怒り新党

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 07:00:28.29 ID:CAP_USER9
今から6年前に放送が始まり、人気を博した深夜番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、4月からリニューアルされた新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートする。

『怒り新党』は初代アシスタントが夏目三久アナ(フリー)で、2代目は青山愛(めぐみ)アナが務めた。

「夏目アナにとって『怒り新党』は、まさに救世主的な番組だったはず。2011年1月末で日本テレビを退社してフリーに転身したのですが、当時は仕事をホサれていた状態。業界関係者の間では『夏目は終わった』という声も聞かれたほど。

けど、そこから彼女は奮起し、トップレベルの人気を獲得するまでになった。マツコさんと有吉さんに出会っていなければ、今の彼女はなかったでしょうね」(芸能リポーター)

一方、青山アナもこの番組を担当したことで新境地を切り開くことができた。

「新人時代から『報道ステーション』を担当していたので知名度は高かったのですが、アナウンサーにとって自由度の低い番組。彼女のキャラクターはまったくといっていいほど伝わっていなかった。

ところが『怒り新党』では、MCのふたりから強烈なツッコミが入る。彼女が外国人男性好きだなんて、あの番組に出ていなければ絶対に公にはならなかったでしょう」(テレビ朝日関係者)

後番組では久保田直子アナがアシスタントに起用されることが決まっている。遅咲きだが、また新たなスターアナが誕生するかもしれない。

2017年03月26日
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/26/82210/
no title

no title

【『マツコ&有吉の怒り新党』が終了、救われたふたりの女子アナ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 08:57:31.07 ID:CAP_USER9
テレビ朝日は、人気番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートすることを発表した。同番組は2011年のスタートから6年間で終了することになる。有吉弘行、マツコ・デラックスという人気者を起用した番組は、23時台というスタートながら好調をキープしていた。いったい、なぜ終了しなければならなかったのか? その背景について、同番組の「新三大〇〇調査会」の有識者に起用されたことがあるコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『怒り新党』は2012年3月に『ギャラクシー賞』月間賞を獲得したほか、2013年~2015年には、1月1日の『芸能人格付けチェック』、2日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ』、3日の『怒り新党』と並ぶ“正月三が日特番”に起用されたテレビ朝日が誇る看板番組。昨年3月の夏目三久さん卒業という転機があったとは言え、いまだファンの多い番組です。

 番組終了の理由は、「ひと通りのことを怒り尽くしたから」とされていますが、実際はそれだけではないでしょう。主に以下3つの背景が考えられます。

◆コア層をつかむ後半コーナーの行き詰まり

 1つ目の背景は、後半コーナーの行き詰まり。同番組は2部構成で、当初は前半に「国民から寄せられた怒り」、後半に「新三大〇〇調査会」が放送され、両輪として前者が女性中心のライト層、後者が男性中心のコア層をつかんでいました。

 しかし、現場のディレクターたちは後半コーナー「新三大〇〇調査会」のネタ選びに相当苦労していたのです。私は過去に同コーナーの有識者を担当したことがあり、その後も5人のディレクターさんから何度もネタ提供を求められてきました。ところが3~7案を繰り返し出しても「ただ面白いだけではダメ」で採用されないなど、基準が厳しかったのです。

 苦労しながら放送しているうちにネタの幅が狭くなり、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)を超えるニッチなものばかりになったことで、かつてのような視聴者の熱狂がなくなってしまいました。

つづく

NEWS ポストセブン 3/11(土) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00000004-pseven-ent&p=1

no title

【<マツコ&有吉の怒り新党>終了!背景に「怒り」の飽和状態】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 21:43:39.09 ID:CAP_USER9
お笑い芸人の有吉弘行(42)とタレントのマツコ・デラックス(44)が、大衆浴場でスマホを利用する行為に対し、規制を強化するべきだと語った。

 8日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」では、スーパー銭湯などの大衆浴場および脱衣所でスマホを使っている利用客がいることに怒る視聴者のメールを紹介。
盗撮なども懸念されることから、有吉は「早いうちに規制しないと。今、規制してないのが遅いくらい」とコメントした。

