怒り新党

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 12:39:47.36 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの夏目三久(32歳)が、4月22日に放送されたトーク番組「サワコの朝」(TBS系)に出演。
2011年4月から2016年3月まで出演したバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)の当時を振り返った。

この日、番組ホストの阿川佐和子から、「私だってビビると思うな。あの芸達者というか、洞察力の深そうな2人の間で」と、
「怒り新党」について振られた夏目は「最初は緊張しました。収録の前日は寝られないくらい」と回顧。そして「収録が終わると頭痛がするんですね」と謎の頭痛に襲われていたことを告白した。

この頭痛はいったい何なのか……よくよく考えてみると、それは「(怒り新党の収録で)呼吸ができてないんです。酸素不足になっていて。頭痛が毎回してました」と、原因が判明したという。

「怒り新党」では、ニコニコと座り、マツコ・有吉とも軽妙な掛け合いを見せていたが、夏目は「ずっと緊張してたんでしょうね。何を振ってくる? あ、聞かれた。それ以上のこと、
面白いこと言わなくちゃ」と、常にドキドキの状態だったそう。

また、演出サイドからは「最初言われたのは、2人がとにかく枝葉として色んな方向に行くので、あなたは最後に戻って来られる幹でいてください」との注文も受けており、
「引き戻すっていう役もしなきゃいけないな」との重圧もあったようだ。

そのため「色んなことを考えて、前日の夜からあーでもない、こーでもないとシミュレーションして、この話どう転ぶんだろう、私になんて振られるんだろう、2人になんて振ったら良いんだろう、って色んなこと考えてた」。
しかし、番組が経過するに連れ、次第に「あれ、私そんな考えなくても、こんなに素晴らしい達者な2人がいるのに、私なに一人でもがいてたんだろう」と思うに至り、
「(2人に)委ねるべきなんだろうなと思った」と、当時を懐かしむ夏目だった。

http://news.livedoor.com/article/detail/12969558/

00bc1_249_2017-04-22-095018

【夏目三久、「怒り新党」振り返る 常にドキドキの状態だった】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 17:23:11.44 ID:CAP_USER9
3月29日、バラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。最後の放送は、これまでのVTRを振り返る総集編的な内容だったという。

「最終回では、番組の看板コーナー『新・三大○○調査会』全245回の中から、特に反響の大きかった作品を有吉とマツコが振り返りました。
そして番組の最後には、新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』のセットがお披露目され、番組は終了。
また今回で降板となる青山愛アナが、感極まって涙を流す場面も視聴者から注目を集めました」(テレビ誌記者)

そんな同番組は、11年に番組を開始して以降、青山アナに変わるまで約5年もの間、夏目三久が進行役として出演し続けてきた。
しかし最終回では、過去を振り返る内容ながら、夏目に関係した話題は一切なかったのである。

そのため視聴者からは、不満の声が多く上がったという。

「放送後、視聴者からは『夏目ちゃんの話題がなぜないの?』『5年も出てきた人の存在を抹消するなんて芸能界の闇を感じる』『夏目ちゃんを出さないなんて不自然だ』と批判の声が上がりました。
夏目といえば昨年、有吉との熱愛が報じられたものの、夏目側が完全否定。のちに最初に報じた新聞社が謝罪文を掲載する事態にまで発展しました。
また一部の報道では、芸能界のドンと言われる夏目の事務所社長が、熱愛に激怒したとの憶測が飛び交ったため、
最終回では『ドンの力が働いたのでは?』と、黒い噂が再燃することとなったのです」(前出・テレビ誌記者)

長年、番組を見続けてきた視聴者からは、最後に花束を持って夏目が現れるのではないかとも期待されていた。
しかしフタを開けてみれば、本人の登場どころか、出演者が一切、夏目の話題に触れなかったことで、疑問を抱いた視聴者が多かったようだ。

関連記事:“業界のドン”が夏目三久の交際に猛反対!有吉弘行の仕事が激減の可能性も… http://www.asagei.com/excerpt/65328

http://news.livedoor.com/article/detail/12868562/
2017年3月30日 15時25分 アサ芸プラス

no title

【夏目三久の存在を抹消!マツコ有吉「怒り新党」の不自然すぎる最終回に批判殺到】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 10:41:52.84 ID:CAP_USER9
タレントの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)がMCを務めるテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜後11・15)の最終回が29日に放送され、平均視聴率は11・0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だったことが30日、分かった。

