ママタレ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 17:45:38.06 ID:CAP_USER9
女優の堀北真希さん(28)が2月末で事務所を退社し、芸能界を引退することを発表しました。堀北さんといえば、夫である山本耕史さん(40)との「交際0日婚」が世間を騒がせたことで有名。結婚後も妊娠出産を極秘に行うなど、徹底してプライベートを明かさない姿が何かと話題にあがっていました。
 
そこへきて今回の突然の芸能界引退。理由は「愛する家族を守るため」というもの。なんとなく予想していた幕引きに、世間も応援ムードが多いようです。
 
最近ではめずらしい子育てによる人気女優の引退。残念ではありますが、彼女の引退に際し、賞賛と同時に「ママタレとして活動するよりずっと潔い」という、ママタレ批判が混じっていたことも気になります。
 
近年、女優もタレントも子どもを産むと“ママ”という立場をキャラクターの1つにしたママタレに転向しがちです。良いか悪いかは別として、気づけばママタレ枠は飽和気味。
 
それでも、子どもを持ったらママ目線を売りにする人が増え続けるのはどうしてなのか。やっていることは普通なのに“ママキャラ”希望者が後をたたない現状はなぜ生まれるのか考えます。
 
■嫌がられても“ママタレ”が増える理由
 
振り返ると、「ママタレ」というキャラクターはいつから当たり前の存在になったのでしょう。その昔はアグネス・チャンさん(61)あたりが有名だったのかもしれませんが、今や芸能界の子持ち女性をみると、あの人もあの人もママをアピールポイントの1つにしているような……。
 
タレントさんであればブログで食事や子供の成長記録を公開し、女優さんであればママ役を積極的に演じ「自分も母になって演じることで、いろいろ考えさせられます」なんてコメントを発するのが定番です。
 
飽和状態といわれているのに、それでも女性たちがママタレ枠を目指す。その理由の1つとして、ママキャラという生き方は「特別じゃないのに特別感を見る人に与えることができる」のだと思います。
 
具体例を出しますと「芸能人ママが作る我が家の食卓」という情報には、特別な準備は不要でもハタから見ると「芸能人の手料理を覗き見れた」というレア感が生まれるものです。同じように「うちの子育てルール」なども“芸能人”というちょっとしたラベルがつくだけで、ただ子育てをしているだけでもレア感のある情報になりやすいもの。
 
日常に“芸能人ママの~”という主語をつけるだけで、今すぐ共感とレア感を生むコンテンツになるのがママタレなのです。そんな楽なら、誰しもがママタレに移行したくなるのもうなずけます。
 
■なぜ引退する女性は聖女扱いなのか
 
忙しいママにはもってこいの、美味しい要素満点のママキャラ(笑)。飽和するからこそ一部の人から叩かれるのだと思いますが、こと芸能人の場合、堀北さんのように子育て引退(休業)する女性に対して異常なまでの称賛が集まるのも気になります。
 
堀北さんに対しても「でしゃばるママタレよりずっと好感が持てる」なんて上から目線っぽいコメントも集まっております。専業主婦願望の強い一般人女性に対してはおおむね冷たい目線が集まるのに、芸能人が家庭を優先して引退するとホメるのはなぜなのか……と心底疑問が残ります。
 
女性には今の時代、国レベルで「生め!働け!輝け!」という追い風っぽいプレッシャーがかっているわけですが、そんな追い風の裏側には「でも男以上にでしゃばるのはナシね」くらいに思っている人が多いのかな、なんて思います。
 
その証拠が、芸能人という“ある意味でしゃばるのが仕事”の女性たちに対するママタレ批判、そして子育て引退称賛の空気なのかもしれません。
 
堀北さんの引退はとても残念ですが、彼女の引退が称賛される様子には若干男の幻想すらも感じた今回の話。
 
とりあえず堀北さんのニュースから「清楚で多くを語らない女の評価の高さ」を痛感したわけですが、結局いつもどおり長ったらしく、ネチネチと多くを語ってしまった女の私なのでした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170303-00010012-jisin-ent

堀北真希

【堀北真希引退で「ママタレより潔い」と称賛集まる空気に疑問】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:23:26.45 ID:CAP_USER9
 タレントの乙葉(35)が13日、都内で行われたダイハツ新型車「トール」発売記念「家族の成長実感」ブロック早積みチャレンジPRイベントに、ボクシングの3階級制覇王者・長谷川穂積(35)と登場した。

“ママ代表”として登場した乙葉は「成長する家族に絶妙な新サイズの車」というコンセプトを持つ新型車について、「絶妙な広さ。シチュエーションに応じて、様々なものを載せられるのはいいと思います」とPR。

 続けて行われた長谷川と長男・大翔君(13)による、1分間に2人でいかに多くのブロックを積むかを競う、ブロックの早積み世界記録挑戦では「頑張って!」と応援。見事64個でギネス記録を達成した際には「家族の絆の強さを見せてもらいました。感動しました」と素直な感想を語った。

