指原莉乃

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:58:46.67 ID:CAP_USER9
女性アイドルグループとして一世を風靡したAKB48も、今やマスコミの間では「衰退が著しい」とささやかれ、逆に「勢いが増している」といわれているのが“公式ライバルグループ”の乃木坂46。しかし、この現実を受け入れられないAKBメンバーもいるようで、現場からも不穏な声が相次いでいるのだという。

「HKT48を牽引する指原莉乃は、AKBでも活躍した古参のメンバーで、バラエティでも活躍しているので、マスコミもその発言には今でも注目している。しかし、たとえばHKTやAKBのイベントに指原がいない場合、同じ日に乃木坂の取材などがあれば、マスコミはほとんど乃木坂に流れてしまう。乃木坂には生駒里奈や、白石麻衣など、人気メンバーがいますからね」(音楽誌ライター)

 指原個人には注目が集まるものの、グループとしては乃木坂のほうが話題性があるということか。しかし、そんな現実に指原は納得がいないようだ。

「昨年7月の『2016 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)で、48グループと46グループがコラボした際、視聴者投票によって欅坂46の『サイレントマジョリティー』が披露されたのですが、のちに一部週刊誌で、指原が『新入りの曲なんて歌えるか!』と激怒していたことが報じられました。
たしかに欅坂はデビューしたばかりでしたが、それ以上に“乃木坂の後輩グループ”という部分が気に入らなかったようで、舞台裏では関係者たちが指原をなだめるために“てんやわんや”していました」(芸能事務所関係者)

 しかし、48グループの誇りのために乃木坂を敵視している指原はまだしも、完全に個人的な感情でスタッフを困らせているメンバーもいるという。

「まもなくグループを卒業する小嶋陽菜です。小嶋は、今年2月22日に卒業コンサートを開催しましたが、実は同日、乃木坂もCDデビュー5周年コンサートのファイナルを行っていて、そこで17枚目のシングル『インフルエンサー』が3月22日にリリースされることを発表しました。このことを事前に知った小嶋は、メディアの注目が乃木坂に向くことを阻止すべくスタッフに働きかけ、スタッフから『乃木坂のニュースは取り上げないでほしい』などと各社に連絡が入ったのです」(同)

 スタッフサイドやマスコミも、卒業前の小嶋に花を持たせるためにこの要望に従い、結果的に翌日の一般メディアでは、乃木坂についてまったくといっていいほど触れられなかった。4月にはソロに転身する小嶋だが、最後くらいはせめて後輩たちのお手本になるように努めてほしいものだ。「AKB vs. 乃木坂」の構図は、今後さらに激化していくのだろうか。

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18304.html

no title

【AKBの指原莉乃と小嶋陽菜、乃木坂に人気越され「見苦しい&姑息な」乃木坂潰し】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 10:12:17.60 ID:CAP_USER9
先ごろSTU48の劇場支配人兼メンバーになるという“人事”が発表された指原莉乃さん(24)。
AKB48グループ有力メンバーの卒業が相次ぐなか、八面六臂の活躍を続けています。
MC目線で彼女を見た時に感じるのは「瞬発力」があることです。
僕自身はMCとして仕事をご一緒したことはありませんが、客観的に見て、“器の大きさ”を感じます。

AKB48がブレークする前から番組を手がけていた毛利プロデューサーから聞いたエピソードを一つ披露したいと思います。

劇場イベントの打ち上げの席で、指原さんが彼に「私は“ヲタ芸”が得意なので、なんかあったらぜひ使ってくださいね」と話しかけてきた。
「スタッフに直談判するなんて、面白い子だなあ」と印象に残っていたそうです。
その後、すぐに生かせる機会が生まれました。
企画会議でメンバーの得意技を披露する企画があったので、指原さんのことを思い出して、ヲタ芸をやってもらった。
ヲタ芸とは、アイドルを応援するオタクたちの独特の踊り。
つまり、自分たちのファンの真似をするという意味で「自分を客観視」できる人でもあるのです。

そういう押しの強さも含めて、彼女は「セルフプロデュース能力」が高い、というのが毛利プロデューサーの評価でした。
それは、ブログでも発揮されました。
「指原クオリティー」という、タイトルもさることながら、その文章に光るものがあって、秋元康さんが「これからは指原を推すから」とスタッフに言ったそうです。
それを聞いた周りのスタッフは、「冗談だろう」と半信半疑だったそうですが、その後の活躍は皆さんも知っての通りです。
多少のスキャンダルをものともしない、しなやかでしたたかなのが指原さんなのではないでしょうか?

