月9

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 07:21:19.01 ID:CAP_USER9
 23日に放送された月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の第1話が、平均視聴率が8.5%を記録した。西内まりや、flumpoolのボーカル・山村隆太というミュージシャン同士の共演でも話題を集めたが、結果は初回のワースト視聴率を更新する惨敗となった。「月9離れ」が叫ばれるなか、改めて考えてみたい。月9は本当につまらなくなったのだろうか。視聴率低迷の背景とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが迫る。

 * * *
 現在、3作連続で平均視聴率8%台であり、初回視聴率も2作連続でワースト更新したほか、今期は放送前に「主演俳優が出演取り止め」という報道が流れるなど、月9を取りまくムードはネガティブ一色。近年、何度も巻き起こっている「打ち切り」の噂が再燃しています。

 ネット上には、放送前から「絶対につまらない」「キャスティングがおかしい」とケチをつけるコメントが飛び交い、放送後には「脚本がありえない」「演技がヘタすぎる」などの辛らつな声であふれていました。『突然ですが、明日結婚します』は、そこまでひどい作品なのでしょうか?

 その答えはノー。「なぜそこまで結婚したいのか? 結婚したくないのか?」というキャラクター背景に物足りなさこそありますが、ヒロインの感情を丁寧に描いたオーソドックスなラブストーリーとしての魅力を備えています。また、並木道子監督の繊細で美しい映像は見応えがあり、好意的な声も多かったのが事実。“ながら見”ではなく、色眼鏡を捨てて、自然な目で見た人に酷評されるレベルではありませんでした。

 月9の不振が叫ばれるのも、最盛期との落差や、視聴率に限っての話。TVerでの見逃し配信視聴数やツイッターなどのコメント数は常に上位ですし、録画視聴率も低くありません。それでも「月9は終わった」とまで言われてしまう理由は、「視聴ターゲットの世代交代」と「“嫌フジテレビ”の人々が生む途方もないパワー」の2点。

 ここ2年間、月9は『恋仲』『5→9~私に恋したお坊さん~』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『好きな人がいること』など、主に20代男女の恋愛を描いてきました。中高年層をターゲットにしたテレビ朝日のドラマとは対極であり、TBSや日本テレビも大半が30~40代中心で、月9のようなミドルティーンから20代をターゲットにした作品は深夜しか放送しません。

 その理由は、ミドルティーンから20代は、スマホやパソコンの優先度が高い上に、テレビ番組もTVerや録画視聴が多く、視聴率に直結しにくいから。ただ、今の段階から若年層をつかまえておかなければ10~20年後のテレビ業界が危ういだけに、月9の果たしている役割は少なくないのです。

 しかし、現在放送されているミドルティーンから20代向けの月9を見て、かつて月9を見て育ってきた30~50代が「最近の月9は……」と嘆きたくなる気持ちも理解できます。今回の『突然ですが、明日結婚します』も、30~50代からの酷評が目立つ一方、「夢を追うよりも現実としての結婚」を望む人の多い若年層女性からの評判は決して悪くありません。

 そして、月9関係者にとって最もやっかいなのは、“嫌フジテレビ”の人々が行うネガティブキャンペーン。彼らは「フジ」という言葉を見ると「番組を見てもないのに叩く」という行動が習慣化され、なかでも同局の象徴である月9は最高の標的となっています。

 事態を悪化させているのは、メディアがそれを後押ししていること。実際、私が交流のある複数の大手メディア編集者も、「フジテレビのネガティブな記事を書くとページビューが上がるから、思わずやってしまう」と話していたように、内容の良し悪しに関係なく「月9、低視聴率」「月9、打ち切りへ」と書きたい人が多いのです。

>>2以降に続きます

2017.01.30 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170130_487730.html?PAGE=1
no title

【月9、視聴率惨敗の背景 「嫌フジテレビ」が影響との指摘も】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 05:26:14.25 ID:CAP_USER9
「みなさまにご報告です。私、西内まりやは『突然ですが、明日結婚します』というタイトルのドラマで主演を務めさせていただくことになりました」

 モデル、女優、歌手とマルチな活躍で知られる西内まりや(23)は満面笑みを浮かべ、体育会系のノリであいさつ。月9ドラマ初出演にして初主演に喜びを爆発させる。

 23日スタートのフジテレビ系月9「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・0、初回15分拡大)。西内が、人気ロックバンド、flumpoolのイケメンボーカルで、俳優デビューを飾る山村隆太(32)とともに、リアルな「結婚観」をテーマにしたラブストーリーを紡ぐ。

