川田裕美

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 05:12:06.98 ID:CAP_USER9
2015年3月に読売テレビを退社したフリーアナウンサーでタレントの川田裕美が4月からNHKの音楽バラエティー『バナナ♪ゼロミュージック』(毎週土曜 後10:20)の新MCに就任することが11日、わかった。川田がNHKでレギュラー番組を担当するのは初。新年度初回は4月8日放送。

 音楽知識ゼロのお笑いコンビ・バナナマンと一緒に音楽を楽しむ番組。レギュラー放送開始からこの春、2年目をむかえる。毎回一流ミュージシャンが登場し、「音楽の面白さ」を楽しみながら体験する。番組を進行するMCとして、バナナマンとどんなコンビネーションを見せるのか?

 4月8日は、TMネットワークの名曲「Get Wild」が発表されて、丸30年となる記念日であることから、小室哲哉を特別ゲストに「100%小室哲哉SP」と題して放送。J-POP史上にさん然と輝く小室サウンドの大ヒット曲を、懐かしい映像を交えクイズで振り返るコーナーや、小室サウンドを支えるシンセサイザー群がスタジオに登場。小室サウンドの秘密に迫る。

 さらに番組名物「はいだしょうこ画伯のお絵かきクイズ」や、リオ五輪で注目されたジャズミュージシャン・HZETTMがジャズアレンジクイズを出題。そして“Get Wild 記念日”ということで、この歌を愛してやまないバナナマン・日村勇紀がオリジナル「Get Wild」を制作。小室も交えて披露する。


・川田裕美が新年度から『バナナ♪ゼロミュージック』MCに決定。NHKで初レギュラー
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2087344/full/

【川田裕美、NHK初レギュラー 『バナナゼロ』MCに決定】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 06:10:14.65 ID:CAP_USER9
no title


 また、11月には初の著書『あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉』(小学館)を発売した。
 「著書では、小さい頃からアトピー性皮膚炎だったことなど、これまでの半生を振り返るとともに、感銘を受けた有名人の名言33を紹介。さらに、祖父母の地元である香川県で撮影した写真も掲載されているのですが、これがエロすぎるほどエロいのです」(芸能ライター・小松立志氏)

 とりわけ、オフショルダー・タイプのセーターを身にまとったショットは、Eカップ巨乳を思いっ切り強調した“お宝ショット”となっている。
 「いやぁ?、これはヌケます。いやイケてますね。ただ、カトパンの胸の内には、“今の生活は続けたいけど、最終目標は結婚したい”という思いが強くあるようです」(テレビ局スタッフ)

 現在、『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系)や『週刊報道BizStreet』(BS-TBS)にレギュラー出演している皆藤愛子(32)は、早大在学中の'04年に『めざましテレビ』(フジテレビ系)でのお天気お姉さんとしてデビュー、今日に至っている。
 「『週刊報道BizStreet』で毎回披露している“美脚・パンチラ見せ”が魅力の一つとなっている愛ちゃんですが、もともと“天然キャラ”の持ち主なんです」(前出・女子アナウオッチャー)

 『めざましテレビ』の情報コーナーでレンコンを紹介した際には、レンコンを双眼鏡に見立てて、
 「(穴から)カメラが見えますぅ」
 とやったことがあった。
 「このホンワカ感がいいんです。彼女は人当たりがよく、どんな仕事でもイヤな顔をしません。フリーで10年以上活躍できているのは、そうした性格のよさがあったからこそです」(テレビ局関係者)

 ただ唯一、本人が気にしているのがおっぱいのこと。
 「“美・微乳”なので、いつもブラジャーにパッドを入れているそうです。トーク番組の中で、自らカミングアウトしていました」(女子アナライター)

 昨年2月末に、午後の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』を卒業し、同3月からフリーになった元読売テレビの川田裕美(33)は、東野幸治のトークバラエティー『1周回って知らない話』(日本テレビ系)のアシスタントで頑張っている。

http://dailynewsonline.jp/article/1242084/
http://dailynewsonline.jp/article/1242084/?page=2

「独立直後は、やや出遅れた感はありましたが、他のクイズ・バラエティーにも出ていますし、これから巻き返していくと思います」(テレビ局制作スタッフ)

 なにせ、あの宮根を“見事にコントロールした女子アナ”として、もともと評価は高かった。
 「プライベートで着る洋服は、ヒョウ柄とか派手な赤ばかり。典型的な大阪の“おばちゃんファッション”です」(番組スタッフ)

 かつてフリーのスター格だった滝川クリステル(39)はどうか。
 「東京五輪招致アンバサダーを務めた滝クリ。何があっても4年後までは生き残っていると思います」(スポーツ紙記者)

 ともあれ、今日もフリー女子アナたちのサバイバルゲームは続く。

【夏目三久、加藤綾子、皆藤愛子、川田裕美、滝川クリステル 独身フリー女子アナ下半身は甘湿り!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 10:02:37.73 ID:CAP_USER9
26日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、SMAPの中居正広が、川田裕美アナウンサーをイジりまくった。

番組では「元局アナSP」と題して、フリーアナウンサーに転身した元テレビ局のアナウンサーがゲストとして出演した。

番組冒頭、ピースの綾部祐二が、元フジテレビの本田朋子アナや、元テレビ朝日の辻よしなりアナらを次々に紹介していった。
そして、川田アナについても、元読売テレビで局アナ時代は「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演していたことを紹介したのだが、
ここで中居は「基本ふざけてるんでしょ?」と突如、川田アナにだけ、激しい絡みをみせたのだ。

「ふざけてないです」「いつもマジメです」と即答する川田アナだったが、さらに中居は川田アナの容姿に対して「バランス悪いよね」と言い放つ。
川田アナは「普通です」「今日は調子良いくらい」と反論しながらも、中居になで肩を指摘されると、「なで肩で首が長い」と話をあわせた。

このふたりの激しいやり取りに、綾部は「女性に失礼すぎますね!」と呆れた様子で、中居にツッコミを入れて笑いを誘った。

その後も、本田アナがミス立教のグランプリだったことを語ると、中居は川田アナに「ミス大阪城とか、なかったの?」とイジった。
川田アナがすかさず「あのねぇ!」「あったらあったらでスゴいですよ!」と中居にツッコミを入れたが、実は川田アナは、ミスえびすばしだったことを明かした。

綾部が「大阪城よりスケールダウンしている」と指摘する中、川田アナが20歳のころのミスえびすばしの写真が映し出されると、
中居は「(芸人の)コウメ太夫だよね」と痛烈な一言を、川田アナに浴びせた。

また、地方局出身のアナウンサーにはグラビアのオファーが多くくるという話題では、
川田アナがそうしたオファーはなかったが「来たらどうしよう」と思っていたのだと明かした。
すると中居は真顔で「(来ても)断ったほうがいいと思いますよ」と冷たく言い放っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12205280/
2016年10月27日 22時40分 トピックニュース

no title

no title

【SMAPの中居正広が川田裕美アナの容姿に痛烈「バランス悪いよね」】の続きを読む




このページのトップヘ