僕自身も新しい番組のMCの候補には、いつのまにか彼女の名前を挙げることが多くなっていました。

他にも周りを振り回しつつ、自分のペースに巻き込むのが上手です。
観察力にも優れているので、人の懐に入るのがうまい。
彼女の「逆転力」という著書に、「偉いおじさんとのコミュニケーションの仕方」が書かれています。

そこには2種類の人がいて「すごく偉い人」と「ちょっと偉い人」によって対応を分けているそうです。
一見したたかに見えるその対応は本人のセルフプロデュース力のなせる業かと思います。
24歳にしてそれを身に付けている指原さん。
セルフプロデュースを超えてAKBグループのなかでも偉大なMCへの道を着実に歩んでいるように思います。

▼三枝孝臣(さえぐさ たかおみ)
1966年東京都生まれ。
89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。
2015年に日本テレビを退社。
近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000010-nkgendai-ent

HKT48 指原莉乃

no title
no title

no title

no title



【【HKT48】指原莉乃に見た「偉大なるMC」の片鱗 元日テレ敏腕Pが語る「“器の大きさ”を感じます」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 13:43:19.02 ID:CAP_USER9
6日、都内でフジテレビの4月改編記者発表が行われ、新番組が発表された。

フジテレビでは4月16日25時25分より新バラエティ番組「SML」(仮)をスタートさせる。
HKT48の指原莉乃が、リリー・フランキーを先導役に、真夜中に2人ぼっちのオール深夜ロケを敢行。
知られざる深夜の生態をのぞくロードムービー的ドキュメンタリー・バラエティとなる。

タイトル「SML」は「指原ミッドナイトリリーの略」とタイトルの説明をした同局編成局次長の宮道治朗氏は「深夜ならではのかなりチャレンジングな企画を展開していく」と意気込んだ。

◆深夜は若年層ターゲットに振り切る

「22時以降は若年層をターゲット」と振り切った姿勢を見せたフジテレビ。
深夜枠では「SML」ほか「ネタパレ」(金曜23時30分~)「新しい波24」(月曜24時25分~)「もろもろのハナシ」(水曜24時25分~)「セブンルール」(仮・火曜23時~)「LOVE Music」(日曜24時30分~)と新番組がスタートするが、
宮道氏は「意欲作をラインナップ出来た。ここでしっかりフジらしさを視聴者へ届けたい。視聴率でも内容でも『やっぱりフジは面白い』と思って頂けるよう誠心誠意頑張っていく」と語った。

http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1668613/

HKT48 指原莉乃
no title

no title

no title

no title

【【HKT48】指原莉乃、「新番組」決定 リリー・フランキーと2人ぼっちで“深夜の生態”に迫る】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 23:13:54.43 ID:CAP_USER9
HKT48の劇場支配人兼メンバーの指原莉乃が、今夏発足する国内6組目の姉妹グループ・STU48(瀬戸内48)の劇場支配人兼メンバー(HKT48と兼任)に、就任することが発表された。
これを受け、指原の「多忙すぎる」活動に注目が集まっている。

◆指原莉乃、肩書きの量がすごいことに!

STU48は、山口・広島・岡山・兵庫・徳島・香川・愛媛の瀬戸内7県を舞台にした船上劇場を本拠地として活動予定で、1期生は現在審査中。
指原は同じくSTU48を兼任することを発表したAKB48の岡田奈々らが出演したラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、毎週水曜深夜1時~3時)に電話出演。
「口だけで色々言っても一緒に汗をかかないと分からないと思うので。一緒にSTUを盛り上げようと思っております」とまず劇場支配人のオファーを受け、自らメンバーとしての兼任を打診したことを明かした。

指原は先月末、自身がプロデューサーを務める代々木アニメーション学院にて「声優アイドル」グループを結成すべく、オーディションを開催することを発表したばかり。
もちろん普段はAKB48グループ選抜メンバーとしての活動も多く、
今回の発表を受け、肩書きだけでも「AKB48グループ選抜メンバー」「HKT48劇場劇場支配人兼メンバー」「STU48劇場支配人兼メンバー」「声優アイドルプロデューサー」と他に類を見ない量となる。

