映画

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 09:56:40.75 ID:CAP_USER9
元乃木坂46・畠中清羅の初主演映画『華うつろ 花は咲く』が3日、東京・秋葉原で開催中の「第2回 秋葉原映画祭2017」でプレミア上映され、畠中らキャスト陣と山本曉監督が舞台挨拶を行った。

演技に対して苦手意識を抱えていたという畠中は、クランクインの前にキャストと監督で行ったワークショップで号泣したという。
「一番最初にワークショップをやった時、演技が苦手すぎて号泣して、監督にすごい当たっちゃったんですよ。すごいひどいこと言ったり」と告白すると、
山本監督は「僕も泣きそうになりました」と苦笑い。
畠中は「そういうことがいろいろあったんですけど、撮影していく中で監督の支えもあって、無事成功・・・成功したのかわからないんですけど、まあ成功したと思うので」と笑いを誘いつつ、
「本当に感謝してます。ありがとうございます」と映画が完成した今だから言える秘話を明かした。
乃木坂46に所属していた頃から“天然”な一面でファンに愛された畠中。
舞台挨拶の冒頭では、本作について「2016年の頭くらいにたぶん撮影したと思う」と言い、山本監督から「撮影は秋ですね」とツッコまれる一幕もあり、和やかな舞台挨拶となった。

本作は、ある日のライブ中に倒れてしまった鳴かず飛ばずの地下アイドル・影山ひなたが、自分にとって大切な何かを探し求めて奮闘する姿を描く物語。
クラウドファンディングで資金を募り、製作された。
舞台挨拶で畠中は「目標金額が高くて、すごく難しい企画だったんですけど、無事ファンの皆さんに助けられて撮ることができました。ありがとうございます」と支援者に感謝を伝えた。

http://tokyopopline.com/archives/81389

畠中清羅 初主演映画『華うつろ 花は咲く』舞台挨拶
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

元乃木坂46 畠中清羅
no title

no title

no title

【元乃木坂46畠中清羅、“初主演”映画がプレミア上映 号泣エピソード告白「演技が苦手すぎて…」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 08:44:34.88 ID:CAP_USER9
女優の松岡茉優(22)が、『蹴りたい背中』などで知られる綿矢りさ氏の小説を実写化した『勝手にふるえてろ』(2017年公開)で映画初主演を務めることが13日、わかった。
24歳まで恋愛経験ゼロの主人公が繰り広げるコメディー。
松岡は「大胆でファニーなアレンジにわくわくしました」と映画化ならではの魅力を伝え、
「たくさんの人の肩を叩けますように。たくさんの人が人を愛おしく見つめてくれますように」と願いを込めた。

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期の「ニ」と中学時代からの片思いの相手「イチ」。
人生初の告白にテンションがあがるも、いまいちニとの関係に乗り切れないヨシカ(松岡)。
「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。
ついに再会の日が訪れるのだが…。
“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”、同時進行で進む2つの恋の行方は?

原作者の綿矢氏は「気取った恋愛は書かないぞと決めて書き出した本作。情けなくも自分の信じるロマンに身も心も没頭する主人公が脚本にも受け継がれていてうれしかった。映画撮影にもお邪魔したが、リアリティーと遊び心が絶妙に混ざりあった作品作りの雰囲気が伝わってきた」とコメントを寄せた。

メガホンをとるのは、『恋するマドリ』(07年)、『でーれーガールズ』(15年)などの大九明子監督。
コメディエンヌとしての新たな才能を開花させた松岡を「彼女が18歳で出会った時から完璧に、『松岡茉優』でした。わたくしすっかり甘えております。松岡さんとは3本目。無茶な脚本を渡しても一緒に闘ってくれるという安心感もありました」と信頼。
「ヨシカは自分だ、と、ある特定数の女たちは思ってくれると信じています。40代の私の中にもいつも、遠慮がちにヨシカがいます。ヨシカ的な人たちにとって、大事な映画になってくれたらうれしいです」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000362-oric-ent

