吉岡里帆

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 14:06:18.22 ID:CAP_USER9
 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。

 「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

 ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

 今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

 「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

 女優業との違いは大きく、「役者だと自分の体を使って演技できるので、ちょっと笑っただけで意味が出たり、眉間にしわを寄せるだけで何か不快なんだろなって伝わるんですけど……。アニメっていい意味で動きが大ぶりで、笑っている時は本当にしっかりと笑っているし、泣いている時はものすごく泣いている。喜怒哀楽が10倍くらい大きい。そんな大きい表情をするアニメの子たちに合う声を探す難しさというのもありましたね」としみじみ。

 さらに「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらないことがあるんだなってことに気づけたのも大きかった」といい、「未来子が涙ぐんで『そやけど』っていうシーンがあるんですけど、その『そやけど』がハマらなくて。私は何なら涙ぐみながら言っているのに、アニメにハマらなくて、OKをもらえなくて本当に悔しくて。それで『なんでOKにならないんだろう』ってなった時に、声優さんって体のキャパを超えるくらいのエネルギーで声を入れていて、それで初めて伝わるんだろうなって思えたのは大きな収穫です」と振り返っていた。

>>2以降に続きます

2017年04月15日
http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170414dog00m200050000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆 「私のうぬぼれだった…」 声優挑戦で数々の“気づき”】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 20:37:47.52 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で主演を務める有村架純が、雑誌「ar」5月号にカバーガールとして半年ぶりに登場。さらにドラマ「カルテット」での怪演が話題を呼びブレイクを果たした吉岡里帆が初登場! 
いま、全国から注目を集める最旬女優の2人が、その美しさと可愛さのヒミツを明かす。

2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて一躍脚光を浴びた有村さん。
月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では主演を務めるなど数々のドラマに出演。またスクリーンでも『ビリギャル』をはじめ『アイアムアヒーロー』『何者』『3月のライオン』とヒット作に登場。
今年は『関ヶ原』『ナラタージュ』と話題作の公開が控えている。現在は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にてヒロインを熱演中。再び、全国のお茶の間からの注目を集める。

多忙を極めるスケジュールの中でも、さらにみずみずしさが増したと評判の有村さんが、雑誌「ar」ビューティ特集5月号にカバーガールとして登場。
新しいことに次々と挑戦しながら、どんどんキレイを更新し続けるその姿は全女子の憧れのマト! 誌面のインタビューでは、そんな彼女のとびきりフレッシュなビューティの秘密や女優&女性としてのチャレンジについて、たっぷり特集。
熱心な研究&実践から導かれた“有村架純流”美肌メソッドは、必見だ。

さらに、美少女タレントの登竜門ともいわれる「ゼクシィ」CMガールに抜擢され、ドラマ「ゆとりですがなにか」「死幣-DEATH CASH-」「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」と立て続けに出演し、1月期放送ドラマ「カルテット」では“目が笑ってない笑顔”の演技が大反響! 
今月公開の『名探偵コナン から紅の恋歌』では声優を務めるなど、人気急上昇中の吉岡さんが、本誌初登場。

白くてふわふわとした透明感にあふれていて、ありのままで愛くるしいうさぎのような吉岡さんが、いま話題の“うさぎ女子”に! 
気持ちも柔らか、甘えん坊な癒し系、まわりの空気までじんわり温かくする愛されオーラが魅力の“うさぎ女子”のつくり方を、メイク、ヘアスタイル、ボディのポイントをおさえて伝授する。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

吉岡里帆、ヘルシーボディで魅せる“うさぎ女子”に変身!雑誌「ar」5月号
2017.4.11 Tue 20:00



吉岡里帆/雑誌「ar」5月号

no title
 

有村架純/雑誌「ar」5月号
 
275893

no title

【吉岡里帆、ヘルシーボディで魅せる“うさぎ女子”に変身!カバーガールは有村架純 雑誌「ar」5月号】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 20:56:24.08 ID:CAP_USER9
歌手、倉木麻衣(34)が3日、東京都内で行われたアニメ映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」(15日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

 主題歌「渡月橋~君 想ふ~」(12日発売)を担当する倉木はゲスト声優を務めた宮川大輔(44)、吉岡里帆(24)らとはかま姿で登場。3人は映画タイトルにちなみ初恋の思い出を披露した。

 倉木は「幼稚園のときにお遊戯会で私が母親役、気になっていた男の子が息子役だった。そのとき、その子をじっと見つめていました」と照れ笑い。吉岡も初恋は幼稚園のときだと明かし、「そのときは好きだといえなくて、小学校に上がったときに、どうしても会いたいと思って、その子の家まで行った」と恋に積極的だった過去を告白。「チョコを渡して、写真を撮ってもらった。その写真は今も持っている。捨てられないんです」と淡い恋心を思い出していた。


・アニメ映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の完成披露舞台あいさつに出席した左から吉岡里帆、宮川大輔、倉木麻衣=東京・丸の内
no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170403/geo17040320000036-n1.html


∥その他の画像∥
no title

no title
 
no title

no title

no title

【吉岡里帆、恋に積極的だった過去を告白 「どうしても会いたいと思って、その子の家まで行った」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 08:37:27.65 ID:CAP_USER9
 女優の吉岡里帆(24)が17日、声優を務めるアニメ映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」(4月15日公開)の公開アフレコ収録を東京都内で。関西を舞台とした同作で、自身と同じ京都府出身のタレント、宮川大輔(44)と関西弁のセリフで熱演し、「地元の言葉でしゃべると気持ちがこもりやすい」。

2017.3.18 05:00
http://www.sanspo.com/geino/news/20170318/geo17031805000018-n1.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆、宮川大輔と公開アフレコ収録 関西弁は「気持ちこもりやすい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 12:42:45.53 ID:CAP_USER9
女優の吉岡里帆が14日、自身のInstagramを更新。TBS系ドラマ「カルテット」(毎週火曜よる10時)が無事クランクアップしたことを報告した。

吉岡が演じたのは、松たか子演じる真紀らカルテットの4人が訪れるライブレストランの従業員・来杉有朱(きすぎありす)役。どこかミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女性で、常に笑顔を絶やさずにいるが、その目は全く笑っていない…という役どころ。

コメント欄には「お疲れ様でした!里帆ちゃんの有朱ちゃんが怖すぎて、毎週ミゾミゾしてました」「悪女な里帆ちゃん本当に嫌な子だったけど、大好き!笑」など吉岡をねぎらう声とともに、「カルテット終わってほしくない…」「残り2話どうなっちゃうのー!?」など期待の声も多く寄せられている。

なお、第9話はきょう(14日)放送


一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
https://mdpr.jp/news/detail/1670593
no title

【吉岡里帆「悪女噛み締めました」=『カルテット』クランクアップで心境明かす】の続きを読む




このページのトップヘ