デビュー

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:33:40.23 ID:CAP_USER9
女優・小西真奈美が、5月23日にラップ曲で歌手デビューする。
2008年に映画『Sweet Rain 死神の精度』の役名・藤木一恵名義で
主題歌「Sunny Day」(08年3月発売、最高位10位)を発表しているが、
本人名義のリリースは初となる。

デビュー曲は、KREVAが2004年に発売したシングル「トランキライザー」のカバー。
3月から4月にかけ、全編KREVAの楽曲で構成された音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』
でも披露し、KREVAが絶賛したやわらかな美声でデビューする。

小西は「いまだラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、
ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。“感じるままに歌ってみたらこうなりました。”
という私なりの表現方法を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントしている。

同曲はiTunes Storeで23日から先行配信スタート。
トリビュートアルバム『monday night studio session』(6月8日発売)にも収録される。
配信用のジャケット写真の撮影は、これがカメラマンデビューとなるKREVAが担当した。

「トランキライザー~single ver.~」「同~album ver.~」がセットになった
「アルバム(2曲パッケージ版)」をダウンロードすると、ジャケットの別カットとなる
「KREVA 初撮り下ろし 小西真奈美デジタルフォトブック」の特典が付く。

小西は6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント
『elements night ~sunday night session~』で同曲をライブ初披露。
同イベントにはKREVA、KICK THE CAN CREWらも出演する。


・KREVAのカバー曲で歌手デビューする小西真奈美
no title

・小西真奈美「トランキライザー」のジャケット写真はKREVAが撮り下ろし
no title

・6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント『elements night ~sunday night session~』
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2072045/full/

【小西真奈美、ラップで歌手デビュー KREVA絶賛の美声】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/06(金) 21:28:37.15 ID:CAP_USER9.net
元愛内里菜こと垣内りか(35)が5日深夜に放送されたテレビ東京系「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞けるマル秘料亭~」(木曜深夜0・12)に出演し、
デビュー当時は衣装代など約150万円の借金を背負いながら活動していたことを明かした。

愛内は2000年に19歳でデビュー。03年にはNHK紅白歌合戦にも出場するなど、人気を博した。

当時の所属事務所から、「最初に、印税か給料か」を選ぶようにと言われ、垣内は月給制ではなく印税方式を選んだ。
自分の未来にかけたかったという。すると事務所から「衣装とスタイリストは自分で雇いなさい」と指示を受け、衣装代やヘアメイクなどは「自腹だった」と明かした。

また、事務所から「お勉強する1年間はまずアルバイトをやめなさい」とも指示を受け、「いっさいお金がなくなっちゃったんです」と振り返った。
事務所が入っていたビルに「お金の階」と呼ばれていたフロアがあったそうで、垣内は衣装が必要となる度にそのフロアに行き、
「この衣装を買うので」などと借金を重ねていたという。金額はついに「150万円くらいに」と垣内は明かした。

MCの1人、お笑いコンビ次長課長の河本準一が「いつから食べていけるように?」と質問。垣内は「2枚目のアルバムを出して。1位になって。
そこでやっと通帳がプラスになった」と02年にリリースした2ndアルバム「POWER OF WORDS」のヒットが大きかったことをあげた。
河本から「通帳がプラス」と言ったことにツッコまれ、「一気に1000万円ボーンとか」と多額の印税収入があったことを明かした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000093-dal-ent
デイリースポーツ 5月6日(金)21時5分配信

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=UHIXE_2Nz14


NAVY BLUE / 愛内里菜

【愛内里菜 デビュー当時の借金150万 現在は垣内りか、「お金の階」で借りる】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 18:09:41.82 ID:CAP_USER*.net
4月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にPUFFYが出演した。今年はデビュー
20周年にあたり「アジアの純真」や「愛のしるし」といったヒット曲メドレーを披露した。

 驚きなのはその容姿だろう。黄色いワークシャツスタイルに茶髪という、40代とは思えな
い奇抜なルックスだ。されど、ただのヤンキーおばさんや、イタいサブカル系不思議ちゃんに成
り下がっていない。このところアイドルや女優の劣化が叫ばれて久しいが、PUFFYはほぼ劣化
なしといえる。これはなぜだろうか。

「まずPUFFYはコンスタントに活動を続けているミュージシャンです。新作も毎年のようにリリース
していますし、国内外のロックフェスにも多く出演しています。劣化を指摘されるきっかけは、久し
ぶりにテレビに出た場合ですよね。彼女たちは常に露出を続けているので、それが当てはまらない
と言えます」(音楽ライター)

