低視聴率

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 01:43:03.95 ID:CAP_USER9
月9は歴史的な低視聴率、「めちゃイケ」「とんねるずのみなさんのおかげでした」などの不良債権を抱え、「SMAP×SMAP」の後継番組や古館一郎の新番組も瀕死。
フジテレビの状況がやばすぎる。かつてはテレビ界をリードしていたはずのフジテレビだが、なぜこのような状況に陥ってしまったのか。業界関係者からその実態を取材した。

今回、取材した業界関係者は、バラエティを中心に各局の番組会議に参加する製作会社のスタッフ。まずはフジテレビの社員の印象を聞いてみた。

「フジの今の社員の印象は、とりあえず“いい人”が多いんですよね。付き合ってみると、物腰もやわらかく憎めない。みんな“おぼっちゃま”で争うことはないんです。
よって芸能事務所などからの猛プッシュには簡単に言うことを聞いてしまう。この時点で企画はむちゃくちゃになる」

また、そんな“おぼっちゃま”たちの会議は独特だという。

「まず会議に目的がない。目的がないので異常に長い会議になる。昔のテレビ局の会議では多かったパターンですが、こんな状態の会議をやってるのは、今ではフジだけですね。
さらに最悪なのが結局、案が浮かばないので、“○○局の○○みたいな番組で”と信じられない着地点で終わる。消極的です」

そんな会議を主導しているのは、おぼっちゃま社員ではなく、テレビ界の妖怪とも呼べる人物たちだという。

「昔のテレビ界には、何をやっているのかさっぱりわからないが、なぜだが会議に参加して、特に目立った案を出すわけでもないのに、高額なギャラをもらっているような人物がウロウロしていました。
しかし、最近ではコスト削減のため、そのような人物は、ほぼ絶滅しています。しかし、そんな妖怪のような人物たちが今でもフジの会議にいるのが驚きです」

最後に、業界関係者に「フジの復活に必要なことは?」と質問すると、「とりあえず、お台場から引っ越してほしいですね。お台場で世間の流れから取り残されてしまったというのは、よく言われる話です。
“遠い”“交通費が無駄”と社員ではないスタッフからは文句たらたら」とコメント。

番組の企画の前に、多くの問題をフジテレビは抱えているようだ。

芸能ネタ 2017年03月22日 21時00分
http://npn.co.jp/article/detail/66483241/

写真
no title

【<フジテレビ>何をやってもダメダメ 問題点を関係者が激白!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 16:16:59.10 ID:CAP_USER9
 鳴り物入りでスタートしたものの、視聴率が4.0%までダウンしたフジテレビ系のトークバラエティー番組「フルタチさん」だが、そう簡単に打ち切りできない裏事情について、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同番組は昨年11月にスタート。初回こそ、視聴率は8.2%だったが、回を重ねるごとに、いずれも視聴率が好調な日テレの裏番組「ザ!鉄腕!DASH!!」、「世界の果てまでイッテQ!」に視聴者をそっくり持って行かれる結果に。そして、ついに、2月26日の放送では4.0%までダウンしてしまった。

 「タイトルは長寿アニメ番組『サザエさん』にかけ、『報道ステーション』同様、古舘が構成作家ら自身の事務所『古舘プロジェクト』のスタッフを引き連れて番組に乗り込んだ。番組のコンセプトは『世の中のあらゆる引っ掛かること』をテーマに古舘がゲストとともにしゃべり倒す、だが、どうやら、視聴者は古舘の“目線”にまったく引っ掛からなかったようだ」(放送担当記者)

 同誌によると、「報ステ」では古舘のギャラは1本あたり500万円だったが、今回は低めに抑えて200万円。それでも、スタッフの分も合わせ年間でかかる金は億単位。企画はほぼ古舘の意向が反映され、今やすっかり現場は意気消沈。本来ならば、打ち切りでもおかしくないような状態だが、古舘サイドと「最低でも1年は続ける」と約束。しかし、このままだとスポンサーがつかないため、打ち切りを打診したところ、「話が違う!」と逆に抗議されてしまったというのだ。

 「古舘と言えば、『報ステ』時代の手取りは年間12億5000万円と言われ、働かなくても悠々自適に生活していける。にもかかわらず、自分の存在感をアピールしようとフジのオファーを受けたが、数字を持ってないことがバレバレになってしまった。今後は、特番ぐらいしかオファーが来ないだろう」(芸能記者)

 今後も「フルタチさん」は、視聴率低迷を打破できないフジの大きな“悩みの種”になりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000002-reallive-ent

フジテレビ

【低視聴率でも打ち切れない『フルタチさん』】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 02:39:48.73 ID:CAP_USER9
 歌手で女優の西内まりや(23)が、フジテレビ系「月9」枠で放送中の初主演ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の視聴率低迷に「気にしなーい。って思いたーい」とコメントした。

 同ドラマは結婚したいOLと、結婚したくないイケメンアナウンサーのラブコメディー。1月23日放送の初回は平均視聴率8・5%(関東地区)だった。「月9」枠は苦戦が続いており、前回16年10月期の「カインとアベル」の初回視聴率が8・8%、16年7月期の「好きな人がいること」の初回視聴率は10・1%だったが、2作品に比べても今作は鈍いスタートとなった。さらに同30日放送の第2話の平均視聴率は6・9%(関東地区)と急降下した。

