引退

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:31:46.33 ID:CAP_USER9
長きに渡りバラエティー番組で活躍し、明石家さんま、ビートたけしと並んで“お笑いビッグ3”の一人として数え上げられてきたタモリ(71)が、芸能界引退を示唆したという。

この予期せぬ引退宣言が行われたのは、8月22日のタモリの71回目の誕生日を祝う席でのこと。都内でごく身内のみが集まった誕生会で突如、思いの丈を吐露したのだ。

「誕生会の席では、敬愛していた赤塚不二夫先生の思い出話に始まり、鬼籍に入った大橋巨泉さんや永六輔さんの話になった。
そんななか、酔いのせいもあったと思いますが、タモリさんは『おれもそろそろいいだろう…。もう疲れたよ』とボソボソ話しはじめたのです。
その場に居合わせた関係者は、いつもの冗談か、と思っていたのですが、再度タモリさんは『俺は本気だよ』と駄目押ししたのです。
結局、その場は周囲が取りなして再度の乾杯で有耶無耶になったのですが、
ライトの光を通じ、一瞬サングラスから透けて見えたあの目は本気でした」(タモリを知る事情通)

実は、タモリは以前から「70歳の古希になったら芸能界を引退する」と親しい関係者に語っていたという。

「気が付けばもう71歳。タモリは所有するクルーザーで、苦労をかけてきた奥さんと世界一周の旅に出ることが夢なんです。
タモリには子供がおらず、奥さんとは本当に仲がいい。
体力のあるうちに、妻孝行をしたいようです。
恐らく、今回の引退宣言は思い付きではなく、以前から熟考していたことだと思われます」(芸能事務所関係者)

そんななかで、タモリに関する驚きのニュースがテレビ業界に入ってきた。
今年のNHK紅白歌合戦の総合司会を務めるというのだ。

「タモリは。昨年の紅白歌合戦で一度は司会に内定していながら辞退をしています。
ところが、今回はタモリ自ら『ブラタモリ』のスタッフを通じてNHKに申し入れたというのです。
最後の花道のつもりなのかもしれません」(放送作家)

引退しても「いいかな」……?

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-9142/
2016年09月01日 19時00分 まいじつ

no title

【タモリが71歳の誕生会で芸能界引退発言】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 12:36:32.30 ID:CAP_USER9
6月には所属事務所との契約が切れ、芸能界引退が確定情報のごとく報じられている能年玲奈。
当の本人は5月10日に小泉今日子が出演する舞台を観劇し、ブログに写真で綴るなど、連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK)で培われた絆の深さをアピールしている。

その小泉は能年にとって救世主となりえるのか? ここで芸能ライターは、小泉の持つ人脈に注目する。

「小泉を中心とした女子会の『小泉会』には米倉涼子や長澤まさみ、水川あさみや石原さとみといった顔ぶれが集まっています。
最近は『とと姉ちゃん』のヒロイン・高畑充希も加わり、このメンバーに共通するのは朝ドラや大河ドラマに出演していたこと。
すなわち『小泉会』は、小泉とNHKのコネクションを象徴する集まりでもあるのです」

となると、小泉の後ろ盾を得た能年は、NHKで復活を果たすことになるのか。
テレビ誌のライターは小泉とNHKの密接な関係について指摘する。

「小泉と『あまちゃん』のスタッフは良好な関係を築いており、今年1月のスペシャルドラマ『富士ファミリー』では同じ演出家と再びタッグを組んだうえに、
薬師丸ひろ子とも再共演を果たしています。その流れで行けば、『あまちゃん』と同じ東京放送局が担当する上半期の連続テレビ小説が復活の舞台には最適。
つまり来年4月スタートの朝ドラで、能年が女優業復帰を果たす可能性も高そうです」

来年4月とはずいぶん先にも感じられるが、上半期の朝ドラでは前年6月に制作発表会見が行われ、その頃にはおおよそのキャスティングも固まっているはず。
その時期は能年の所属契約が満了するタイミングと重なっているのである。
もし朝ドラのレギュラーが決まれば、能年にとって最高の復帰舞台になるはずだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1135336/
2016.05.26 09:59 アサ芸プラス

no title

【引退危機の能年玲奈が“小泉今日子人脈”で復活するのは来年4月の朝ドラ!?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 14:38:14.27 ID:CAP_USER9
13年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした女優の能年玲奈が6月で所属事務所との契約が満了し、
そのまま芸能界から引退する可能性が高いことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

能年は昨年4月に事務所からの独立騒動が発覚。心酔する50代の女性演出家とともに個人事務所を設立。
現在はその演出家と同居し、所属事務所との話し合いに応じず、表舞台から消えてしまい、現在の活動はブログを更新するのみとなった。

同誌によると、現在も事務所から能年に20?30万円の固定給が支払われているというが、
能年に契約を更新する気はなく、個人事務所で仕事を続ける意向だとか。

しかし、これまで、能年の独立騒動のおかげで、事務所が営業に動いて決めた映画「ちはやふる」、
TBS系ドラマ「重版出来!」への出演が流れてしまったことなど、それなりの被害を被っている。
能年サイドは現時点で話し合いに応じる気がないため、事務所側もガマンの限界だったようで、
能年が契約更新に応じない時は、法的手段をとることも視野に入れているというのだ。

「現時点で、能年獲得に動き出している事務所があるという話はない。
演出家の女性に“洗脳”されているような状態で、誰の話にも聞く耳を持たないだろう。
唯一、耳を傾けるとしたら、『あまちゃん』で親子役で共演した小泉今日子ぐらい。
小泉が能年の“後見人”となって芸能活動を再開させるという話もあるが、やはり、まず演出家の女性との縁を切ることが最優先か」(芸能記者)

