休業

1 (1)

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 16:08:42.56 ID:CAP_USER9
“イケメンシェフ”としてテレビ出演も多かったシェフの川越達也氏(44)が、
代官山のレストラン「タツヤカワゴエ」を長期間にわたり休業していることが
週刊文春の取材で分かった。川越氏は渋谷や白金台、出身地の宮崎などで手広く
レストランや居酒屋を経営していたが、次々に閉店。「タツヤカワゴエ」は本店にあたる。

「タツヤカワゴエ」のHPには3月の営業について、別の事業に携わるため
「お休みとさせて頂きます」と書かれている。しかし、都内の飲食店経営者はこう証言する。

「あの店は1年以上、事実上休業している状態です。川越氏はもはや
レストランシェフとしての仕事はしていないようです」

 同店の近所の飲食店関係者などに聞いても、「ここ1、2年くらいは営業を
しているのを見た記憶がない。昨年のクリスマスも真っ暗でした」と語る。

 HPや川越氏のブログを見ても、最近の仕事に関しては、宮崎での野菜などの
通販事業やショッピングモールでの料理イベント、コラボメニューの開発などが
いくつか確認できるくらい。あとはここ数年ハマっているというゴルフについて、
専門誌で連載を持っている程度だ。シェフの仕事はどうなっているのだろうか。

 川越氏本人に聞くとこう答えた。

「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。家庭のことと
子育てもありますし、出来ることなら世の中の人から、僕の存在は
忘れてもらいたいくらいです」

 3月23日(木曜日)発売の週刊文春が詳細を報じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00001838-bunshun-ent

【レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 13:02:58.64 ID:CAP_USER9
映画『彼らが本気で編むときは、』で子供を置いて家出をしてしまう母親を演じ、新境地に挑んだ
女優のミムラ(32)。近年、ますます精力的な活動を見せる彼女だが、一度は自分の未熟さから
芝居の世界を離れたいと思った時期もあったという。当時、いきなり月9で主演デビューという
プレッシャーの中、撮影現場で抱いた違和感とは? 今だから語れる「約2年間の休業」の真相、
そして再出発を決意した気持ちの変化を赤裸々に語った。

 2003年、フジテレビ系の月9ドラマ「ビギナー」で主演に大抜てきされたミムラ。演技経験のなかった
彼女は当時、自分の置かれた状況をのみ込めずに苦しんでいた。「自分より上手な女優さんが
たくさんいるのに、わたしなんかがなぜ、こんな大きな席にいるんだろう……業界のイロハもわからず、
当時はものすごく違和感があって、ずっと『誰かのカバン持ちがしたい』(演技の現場を別角度から見て
勉強したい)と思っていた」と述懐する。

 「演技はもとより、ちょっとした写真撮影も、インタビューの受け答えも、全てがダメで。自分が本当に
この仕事をできる人なのか、一度問いただしたいと思い、(事務所の)社長に『辞めさせてください』と
伝えたんです」と当時を振り返る。ところが社長は「演技は好きなんでしょ? たぶん戻ってくると思うから休んでおいで」とミムラの席を空けながら、
そっと背中を押してくれたという。

 そして2006年末、女優活動を休業。映画や芝居を観たり、本を読んだり、一人旅も経験。その中であることに
気付いたという。「わたしの場合、いきなり“内側”からお芝居に惚れたけど、休業して“外側”から惚れることができた。
お客さんの視点から観ると『お芝居ってこんなに面白いんだ』ということがあらためてわかった」と
声を弾ませる。「あんなに幸せな場所を用意していただいていたのに、何を怖がっていたんだろう」。
そう思えるようになったミムラは、再デビューのつもりで一から出直したという。「あの頃の葛藤や経験が
本当に役に立っている。こんなにお芝居が好きな人はいないだろうっていうくらい、今はお芝居が好き」。

以下全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000010-flix-movi
社長に「辞めさせてください」と伝えたんです(写真:中村好伸)
no title

no title

【ミムラ、休業の真相 “空白の2年間”を激白】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 11:01:13.21 ID:CAP_USER9
6月1日付けのブログで当分の休業が発表されたフリーアナウンサー・小林麻耶。
9日には妹・小林麻央が乳がんで闘病中であることも明らかになり、関係者は「妹の看病と自身の仕事。
両方頑張った結果、疲れが出たのでは……」と語る。テレビでは“ぶりっ子キャラ”の麻耶だが、
実際は「そんなことしなくても、かなりのハイスペック」なのだという。

麻耶が大きく体調を崩したのは5月19日。フジテレビ系情報番組『バイキング』の生放送中に退席し、救急車で病院へ搬送。
その後予定されていたイベントは中止され、今月に入って「過労による体調不良が回復しない為」に仕事を休むことが発表された。

「所属事務所は“過労”と発表しましたが、麻耶の体調不良にはいくつかの噂がある。ネット上では以前から精神的に不安定なのではないかと心配されていた。
そのうえ、妹の闘病生活を支えていたということであれば、やはり事務所の言う通り過労が大きいと思われます」(芸能記者)

そんな麻耶だが、一緒に仕事をしたことがあるスタッフによれば「彼女は超・ハイスペック女!」とのこと。

「撮影現場でお会いした時、可愛らしい顔だけではなく華奢な体、特に脚の綺麗さにびっくり! あの美しさはモデルさんも顔負けですよ。
それに加えて常にハイテンションで愛想が良く、女性でも好感を持たずにはいられない。
よく、ぶりっ子は同性に嫌われると言いますが、麻耶さんのは完全にキャラ。
話し方は普段もあんな感じですけど、会話では“しっかりと先々を考えられる人”といった印象を受けました。
そういう人だから、頑張りすぎてしまったのかもしれませんね」

