元AKB48

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 20:23:43.34 ID:CAP_USER9
13日放送のAbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」で、元AKB48・SDN48メンバーの野呂佳代が太っている理由について明かす場面があった。
番組ではタレント、フリーター、役者など、さまざまな肩書の“ブス”がゲストとして集まり、世の中の“ブス”の本音を伝えるべくトークを繰り広げた。

「食事中に舌で歯に挟まったものを取るのを隠さない人はブス」という話の流れから、食事中の作法については気を付けていると語る野呂に、
司会の小木博明は「じゃあなんで太ってるの? そういう美意識があるんだったらそこは考えなきゃいけないじゃん」と直球の質問を投げかける。

野呂は「モデルもやっているんで。プラスサイズモデルっていう……」と、ぽっちゃり体型の人を対象にしたファッション雑誌でモデルをしているため、体型を維持しているだけだと主張する。
しかし司会の2人から「そもそも太ったからプラスサイズのモデルに任命されたんだよな」
「仕方なくもうそっちの路線に変更しただけよ。そもそもそんなのなりたいわけないんだから」と、矢継ぎ早に鋭いツッコミを入れられると、
野呂は「正直、こじはるみたいになりたいよ。私だって」と本音をこぼしスタジオの笑いを誘った。

先日放送されたテレビ番組ではAKB48のオーディションへ応募する際、年齢を詐称し、写真も加工したものを使って送ったと告白した野呂。
最終審査では周囲がざわつき「『これ誰が呼んだの?』みたいな感じになって」と語る野呂だが、
秋元康の「こういう娘が痩せていって綺麗になっていく過程がやっぱり面白いんじゃないか」という考えのもと合格したというエピソードがある。

26歳のときには、AKB48より大人のメンバーを集めたSDN48へ“助っ人”として移籍が決まったと話すも、
小木は「そっち行っても全然パッとしなかったじゃん」とここでも厳しいツッコミを入れた。
野呂は「これでもリーダーなんで、陰で劇場を守ってくれ」と言われたのだと話すが、
周囲から「陰で、ってことは引き立て役だったってことですよね」と揚げ足を取られると「デブだからダメだったんだよ!うるさいな、もう!」と逆切れしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00028783-etalent-musi

AbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」 野呂佳代
no title

モデルとしても活躍 
no title

元AKB48 野呂佳代
no title

no title

no title

【元AKB48野呂佳代が「太っている」意外な理由とは?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 15:50:16.94 ID:CAP_USER9
AKB48の元メンバーでタレントの大島麻衣(29)が15日、都内での「ジレット チャレンジ」キャンペーン発表イベントに、お笑いコンビ「スピードワゴン」とともにゲスト出演した。

「朝、ひげをそり残している男性を見ると、残念だなと思う」という大島。
ひげそりに関しては、電動シェーバーよりT字型カミソリでそる男性の姿に「男を感じる。腕の動きに力を感じる」と女性らしい目線で分析していた。

また、普段は電動でひげをそるスピードワゴンの井戸田潤(44)は、T字型の新製品でひげそりを体験し
「自分が変われた。今までは自分にやさしく人に厳しくだったけど、これからは自分に厳しく人にやさしくする。肌と地球にもやさしく」と、ひげそりも心も変わることをアピールした。

「ジレット チャレンジ」キャンペーン発表イベント
no title

元AKB48 大島麻衣
no title

no title

【元AKB48大島麻衣、T字型カミソリでヒゲそる男性に「男を感じる」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 12:29:38.10 ID:CAP_USER9
元AKB48の歌手・岩佐美咲(22)が11日、都内で初写真集「わさみん★」の発売イベントを行った。

昨年7月にジャパンエキスポ出演のために訪れた、仏パリなどで撮影。
部屋着のオフショット、水着姿などが満載だ。

岩佐は「水着は久しぶりに着た。AKB時代はあったけど、着ると恥ずかしいですね」と照れ笑い。
「本当はもっと痩せたかったけど、ありのままでいっか~って。あんまり見てほしくない」と控えめにPR。
理由について「メリハリがない(体な)んで…。下半身がしっかりした女の子、ムチムチした人が好きな一部のマニアにウケたらいいな~」と自虐的だった。

今作では愛犬のチワワ・チーズ(♀)とのショットがお気に入り。
犬への愛情があふれるあまり、「全ページ、犬と一緒に撮りたかった。犬と(次回作を)出させてもらえるなら、私、全裸でもいい!」。
衝撃発言にドッと沸いたが、すぐさま訂正。
「ウソですよ。それぐらいの気持ち。写真の技術を磨いて、自分が撮った犬の写真集を出したい」と話した。

5月7日に東京・新宿明治安田生命ホールで弾き語りライブを開催する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000085-sph-ent

初写真集「わさみん」の発売イベント 岩佐美咲
no title

岩佐美咲初写真集「わさみん」
no title

no title

no title

no title

元AKB48 岩佐美咲
no title

no title

no title

【元AKB48岩佐美咲、初写真集で久々の水着姿「ムチムチ好きなマニアにウケたらいいな~」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 16:44:50.42 ID:CAP_USER9
アイドルグループ、AKB48の元メンバーである岩田華怜が自身のブログを更新、グループ卒業後の自身の状況を語っている。