能年のブログの最新の更新は今月10日。
小泉の出演舞台を観劇に訪れた際に撮影した2ショット写真を掲載しているが、
果たして、今後、能年は演出家と小泉のどちらに身を委ねるのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1134251/
2016.05.24 11:35 リアルライブ

no title

【このままだと芸能活動再開がかなり難しそうな能年玲奈】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 12:44:28.82 ID:CAP_USER*.net
元アイドリング!!!のメンバーでタレントの三宅ひとみ(23)が3月31日、自身のブログを更新し、
この日を持って芸能界から引退することを発表した。

「ご報告」と題したエントリーで
「この度、2016年3月31日で8年間お世話になったビスケット・エンターテイメントを離れ、
芸能活動にピリオドを打つ決断を致しました」と報告。
突然の発表となり「応援して下さっているファンの皆様を驚かせてしまい大変申し訳ありません」と謝罪した。

引退理由について
「15歳からこの世界に飛び込み、8年間何よりも優先してきましたが、これからはひとりの女性としての
人生を歩みたいと思い、自分勝手で申し訳ないのですが、沢山考えてこのような決断を致しました」と説明した。

続けて
「どこにでもいる普通の中学生だった私に突然訪れたチャンスから8年間、ただただ前を向いて突っ走って参りました」
とこれまでを振り返り、
「時間はかかったけど、沢山の素敵なご縁から色々な方に支えて頂き、8年前の夢は全て叶えることができ、
長かったような…短かったような…この8年間は私の人生の中でとっても大切な財産です」と充実感をにじませる。

最後は「これまで三宅ひとみを支えて頂き、温かく見守ってくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました」と締めくくった。

三宅は2008年4月に2期制としてアイドリング!!!に加入し、15年10月の全員卒業まで所属。
ソロ活動では、女優としてドラマ『GTO』(11年)や『明日、ママがいない』(14年)などに出演、
女性ファッション誌『MORE』に美容モデルとして活躍していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000324-oric-ent

アイドリング!!!17号 三宅ひとみ
no title

no title

no title

アイドリング!!!
no title

【【アイドル】 元アイドリング!!!三宅ひとみ、芸能界引退を発表】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 05:26:11.70 ID:CAP_USER*.net
◆堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震

昨年8月に交際0日での電撃結婚を発表し、世間を驚かせた堀北真希。

「先週は旦那さんが食品や日用品などを買っていかれました。奥さまは1か月くらい前に来られました。
どちらかというと、旦那さんが買い物に来られるほうが多いですかね。
1度、週刊誌に撮られてからは、おふたりで来られることはめっきり減りました」(近所のスーパーマーケットの店員)

舞台『嵐が丘』で共演した山本耕史が、40通以上の“ラブレター攻撃”と新幹線での“待ち伏せプロポーズ”で口説き落としたエピソードは、あまりにも有名だ。

「もともと、堀北は結婚願望が強い子だったんです。それまで交際報道は1度もなかった彼女だけど、山本の真剣なプロポーズに結婚を即断した。
見た目はお嬢さまっぽいですが、中身は意外と芯のしっかりした“アネゴ肌”なんです」(芸能プロ関係者)

'12年にはNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の主演に抜擢されるなど、人気女優として押しも押されもせぬ地位を確立。

「今年1月からスタートした『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)にも主演するなど、結婚後も堀北人気は相変わらずです。
現在はCMも10本に出演しており、まさに事務所の稼ぎ頭ですよ」(スポーツ紙記者)

彼女が出演するCMのラインナップを見ると、『東京メトロ』『クラシエ』『ライオン』『スズキ』など、日本を代表するような大企業がズラリと並ぶ。
そんなCM業界に今、激震が走っているという。

「堀北サイドが、現在出演しているCMの契約更新を拒否しているんですよ。
スキャンダルのない彼女のイメージはよく、山本と結婚したこともマイナスにはなっていない。なので、企業側も延長を希望したのですが……。
今は後任のタレントをブッキングしようと、壮絶な“後釜争い”が繰り広げられていますよ」(大手広告代理店関係者)

女優にとって、CMは大きな収入源。
しかも、彼女のCM出演料は1年間で2000万円とも3000万円とも言われている。
それをみすみす手放してしまうのか?

「実は堀北は3月まで放送していたドラマ『ヒガンバナ』以降、映画やドラマを含めて仕事をいっさい入れていないんです。
昨年末にファンクラブも解散しています。彼女は以前から子どもを欲しがっていますし、妊活のために仕事をセーブするものだと思っていました。
でも、短時間で大きな収入を得られるCMの仕事まで断るとは、ただ事ではありませんね。
だって、菅野美穂や森三中の大島美幸など、“妊活休養”したタレントは多いですが、CMだけは続けていましたからね」(前出・芸能プロ関係者)

芸能関係者もクビをかしげる事態。だが、こんな話も聞こえてくる。

「真希ちゃんは、昔から結婚したら家庭に入りたいって言っていました。山口百恵さんみたいになりたいのでは。
つまり、夫である三浦友和さんを陰で支えた百恵さんみたいに、彼女も山本さんを家庭で支えたいと思っているのでしょう」(堀北の知人)

写真:堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震
no title


週刊女性PRIME 3月29日(火)5時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160329-00025593-jprime-ent

【【芸能】堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震】の続きを読む




このページのトップヘ