半年

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 09:26:48.30 ID:CAP_USER9
「ちょっと、まいったなぁ……。え~、今年の4月くらいからですね。出会いは、共通の友人がいまして、その紹介です。

彼女が音楽に興味を持っていたので知り合いのジャズバーを紹介したり、いろいろしているうちに仲よくなったという感じですね」

10月下旬の昼下がり、都内の自宅近くの公園でブロンド美女の手を引いていた長井秀和。
「週刊女性」の直撃に驚く彼女を落ち着かせようと、流暢な英語で状況を説明する姿は紳士のようだ。あれ、そんなに紳士だったっけ? 

かつて『エンタの神様』(日本テレビ系)などのネタ番組で話芸を披露、「間違いない!」の決めゼリフで一躍人気者となった長井。
そんな彼が「世界に通用するコメディアンを目指す」と、アメリカに語学留学をした'07年が人生の転機になった。

「フィリピンで17歳の少女を買春したとして身柄を拘束され、釈放のために現金1100万円を振り込んだと報じられました。
が、長井は後に“美人局”だったと主張、少女も本当は24歳で性行為もなかったとしています」(ワイドショースタッフ)

さらに同年、今度はカナダ出身の女性タレントとの不倫が発覚。立て続けに起きた外国人女性とのトラブルがたたったのか、翌年に9年間連れ添った妻とも離婚。次第に露出も減っていくことに。

「昨年には“工事現場の警備員をしている”との一部報道もありました。そのときは“彼女はいない”と話していましたね」(芸能レポーター)

ということは、この日連れていた外国人美女は長井の新しい“ラバー”だったのだ。しかも将来を誓い合った“フィアンセ”だとか。

「彼女はヘレンさんといって28歳のドイツ人です。英会話を教えていて、たびたび長井のSNSにも登場しています。
すでに同棲中で、お互いの家族にも紹介ずみ。ゆくゆくは結婚をするとのことで、近しい知人らにも会わせています」(芸能プロ関係者)

交際から半年、早くも結婚に向けて動いているようだ。もしかしてオメデタ? 

「デキちゃった、とかじゃないですよ。日本で生活するうえで婚姻ビザのほうが何かと便利だったりしますからね。よくオジサンが国籍目当てで外国人女性から言い寄られているような……、冗談ですよ(笑)。
彼女を愛しているのはもちろんですけど、結婚にはちょっと時間がかかるかもしれないんです」(長井)

当然、ヘレンさんとは国際結婚になるのだが、とくにドイツは日本の結婚制度とは大きな違いがあるのだという。

「私が1度離婚していることも影響していまして。これをクリアしないといけないんですが、早ければ数か月、遅ければ何年とかかるかもしれないんですよ」(長井)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00008438-jprime-ent
週刊女性PRIME 11/1(火) 7:30配信

4d82b4cf (1)

4d82b4cf (2)

【長井秀和、交際半年でドイツ人女性と再婚へ! 直撃取材に「No. doubt about it」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 20:55:53.93 ID:CAP_USER9
歌手の高橋みなみ(25)が16日、東京・丸の内COTTON CLUBでファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』(12日より発売中)リリース記念ライブを行った。
サービス精神あふれるトークでも魅了した高橋は、「笑顔」(作詞・作曲:真島昌利)の歌唱中にAKB48を卒業して半年経った心境を語り、思わず涙を流した。

高橋は間奏部分で「なかなかみんなに会えることが少なくて、ちょっと寂しくなったりもするけれど、できないことも含めながら全部笑顔でいてくれることに感謝します」と語り、
歌い終わると「本当に寂しいのよ。あぁ寂しい」と涙を拭った。

AKB時代の「恵まれていた」という環境を振り返り、「あの場所はすごかった。でも、卒業して同じことをやっていたら私自身が強くなれない」と、改めて決意。
ファンへ向けて「私は強いキャラクターだったけれど、実は弱いって皆さんにはバレていて、どこかでみんなが引っ張ってくれた部分があった。でも、卒業したら私が引っ張りたい。足りないところもあるけれど、みんながいたら大丈夫」と感謝を込めた。

前日には秋元康氏に誘われ、AKB48グループの総監督を引き継いだ横山由依らと食事したことを明かし、
「横山がすごく総監督になっていて、びっくりしちゃった」と驚き。
「私はもう新曲とかメンバーのこととかわからなくなっちゃったけれど、横山は暇さえあれば秋元さんに『これはこうですか?』って聞いていて。私もそうだったなぁって、ちょっとウルッとした」と、うれしそうに話した。

また、ファンからの質問で現在の体重を聞かれると「AKB卒業時は36キロしたが、今は40キロ」と告白。
「ガリガリでしたね」と苦笑し、ファンは体重増加に拍手で盛り上がっていた。

開催前に行われた囲み取材では、意味深なアルバムタイトルについて「秋元康先生から10個ほどタイトル候補を送っていただいた中の一つ」と説明し、
「皆さんの想像を掻き立てられて、いいかなと思った」とお気に入りの様子。
「恋愛解禁にもなりましたし、25歳の女性として生きていくということの現れ」の意味もあると紹介した。

ライブでは、同アルバムに収録されている「愛しくて恋しすぎて」(作詞・作曲:高見沢俊彦)、「カガミヨカガミ」(作詞・作曲:槇原敬之)、「笑顔」(作詞・作曲:真島昌利)、「カツ丼 in da house」(作詞・作曲:前山田健一)、「いつか」(作詞・作曲:Shun Naka(HY))などを熱唱し、「GIRLS TALK」(作詞:岸谷香・木村有里 作曲:岸谷香)では、岸谷も登場し一緒に同曲を披露した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000362-oric-ent

ファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』リリース記念ライブ 高橋みなみ
no title

no title

高橋みなみ『愛してもいいですか?』
no title

元AKB48 高橋みなみ
no title

【高橋みなみ、AKB卒業して半年「本当に寂しいのよ、あぁ寂しい」 ライブで涙】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 15:22:08.05 ID:CAP_USER9
 女優上野樹里(30)とロックバンドTRICERATOPS(トライセラトップス)のボーカル兼ギターの
和田唱(40)が26日、結婚したことを発表した。

 この日、婚姻届を提出した。双方の所属事務所を通じて、連名のファクスを報道各社に送付した。
現時点で挙式・披露宴は未定。

 上野は以前から同バンドの大ファンで、音楽を通じて距離を縮め、真剣交際に発展した。交際約半年で
ゴールインとなった。

 上野と和田はオープンな交際を続けてきた。トライセラはシンガー・ソングライター小田和正(68)が
ホストを務める毎年恒例のTBS系音楽番組「クリスマスの約束」に出演。昨年11月にライブ収録が
行われた横浜市内の会場に、上野も足を運んでいた。山下達郎のライブでも、ツーショットが目撃されていた。
上野はトライセラのライブ会場にもたびたび足を運んでいた。交際に発展すると、それぞれ多忙な合間を
縫いながら、互いの家を行き来していた。

 和田の父はイラストレーターの和田誠氏(80)、母は料理研究家でシャンソン歌手の平野レミ(69)。
弟の妻はモデル和田明日香(28)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000087-nksports-ent


13257074_1740303612917120_497808018_n

【上野樹里がトライセラトップス和田唱と交際半年で結婚】の続きを読む




このページのトップヘ