ベッキー

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 21:26:42.16 ID:CAP_USER9
写真週刊誌「FRIDAY」に不倫&二股交際疑惑を報じられたモデルのマギーさん(24)が、スキャンダルが明らかになった後もテレビ番組やイベントへの出演を続けている。彼女のSNSに寄せられる批判の声も、そこまで過熱していない状況だ。

一方、ちょうど1年前の2016年1月の週刊文春で「ゲス不倫」を報じられたタレントのベッキーさん(32)は、いまだ「完全復帰」への途上にある状況だ。同じハーフタレントなのに、いったいなぜ、2人の間にはここまでの「差」が付いたのだろうか。

マギーさんは報道後もSNSを更新中

マギーさんの不倫スキャンダルは、2017年1月13日発売(首都圏など)のフライデーで報じられた。記事によれば、お相手はパンクバンド「Hi-STANDARD」の横山健さん(47)で、2人が交際を始めたのは16年8月頃だという。

そんなマギーさんをめぐっては、16年9月発売の「女性セブン」でも、ロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATOさん(32)との熱愛報道が出ていた。今回のフライデー記事の中では、こうしたマギーさんの「恋愛事情」について、

「カブッタ時期はありましたが、最終的にマギーは横山さんを選んだ」
という関係者の話を伝えている。つまりは、「不倫」と「二股」を同時に行っていた時期があったというのだ。

こうした「不倫&二股スキャンダル」が出たにも関わらず、マギーさんを批判する声は少ない印象だ。本人は報道後もツイッターやインスタグラムの更新を続けているが、投稿に寄せられる批判的なコメントは100件程度におさまっている。

一方、同じハーフタレントで、似たような「不倫疑惑」が取り沙汰されたベッキーさんは、報道当初から異常ともいえる猛批判を浴びていた。

当時は、ベッキーさんを擁護した芸能人にまで批判の矛先が向いたり、過去のブログやツイートが蒸し返されて批判されるなど、まさにネット上は「総たたき」といった状況になっていた。実際、ベッキーさんのツイッターには17年1月19日までに、少なくとも1万件以上の批判的なリプライ(返信)が送られている。

ロンブー淳「ベッキーは不倫 マギーは熱愛」

そんな2人の「差」を不思議に思う人は多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「ベッキーはあんなに叩かれてたのにマギーはそうでもない。この差はなんだろう」
「マギーとベッキーのこの差ってなんですか」
「ベッキーはあんなに騒いだのにマギーは騒がれない」
といった書き込みが数多く出ている。こうした疑問の声は、マギーさんが1月16日放送のレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日テレ系)に、騒動前と変わらずに生出演したことでさらに強まったようだ。

こうした状況には一般ユーザーだけではなく、芸能人からも「違和感」を示す声が出ている。お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(43)は13日のツイッターで、

「ベッキーは不倫 マギーは熱愛... なんでだろ?」
と一言。また、お笑い芸人の土田晃之さんも1月15日放送のラジオ番組で、

「去年の今頃は、ベッキーじゃない?でも、マギーはそうでもないのね。このまま、そんなに何もなさそうな感じで、終わりそうだよね。でも同じでしょ?相手の方もミュージシャンで、ご家庭もあってさあ」
と疑問を述べていた。

no title

不倫スキャンダルが飛び出したマギーさん

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.j-cast.com/2017/01/19288543.html?p=all

【マギーとベッキー、この差は何なのか 「不倫」批判にあまりの違い】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 05:04:02.54 ID:CAP_USER9
タレント、ベッキー(32)が昨年1月の不倫騒動後、映画に初出演することが18日、分かった。
今夏公開予定の「映画版 JKニンジャガールズ」(佐藤源太監督)で、3年ぶりに銀幕に登場する。騒動で休養後、昨年10月から活動を再開し、バラエティーに続く“女優復帰”。優等生キャラを脱却し、同作で鞭を持つドSの忍者教官役を熱演したベッキーは「お芝居は楽しいと改めて思いました」と新境地開拓に自信を見せた。

 天真爛漫なキャラを封印し、網タイツ&ロングブーツが似合うドSな忍者の女ボスに変身だ!