 「夢は専業主婦になること」という大手銀行OL、高梨あすか役の西内は「私自身、結婚はまだ先だと思っているが、主人公と同じように実生活でも母を見て育ったので、母があこがれ。家庭を守り、温かい家庭を作りたいと感じている」と語る。

 月9という響きに対しては「小さい頃から特別感があり、一つの目標でもあった。やるからには自分にできることをしたい、いい作品を作りたい、全力で向き合いたい。あすかを通してパワーや元気を届けたい」と初々しい。

 そんな“元気印”西内と以前音楽番組で顔を合わせている山村は「初めてその歌声を聴かせてもらったときの印象は、実直で真面目で芯が通っていて努力家。だから役のあすかにぴったりだと思った。歌声で表現している者同士が芝居できるということも純粋にうれしかった」と話す。

 物語は“早く結婚して専業主婦になりたい女”と“絶対に結婚したくない男”の掛け合いとなるが、価値観の真逆の2人がどうひかれ合っていくのか。「胸キュンやコミカルなシーンもお楽しみに」と西内は期待を持たせる。実生活での母からの影響はかなり大きいようで、再度「母は専業主婦として365日働いていた。自分にはまだまだできないなと思う」と付け加えていた。

 一方の山村は「僕は結婚しているし、演じる名波竜とは違って結婚を肯定。男女の価値観のすれ違いも望むところまで模索していくものが結婚だと思っている。また、つらいときに守ってくれる人がいることの大切さ、家にいてくれる家族の象徴は大事。けれど、男性の目線として女性を守らなければならないというプレッシャーがあるのも理解できる」と説明する。

 キャスティングした同局の後藤博幸プロデューサーは「西内さんは月9ヒロインとして新しい時代を予感させるという意味でもビジュアル、お芝居、存在感など全てにおいて充分すぎる華がある」、また山村については「今回は攻めの姿勢で臨みたいと思っていたところ、山村さんがお芝居に興味ありという噂を耳にし、そのボイスとキラースマイル、そして独特の色気にかけてみたいと強く思いオファーさせていただいた」とした。

 美男美女が織り成す王道のラブストーリーに期待は高まる。出演は中村アン、葉山奨之、鍵本輝(Lead)、加藤諒、石野真子、杉本哲太、沢村一樹ら。


・月9初主演の西内まりや。右はflumpoolの山村隆太(フジテレビ提供)
no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170121/geo17012105030002-n1.html

【西内まりや月9初主演 「結婚はまだ先だけど、温かい家庭を作りたい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:05:29.09 ID:CAP_USER9
 元日本テレビのアイドルアナで現在はフリーアナとして活躍中の夏目三久(32)が、悲願の女優活動を本格始動させるという。ナント、いきなりフジテレビの月9ドラマでヒロインデビューする可能性が浮上している。
 「フジが自棄のヤンパチになったこともあるが、本音を言うと、旬の女優は誰もフジの月9に出てくれないのが現状なんです。理由は、視聴率シングルで大コケするのが明らかだから。そんな状況下、隙間を縫うように名前が挙がったのが夏目ですよ。確かに女優としての経験はまだまだだが、可能性は未知数です。もしかしたら、ものスゴく演技が上手かもしれない。いずれにせよ、話題になればいいんです。少しでもメディアに取り上げられれば、視聴率が上がる。今のフジに一番、足りないところですからね」(芸能プロ関係者)

 確かに話題性だけに限っていえば、夏目の月9ヒロイン起用は及第点。だが、なぜ突然、夏目なのか!? その背景に垣間見えるのが、芸能界に付き物の大人の事情だという。
 「夏目を起用することで、同じ事務所の堺雅人を囲い込みたいんです。堺はTBSの再三再四に渡る『半沢直樹』続編のオファーを蹴ってしまった。そのため、今年の連ドラ出演は一切、白紙状態なんです。そんな状況下、フジは高視聴率をゲットした『リーガルハイ』の続編を制作したい。仮に同作がダメでも、堺で新作ができればいい。そのためだったら、月9のヒロインを、女優ド素人の夏目にだって易々と売り渡すということです」(ドラマ関係者)

 となれば、気になるのが出演料だ。大人の事情ということで、夏目のデビュー作のギャラは低めに設定されているかと思いきや…。
 「それが何とも強気の1本120万円~。夏目のキャリアだったら1本20万円~でも御の字なんです。堺サマサマでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 濡れ場も求められる?

