ハーフ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 21:25:47.58 ID:CAP_USER9
 タレントのローラ(26)が、「今年消えそうなハーフタレント1位」に選ばれてしまった。
 「女性向け専用サイト『ヴィーナスタップ』が、一般男女500人を対象に独自にアンケートを行ったもので、女性でトップとなってしまったのです。ちなみに、男性1位は、元AKB48の川崎希を妻に持つアレクサンダーです」(芸能記者)

 頬を膨らませながらタメ口で喋るキャラで、一躍人気者となったローラだが、今回のアンケートで、飽きられていることが証明されてしまった格好。そんな彼女の活動といえば、現在、『めざましテレビ』(フジテレビ系)で「ローラの休日~キレイになれる健康ご飯~」コーナーに出演中。
 「金曜日のみの出演で、ローラが美容にいい食材を選んで料理を作るのをコンセプトに、テレビ目線でしゃべりまくります。ただ、ネットでは『包丁使いがヘタ』と評価はイマイチ。また、調理シーンは、専門家が別撮りにしているという噂まであるんです。せめて、セクシー露出をするなど、男性視聴者を喜ばせてくれれば救われるのですが…」(料理ライター)

 昨年は、12月公開の映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演するなど、女優として活動の幅を広げたローラ。公開前は、ハリウッドデビューとぶち上げ、話題を振りまいたが…。
 「超脇役での出演です。ビルに籠城して、最後はアンデットの大群に噛み殺される女兵士・コバルト役。正直、彼女じゃなくてもできる役なうえ、その演技もほめられたものじゃありません。いわゆる日本の興行収益を上げるために起用された客寄せパンダですね」(映画ライター)

 実は、この映画に出る際に、彼女が脱ぐ、という話もあった。
 「本当のチョイ役だったために、その話はなくなったようです。しかし、これは人気回復のためなら何でもするという一つの意思表示。業界筋からの話では、今後はセクシー路線転向で巻き返しを狙っているというのです」(同)

 その驚きのパフォーマンスとは、ずばりヌード写真集という。
 「落ち目を脱するためにはヌードも辞さない構え。彼女は、B88・W60・H85のFカップ乳。近いうちに、“ヘア見せ”は確実。ブルブル乳も見どころですよ」(芸能プロ関係者)

 消える前のひと脱ぎ!


2017年01月28日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/0467356/
no title

【ローラ セクシー転向で巻き返し「消えそうなハーフ1位」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 02:22:50.17 ID:CAP_USER9
先日、俳優・浅野忠信(42)が主演する深田晃司監督の映画『淵に立つ』がカンヌ国際映画祭に出品されることが発表された。
浅野の主演作が同映画祭に出品されるのは2年連続。
黒沢清監督による昨年の出品作品『岸辺の旅』は、「ある視点部門」で監督賞を受賞しており、2年連続の受賞が期待されている。

ドラマ『3年B組金八先生Ⅲ』(TBS系)でデビューしてから次々にキャリアを重ね、今やすっかり国際派俳優となった浅野。
世界の観客の目を惹き付けてきた大きな理由の一つに、
その東洋人とも西洋人ともつかない風貌が挙げられるが、実は浅野は母方の祖父にアメリカ人を持つクォーターだ。
祖父は戦後に占領軍として日本へやってきたアメリカ軍の軍人で、この米国軍人の娘が浅野の母だ。
浅野自身は、ずっと自身のルーツをアメリカ・インディアンだと思いこんで公言していたのだが、
それは祖父の出身地がインディアン居留地に近く、その話が混乱したまま浅野の母に伝わっていたためだった。
実際には、祖父はオランダ人の父とノルウェー人の母を持つ移民で、
このへんのくだりはドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』(NHK総合)での調査で初めて明らかにされた。

実はクォーターの芸能人は数多く、意外な人物がそうだったりする。満島ひかり(30)、満島真之介(26)姉弟の祖父はフランス系のアメリカ人。
ハーフである父は、沖縄の中学校の元体育教師。バスケットボール部の元顧問で、部を全国中学校バスケットボール大会優勝に導いた名監督として知られる人物だ。
一部では、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエに似ていると言われている。
姉のひかりは12歳でアイドルグループFolder(後にFolder5)のメンバーとしてデビューしたが、やはり欧米系の血筋は外見に出て人の目を惹くのだろう。

同じく子役からスタートしている観月ありさ(39)も、母親がアメリカ人とのハーフであるクォーターだ。
デビューシングルのタイトルだった『伝説の少女』のイメージそのままに10代の頃から日本人離れしたスタイルの良さで売っており、今もその容姿は衰えていない。
また、元AKB48の大島優子(27)は母親が日本とアメリカのハーフ。大島も子どもの頃から劇団に所属し、子役として活躍していた。
純日本系の顔立ちなのでクォーターであることは意外に感じられるものの、AKB48のファンには広く知られている事実だとか。

血筋とは不思議にあなどれないもので、たとえ4分の1といえども容姿には
そのルーツの特徴が色濃く出るようだ。美形の子どもが欲しかったら、ハーフと結婚するのがねらい目かも?

http://dailynewsonline.jp/article/1129259/
2016.05.14 15:00 日刊大衆

no title

【浅野忠信に大島優子「ハーフじゃない」クォーターの芸能人たち】の続きを読む




このページのトップヘ