2011年4月に火曜深夜にスタートし、同10月から水曜午後11時15分に放送時間を移動。国民(視聴者)の怒りや愚痴を募集し、公約として“採用”していく番組として放送してきた。

16年3月まではフリーアナウンサーの夏目三久(32)進行を担当。同4月からは同局の青山愛アナウンサー(28)が進行役を務めていた。

最終回は、同番組の“名物コーナー”「新・三大〇〇調査会」の総集編を放送。昨年から“庶務役”を務めた青山アナが番組ラストであいさつし、マツコから「私はあまりこういうことは言いたくないけど、あなたのこと好きだったわよ」とねぎらいの言葉をかけられて涙を流す一幕もあった。


下記が引用元になります|ω・)
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/30/kiji/20170329s00041000310000c.html

no title

【「怒り新党」最終回視聴率は11・0% マツコのねぎらいに青山アナ涙】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 07:00:28.29 ID:CAP_USER9
今から6年前に放送が始まり、人気を博した深夜番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、4月からリニューアルされた新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートする。

『怒り新党』は初代アシスタントが夏目三久アナ(フリー)で、2代目は青山愛(めぐみ)アナが務めた。

「夏目アナにとって『怒り新党』は、まさに救世主的な番組だったはず。2011年1月末で日本テレビを退社してフリーに転身したのですが、当時は仕事をホサれていた状態。業界関係者の間では『夏目は終わった』という声も聞かれたほど。

けど、そこから彼女は奮起し、トップレベルの人気を獲得するまでになった。マツコさんと有吉さんに出会っていなければ、今の彼女はなかったでしょうね」(芸能リポーター)

一方、青山アナもこの番組を担当したことで新境地を切り開くことができた。

「新人時代から『報道ステーション』を担当していたので知名度は高かったのですが、アナウンサーにとって自由度の低い番組。彼女のキャラクターはまったくといっていいほど伝わっていなかった。

ところが『怒り新党』では、MCのふたりから強烈なツッコミが入る。彼女が外国人男性好きだなんて、あの番組に出ていなければ絶対に公にはならなかったでしょう」(テレビ朝日関係者)

後番組では久保田直子アナがアシスタントに起用されることが決まっている。遅咲きだが、また新たなスターアナが誕生するかもしれない。

2017年03月26日
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/26/82210/
no title

no title

【『マツコ&有吉の怒り新党』が終了、救われたふたりの女子アナ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 08:57:31.07 ID:CAP_USER9
テレビ朝日は、人気番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートすることを発表した。同番組は2011年のスタートから6年間で終了することになる。有吉弘行、マツコ・デラックスという人気者を起用した番組は、23時台というスタートながら好調をキープしていた。いったい、なぜ終了しなければならなかったのか? その背景について、同番組の「新三大〇〇調査会」の有識者に起用されたことがあるコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『怒り新党』は2012年3月に『ギャラクシー賞』月間賞を獲得したほか、2013年~2015年には、1月1日の『芸能人格付けチェック』、2日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ』、3日の『怒り新党』と並ぶ“正月三が日特番”に起用されたテレビ朝日が誇る看板番組。昨年3月の夏目三久さん卒業という転機があったとは言え、いまだファンの多い番組です。

 番組終了の理由は、「ひと通りのことを怒り尽くしたから」とされていますが、実際はそれだけではないでしょう。主に以下3つの背景が考えられます。

◆コア層をつかむ後半コーナーの行き詰まり

 1つ目の背景は、後半コーナーの行き詰まり。同番組は2部構成で、当初は前半に「国民から寄せられた怒り」、後半に「新三大〇〇調査会」が放送され、両輪として前者が女性中心のライト層、後者が男性中心のコア層をつかんでいました。

 しかし、現場のディレクターたちは後半コーナー「新三大〇〇調査会」のネタ選びに相当苦労していたのです。私は過去に同コーナーの有識者を担当したことがあり、その後も5人のディレクターさんから何度もネタ提供を求められてきました。ところが3~7案を繰り返し出しても「ただ面白いだけではダメ」で採用されないなど、基準が厳しかったのです。

 苦労しながら放送しているうちにネタの幅が狭くなり、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)を超えるニッチなものばかりになったことで、かつてのような視聴者の熱狂がなくなってしまいました。

つづく

NEWS ポストセブン 3/11(土) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00000004-pseven-ent&p=1

no title

【<マツコ&有吉の怒り新党>終了!背景に「怒り」の飽和状態】の続きを読む




このページのトップヘ