川栄李奈

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 15:42:45.71 ID:CAP_USER9
元AKB48で女優の川栄李奈が、15日にNHK BSプレミアムで放送されたドラマ『アオゾラカット』で関西弁とショートカット姿を披露し、話題を呼んでいる。

このドラマは、大阪市西成区を舞台に、西成生まれの美容師の息子が父との葛藤と和解を通じて、生まれ育った街の素敵さを再発見するというヒューマンコメディ。
川栄はその理髪店で働いている女の子役で、父と息子の間に立つ橋渡し的な役柄だ。

川栄は神奈川県出身だが、本作は舞台が大阪ということで関西弁に挑戦。
ネット上では、「川栄って耳いいの??すごい上手だね。」「関西弁のりっちゃんメチャクチャ可愛いじゃん!!!」と絶賛の声が上がった。

また、ドラマ内でショートカットになるシーンがあり、その姿についても「このショートカットの破壊力」「川栄さん、ショートカット可愛い」「ショートカットで関西弁の川栄と結婚したい」と反響を呼んでいる。

https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1604682/

川栄李奈のショートカット姿が可愛い ドラマ『アオゾラカット』
no title

no title

no title

no title

no title

元AKB48 川栄李奈
 
5b58d307-d077-47ce-a362-bf2cdebc7920 (1)
 
no title

no title

【元AKB48川栄李奈の関西弁&ショートカットが「メチャクチャ可愛い」と話題に】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/01(水) 10:44:43.30 ID:CAP_USER9
元AKB48川栄李奈やNMB48山本彩ら豪華メンバーがそろった記念ショットが話題だ。
メンバーら6人で会食を楽しんだようで、ファンからは「なにこの最高すぎるメンバー」「顔の偏差値高っ」などと称賛の声が殺到している。

川栄は1月29日に自身のツイッターを更新。
「みんなでごはん。幸せな1日でした」とコメントし、記念ショットを公開。
山本やAKB48入山杏奈、木崎ゆりあ、加藤玲奈、そして、高橋朱里の計6人で会食したことを報告した。

さらに、山本も自身のツイッターで報告し、「笑い過ぎた」と会食の様子を伝え、2枚の写真を掲載。
入山もツイッターで、東京にオープンするふぐ料理店のレセプションが開かれたことを伝えている。

公開された写真からは、その場のテンションがストレートに伝わってくる。
川栄が公開したショットでは、中央にいる山本がダブルピースサインを作れば、右上の入山はほっぺに手を添えている。
さらに、左にいる川栄も口を横にニンマリと広げるなど、賑やかな会食だったことがうかがえる。

この報告にファンからは続々と反響の声が挙がり、
「珍しいメンツだね!」「このメンバーとかやばい」「なにこの最高すぎるメンバー」「神じゃないですか」「このメンバー最強説」「顔の偏差値高っ」などと、美形がそろい踏みしたショットに称賛の声が集まった。

さらに、6人のなかで川栄だけ卒業生だが、
「川栄さん、現役でも全然いける」と昔と変わらない現役アイドルの気配を感じ取る声や、「いつまでも仲良しなんだね、良いね」と友情を確認し、ほっこりするファンも見られている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00010000-musicv-ent

豪華メンバーがそろった記念ショットが話題
川栄李奈、高橋朱里、加藤玲奈、入山杏奈
          山本彩、木﨑ゆりあ
no title

no title

no title

川栄李奈、山本彩
no title

入山杏奈、木﨑ゆりあ
no title

高橋朱里、加藤玲奈
no title

【【AKB48】「顔の偏差値高っ」川栄李奈、さや姉、入山杏奈ら会食…AKB“美形”そろい踏みショットに反響】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 13:48:36.52 ID:CAP_USER9
元AKB48の川栄李奈(21)が21日、大阪市西成区を舞台にしたNHKドラマ「アオゾラカット」(3月15日後10・00、BSプレミアム)の撮影を行った。

