新人

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 14:09:59.20 ID:CAP_USER9
 10日に公開されたディズニーの最新劇場版アニメーション「モアナと伝説の海」(ロン・クレメンツ監督、ジョン・マスカー監督)で主人公のモアナの吹き替えを担当している屋比久知奈(やびく・ともな)さん。沖縄出身の22歳で、今回、ディズニーのヒロイン役では、史上最大規模のオーディションで選ばれた新人だ。最大の魅力は、新しい世界へ飛び出していくモアナの心情を表現した力強く伸びやかな歌声。約2年前に本格的な歌のレッスンを始め、公務員試験を受けようと考えたときもあるという屋比久さんに話を聞いた。

 ◇コンテスト出場から道開ける 「縁と幸運がたくさん」

 屋比久さんは1994年6月6日生まれ。身長153センチ。特技は、4歳から習っているクラシックバレエと、TOEIC915点の実力を持つ英会話。2016年5月にミュージカルのメッカ、帝国劇場で開催されたミュージカルの楽曲を歌うコンテスト「集まれ! ミュージカルのど自慢」のグランドファイナルで最優秀賞を受賞したことをきっかけに、現在の芸能事務所に所属して「モアナと伝説の海」のオーディションに挑戦。見事、モアナ役を射止めた。

 「元々、歌がずっと好きだった」という屋比久さん。「ミュージカルの世界を意識してレッスンを受け始めたのが2年前ぐらい」というから驚きだ。コンテストへの出場から道が開け、今回の映画の公開までを「あっという間の出来事。(コンテストの)福岡予選に出場したことさえも夢のようなことでした。まして賞もいただくことができて、こうやって今につながった。いろいろな縁と幸運をたくさんいただけていると感じます」と自らの“運命”に感激している。

 ◇モアナ役の歌とせりふ「悔しさも楽しさも」

 初めてのアフレコは「正直、すごく大変でした。自分の力不足をたくさん感じて、歌とせりふは、どちらも違った難しさがありました」という。

 「一つ一つのせりふに対して、監督の方々が丁寧に指導や、アドバイスをくださったので、学びながら、モアナと一緒に成長したいと思いながら収録をすることができました。歌は、自分の思いで気持ちよく歌ってしまうと、絵と合わない部分が出てしまうので、(歌を)絵に合わせていくという、今までとは少し違った表現を求められるというところがあって面白かったです」と話し、「悔しさも持ちつつ、楽しみながらできたかな」と振り返る。

 また、モアナの祖母・タラおばあちゃんが「亡くなったおばあちゃんに背格好もキャラクターも似ていて。ちょっと変わったおばあちゃんだったんです」とにっこり。「私も(モアナと同じ)おばあちゃん子。強さと包み込んでくれるような優しさがあって、そこがすごくリンクして(2人のシーンは自分の)おばあちゃんに話しているような気持ちになって演じることができました」と笑顔で語った。

>>2以降に続きます

2017年03月20日
http://mantan-web.jp/2017/03/20/20170319dog00m200028000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【モアナと伝説の海 モアナ役の新人・屋比久知奈 歌を始めたのは2年前「公務員試験受けようかと…」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 11:48:17.35 ID:CAP_USER9
 日曜早朝にフジテレビ系で放送されているアニメ「GO!GO!チャギントン」で3月7日の放送から「5代目チャギントンナビゲーター」を務めることが発表されたのは新人の鈴木唯アナである。

 これまで同番組のナビゲーターは加藤綾子、生田竜聖アナ、宮澤智アナ、宮司愛海アナが担当しており、近年、同局の人気アナウンサーの登竜門となっている。

 昨年4月に入社した鈴木アナの素質をフジの社員は絶賛する。

「間違いなく『歴代最高クラス』の逸材。八木亜希子、中野美奈子、加藤綾子といったウチのレジェンドと比べても負けていないんじゃないでしょうか。アナウンス技術の向上が着実なのはもちろん、とにかく華がある。フリートークも熱が入っていて魅力的なんですよ。看板アナとして今後10年20年、大活躍を期待しています」

 そうべた褒めする一方で、この社員は、次のような不安も口にする。

「実は彼女をめぐって、局内でモメごとも生じているんですよ。バラエティ路線で育てるか、報道路線で育てるか、ウチのおエライさんの中で意見が真っ二つに分かれているんです。それだけの逸材ということですけどね」

 局幹部を悩ませる「歴代最高」アナの動向が楽しみである。

(白川健一)

2017年2月26日 09:59
http://www.asagei.com/76154

写真
no title

【<フジテレビ>加藤綾子を超える歴代最高の逸材!新人アナの方向性をめぐり局内が大モメ!?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 07:11:08.27 ID:CAP_USER9
今春フジテレビに入社した永尾亜子アナウンサー(22)の初レギュラー番組が、10月3日からリニューアルされる「みんなのニュース」に決まった。
事件・政治などを扱う「ニュースゾーン」を先輩・椿原慶子アナ(30)とともに担当。サブキャスターとしてスタジオや現場を飛び回る。

長崎・五島列島出身の女性アナ。「緊張した時になまりや方言が出るのが悩み」といい「先日も天気予報を読んだ時に“雨がやむ”が“病む”の発音になったんです」と苦笑い。
「そういった課題をひとつずつ克服して、将来的には信頼感があるアナウンサーになりたい」と意気込んでいる。

番組は開始時間が午後4時50分になる。伊藤利尋アナ(44)が引き続きメインキャスターを務め、
生野陽子アナ(32)と内田嶺衣奈アナ(26)がスポーツ・文化などを伝える「ハッピーゾーン」を担当する。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/27/kiji/K20160927013430690.html
2016年9月27日 06:45

no title

no title

no title

no title

no title

【フジ新人・永尾アナ10・3「みんなのニュース」で初レギュラー】の続きを読む




このページのトップヘ