卒業

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 18:29:53.71 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二とタレントの小島瑠璃子が、メインキャスターを務めてきたTBS系スポーツニュース『S☆1』(毎週土曜 深0:30、日曜 深0:30)の26日放送をもって、
そろって番組を卒業した。2人は2012年3月31日から丸5年間キャスターとして出演していた。

 26日の放送のエンディングで、田中と小島、そして同時期から番組に参加してきた佐藤文康アナウンサーが並び、田中が「僕たち3人、5年間『S☆1』を担当してきたんですけど、
きょうで卒業ということになりました」と報告。佐藤アナは「あっという間の5年間でした。取材先でお世話になった皆様、ありがとうございました」とあいさつし、
スタジオコメンテーターの野球解説者・野村克也氏にも感謝した。

 小島も「18歳で誰も知らない無名のタレントの私を起用してくださって、そこから徐々に名前を知っていただけるようになって、
この『S☆1』が私の芸能界の実家です」と番組への思いを話し、「普通に芸能の仕事をやってるだけでは会えないような方々と、たくさん出会わさせていただいた」と感慨を込めた。

 田中は、これまでスタジオの解説者たちに感謝の言葉を述べ、「私みたいな単なる巨人ファンがスポーツニュースを5年間も務めさせていただくのは、奇跡的なことです」と回想。
「野球に限らず、オリンピックも2回も経験させていただき、こないだのWBCやワールドカップとかいろいろあって、スポーツのいろんなことを経験させていただいたのは、財産です」と胸の内を語ったが、
終了時間が迫っていたため、最後は「ありがとうございました~」と早口で締めくくった。

 小島は翌日に自身のツイッターで「私の生活の一部でした。名前も顔も知られていないわたしを、TBSの大事なスポーツニュースに採用して頂き、
沢山の経験をさせて頂きました。本当にありがとうございました」と改めて番組関係者に感謝の気持ちを伝えた。

 なお、後任について佐藤アナが「来週から優秀な後輩が担当いたします」とコメントしたが、具体的な名前は明かされなかった。
番組公式サイトも28日現在、「出演者」欄には田中、小島、佐藤アナの写真が並んでいる。

http://news.livedoor.com/article/detail/12856917/

a18e3_760_2088203_20170328_093926_size640wh_5923[1]

【TBS『S☆1』MCの爆笑問題・田中&こじるり卒業 2012年から5年間担当】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 05:13:24.07 ID:CAP_USER9
ABCの早朝番組「おはようコールABC」(月~金曜前5・00)に出演しているフリーアナウンサーの斎藤裕美(32)が31日の放送で卒業することになり、MCを務める妹の斎藤真美アナウンサー(28)と記念の姉妹旅をこのほど楽しんだ。

 元MBSアナからの転身で、15年10月から木、金曜のニュースコーナーを担当。真美アナとは小学校から大学(神戸大海事科学部)まで全て同じという仲良し姉妹で、これまでの番組内での共演ロケでも息の合ったところを見せてきた。

 番組では、31日のオンエアのため、1泊2日の香川県・小豆島2人旅に密着。15年秋に結婚した裕美は、訪れた子宝観音寺で「早く子宝に恵まれるよう、頑張ろうと気合いが入った」と妊活に意欲を見せつつ、「これからはまだ見ぬ子供と一緒に番組を見ながら応援するのが目標」と語った。

 一方の真美アナは、干潮時に1日2回、海の中に現れる“恋人の聖地”エンジェルロードで「いつかは恋人と」と、良縁に思いをはせる場面も。姉との“別れ”については「カメラの前での2人の距離感をやっとつかめたと思いきや、姉卒業です」と惜しみつつ、1年半の貴重な時間を振り返っていた。


・ABC「おはようコールABC」卒業記念の小豆島旅行、国指定の名勝・寒霞渓で笑顔のフリーアナ・斎藤裕美(左)と妹の斎藤真美アナ
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000160-spnannex-ent