神奈川出身の川栄にとって、大阪弁のセリフは至難の業。
「関西弁のテープをずっと聞いてて、あまり勉強してこなかったけど今、頭をフル回転させてます」とにっこり。

AKB時代はおバカキャラでも人気だった川栄だが「昔はバカを前面に出していたんですが、今回は関西弁で頭を使って、ちょっとは賢くなったと思います!」と胸を張った。
AKB卒業後は女優として引っ張りだこでNHKでは朝ドラ「とと姉ちゃん」にも出演した。
「朝ドラのヒロイン? 常に狙ってます」と貪欲だった。

ドラマは安い宿を求めて外国人観光客に人気の西成を舞台に、この街で生まれた美容師の息子(林遣都)が父(吉田鋼太郎)との葛藤、和解を通じ成長するヒューマンコメディー。
小学校の6年間、大阪で育ったという吉田は、流ちょうな? 関西弁で「嫁は岸和田出身のバリバリの関西弁。自宅にいる時はこんな感じです」と、昨年結婚した“新妻”を引き合いに笑わせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000122-spnannex-ent

NHKドラマ「アオゾラカット」会見 川栄李奈
no title

(左から)川栄李奈、林遣都、吉田鋼太郎
no title

朝ドラ「とと姉ちゃん」
no title

元AKB48 川栄李奈
no title

no title

【元AKB48川栄李奈、女優として引っ張りだこ「朝ドラのヒロイン? 常に狙ってます」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/15(木) 21:51:58.28 ID:CAP_USER9
元AKB48のメンバーで女優の川栄李奈が、12月2日に放送されたテレビ東京系ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」第9話にゲスト出演、
そこで披露した制服姿がネットを中心に話題となっている。

川栄は自身のTwitterで以前より勇者ヨシヒコのファンだったことを公言。
出演できたことに「大好きだった勇者ヨシヒコに出れるなんて、、、。夢のような時間をありがとうございました。」と喜びのツイートをしている。

劇中で川栄は女子生徒役を演じ、その制服姿にSNS上では

  「りっちゃん制服似合いすぎ。超絶可愛すぎる。」
  「めちゃくちゃ面白いし、めちゃくちゃ可愛いし、最高でした!!!」
  「りっちゃんまだまだ制服イケるね・・・!」

と、制服姿を絶賛するコメントが多数寄せられた。
他にも、

  「りっちゃんの演技最高。」
  「川栄って普通にお芝居、お上手だよね。おバカキャラはどこへ・・・。」

など、川栄の演技を称賛するコメントも見られた。

女優として着々とステップアップをはかっている川栄。
今年はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ、様々なドラマ作品に出演。
先月千秋楽を迎えた舞台「あずみ~戦国編」では去年に引き続き、主演を務め、大成功を収めた。

さらに、来年春にはNHK BSプレミアムで放送されるドラマ「アオゾラカット」で主演を演じることが決まっている。

確実に一流女優への道を進んでいる川栄李奈。
さらなる活躍に期待だ。

なお、dTVではドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の見逃し配信を実施中。

ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」番組サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko3/

川栄李奈 Twitter
https://twitter.com/_kawaei_rina_?lang=ja

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000021-mnet-musi

ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 川栄李奈
no title

no title

no title

no title

no title

元AKB48 川栄李奈
no title

no title

【元AKB48川栄李奈、ドラマ「勇者ヨシヒコ」での制服姿と演技に称賛の声続々「超絶可愛すぎる」「りっちゃんの演技最高」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 19:51:40.68 ID:CAP_USER9
no title


「さすが、元AKBのセンター。分かってますね~」 芸能ライターがこう絶賛するのは、11月26日、映画『疾風ロンド』の公開初日舞台挨拶に登場した大島優子(28)のことだ。

 大島は、下着が透けるほどの白ニットに、緑のシースルーのスカート姿で登場。当然、会場は騒然となった。共演者のムロツヨシも思わず、「大島さん、それ透けてるのはアリなんですよね?」と確認するほど。それに対して大島は笑顔で頷き、「(ムロと)しゃべっていても、目線が絶対下にいくんですよ。めっちゃ見てるなぁ~って」と、男たちの“視線”もウェルカムで、会場は熱気に包まれた。