 同ドラマに出演しているロックバンドflumpoolのボーカル山村隆太が1日にツイッターで「くそー もうちょいドラマの宣伝したはずやのに! 笑」と、悔しそうにツイートしたのを受け、西内は低迷する視聴率のことだと思ったらしく、「結婚観が多様化してる様にテレビ視聴も多様化しているから気にしなーい。 って思いたーい」と返信した。

 しかし山村は「ちがうよ、トークショーの話だよ 宣伝したのに『名前覚えてほしい』『脱がせたがる』とかって見出ししか記事にされないからって意味だし!そっちが気にしてるんじゃないの? おれ視聴率とか全く興味ない」と反論。ただ、続けてハッシュタグで「♯って思いたーい ♯死兆律」ともつづっており、やはり視聴率は気がかりのようだ。

[2017年2月3日19時48分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1774063.html
no title


関連スレ
【視聴率】西内まりや主演の月9「突然ですが、明日結婚します」第2話は6・9% 初回から1・6ポイント下降 ★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485836711/

【西内まりや「気にしなーい」 フジ「月9」低視聴率】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 21:27:33.61 ID:CAP_USER9
初回視聴率7.2%で発進した、剛力彩芽(23)主演の金曜ナイトドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)。
しかし、3回目にして早くも4.1%と大暴落。この枠は23時台にも関わらず、過去ドラマの平均視聴率は7%以上。
剛力彩芽の数字は有り得ないほど低い。

「実は剛力さん、2014年に同枠の『私の嫌いな探偵』にも主演しており、6.8%の大敗。
翌年も『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』に主演し、6%とさらに数字を落としています。
それでも主演ドラマが続く彼女に対して、世間から“ゴリ押し”“低視聴率女王”の声が絶えません。
ドラマだけでなく、主演映画『L・DK』『黒執事』『ガッチャマン』も、ことごとく赤字。
もはやいいわけは通用しない最悪な結果です。
広告業界では『格安に使えるが、オススメできない』と評価されている」(広告代理店関係者)

剛力は、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)で司会を務めているが、
「剛力が降板してレギュラーのバナナマンがやった方が面白い」と、世間の反応も冷ややかだ。

■女優生命を決定づける運命の舞台に

そんな彼女の今後の予定だが、11月に明治座で初舞台「祇園の姉妹(きょうだい)」に出演。
檀れい(45)とのW主演で挑む。

「ゴリ押しで所属タレントを売ってきたオスカー事務所も、剛力さんのこの結果に頭を悩ませています。
テレビで使えないから、事務所がしかたなく舞台の仕事を与えた、といったところでしょう」(芸能関係者)

結果の残せない女優が舞台に転向する例が多い一方で、都落ちの印象も否めない。
「ドラマ、映画で大敗の剛力にとって、今回の舞台で女優生命が絶たれる可能性がある」と前出の関係者は話す。

「チケットが大幅に売れ残ってしまえば、彼女を起用してもデメリットしかないという印象になってしまう。
そうなると、舞台からもそっぽを向かれる可能性があります。
ある種、使えない女優の救済措置として使われる舞台もダメとなると、彼女の活動の場は消滅してしまいます」

ゴリ押しで世間から嫌われてしまった剛力彩芽。
最後に残された舞台という場で彼女は花開くことができるのか。

http://dailynewsonline.jp/article/1179603/
2016.08.18 12:08 デイリーニュースオンライン

no title

【女優廃業の危機?”低視聴率”剛力彩芽が挑む「最後の舞台」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 09:46:26.04 ID:CAP_USER9
女優の武井咲が7月からスタートする連続テレビドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)に主演することがわかった。
同作は不倫を描いた禁断のラブストーリーだが、相手役を演じる滝沢秀明(34)
のファンたちにとっては久しぶりの復帰作だけにさぞや期待を膨らませているだろうと思いきや、相手役が武井という点に不安を抱いているという。

滝沢は同局のドラマ『オルトロスの犬』から7年ぶりの本格的なドラマ出演。
恋愛モノということでファンからの期待値も高かったのだが、今ではすっかり“低視聴率女王”という不名誉なイメージがついた武井が相手。
そのためファンからは「また武井か~。これは数字取れない気が…」「不倫ものは飽和状態だから、オリジナリティーあるものだと良いけど」
「タッキーのファンは見ないでしょう」など不安の声が上がっている。テレビ関係者が語る。

「武井には『どんな役を与えても視聴率が取れない』というイメージがついてしまったために、かわいそうな部分もあるんですよ。
演技も下手なわけではないですし、何よりビジュアルに文句はないですから。
しかし、彼女の出るドラマは脚本がつまらなかったり、演出が良くない。これは視聴者をはじめとする世間の評価としては
『役を演じきれていない』ということになるので、武井のせいだといわれてしまうのです」

『せいせいするほど、愛してる』のプロデューサーは「武井さんのピュアな目が以前から大好き」だと語り、武井のファンだということも判明。
業界人からラブコールを送られて損はないが、世間と業界の間の温度差にもそろそろ気づいてほしい。

http://dailynewsonline.jp/article/1139087/
2016.06.02 07:05 ビジネスジャーナル

no title


https://www.youtube.com/watch?v=75CRrJJHI2o&list=RD75CRrJJHI2o


タッキー&翼 卒業 さよならは明日のために

【武井咲、7年振り連ドラの滝沢秀明ファンから不安噴出「数字取れない」】の続きを読む




このページのトップヘ