「勝手にふるえてろ」松岡茉優
no title

松岡茉優
no title

【OL役で映画初主演 綿矢りさ原作『勝手にふるえてろ』】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 04:45:19.05 ID:CAP_USER9
モデルで女優の池田エライザさんが、人気少女マンガを実写化する「一礼して、キス」(古澤健監督、今秋公開予定)で、映画初主演を務めることが13日、明らかになった。高校の弓道部の先輩女子と後輩男子の胸キュンラブストーリーで、池田さんは弓道に打ち込む女子高生・岸本杏役。杏に恋する後輩・三神曜太役は、特撮ドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」のジュウオウイーグル/風切大和を演じた俳優集団「D-BOYS」の中尾暢樹さんが務める。

 映画は加賀やっこさんの同名マンガ(小学館『ベツコミフラワーコミックス』)が原作。6年間弓道に打ち込んでいた高校3年生の岸本杏(池田さん)は次期部長に、練習をほとんどしないものの大会で優勝してしまう後輩・三神曜太(中尾さん)を指名するが、三神は杏にあるお願いをする……という展開で、杏の弓道をする姿に恋をした曜太のひたすらに一途な片思いが描かれる。

 池田さんと中尾さんはクランクインの2カ月前から弓道の稽古(けいこ)を積んで撮影に臨んだといい、古澤監督は「成果が撮影現場で存分に発揮されています。また稽古を通じて2人の距離感もすっかり杏と三神になっており、2人の自然な演技に日々魅了されています」と手応えを明かしている。


・映画「一礼して、キス」に出演する池田エライザさん(右)と中尾暢樹さん(C)2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」制作委員会
no title

no title

http://mantan-web.jp/2017/03/13/20170312dog00m200031000c.html

【池田エライザ 映画初主演で弓道女子に 「一礼して、キス」実写化で胸キュン恋愛】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 12:33:24.41 ID:CAP_USER9
「平成ガメラ」シリーズ、「デスノート」前後編など話題作を手がけてきた金子修介監督の最新映画「リンキング・ラブ」がクランクアップ。
金子監督および主演の田野優花(AKB48)のコメントと、場面写真・メイキング写真が公開された。

同名のネット小説を実写映画化。
主人公・美唯はアイドルに憧れていた女子大生。
両親が大喧嘩をしたある日、美唯の前に現れたのは魔法のランプから飛び出してきた守護神だった――。

バブル末期の1991年にタイムスリップした女子大生が、両親と自分の未来のためにアイドルグループを結成して奮闘!? 
2017年最強のガールズパワームービーの登場だ。

主演は、唯一無二の存在感とダンスを武器に、ミュージカルにも活動の幅を広げているAKB48の田野優花。
そのほかに、女優・ファッションモデルとしての活動だけでなく「LIFE!?人生に捧げるコント?」(NHK)でコントにも挑戦するなど幅広い才能を見せる石橋杏奈、ミュージカル「テニスの王子様」でデビューして以来注目度上昇中のイケメン俳優・白洲迅ら、
今話題のフレッシュな俳優に加えて、中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、木下隆行、大倉孝二、渡辺徹、西村雅彦ら個性豊かな実力派俳優が脇を固める。

1月21日にクランクインした本作が、約1ヵ月の撮影を終え、無事にクランクアップ。
2017年からバブル末期にタイムスリップした主人公・美唯が、女子大生である母親やその友人たちと、アイドルグループ“ASG16”を結成。
田野優花、石橋杏奈をはじめ、益田恵梨菜、樋井明日香、未浜杏梨、長谷川眞優、眞島優、佐々木しほらフレッシュな女優が顔を揃えたASGメンバーは、クランクイン前から約2ヵ月、共にダンスなどの練習に励み、チームワークを育みながら撮影に挑んだ。

グループをまとめる主演の田野優花は、本作が念願の映画初主演作。
金子監督は「小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた」と、その思い切った演技を大絶賛。
脇を固める個性豊かな俳優陣との息もぴったりで、先日20歳の誕生日を迎えたばかりの田野優花の新境地を感じさせる初主演映画となった。