また、現在「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)、「さしこく~サシで告白する勇気をあなたに~」(フジテレビ系)、「HKT48のおでかけ!」(TBS系)などでMCを担当。
このほか、「ワイドナショー」(フジテレビ系)、「痛快TV スカッとジャパン」(同局系)、「優しい人なら解ける クイズやさしいね」(同局系)、「この差ってなんですか?」(TBS系)、「有吉反省会」(日本テレビ系)など、人気バラエティ番組にも不定期出演しており、
この目まぐるしい活躍ぶりには、AKB48グループファンからも「驚愕」「指原多忙すぎるでしょ!!」「肩書きの量が半端ない!すご!」と驚きの声が殺到。
「今でさえ忙しいのにどんだけ激務なの」「さすがに心配になるよー」「きっと莉乃ちゃんのことだから大丈夫だと思うけど、体壊さないでね」と体調を気遣う人も多かった。

なお、指原はTwitterで「発足までのお手伝いに全力!って思ってる キャプテンはなあちゃん(岡田)だから、教えてあげられること全部教えたらなあちゃんにまかせる!(ただの個人的な意見です。運営視点は入っておりません)」とスタンスを改めて表明。
「あと、支配人はちゃんともう一人いますのでご安心を!」とファンに呼びかけている。

◆前代未聞のアイドルとしての功績

これまで、1アイドルとしては異例なほど、様々な功績を残してきた。
HKT48に移籍後は、尾崎充支配人と劇場支配人を務め、コンサートのセットリスト・演出も中心にプロデュース。
コンスタントにコンサートを開催し、毎回意表をついた演出でファンを飽きさせず、それはそのままグループの強みとなった。
2016年にはHKT48のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」のメガホンを自らとり、映画監督としてもデビューを果たした。

大ファンを公言しているモーニング娘。をはじめ、アイドルヲタクであることも知られ、昨年末には司会を務める特別番組「指原議長とアイドル国会」(フジテレビ系)が放送。
アイドル戦国時代の架け橋的存在となっており、AKB48の最新アルバム「サムネイル」には、モーニング娘。'17とコラボレーションを実現させたユニット「サシニング娘。」の楽曲「Get you!」が収録された。

ファンの間では「秋元康(総合プロデューサー)の後継者」という声も上がっており、
「西日本は莉乃ちゃんが統括?」「今までこんな偉大なアイドルはいただろうか」と止まらない活躍に、感服する人が続出している。

http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1665713/

HKT48 指原莉乃
no title

no title

no title

no title

【【HKT48】指原莉乃、新たな就任発表で肩書きの量がすごいことに!「今までこんな偉大なアイドルはいただろうか」の声】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/19(日) 12:09:40.68 ID:CAP_USER9
ダウンタウン・松本人志(53)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で時折報じられる芸能人の“推定年収”に一定の理解を示した。

宗教団体「幸福の科学」の活動に専念することを表明した女優の清水富美加(22)の話題に触れたときに
松本がHKT48・指原莉乃(24)に向かって「指原みたいに3億もらってないでしょうからね」と水を向けると、
指原は「本当に、マジで、ホントにホントにホントに余計な話なんですけど…」と動揺した。
「(雑誌を)読んだで」という松本に指原は「本当にうそです」と完全否定。
指原は一部週刊誌で年収が2億9500万円だ報じられ、ネットで拡散している。

だが、松本は追及の手を緩めず。
「俺もたまに推定で(収入を)書かれるんです。でもそこまで大きく間違えてはなかったです。(推定年収が実際の年収より低い)逆もあるけれど、(金額が)倍ほど違うことは俺の経験上あんまりない」と断言した。

指原は「本当に余計なこと言わないでくださいよ。自分の仕事以上にもらっているのは自分は感じています。だから(芸能界を)辞めようとは思わない」と“火消し”に必死だった。

番組のラストで、社会学者・古市憲寿氏(32)が「指原さんの年収を知れて良かったです」と話題を蒸し返されると、
指原は再度否定しながらも「歩合です」と月給制ではなく歩合制であることを明かした。
松本から「1万円が風でパーッと飛んでいっても追っかけないでしょう」と聞かれると「全力で追っかけます」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000072-sph-ent

「ワイドナショー」 指原莉乃
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

HKT48 指原莉乃
no title

no title

【【HKT48】“年収3億円認定”に指原莉乃、全力否定!「本当に余計なこと言わないでくださいよ」】の続きを読む




このページのトップヘ