 昨年1月に発覚したゲスの極み乙女。の川谷絵音(28)との不倫騒動で休養し、同10月に仕事復帰するまでつらい経験を乗り越えたベッキー。15日にスタートした北海道文化放送「北海道からはじ○TV」で1年ぶりに地上波レギュラーに復帰し、その勢いで再び演技にも挑戦する。

 ベッキーの映画出演は2014年の「エイトレンジャー2」以来3年ぶりで、復帰後は初めて。女性8人組、こぶしファクトリーが主演する「JKニンジャガールズ」で“大暴れ”する。

 出演オファーを受けたのは昨年12月。単発のバラエティーに出演が増えた時期だが、ベッキーは「『こんな状況の私でいいの?』という思いもありました」と悩んだことも告白。背中を押したのは20年来の仲で、フジテレビ系連ドラ「ショムニ2013」でタッグを組んだ栗原美和子プロデューサー(52)。栗原氏は「JK-」の台本を作っていた昨年10月、ショートヘアでイメチェンしたベッキーを見て「新しい魅力が引き出せる」とラブコールを送った。

 同作は忍者の末裔という女子高生4人組「JKニンジャガールズ」が、悪を征伐する物語。ベッキーは「JK-」と対立する「忍者オヤジーズ」の鬼教官役。栗原氏に「アニメ『タイムボカン』の悪玉の女リーダー、マージョ様みたいな感じ」と説明され、ド派手なメーク&忍者衣装で「オイ! てめーら!」などとドスを利かせて鞭を打ちまくる熱演を披露した。覚悟をもって出演を決めたベッキーは徹底的に役作りに励み、「怒鳴ったりするシーンが多く、『ベッキー変わった』と思われるかもしれませんが、あくまで役ですので」と照れ笑い。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


・世間がアッと驚くようなドS教官を演じるベッキー。美脚全開で手に鞭を持ち、約3年ぶりにスクリーンでオーラを放つ!(写真:サンケイスポーツ)
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000503-sanspo-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000503-sanspo-ent

【ベッキーがドS忍者役!優等生キャラ脱却、網タイツ姿で「オイ!てめーら!」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 08:43:38.06 ID:CAP_USER9
ベッキー(32)が15日、フジテレビ系の北海道文化放送の新情報番組
「北海道からはじ○TV」(日曜午後1時)の初回生放送で司会を務めた。
昨年1月にゲスの極み乙女。川谷絵音との不倫騒動でレギュラー番組出演を休止して以来、
初の地上波レギュラー番組出演。

 休業前のベッキーは「天才!志村どうぶつ園」や「にじいろジーン」を含む
地上波9番組にレギュラー出演していた。関係者によると、いずれの番組への復帰も
いまだ不透明なままだという。しかし、昨年12月28日放送のテレビ朝日系
「帰れま10」特番や今年元日放送の「ワイドナショー元旦SP」に立て続けに
出演するなど単発の特番出演なども増えてきており、今回のレギュラー番組開始をきっかけに
今後復帰への動きが加速する可能性もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-01765837-nksports-ent
no title

【ベッキー休業前地上波9番組、復帰はいまだ不透明】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 05:26:17.98 ID:CAP_USER9
タレントのベッキー(32)が、11日放送のフジテレビ系「モシモノふたり」(水曜後10・0)で、妹でダンサーのジェシカ・レイボーン(31)と約3年ぶりに共演したことが4日、分かった。
昨年1月に発覚した不倫騒動で長期休業に追い込まれたベッキーが、最も気心が知れた妹の前で本音の恋愛トークや意外な側面を披露。ありのままの姿を見せ、気持ちを新たに再出発する!!

 昨年1月にロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(28)との不倫が発覚し、大騒動となったベッキーが、2017年は気持ちを切り替え、自身のすべてをさらけ出す。

 11日放送の「モシモノふたり」で、「最も本音が話せる相手」という妹のジェシカと1泊2日の同居生活を敢行。休業中も心のよりどころとなった妹の前だけに、番組では本音トークが満載だ。

 一連の騒動の話題では、周囲に迷惑がかからないよう「家からは出ないようにしていた」というベッキーに対し、ジェシカは「(活動拠点の)米国から帰ってきたとき、記者が家の前にたくさんいて。
毎年家族で祝っている(ベッキーの3月の)誕生日も外に音が漏れないように、小声でハッピーバースデーを歌ったり…」と告白。

 2人の過去の恋愛も振り返り、ベッキーは「結婚する相手は(姉妹で)似ている気がする。男らしく守ってくれる、自分たちのダディ(父親)みたいな人を好きになって選ぶと思う」と、恋愛観も披露した。