2017年01月17日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/0030755/
no title

【大人の事情が絡み合う夏目三久の月9女優デビュー】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 12:28:52.28 ID:CAP_USER9
西内まりやが主演する月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の公式ツイッターにて16日、第1話の予告編をユーチューブで公開されたことが発表された。解禁となた映像では、西内と共演のflumpooの山村隆太のキスシーンも映し出された。

 本作は、『プチコミック』(小学館)で連載中の同名コミックを原作に、「専業主婦になりたい女」と「絶対に結婚したくない男」が繰り広げるラブストーリー。

 銀行員の高梨あすか(西内)の夢は、結婚して専業主婦になること。5年付き合っている恋人からのプロポーズを期待していたものの、別れ話をされてしまった。そんな中、あすかは同僚たちと出席した結婚式でテレビアナウンサーの名波竜(山村)と出会う。共演には、山崎育三郎、中村アン、葉山奨之、加藤諒、杉本哲太、沢村一樹らが名を連ねる。

 予告動画は、あすかの「絶対結婚したいです!」という一言から始まる。そして、ランニングをしながらの婚活パーティーに参加するあすか、名波から腕を引き寄せられキスするあすかの姿が矢継ぎ早に映される。その後、あすかは名波に「幸せになりたい人の気持ちを笑うなんて最低です」と言い放ち…。二人の関係がどう展開していくのか、期待が高まる映像となっている。

 『突然ですが、明日結婚します』は、フジテレビ系にて1月23日より毎週月曜21時より放送(初回15分拡大)。

引用:https://twitter.com/totsuzen_fuji/media


no title



 
http://www.crank-in.net/entertainment/news/47648


∥動画∥
【公式】『突然ですが、明日結婚します』第1話超キュート予告!フジテレビ番組動画
https://www.youtube.com/watch?v=GFianRK9frk


【西内まりや、flumpool山村隆太といきなりキス! 月9ドラマ予告映像解禁】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 14:43:22.82 ID:CAP_USER9
 凋落が止まらないフジテレビの“月9ドラマ”。1月から放送開始の西内まりや(23)が主演する『突然ですが、明日結婚します』も大爆死が予想され、ついに、“月9”枠自体の3月いっぱいでの打ち切り情報が流れ始めている。

 “月9”は1987年から本格的にスタートし、『東京ラブストーリー』などのトレンディードラマや松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』、木村拓哉主演の『HERO』などで高視聴率を記録した。
 「しかし、2014年の『極悪がんぼ』(尾野真千子主演)が全話平均視聴率で10%を割ってからは急降下。昨年春の福山雅治主演の『ラヴソング』で挽回すると期待されましたが、全話平均8.43%という結果に終わったんです」(ドラマ関係者)

 さらに、10月から放送された山田涼介(Hey!Say!JUMP)と桐谷健太が共演の『カインとアベル』も、全話平均8.2%と惨憺たる数字だった。
 「フジは『カインとアベル』がスタートする前、1月期での月9挽回を狙い、竹野内豊を口説いていた。しかし、竹野内サイドが企画や脚本が面白くないという理由で断ったんです。本音は、福山のように“負の連鎖”に巻き込まれたくないということですよ」(フジ関係者)

 これにより、「竹野内が主演なら」という条件で出演を内諾していた瑛太も固辞。スタッフは完全に戦意喪失状態に陥ったという。
 「結局、竹野内に代わって西内が主演を務めることになったのですが、実績を見る限りヒットする材料が見つからない。西内は一昨年、いきなりTBSのドラマ『ホテルコンシェルジュ』で初主演を務めましたが、全話平均7.9%と最悪でした」(前出・ドラマ関係者)

 さらに、昨年10月に公開された初主演映画『CUTIE HONEY-TEARS-』も大惨敗している。
 「公開2週目で、すでにどこで上映しているか見つからないほど客が入らなかった。その西内が10%以上の視聴率を稼げるとはとても思えない。そのため、『突然ですが、明日結婚します』を最後に、月9枠の撤廃まで囁かれているんです」(同)

 これも時代の流れか。

2017年01月15日 12時00分
http://wjn.jp/article/detail/3568588/
no title

【“フジ月9”枠3月終了か 西内まりや主演ドラマも大コケ】の続きを読む




このページのトップヘ