田野優花(AKB48)コメント
今回、初映画、そして主演をやらせていただきました、真塩美唯役のAKB48田野優花です。
このお話をいただいた時、こんなに経験豊かなキャストさんの中で、主演というのは大丈夫なのだろうかと不安はありましたが、みなさんに支えていただきながら、無事撮影を終えられました。
コメディ要素はもちろんありますが、美唯から出てくる言葉で、すごく考えさせられる台詞がいくつもあるので、観ていただくみなさんの心に届いてほしいなと思います。ぜひ映画館でご覧下さい。

金子修介 コメント
26年前に自分で撮った「就職戦線異状無し」のバブリーな世界を再現してみると、その能天気ぶりに笑えるが、田野ちゃんのウケ方が上手で更に2倍笑える。
田野優花、可愛くて面白い。小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた。
映画では彼女はAKBに落ちたという設定だ。その彼女が何故26年前にAKBのようなグループを作るのか、見て下さい、納得出来ます。
バラバラだった16人のガールズがひとつに結集してゆく青春は、ウソであっても胸打たれ、今を生きるアイドルたちに敬意を抱くことでありましょう。僕がそうでした。
これは一つのアイドル讃歌。石橋杏奈もこんなに可愛くハートを射抜く。白洲迅の懸命なイケメンオタクぶりにも注目下さい。そしてガールズにも。

映画情報
「リンキング・ラブ」
2017年公開予定
監督:金子修介
原作:萩島宏「Linking Love」
出演:田野優花(AKB48)、石橋杏奈、白洲迅、中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、木下隆行、大倉孝二、渡辺徹、西村雅彦
配給:BS-TBS

http://www.m-on-music.jp/0000191329/

「リンキング・ラブ」で映画初主演 田野優花
no title

no title

AKB48 田野優花
no title

no title

【【AKB48】田野優花、念願の映画初主演 金子修介監督が大絶賛!「小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:30:09.99 ID:CAP_USER9
 女優の松井玲奈さんが4日、愛知県豊橋市で開催中の映画祭「ええじゃないかとよはし映画祭」(同実行委員会主催)で上映された主演映画「gift」(宮岡太郎監督、2014年)のアフタートークにゲストとして登場した。松井さんは「きょう発表になったんですが、6月10日に公開される映画『めがみさま』で新川優愛ちゃんとダブル主演することが決まりまして、もう撮影は全部終わっています」と笑顔で報告。集まったファンから大きな拍手を浴びていた。

 この日は同映画祭のプロデューサーを務める、同市出身の森谷雄監督が司会を務め、「女優・松井玲奈」をテーマにトークを行った。

 同市出身の松井さんは冒頭、「地元で、自分が初主演した映画をかけて(上映して)もらえるのは、すごくうれしいこと」とあいさつ。子供の頃から「演じたいという気持ちが強かった」と振り返った。高校時代は、演劇部に所属しながら、演出、照明、音響などを担当していたといい、「ドラマや映画を見ていると、カット割りがめっちゃ気になって」と告白。「できるだけフラットな気持ちで見ないとダメだなと(思います)。一つ一つが勉強なので、映画祭を楽しんでいます」と語った。

 さらに「映画が好きなので、いろいろな映画に出演できるように(なりたい)。今度、映画祭が開かれたときは、その映画を“持って”帰ってこられるようになれたら」と、早くも同映画祭の次回開催に向けて期待と意気込みを語り、観客から拍手を浴びていた。

 映画祭は、豊橋市の市制施行110周年記念の一環で、今年初めて開催され、同市や同県にゆかりのある23作品を上映。松井さんはアンバサダー、園子温監督がディレクターを務めている。クロージング作品は、堤幸彦監督(名古屋市出身)の「真田十勇士」。出演者や監督らが出席する舞台あいさつ、トークショー、パネルディスカッションなども行われている。5日まで。

2017年03月04日
http://mantan-web.jp/2017/03/04/20170304dog00m200037000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【松井玲奈 新川優愛とのダブル主演映画をファンに生報告 「第2回とよはし映画祭」を早くも期待】の続きを読む




このページのトップヘ