 番組が大衆浴場20軒にアンケートを取ったところ、すべての浴場でスマホ利用は禁止しているとの回答があったという。
しかし青山愛アナウンサーが「貼り紙などもしているけど、一向に(スマホ利用者が)減らない」と回答内容を紹介すると、
有吉は「そんなもん、入れ墨あんなに厳しく禁止しといて、スマホはなんでそんなにゆるいんだよ! じゃあそろそろ許してやれよ入れ墨。めちゃめちゃ厳しいよタトゥーの人には」と、ゆるすぎる対応にあきれた。

 マツコも「まだまだみんなのモラルに任せる時代には到達してないわよ。受付で(スマホを)回収するしかないと思う」と規制強化に賛成。
有吉は「僕らは商売柄、こっそり撮られたりすることも多いから(被害者の)気持ちはよくわかる」とし、
盗撮画像がネット上などで公開されてしまうこともあるとして「俺らみたいな仕事じゃない、普通の女の人が、OLさんとかがおっぱい出した画像が残るってかわいそすぎない? ずっと残るよ」と心配した。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1789722.html
2017年3月9日16時24分

no title

【有吉弘行、銭湯のスマホ規制に怒り心頭「入れ墨あんなに厳しく禁止しといて、スマホはなんでそんなにゆるいんだよ」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 13:40:20.14 ID:CAP_USER9
8日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、有吉弘行が「お客様は神様です」と開き直る客の態度を痛烈に批判した。

番組では「出前の食器 洗わず返す客にイラッ!」と題した、国民からの怒りのメールを取り上げた。メール主の宅配寿司アルバイト男性によると、出前寿司の桶を、洗わずに返す客の多さに呆れているのだとか。中には、食べ残しやゴミまでそのまま放置されることもあるそうだ。

このメールにマツコと有吉は「(桶は)洗っている」と即答。マツコは「昔の人って、みんな洗って返してたよねえ?」と、その非常識さに驚いていた。

また、10代~60代男女500人へのアンケートによると、出前の器を「洗わない」と24%が答えたそうだ。その理由が「多分店で洗ってるから」「洗って食器が傷つくのが面倒だから」と、明かされると、有吉は「こういうこと言い始めるんだよ、バカが。言い訳ばっかりだからね! 言い訳ばっかりで頭でっかちになって、上手くなってさあ」と、毒舌を飛ばした。

さらに「オレの仕事じゃない」「洗う料金をもらってない」と、食器を洗わない理由が列挙されると、有吉は「でたでた! ほら! 客が偉いパターン! 『お客様は神様です』…お前が言うな! それはお店側が言うんだバカ。客が言うなよ!『私は神様です』って頭おかしいだろ!」と、横柄な客の態度を痛烈批判していた。

2017年3月9日 9時20分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12773040/

no title

【<有吉弘行>「お客様は神様」の意識で開き直る客に喝!「客が言うなよバカ」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 16:54:03.08 ID:CAP_USER9
テレビ朝日は7日、東京・六本木の同局で「2017年4月改編」説明会を行い、タレントの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)がMCを務める人気番組「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜後11・15)が終了し、同時間帯に新番組「マツコ&有吉かりそめ天国」がスタートすることを発表した。
2011年4月に火曜深夜に番組をスタートし、同10月から水曜午後11時15分に放送時間を移動。国民(視聴者)の怒りや愚痴を募集し、公約として“採用”していく番組として放送してきた。
この6年間で、一通り怒り尽くしたという2人が、今後は怒りに限らず、「ちょっと聞いてよ!」という話にあーでもない、こーでもないと話していく1時間のトーク番組。
マツコと有吉の2人に耳に入れたい情報が詰まったVTRも2人にぶつけていく。これまでも2人のゆるいトークが人気だっただけに、今後もそこは継続して楽しめそうだ。

スポニチアネックス 3/7(火) 16:12配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000113-spnannex-ent

no title

【「怒り新党」放送開始6年で幕 同枠でマツコ&有吉の新番組スタート】の続きを読む




このページのトップヘ