「メンヘラな夜」とのタイトルで「読んでも私のことを好きで居続けてくれる自信がある方だけ読んでください」との言葉からはじまる同ブログ。
岩田は、最近、ファンが減っていると思っていることを告白した。

岩田は、そもそも自身がAKB48という国民的アイドルグループにいたことで、
ファンとは、「たまたまあなたに出逢った」として、そのファンたちは元をただせば「アイドル」が好きなのであったと分析。

そして、「グループを卒業してしまった今、私はアイドルではありません。まあグループに居た時も、周りの子と比べたら私は確実にアイドルらしくはなかったんだけど、笑 それでも、たくさん可愛い子がいる中で、私を選んでくれたってことは、卒業しても、私のことを好きでいてくれるはず。そんな淡い期待を抱いて卒業しましたが、やっぱり半分以上の人が、居なくなってしまった」と綴っている。

そして最後には今いるファンへ向けて、「みんなが大好きです。離れないでください。側にいてください。頑張るから。もっともっと頑張るから。あなたの1番でいさせてください……最高にメンヘラで最高にダサいブログでした。最後まで読んでくれてありがとう」とコメントしている。

岩田華怜は2011年にAKB48に12期生として加入。
2016年に1月に卒業を発表し、同年5月の握手会でAKB48としての活動を終えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000005-reallive-ent

元AKB48 岩田華怜
no title

no title

no title


岩田華怜 初ソロDVD「いわたかれん ふぁ~すと」
no title

【ファンが半減!? 元AKB48岩田華怜が卒業後の状況を激白「やっぱり半分以上の人が、居なくなってしまった…」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 17:55:29.23 ID:CAP_USER9
元AKB48・大島優子が、ついに女優としての当たり役をつかめたか。
日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」での鳥居小雪役の演技が好評を博している。
2月1日放送の第3話では、不倫に足を踏み入れるアラサー独身女性を見事に演じて、原作者・東村アキコ氏からも称賛された。

■“超絶タイプ“の相手は妻帯者
「東京タラレバ娘」は、累計発行部数180万部を突破した、東村アキコ氏による同名人気コミックのドラマ化。
売れない脚本家の主人公・鎌田倫子(吉高由里子)たちアラサー独身女性が、恋に仕事に右往左往する様子をコミカルに描いている。
大島演じる小雪は、倫子の高校時代からの親友の1人で、居酒屋「呑んべえ」の看板娘という役どころ。
「肉じゃが作って男に持っていくような女になりたくない」と言い放つサバサバしたキャラクターだ。

第3話では、そんな小雪に運命の恋(!?)が到来。
“超絶タイプ“のサラリーマン・丸井良男(田中圭)と偶然出会い、急速に惹(ひ)かれていく。
突然のときめきに戸惑いつつも、勇気を出す小雪だったが、丸井が妻帯者だったことが発覚。
それでも恋心は抑えきれず......という展開だった。

■東村アキコ氏も「めっちゃ小雪」
この演技は視聴者からも好評。Twitter上では、

  「アイドル上がりなのに普通に演技上手い」
  「なかなかいい演技していて、AKBだったこと忘れちゃう」
  「他の女優2人と並んで違和感ない演技ができている」

といった声があがっており、さらに原作者の東村氏も2月1日にTwitterで
「大島さんめっちゃ小雪だなあ~~こんなにイメージ変えられるなんてすごいなあ。『紙の月』の大島さんもすごい好きだったんですよね私‥ほんと別人みたいですごい!」と称賛した。
東村の言葉を受けて、大島は「原作者 東村せんせーの『めっちゃ小雪だなあ~』の言葉に大島優子カンゲキであります 最終話まで努力いたしますです!!」とツイートしている。

■女優・大島優子、ついに当たり役つかんだ!?
大島は2014年6月にグループを卒業してから女優として活動しているものの、「これ!」と名刺代わりになるような役をつかめていないのが現状だ。
同年11月公開の映画『紙の月』の存在感ある演技は、「第38回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞など多数の賞を獲得したが、出演シーン自体はそれほど長いものではなかった。

しかし、「東京タラレバ娘」は、第3話まで毎話平均視聴率が11%以上(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録していると報じられており、今クールで好調な作品のひとつ。
さらに大島演じる小雪は、メインキャラクターの1人。
同ドラマが“女優・大島優子“の実力を一気に世間に認知させるか――!?

8日放送の第4話では、小雪が丸井と温泉旅行に行くことになったのをきっかけに、倫子、小雪、香(榮倉奈々)の親友トリオが大ゲンカを繰り広げる。
原作では今後どんどん泥沼の展開が待ち受けているが、トップアイドルだった大島が果たしてどのように演じてみせるのか。
目が離せない!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010003-trendnewsn-ent

ドラマ「東京タラレバ娘」 大島優子
no title

no title

no title

no title

元AKB48 大島優子
no title

no title

【「ついに当たり役つかんだ!?」元AKB48大島優子、「タラレバ娘」の演技が好評 原作者・東村アキコ氏も称賛】の続きを読む




このページのトップヘ