さらに、今年7月には37歳となる麻耶は、近頃“劣化”が囁かれているが、

「目尻や頬のシワは確かに目立つようになりましたけど、30代後半であのビジュアルはだいぶ若い。
彼女の明るい笑顔を生で見たら、なおさら若々しく見えると思いますよ」(同)

と、やはりスペックの高さは変わらないようだった。

また、妹の麻央については9日、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵が会見を開いて病状などを説明。
約1年8か月前に乳がんと診断され、現在は抗がん剤治療を続けているという。
これまで報道されなかったのは、海老蔵や麻耶など関係者が他言しないよう徹底していたからだろう。
そんななかで麻耶までダウンしてしまったわけだが、妹と一緒にまた元気な笑顔で復帰してくれることを待ちたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1143865/
2016.06.11 09:00 トカナ

no title

【休業・小林麻耶の実物は超絶ハイスペック!? 関係者に聞いたら絶賛の嵐】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 09:14:43.56 ID:CAP_USER9
ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動により休業していたベッキーだったが、
今月、レギュラー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で復帰した。

この出演に対して、ベッキー不倫をすっぱ抜いた「週刊文春」(文藝春秋)がすぐさま川谷と離婚した元妻が抗議文を送ったと報じた。
報道のとおりならば重ねて不義を働いたベッキーへのバッシングが再燃することも予想されたが、被害者側であるはずの元妻サイドがすぐさま否定し、鎮静化を図っている。
あまりにも不可解な一連の騒動だが、なぜ元妻はベッキーの“失点”を防ぐことに協力したのだろうか?

「この事態には驚きました。『文春』サイドは否定していますが、不倫騒動の当初から『文春』と元妻は一蓮托生とみられていましたから。
それがここにきて割れたということです」(ワイドーショー関係者)

元妻がわざわざ「文春」の報道を否定してまで、ベッキーを守った理由は、5月上旬の会談にある。
実は、この時に、持ち前の人たらし術で元妻を“陥落”させていたというのだ。

「ベッキーは元妻に直接会った時、平身低頭で謝罪。そんなベッキーの態度を見て、元妻はすぐに許すことを決めたのはもちろん、
むしろ彼女を応援しようという気持ちにさえなったそうです。
その後番組収録のことを知り落ち込んだのは事実ですが、だからといって再び怒りを燃やすということはなかった。
そのため、ベッキーを応援すべく、『文春』を否定する声明を出したのです。それだけベッキーの印象が良かったということ」(芸能プロ関係者)

不倫騒動の前まで、ベッキーがこれだけ多くのCMやレギュラー番組を持つほどの人気者になったのも、
「やはり芸能界で力がある人や企業の偉い人たちへの対応が抜群によく、振る舞い方を知っていたということが大きいです。
その能力を川谷の元妻の前でフルに発揮し、完全にベッキーシンパにしてしまったのです」と前出関係者。

元妻からすれば自分の夫を奪って家庭を壊したベッキーは不倶戴天の敵といえる存在だが、その元妻でさえもシンパにしてしまうとは…。ベッキー恐るべし、といったところだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1137885/
2016.05.31 09:00 トカナ

no title

【あまりにも不可解! ベッキー“フライング「金スマ」出演”が大事にならなかった恐ろしい理由とは?】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 07:40:33.55 ID:CAP_USER*.net
開店休業状態の女優能年玲奈(22)の周辺がここにきて騒がしい。というのも、所属事務所との契約が満了となる6月を控え、
「夏以降に公演する複数の舞台からオファーの話があるようです」(事情通)という情報が聞こえてくるのだ。

“独立騒動”が引き金となり、表舞台から姿を消したのはおよそ1年前。
現在放送中の黒木華(26)主演ドラマ「重版出来!」(TBS系)は本来なら能年が主役の座に就くはずだったといわれているが、
独立はかなわず事実上の“飼い殺し”状態だったことで、逃した仕事とチャンスは計り知れない。

NHK朝ドラ「あまちゃん」(2013年度上半期)で脚光を浴びた国民的ヒロインにもかかわらず、
現在は唯一の仕事がブログの更新という悲しい事態になっている能年。

過去にも独立問題で事務所とゴタゴタしたタレントの末路がそうであったように、
「引退もやむを得ない」(芸能関係者)といった声もあるが、電撃復活の裏ではあの女優が一役買っているという。

「小泉今日子です。(芸能プロの親睦団体である)音事協の意向が強く反映されるテレビや映画への出演はかなわなくても、舞台は違う。
キョンキョンをはじめ、渡辺えりにしろ、脚本家の宮藤官九郎にしろ、あまちゃんファミリーは舞台畑が多い。
この“応援団”が、能年の女優生命のすべてを握っている。
復帰のタイミングでエッセーや写真集を出せばまずまず話題になるでしょうし、一連の告白本だったらなおさら。
良くも悪くも世間の関心は高いので、芸能界引退は免れそうです」(前出の事情通)

「じぇじぇじぇ!」と、復活のノロシだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/179690
2016年4月19日

no title

【【芸能】先輩“あま女優”後押し 開店休業の能年玲奈が舞台で復活か】の続きを読む




このページのトップヘ