【斎藤裕美「おはようコールABC」卒業 妹・真美アナと記念の姉妹旅】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/25(土) 09:19:35.84 ID:CAP_USER9
 「色が黒すぎる女子アナ」で有名なフリーアナウンサーの岡副麻希(24)が25日、レギュラー出演していたフジテレビ系「めざましどようび」(土曜前6・00)を卒業した。

 2015年4月から同番組のお天気キャスターを担当。最後の出番となった終盤の天気予報のコーナーでは、原稿を読みながら涙声。最後まで伝えきったが、読み終わると涙を止めることができなかった。

 番組最後には「私はよくバカと言われることが多くて、こんな人を朝から見たくないって人も多かったと思いますけれど…」といつもの天然キャラ全開であいさつ。

写真
no title


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/25/kiji/20170325s00041000193000c.html

【岡副アナ「めざましどようび」涙の卒業 最後までらしさ「見たくない人いたと思う」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 09:50:07.67 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・LinQの秋山ありす(27歳)が3月19日、同グループからの卒業を発表した。

秋山は九州大学医学部に通いながらアイドル活動を続けていた異色のアイドルだが、昨年春に大学を卒業したものの、医師国家試験は不合格に。
その後、アイドル活動は休業しながら浪人生活を送っていたが、このたび無事試験の合格を機にLinQも卒業する運びとなった。

秋山はLinQの公式ブログに、ファンへの直筆メッセージを掲載している。
その全文は次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

これまで、秋山ありすを応援して下さった皆様、
本当に本当にありがとうございました。LinQの1期生としてデビューし、
ずっと皆さまがあたたかく優しく、しっかりと支え続けて下さった
おかげで、こうして幸せな卒業を迎えることができました。
ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様の笑顔こそが、私の原動力でした。
共有した思いや時間は絶対に忘れません。
LinQメンバーであったからこそ出会えた皆様、
LinQメンバーであったからこそ出来たひとつひとつのことが私の宝物です。
これからの人生においても、皆様のあたたかい言葉を思い出し、
頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。

秋山ありす

※※※ ※※※ ※※※

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0320/nrn_170320_2484542860.html

LinQ 秋山ありす
no title

no title

LinQ
no title

【LinQ 秋山ありす、「医師国家試験」合格でアイドル卒業】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 20:14:52.94 ID:CAP_USER9
SKE48石田安奈(20)が18日、名古屋・SKE48劇場で行われた公演で、グループ卒業を発表した。

夜公演のアンコールで「私から報告があります。5月末でSKEを卒業することになりました」と報告した。
「前向きな卒業で、(理由が)年齢とか時期とかじゃなくて、夢への1歩なので、あと2カ月ちょっと、見守って下さい」と呼びかけた。

この日、出演したメンバーにも伝えていなかったという。
突然の発表に、日高優月(18)竹内彩姫(17)ら多くの後輩がその場で泣き始めてしまい、石田は「ごめんね、言ってなかったんですよ…」と謝罪した。
2期生で同期の内山命(21)からは「一緒に卒業しようねって言ったのに…お前、ふざけんなよ~!」とジョークまじりに突っ込まれていた。

5月27日が21歳の誕生日で、「(ファンが)生誕祭の準備をしてくれているんですよね? それを知っているので、最後に…(開催したい)」とファンにお願いをした。
内山は「すっごいのをしましょう? 『結婚式か?』みたいなやつ」と呼びかけた。

石田は09年に加入し、3枚目シングル「ごめんね、SUMMER」で選抜に入るなど、加入当初から活躍した。
スピード感あふれるダンスを武器に、中心メンバーとしてグループの草創期を支え、12~13年にはAKB48との活動も兼任した。
アイドル以外にも、心理アロマアドバイザーの資格を取得するなど、マルチな才能を発揮した。
卒業後の進路は、公演では発表しなかった。

石田の卒業で、SKE48の2期生は高柳明音(25)斉藤真木子(22)と内山の3人になる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794207-nksports-ent

SKE48から卒業を発表した石田安奈
no title

no title

no title

no title

SKE48 石田安奈
no title

no title

no title

【【SKE48】石田安奈、卒業を突然発表「前向きな卒業、夢への1歩なので」】の続きを読む




このページのトップヘ