復帰

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 19:57:39.61 ID:CAP_USER9
元TBSアナウンサーで現在、フリーアナの枡田絵理奈(30)が15日放送の新番組「クイズ☆スター名鑑」(毎週日曜、後6時55分)で本格復帰を果たした。

枡田アナは、2014年12月にプロ野球、広島カープの堂林翔太(25)と結婚。
15年6月にTBSを退社し同年9月には第1子となる男児を出産した。
番組は4年半前に終了した「クイズ☆タレント名鑑」がリニューアルした内容で当時、司会を務めていた枡田アナも再登場となった。
番組冒頭で司会の田村淳(42)から「マスパンが帰ってきました」と歓迎された枡田アナは
「クソ番組に帰ってきました。会社員じゃないのでよろしくお願いします」とジョークを交えあいさつ。
出演者の有吉弘行(42)から「ちょっとはげたんじゃない」と本格復帰でいきなり思いもよらない突っ込みを受け、「えっえっ」と髪の毛を抑え困惑していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000104-sph-ent
スポーツ報知 10月16日(日)19時44分配信

no title

no title

【枡田絵理奈アナ、本格復帰に有吉からまさかの突っ込み】の続きを読む

no title


1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 14:05:43.20 ID:CAP_USER9
「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞問題で芸能活動が激減していたタレントのベッキーが、10月9日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した。
これまで同番組では、自身の話題もたくさん取り上げられてきたことから「今日のワイドナショー(出演)に向けて本当に緊張していて食欲もなくて‥‥」と心情を打ち明けた。

この日の話題で、元恋人の川谷が新恋人との未成年飲酒騒動で活動を休止自粛することが発表された際には「未然に防げたことなんじゃないかなとは思います」とコメント。
今後の恋愛について聞かれると、「周りも応援してくれるような恋愛をしたいです」と笑顔で答えた。

MCの松本人志をはじめ、共演者からやや“腫れもの扱い”されていた感は否めないが、これを機に“完全復帰も果たせるのではないか”と見る芸能関係者もいた。
しかし、視聴者の反応は甘くなく、「ベッキー被害者ヅラすんな! お前加害者だろう!」「食欲なくて…(痩せました、かわいそうでしょう?同情してね?)嫌な女」
「単発は興味本位で見るけど、レギュラー出演なら絶対観ない。 テレビ局は勘違いしないように」と厳しい。

さらに、川谷に対してのコメントには、「本音は、ゲスにムカついているだろうな。見返すためにも絶対に復帰したいんだろう」「『未然に防げたこと~』あなたもね」
「ゲスに騙されたかわいそうな私で押し通す予定?」「家庭を壊した女が、しれっとテレビに出て笑ってるのを見るのは嫌だなぁ。 テレビ出演が増えて行ったら、奥さん辛いだろうな」など批判が殺到した。

たとえ地上波に復帰しても、視聴者から受け入れられるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1210343/
2016.10.13 09:59 アサジョ



【ベッキー、「ゲスに騙されたかわいそうな私」で地上波復帰も視聴者からフルボッコ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/02(日) 23:07:40.09 ID:CAP_USER9
酒井法子(45)がタレントとして復活に向けて、意欲的に動き始めており、様々な企画が進行中だという。

酒井は、2009年8月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
2012年12月に上演された舞台で芸能界へ復帰したが、パチンコ店の営業や、ホテルのショーなどの仕事が多く、メディアへ出演する仕事はほとんどなかった。

「9月22日に、東京のディファ有明で16年ぶりのソロコンサートを行いました。
コンサートではミニスカ姿で登場し、『マンモスうれピー!』といったような“のりピー語”も出るほどの大成功に終わっています。
アイドル時代と変わらぬ美しさには、驚きの声が挙がっていました」(芸能記者)

酒井は今年で芸能界デビューから30周年でもある。
11月1日には、DVDや写真集が収められた限定2,000個の記念ボックスを発売し、年末にはディナーショーで各地を回る。
そうしたなかで、酒井の地上波民放テレビ復帰プランが動いているという。

「12月末に放送予定のフジテレビのバラエティー特別番組に出演する方向で話が進んでいるようです。
フジテレビは視聴率の低迷に悩んでいるため、覚せい剤の前科があり、コンプライアンス上でも微妙な立場にある酒井であっても、出演してほしいのです。
9月22日のコンサートの様子を情報番組『ノンストップ!』で密着取材して放送していたのも、年末の地上波テレビ復帰に向けた布石でしょう。
うまくいけば、酒井がレギュラー出演番組を獲得する動きも起こるかもしれません」(テレビ関係者)

それ以外にも、酒井には写真集の企画が進行中だという。酒井は、いまでも中国や香港、台湾など東アジア地域で絶大な人気を誇っている。

「写真集は定価1万円程度の高額設定にして、中国などアジア圏富裕層の“爆買い”を呼び込む計画のようです。
アジアのファンが一気に動き出したら、すさまじい売れ行きになる可能性もありそうです」(出版関係者)