 さらには、休業中の気持ちや何をしていたか、休業して変わったことなどを赤裸々に告白。3カ月ぶりの再会となった姉妹で、昔よく行った公園や家族で通った飲食店を訪れたほか、厄除けで有名な川崎大師も参拝。
気心知れた姉妹だからこそ隠せない日々の習慣など、テレビでは見られない意外な一面が浮き彫りとなる。

 収録を振り返ったベッキーは「昔は毎日収録というスケジュールだったのですが、今はたまになので、一回一回がすごくドキドキしてしまって。とにかくナチュラルな自分でいようと思って1泊2日を過ごしました。これが私です」とキッパリ。
今年は新しいベッキーが見られそうだ。

★ヒロミらに感謝

 番組内では、姉妹が同居生活する家に、休業中のベッキーを支えたタレントのヒロミ(51)と近藤春菜(33)が訪問し、4人でホームパーティーを行う。

 当時、ベッキーを心配して自宅のホームパーティーに招いてくれたヒロミらを前に、ベッキーは「(一連の報道があって)私と友達なんて言わない方がいいのに、それをテレビなどでも言ってくれたことがうれしかった」と感謝。そんな仲間の前で語ったベッキーの今後の思いに一同は…。


・妹のジェシカ・レイボーン(左)と同居生活し、“素顔”をさらけ出したベッキー。果たして料理の腕前は?
no title

no title

no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170105/geo17010505050010-n1.html

【ベッキー、妹に本音トーク!理想の結婚相手は「男らしくて守ってくれる人」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 07:17:29.05 ID:CAP_USER9
2016年の芸能界を振り返る上で欠かせないキーワードは「不倫」だ。1月のベッキー(32)とロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)の不倫を皮切りに、出るわ出るわ。宮崎謙介・元代議士(35)、桂文枝(73)、乙武洋匡氏(40)、とにかく明るい安村(34)、ファンキー加藤(37)、三遊亭円楽(66)、中村芝翫(51)と不倫報道が相次いだ。

『女性セブン』も「不倫」をスクープしている。米米CLUB・石井竜也(57)が30歳年下の一般人美女と宮城県仙台市内のホテルで密会を重ねる姿をキャッチし、〈美女と被災地の浪漫旅行〉(2016年3月31日・4月7日号)と報じた。その直後、石井は公式HPで不倫を認めて謝罪し、カナダ人妻・マリーザさんと手を繋いで報道陣の前に姿を現わし、“夫婦円満”をアピールした。その見事な“火消し”について、芸能リポーターの井上公造氏はこう語る。

「あんな姿を見せられると、もう他人は何も突っ込めないですよね」

“不倫ブーム”の引き金となったのは、何といってもベッキーだろう。好感度抜群で“スキャンダル処女”の彼女が、妻の存在を知りながら、楽しげに不倫する様子は世間に衝撃を与えた。また不倫以上に注目を集めたのがベッキーと川谷が交わした「LINE」が流出したことだった。

 離婚届を「卒論」と称してベッキーが離婚を促す詳細や、謝罪会見前日にベッキーが不倫を報じた『週刊文春』に対して〈逆に堂々とできるキッカケになるかも ありがとう文春!センテンス スプリング〉と書いていたことまで明るみに出た。

「やはり一般の女性は不倫には厳しかった。とくにベッキーの場合、LINE流出によって、表の顔と裏の顔の“二面性”がバレてしまったことが大きかった」(ワイドショー芸能デスク)

2/2ページ
 計11本のレギュラー番組を失い、5億円の損害金が発生したとも伝えられるベッキー。謹慎期間を経て、徐々に仕事に復帰している。

「ある程度の禊ぎが済み、一時期の強烈なバッシングがようやく減った感じです。年末年始の特番も出演していますし、2017年1月からは北海道ローカルの新番組もスタートします。また来年4月からは東京キー局の新番組もスタートする予定です」(井上氏)

 一方、2016年5月に元妻と離婚し、ベッキーとも破局した川谷は懲りずにプレイボーイ生活を満喫。8月にはタレント・ほのかりん(20)という新恋人の存在が報じられた。その後、ほのかが未成年(当時)にもかかわらず、川谷とのデート中に“飲酒”していたことも発覚し、ほのかはレギュラー番組の降板を余儀なくされた。川谷自身も2016年12月から活動を自粛。

 交際する女性を次々に不幸にする「ゲスノート」と呼ばれた川谷の長い1年が終わった。

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル「女性セブン・週刊ポスト出張所」

2017.01.02 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170102_480443.html?PAGE=1
no title

【ベッキーは「ある程度の禊は済んだ」と井上公造氏】の続きを読む




このページのトップヘ