広瀬アリス

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 23:38:28.61 ID:CAP_USER9
女優の広瀬アリスが、15日より全国でオンエア開始となる新聞社の新CM「楽しみにしている、記事がある。」シリーズ3篇に出演。CMではイケメンすぎる男装を披露している。

CMは、同社の新聞の連載記事に対する読者アンケートに寄せられた、読者の実際の感想や意見をもとに再現して制作。
様々な読者の「楽しみにしている、記事がある」を表現するため、広瀬は男子高生、主婦、紳士と3篇のCMを演じ分けた。

自身初となる男装は、広瀬の演技や雰囲気づくりへのこだわりもあって、凛々しさがにじみ出ており、撮影現場でも惚れ惚れしてしまうとの女性スタッフの声が続出。

スマートフォンで新聞を読むイケメン男子高生のシーンでは、座り方や表情も堂々とした雰囲気に。カット後にも自然と男の子っぽい仕草や表情が続いた。
紳士に扮するシーンでは、自身がつけヒゲの形を提案。広瀬は「監督のヒゲとお揃いですね」とお茶目な一面を見せた。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1670724
2017-03-14 18:55


no title

no title

no title

no title

no title

【広瀬アリスの“男装”がイケメンすぎる! 新聞社の新CMで紳士&男子高校生に】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 05:03:16.41 ID:CAP_USER9
 女優の広瀬アリスさんが、ハリウッド版「スーパー戦隊ドラマ」と話題の映画「パワーレンジャー」(ディーン・イズラライト監督)の日本語吹き替え版で、声優に初挑戦することが9日、明らかになった。ヒロイン・キンバリーの声を演じる広瀬さんは「ドラマや映画のお仕事とは少し違うので今からとてもドキドキしています。普段からアニメを見て声優さんが大好きなので、憧れのお仕事を経験できることがうれしい」と喜んでいる。

 映画は、英語版「スーパー戦隊シリーズ」として1993年から現在まで放送され、シリーズ累計800話を突破している米人気ドラマのハリウッドリブート作。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごすジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックという普通の若者たちが、運命に導かれるように出会い、やがて来る脅威に立ち向かうための“新たな力”を手にする……という内容。

 広瀬さんは「実は幼い頃、兄とスーパー戦隊を見ていたと両親から聞き、お話をいただいいたときは何か運命のようなものを感じました」と明かし、「吹き替え版の洋画を見ながらアフレコ前にしっかり勉強して頑張ろうと思います。ピンクレンジャー(キンバリー)の可愛らしさを残しつつ、かっこよく演じられたらなと思います」と意気込んでいる。

 また、ジェイソン(レッドレンジャー)役を勝地涼さんが担当することも決定。勝地さんは「自分がレッドを演じてもいいのかなという不安な気持ちもありますが、子供のころから見ていた作品に参加できることに、懐かしさとうれしさがあります」と話し、「洋画の吹き替えは初めてですが、俳優の自分を選んでいただいた意味があると思うので、キャラクターに気持ちを入れて演じられるように頑張りたい」とメッセージを寄せている。

 映画は全米で24日に公開され、日本では7月15日に封切られる。

2017年03月09日
http://mantan-web.jp/2017/03/09/20170308dog00m200034000c.html
no title

【広瀬アリス 声優初挑戦にドキドキ 米映画「パワーレンジャー」日本語版でヒロイン役】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 07:54:54.89 ID:CAP_USER9
 女優の広瀬アリス(22)が、プロバスケットボール、Bリーグ・アルバルク東京のエースで日本代表にも名を連ねる田中大貴(25)と交際していることが週刊文春で報じられたのは先週のこと。

 アリスは妹・すず(18)とともに昨年のBリーグの開幕戦の応援サポーターを務めていたが、仕事を通して知り合った田中と昨年末から交際に発展。双方の所属事務所は同誌に対し、真剣交際であることを認めている。

「もともとバスケ少女だったアリスだけに田中とはすぐに意気投合。田中は東京五輪では日本代表の主力になる逸材だけに、このままゴールインする可能性もありそうです」(スポーツ紙記者)

 仕事の勢いでは妹に後れをとっていたアリスだが、今月5日に千秋楽を迎えた初舞台「世界」ではデリヘル嬢、公開中の映画「新宿スワンⅡ」ではキャバクラ嬢を演じ、デビュー以来の清純派のイメージから脱却し新境地を開拓。ノリにノっているところで熱愛が発覚した。今年の元日にはすずもイケメン俳優の成田凌との交際を報じられており、姉妹揃って公私ともに絶好調である。

「現在、アリスはすずと母親と都内で3人暮らし。すずは成田との交際は否定していますが、他にも男性のウワサが絶えない“ヤンチャ”な一面も。姉のアリスはそんなすずに苦言を呈していたそうなので、相手が芸能人ではなくアスリートとは納得です」(芸能リポーター)

 アリスとの交際発覚で、田中の名前も売れそうだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/199466
 
仲良し姉妹で知られる広瀬アリスとすず

001-76

【広瀬アリス アスリートと交際は妹すず“ヤンチャ”の反動か】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 16:08:42.41 ID:CAP_USER9
no title

 アリスは1月21日から公開される映画「新宿スワンII」(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)で、ヒロインの嬢役を熱演。同作品での演技を秋本氏は絶賛する。

「大きな瞳とぷっくりした唇という、ハッキリした顔だちに派手な化粧が似合って、嬢役がハマッていましたね。人気映画のシリーズ第2弾のヒロインで、第1弾のヒロイン・沢尻エリカ様に続くポストですから、その期待度の高さもうかがえる。ドレス姿でナマ脚と胸の谷間も見せつけていましたし、これをきっかけに、こっちの路線のオファーは増えるでしょうし、濡れ場への挑戦もありそうですね。少女の印象が強いすずより、アリスのほうが幅広い役を務められると思います」