見事な復活となるか。


https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-10147/
2016年10月02日 19時00分 まいじつ

no title


https://www.youtube.com/watch?v=gOPlyPHcSuQ


酒井法子 碧いうさぎ

https://www.youtube.com/watch?v=GGMSY7riIEY


鏡のドレス 酒井法子

【酒井法子がフジテレビ年末特番出演で地上波テレビに本格復帰へ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/02(日) 09:35:55.02 ID:CAP_USER9
ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫騒動からいまだ立ち直れず、開店休業のような状態が続くベッキー(32)が、ついに本格復帰に向けて動きだした。
9月29日、新聞に掲載された出版社「宝島社」の広告で、一糸まとわぬ上半身ヌードの後ろ姿を披露、
ロングヘアをバッサリと切ったのは、過去の自分に決別するといった意味が込められているとか。

「これ以外に、手で胸元を隠す手ブラショットもあったけど、あまりに官能的だったため、お蔵入りになった」(広告代理店関係者)

掲載当日、所属事務所のマネジャーのある行動も噂になっている。なんと新聞の束を抱え、各局の番組プロデューサーの元を訪ねて配り、局内行脚していたとか。
「『お世話になります』と言いながら配る姿を見て思わず胸が熱くなった」とはさる関係者だ。

ただ、テレビ復帰はというと――。10月1日スタートのラジオ番組「ミッドナイト・ダイバーシティー」のレギュラーを掴んだのがやっと。

「ギャラも1本5万円という超安値で、5億円以上といわれる不倫騒動で生じた違約金を返すにはテレビのレギュラーが必要ですが……」(事情通)

そんな中、検討を始めたのがテレビ東京だという。

「年末年始特番への出演を調整中とか。ベッキーが出るとスポンサーにクレームが殺到するので最終的にはスポンサー判断ですが。
ただ、テレ東は“ローカル局”のためキー局に比べるとまだスポンサーNGが少ない。
ギャラは1本15万円だそうで、テレ東が飛び付くのも納得ですが……」(キー局編成マン)

特番で復帰は果たして?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000009-nkgendai-ent
日刊ゲンダイDIGITAL 10月2日(日)9時26分配信

no title

【ギャラも格安か…ベッキーに年末年始特番でTV復帰情報】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/11(日) 02:56:16.45 ID:CAP_USER9
タレントのベッキーさん(32)が2016年9月10日にNHK総合で放送されたドキュメンタリー番組「NEXT 未来のために」でナレーションを務めた。

「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音さん(27)との不倫報道を受けて休業していたが、
「地上波」での出演は、5月の「金スマ」(TBS系)以来。声のみとはいえ、NHKの地上波としては、騒動以来の「復帰」になる。
同番組の放送を受けて、インターネット上では瞬時に「歓迎」と「批判」両方の声が上がった。

番組タイトルは「NEXT 未来のために」
ベッキーさんは9月8日に自身のインスタグラムで同番組に「語り」で出演することを報告しており、
そのコメント欄は「絶対観る」「楽しみ」といった内容の「応援」コメントが寄せられていた。

一方で、ネット上では復帰への批判も根強く、9月8日にJ-CASTニュースが報じた「ベッキーが語る『21歳ホストの死』 NHKで地上波に『登場』」の記事のコメント欄には、

「国民の受信料でベッキーを雇うとは...。」「どう考えてもこれだけ批判があるベッキーを何故起用したのか疑問。今からでも放送を延期しナレーションを差し替えるべき。」
などベッキーさんの起用に疑問を呈するコメントも寄せられた。

そして、10日17時30分に番組が始まると、すぐさま「視聴者」からのさまざまな反応がインターネット上に寄せられた。

番組は、大阪「ミナミ」でホストとして勤務し、急性アルコール中毒が原因で21歳で亡くなった男性の人生に迫るドキュメンタリー。
番組のタイトル「NEXT 未来のために」や、一度挫折した社会の中で、人生を立て直そうとする姿を追う内容は、ベッキーさんの置かれている状況と似ているとも受けとられる設定だ。

ベッキーさんは冒頭からナレーションを務め、開始から約3分の時点で、「語り ベッキー」というテロップが表示された。
ドキュメンタリーがシリアスなテーマを取り扱うものであるためか、ベッキーさんは淡々とした語り口で、騒動前の「トレードマーク」でもあった「元気さ」は封印してるようだった。

これを受けてツイッターには、

「ベッキーの声だ。がんばれー。」
「いまNHK『NEXT』で、ベッキーがナレーションをしている。声質とトーンが、実に良く耳に入りやすい。」
と彼女の復帰を応援するコメントのほか、

「内容も明るいものではないのは致し方ないが、ベッキー感が全く感じられない。」
と違和感を指摘した人もいた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-277709/
2016年09月10日 19時14分 J-CASTニュース

no title
【ベッキー、NHKに「語り」で復帰  瞬時に渦巻いた賛否両論】の続きを読む




このページのトップヘ