎに出ている。ある日、ちよ子と進が落ち込んだ様子で帰ってくる…という展開だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000085-spnannex-ent

20170404-00000085-spnannex-000-9-view[1]

【有村架純主演「ひよっこ」初回19・5% 連続大台突破8作で途切れる】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 20:32:54.94 ID:CAP_USER9
【有村架純/モデルプレス=4月3日】
女優の有村架純が3日、バラエティ番組『ごごナマ』(NHK、毎週月曜~金曜午後1時5分より)に出演。過去の苦労を語った。



◆有村架純のデビュー秘話 反省会で涙も

ヒロインを務める連続テレビ小説『ひよっこ』が同日から放送開始した有村は、父親役の俳優・沢村一樹とともにスタジオに登場し、様々なトークを繰り広げた。

「“ひよっこ”だった頃」というトークテーマでは一番最初の宣材写真を公開。「ドラマとか映画とか見て単純にお芝居って楽しそうって思ったのがきっかけ」と自ら女優を志し履歴書を書いて応募したという有村。
オーディションも何度も落ちたが、「自分でここかなと思ったら一本に絞って送り続けていた」と現在の事務所に粘り強く応募し続けたことを明かした。

その後、オーディションに合格し、兵庫県から上京。前マネージャーからの「当時は全然垢抜けていなかった」という証言も紹介されると、
有村自身も「この世界にも馴染んでなければ東京にも馴染んでない田舎娘って感じでした」と頷いた。

2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、小泉今日子の若かりし頃を演じブレイクしたことで知られるが、それ以前の19歳の頃は「いまいち踏み込めない自分がいて常に悶々としてた」時期があったといい、
「毎日怒られて反省会をしての繰り返しで。深夜2時まで社長含めてずっと3人で話し合ってたとかありました」と回顧。
どんな風に怒られるのか?と聞かれると「『どうしたら次に行けるんだ』とか、『芝居も微妙だしこのままだと本当にやばいよ』って」と明かし、
今の有村の活躍からは想像もできないエピソードにMC陣は驚きの声を上げた。
当時、反省会で泣いてしまったこともあったが必ず翌日には「ケロッとしていた」と前マネージャーが感心していたことを伝えられると、
有村は「落ち込んだままマネージャーさんに会うのは嫌だったんで気にしてませんよっていう風にしてました」と気丈に振る舞っていたと説明。
MCの船越英一郎は「芯がものすごいしっかりしてる」と称賛した。

◆“清純派”女優だと思う?

このほか、船越からの質問にYESかNOかで回答するコーナーでは「私は“清純派”女優だ」というお題に「NO」と回答。
有村は「清純って何を基準にするのか分かんないんですけど」と前置きし、
「役で色んな印象を持って欲しい、あんまり自分はこうだって決めたくない」とその理由を語った。

さらに、手の凝った手料理や幼少期の写真を公開する場面も。
「娘から父へのお願い」というテーマでは、「言っちゃうと父親がいなくて父との思い出があんまりないから、
せっかく普段現場ではお父ちゃんがあんまりいないので」と沢村に一緒にキャッチボールをしてほしいと頼み、役柄さながらに言葉をかわしながら楽しそうにボールを投げ合っていた。

◆朝ドラ『ひよっこ』

第96作目となる『ひよっこ』は脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品。東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記となる。

谷田部みね子は、茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっとり、のんびりした少女。
とくに大きな夢もなく、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんにと思っていたが、高校3年の冬、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になってしまったことで、人生が動き始める。
集団就職で上京したみね子は、町工場で働きながら父を捜すことに。慣れない都会での生活や突然のトラブルに巻き込まれながらも、“金の卵”の殻を自ら破って成長していく姿を描く。

物語は、故郷である茨城を舞台とした物語と、東京を舞台とした物語に分かれており、2017年4月3日~9月30日放送予定。全156回。

情報:NHK
モデルプレス
http://news.livedoor.com/article/detail/12886394/
2017年4月3日 17時56分 モデルプレス

no title

【有村架純、ブレイク前の辛かった時期「深夜2時まで反省会」】の続きを読む




このページのトップヘ