 今年で結婚生活11年目を迎える、藤井隆(44)とのおしどり夫婦ぶりは有名。また“劣化しない”かわいさでいまだに高い人気を誇る。人気の理由を広告代理店関係者はこう分析する。

「CMでママ役というと必ず名前が挙がるタレントの一人。家庭を優先して露出が控えめなところに、多くの男性から“自分を立ててくれそう”と思われ好感度が高い」

 この日もそんな乙葉らしさが存分に感じられた。夫である藤井の良さについて聞かれると「私のこともすごく心配してくれて、何かを決めるときでもきちんと決めてくれて助かります」と夫を立ててみせた。夫婦円満の秘訣について聞かれると「笑顔で毎日過ごすこと、1つでも楽しいことを探すことを家族で心がけています」と満点回答で会場をほっこりさせた。

 最近は、何でもブログにアップするなど肉食系ママタレントが目立つ中、乙葉の“独自路線”は今後も人気を呼びそうだ。


2016年11月15日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/617057/
no title

【ママタレ乙葉の好感度が抜群に高い理由】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 15:04:10.90 ID:CAP_USER9
2013年11月に結婚し、昨年9月に第1子の女児を出産した女優・加藤あい(33)が13日、都内で「ネスカフェゴールドブレンド バリスタi」新CM発表会に出席した。

久々の公の場とあってやや緊張した面持ち。「母から『頑張ってね』とメールが来た」という。
子育てで忙しい日々を送っており「1人になってコーヒーを飲む時間が一番リラックスできる」とプライベートを明かした。

CMでは2児の母を演じる。「13歳で仕事を始めて丸20年。子供が2人いるお母さんを演じる年齢になったんだと改めて感じた」としみじみ語った。
イベントには俳優で家電評論家の細川茂樹(44)、行定勲監督(48)も出席した。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/604766/
2016年10月13日 14時30分

no title

【加藤あい ママタレを実感「お母さんを演じる年齢になった」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 12:20:05.23 ID:CAP_USER9
「千里子、よく言った!」──ママタレとして活躍中の坂下千里子(40)の株が今、うなぎ登りだ。
賞賛された発言は、NHKの『あさイチ』で放送されたもの。堀ちえみ(49)や滝沢眞規子(37)とともに出演した坂下は、『オンナの時間割』をテーマに持論を展開。
子供を持つ多忙なママタレでもある3人で、1日のタイムスケジュールをどうやりくりするか語り合った。そこで光ったのは、坂下の毒舌と正直すぎるライフスタイルだった。

■スーパー主婦の生活をdisる

ママタレが忙しい朝をどう乗り越えているか、気になる視聴者も多いだろう。
番組内で3人はそれぞれの朝ごはんを写真で披露したのだが、堀が焼鮭や味噌汁などの和定食、
滝沢がフルーツ盛り合わせやサンドイッチなど手の込んだメニューだったのに対し、坂下はピーナッツバターを塗ったトースト、
牛乳、イチゴとシンプルなものであった。あけすけに朝食事情を語る坂下に、番組を観ていた芸能関係者は驚いたという。

「ママタレとして売り出すには絶好のアピールの場だったのに、手間がかかってない朝ごはんを見せたので面食らいました。
『調理時間は2分です』と手抜きぶりまで明かして。嘘でも愛情と気配り溢れる朝食を見せるか、
あるいはセレブがやってる健康志向の食卓を見せそうなものだけど、坂下は飾らなかった。新しいな、と思いましたね」

自称“一本筋の通ったぐうたら”で、9時就寝の9時間睡眠も明かした坂下。
『VERY』読者から羨望の的となっているスーパー主婦の滝沢とは反対の路線に打ってでた彼女だったが、どうやら思いは視聴者に届いたようだ。

「放送を観た主婦層から坂下を褒め称える声が続出したのです。
気の利いた朝食を出したくても出せないほど忙殺される主婦の気持ちを、よくぞ言ってくれたという思いだったようですね。
番組で滝沢さんは朝からストレッチに励み、豪華な食事を出していましたが、このスーパー主婦ぶりにも
『腹立つわ~なんなのこのVTR』とコメント。
皆が皆キラキラした生活を送れるわけじゃないよ、と物申す立ち位置が現代の主婦に親近感を与えるのでしょうね」(スポーツ紙記者)

もちろん、滝沢のように朝から手間暇かけて家事を行う姿勢を評価する声も少なくはなかったが、それ以上に坂下への親近感やインパクトが圧倒的だったようだ。
正直な庶民派ママタレvs雑誌受けしそうなセレブママタレの対決、今後も需要がありそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1123253/
2016.05.01 12:05 デイリーニュースオンライン

no title

【朝食の準備はたったの2分?ママタレ坂下千里子が絶賛されるワケ】の続きを読む




このページのトップヘ