 もともと、PUFFYは“ユルさ”を売りにした音楽デュオだった。特定の世代に愛されるアイドル的な
人気というよりは、老若男女に愛されるキャラクターであった。

「若いころから親しみやすい近所のお姉さんキャラでしたし、人気の乱高下もない。マイペースに売れ
続けているため『劣化した』『消えた』とネガティブな言葉を向けられることもありません。同様の
コンセプトで売りだしたHALCALIは先に消えてしまいましたし、PUFFYの“ユルさ”は真似できそうで
できない存在と言えるでしょう」(同)

 PUFFYは日本国内だけでなく海外での知名度も高い。嶺川貴子、カヒミ・カリィからきゃりーぱみ
ゅぱみゅまで連なる“カワイイ”カルチャーを象徴する存在でもある。「アジアの純真」をはじめ日本人
なら誰もが知るヒット曲を持つ彼女たちは、世界のPUFFYにもなりつつあるのだ。
http://otapol.jp/2016/04/post-6458_entry.html
no title

【デビュー20周年、ともに40歳オーバー…PUFFYは、なぜ“劣化”しないのか】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 07:38:31.59 ID:CAP_USER*.net
“岡山の奇跡”と呼ばれる美女・桜井日奈子が17日、自身のブログを更新。今年の春に上京し、5月より上演される舞台「それいゆ」で女優デビューが決定している桜井は、
現在レッスンの真っ只中のようで「できなかったことができるようになってきているのを実感して 最近はすごくレッスンが楽しいです」と変化が訪れたことを明かした。

レッスンでは発声や自己表現、歌の練習に励んでいるという桜井。「はじめのころは緊張したり、不安だったりで、なかなか声が大きく出せなくて 人前に立って話をする時は、
相手の目を見て話すのが怖くて下向いちゃったり 恥ずかしさですぐ肩をすくめちゃったりで、レッスンが終わる頃には、身体的にも精神的にもドッと疲れてた」と慣れないレッスンに苦労してきた初期を回顧。

しかし「回数を重ねていくたびに緊張もうすれて、肩の力をぬいてしゃべれるようになってきました」と徐々に変わり始めたようで、
「苦手な歌も、レッスンをしてもらったら、いままで自分じゃだせなかった音域まで高い声がだせるようになったんです」と成果を嬉しそうに報告した。

中山優馬主演舞台「それいゆ」 同舞台は、俳優の中山優馬が太平洋戦争の混乱期に雑誌「少女の友」の画家として人気を博し、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、
続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊したカリスマ的存在・中原淳一氏を熱演。桜井が演じるのは「中原淳一の大ファンで、女優になることを夢見ている女学生」という役どころとなる。

5月26日~29日に大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティ、6月1日~5日にZeppブルーシアター六本木にて上演。

ファンからは「レッスンお疲れ様です!女優デビューが近づいて来ているね」「日奈子ちゃん頑張ってください!」「舞台まであと1ヶ月と少しですね。観に行くよ~~」
「日奈子ちゃんに会えるのを楽しみに、私も勉強頑張ります」など応援メッセージが多数寄せられている。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160418/Mdpr_news1578929.html

no title
【“岡山の奇跡”桜井日奈子、女優デビュー間近で変化を実感】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 03:46:26.19 ID:CAP_USER*.net
デビュー35周年を迎えた昨年は大みそかの「NHK紅白歌合戦」で大トリを務めるなど、80年代アイドルでありながら、いまだ衰えぬ人気を誇っている松田聖子。
だが、そんな彼女にもそれなりの悩みはあるようだ。

「これまで男性関係をはじめとしたさまざまなスキャンダルにもめげず、第一線で活躍し続けてきた聖子ですが、最近は自身の老いに悩んでいるようです。
54歳という年齢のわりには十分若々しいと思いますが、本人はかなり気にしているようで、
鏡を見てはため息をつき、ついには娘の神田沙也加の若さに嫉妬をあらわにすることもあるそうです」(音楽関係者)

これには沙也加の実質的な育ての親にあたる聖子の母親も苦言を呈しているそうだが、美意識の強い聖子はまったく耳を傾けないそうだ。
そして、聖子が感情をあらわにする矛先は娘だけでなく、スタッフにも向けられているというのだ。

「もともと、ディナーショーなどの“営業”は好調なものの、メモリアルイヤーにメディア出演を増やしたわりに、新曲の売れ行きが思ったほど芳しくなく、
周囲のスタッフに不満をぶつけているようです。
長年聖子を支えてきたにもかかわらずバッサリと切られた人もいるようで、周囲も戦々恐々としています」(前出・音楽関係者)

“暴走モード”に入った聖子が、再びスキャンダルで世間を騒がせる日も近いかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1117664/
2016.04.17 17:59 アサジョ

no title

【【芸能】54歳の松田聖子が老いに悩み、娘・神田沙也加の若さに嫉妬?】の続きを読む




このページのトップヘ