 スポーツ紙の芸能班デスクはこう語る。「大島の衣装のおかげで、スポーツ新聞やネットニュースでも映画を大々的に取り上げましたからね。自分をアピールしつつ、周囲も上手に巻き込む。AKBで鍛えられた“サービス精神”の賜物でしょう」

 国民的アイドル、AKB48。そこから巣立った元メンバーたちは現在、大島優子を筆頭に芸能界を席巻中なのだ。なかでも大躍進は、川栄李奈(21)だろう。今年は、NHK朝の連ドラ『とと姉ちゃん』に出演した。「彼女はAKB時代から、『有吉AKB共和国』(TBS系)で放送された映画『転校生』のパロディで、アイドルらしからぬ抜群の演技力を見せつけ、周りを驚かせたことがあります」(アイドル事情に詳しいライター)

 川栄といえば、かつて握手会でファンに襲撃されるという事件もあったが、「その後の総選挙では、ケガも癒えぬ状態ながら、選抜入りが決まると急きょ会場まで駆けつけた根性の持ち主。ファンのみならず、世間の目を引きつけるカリスマ性は、卒業生の中でもダントツです」(前同) 現在はトヨタ自動車のCMにも出演しており、稼ぎもダントツに違いない。

 一方、女優・前田敦子(25)も評価が高い。「AKB48の卒業直後は、泥酔写真をスクープされるなど散々なスタート。当初は酷評の嵐でしたが、実は彼女、主演映画『もらとりあむタマ子』のように、陰のある暗い役をやらせたら天下一品なんです」(映画スタッフ)

http://taishu.jp/detail/25860/
http://taishu.jp/detail/25860/page2/

 事実、2012年、13年と2年連続で『日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞』を受賞。「本人が“1日5本は映画を観ていた時期がある”と語ったように、大の映画好き。大衆向けではなく、玄人受けする作品に出演する傾向があります」(前同) 大島、川栄、前田と、女優業を選んだAKB卒業生は大成する勢いだ。

 一方、ソロ歌手を選んだ卒業生は前途多難だ。「最たる例が“ともちん”こと板野友美(25)ですね。AKB48の第1期メンバーで、AKB人気の起爆剤となった一人です」(芸能ライター)

 13年に卒業後、翌年には初のソロアルバムが発売され、全国ツアーも組まれたが、なかなか話題にならず。だが、現在、板野は思わぬところで大人気に。「ズバリ、中国です。板野は今年の春に公開された中国映画『雨衣』で初主演。これは中国、台湾、香港でベストセラーとなった小説が原作で、映画もヒット。その影響か、香港、台湾などで行った彼女のアジアツアーも盛況でした」(前同) 海の向こうで、ともちんの逆襲が始まった?

 歌手デビューでは、今春卒業した高橋みなみ(25)も苦戦だ。10月には初のアルバムを発売。槇原敬之や玉置浩二が作詞・作曲を手掛けた楽曲もあり、話題性は十分だったが、売り上げは思うようにいかなかった。しかし、業界関係者の多くは、高橋の別の才能に注目している。

「高橋のラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』(TOKYO FM)の評判が非常にいいんです。20~30代の働く女性を応援する内容なんですが、高橋の仕切りのうまさはすごい。元リーダーらしい、みんなを勇気づける真摯なコメントも秀逸です。真面目なトーク番組のMCなんかに、ピッタリの逸材では?」(民放局ディレクター)

 また、舞台を中心に活躍している元メンバーも。「秋元才加(28)は、体を鍛えて引き締まった筋肉美を見せる一方、舞台を中心に女優として活躍中です。篠田麻里子(30)も、今年は舞台『真田十勇士』に出演するなど活動を続けています」(アイドルウォッチャー)

 さまざまな分野で逞しく生きるAKB卒業生たち。アイドルを卒業し、新たな魅力を放ちはじめた彼女たちから、今後も目が離せない!

【大島優子、川栄李奈、高橋みなみ…AKB48卒業生が「芸能界を席巻する日」彼女たちから目が離せない!】の続きを読む




このページのトップヘ