 善は急げとばかりに、1月14日から公演が始まった、アリスの初舞台「世界」(シアターコクーン)では、なんとデリヘル嬢役に挑戦した。

 舞台が始まるや、彼女に恋してしまい、プレイせずに料金だけ支払う常連客宅にアリスは呼ばれていた。

「プレイしなくていいの? 簡単にフェラチオくらいしとく?」

 物語の全編にわたって「プレイ」や「本番」といった淫語をちゅうちょなく口にする。常連客にまた指名され、部屋に行くと彼の友人まで現れたからビックリ、という場面ではこうだ。

「何、これ? 3Pなの?」

 しかもVネックの胸元は大きく開き、レースの青いブラひもがチラチラ。ファンを前のめりにさせる、欲情艶技全開なのだった。

 演技と恋では、すずに先行されているようだが、男を骨抜きにする艶技ではアリスに分がありそうだ。

 こうしたイメージの定着は、同じ事務所に所属する姉妹ならではの住み分けだと、三杉氏が解説する。

「13年にアリスは、下着ブランドのイメージキャラクターに就任しています。その際の記者会見では、谷間まる見えの白い小花がちりばめられたピンクのブラジャーにミニスカ姿で登場しました。天真爛漫で清純な妹と、セクシー路線をいとわない姉として、両方のよさを生かそうという、事務所の戦略でしょうね」

 目下、少女時代の妹もやがて「女」に成長する。互いが20代半ばを過ぎた頃が、美人姉妹のターニングポイントとなりそうだ。

「最近、以前にも増して顔が似てきたんですが、テレビを見ていたすずが『こんな収録したっけ? と思ったら、お姉ちゃんだった』と、姉と自分を勘違いしたエピソードを話していたことがある。ただでさえ意識させられるばかりの姉妹だが、アリスはアリスで、インタビュー取材を受ける際、現場にいない妹のことを必ず聞かれ、最近は嫌気が差して『(すずを)意識していません』と即答し、ピリピリしています。すずがもう少し大人になった頃に『亀裂が生じそうだ』とこぼす関係者もいるほどです」(スタイリスト)

 昨年、アリスが主演した映画「L~エル~」(東宝)では、妹の彼氏と報じられた成田と共演している。しかも、心を通わせ合う役だった。顔も酷似した美人姉を前にして、奔放な俳優が本性をあらわにすればドロドロした展開も想像できるが‥‥。

「撮影が始まる前に、すずから紹介されていたようで、アリスは成田と現場で和気あいあいだったそうです。姉妹の好きな異性のタイプは、アリスが『かわいい系』で、すずは『不思議系』なので、間違いがないんじゃないでしょうか(笑)。今も実母を含めた3人で暮らしていますし、周囲の心配をよそに、姉妹はとても仲がいいです」(前出・スタイリスト)

 姉妹仲よく、公私にわたって少し大人びた話題を提供してほしいものだ。


http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73950/

【姉は男を骨抜きにする艶技全開 広瀬アリス&すず 美人姉妹の「うなぎ登り色香」徹底比較!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 20:46:02.33 ID:CAP_USER9
 女優の広瀬アリスさんが21日、東京都内で行われた綾野剛さん主演の映画「新宿スワン2」(園子温監督)の初日舞台あいさつに登場した。同映画でヒロインを務めた広瀬さんは「前作はお客さんとして普通に見ていたのに(2に出演して)不思議な感覚になりました」と話し、綾野さんとの共演について「すべてを受け止めてくださるので、お芝居で何をやっても返してくださるので、安心して撮影できました」と満面の笑みを見せた。

 舞台あいさつには、広瀬さん、綾野さんのほか、浅野忠信さん、深水元基さん、金子ノブアキさん、上地雄輔さん、山本又一朗プロデューサー、園監督も出席した。広瀬さんが撮影について「撮影現場には常に黒い服を着たおじさん(がいた)……」と振り返ると、綾野さんらから「お兄さんだよ」とつっこまれて苦笑いしていた。

 綾野さんは広瀬さんについて「どんなシーンでも可愛い」と評し「笑い上戸なので、何を言っても笑ってくれるから、勇気を持てました」と振り返った。また、浅野さんや上地さんらから、舞台あいさつの前に、広瀬さんの小指が短いという話で盛り上がったことが明かされ、広瀬さんは「めっちゃ短いんですよ」と笑い、「なんですか、この話!」と冗談まじりに怒る姿を見せた。

 「新宿スワン」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載された和久井健さんの人気マンガが原作。前作では、金も仕事もなかった白鳥龍彦(綾野さん)が、敏腕風俗スカウト・真虎(伊勢谷友介さん)に気に入られ、歌舞伎町を拠点とするスカウト会社「バースト」のスカウトマンになり、過酷な試練を乗り越えていく姿が描かれた。続編では、バーストのエース格となった龍彦は、勢力拡大をもくろむ社長・山城(豊原功補さん)の命で、幹部の関玄介(深水さん)とともに横浜へと送り込まれる。しかしそこは、タキ(浅野さん)と呼ばれる男が支配する難攻不落の王国で、新宿と横浜は全面戦争へと突入する……というストーリー。

2017年01月21日
http://mantan-web.jp/2017/01/21/20170121dog00m200002000c.html
no title
 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【広瀬アリス 綾野剛主演映画続編参加に「不思議な感覚」 共演者に“小指”をいじられ…】の続きを読む




このページのトップヘ