テレビ朝日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 14:35:40.21 ID:CAP_USER9
5月18日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で有吉弘行(41)が自身の紛失癖を語り、マツコ・デラックス(43)にたしなめられる場面が見られた。

この日は「個室のトイレに忘れ物 他人のモノを盗むな!」という視聴者からのお怒りメールを基にトークが展開されたのだが、
その流れで有吉がコンビニエンスストアのコピー機に免許証を忘れたエピソードを話し始めた。
有吉は免許証をコピーするため、コンビニのコピー機を利用したのだが、なんとそのコピー機に免許証を置いたまま帰宅。
翌日になって気づき、その店に行ったのだが、免許証を見つけられなかった。
そんな時にTwitterを見たところ、「有吉の免許見つけた」という書き込みを発見。
そしてその後「多分、バイトの子が持って帰って、友達とかに見せてるわけ。で、ちょっとしたら完全にガキが書いた住所の書き方で、
封筒に免許入ったやつが届いてきて」、免許証を手にすることができたのだという。

この顛末に対しマツコは「免許のコピーとか、局とか事務所でとりなさいよ! なんでそんなどこだか分からないところでとるのよ! ちょっと今の自分を考えなさい!」
と、厳しく叱責したのだが、有吉は、さらに財布をなくしたエピソードを披露。やはりコンビニのトイレに財布を忘れ、
次に入ったMAXのNANA(40)がそれを見つけ、有吉の連絡先を知らなかったため、次長課長の河本準一(43)経由で戻してくれたのだという。

紛失エピソードの多さにマツコも心配になったのか、財布や免許証はバッグの中に入れ、ポケットには入れないようアドバイスするが、
有吉は「カバン持ちたくないんだよ」と、子どものような反論をする。しかしマツコに真剣な表情で
「男の人はそういう人多いけど、気をつけなさいよ。あなたみたいなタイプは、気づかないふりを続けようとしてるから言うけど、
あんた結構すごいのよ」と自覚を求められると、「いやもう、ダメだね、それは」と、今度は素直に言葉を受け入れていた。

「他人のアドバイスにあまり耳を貸さない有吉ですが、このマツコの説教は響いたかもしれませんね。
有吉は現在、多くのレギュラー番組を抱え、年収も数億円といわれています。
いつまでも売れなかった頃と同じ感覚でいると、トラブルに巻き込まれるかもしれませんからね」(芸能誌記者)??
有吉もいまや大スター。それなりの自覚は必要だろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1132245/
2016.05.20 13:00 日刊大衆


no title
【マツコ「今の自分を考えなさい」有吉のだらしなさに本気の説教】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/23(土) 05:14:30.07 ID:CAP_USER*.net
2016-04-23 05:00

女優の小雪(39)と鈴木保奈美(49)がテレビ朝日系ドラマスペシャル『ゴールドウーマン』
(5月28日 後9:00~11:06)で初共演することが22日、わかった。

第3子出産後、ドラマに主演するのは本作が初めてで、銀行員役に初挑戦する。
鈴木は同じ銀行の先輩にしてライバル。『東京ラブストーリー』など、
「保奈美さんの出演作はせりふを覚えてしまうほどよく観ていました」という小雪は、
「まるで自分が夢の中にいるような、ちょっと変な感覚です」と感動している。

作者が現役財務省参事官、昨年、第5回日経小説大賞を受賞し、
話題になった芦崎笙氏の小説『スコールの夜』を、初めて映像化。
銀行でがむしゃらに働いてきた女性総合職の主人公・吉沢環(小雪)は、
出世と引き換えに子会社の清算、すなわち200人ものリストラを指示される。

ところが、この清算劇の裏に隠された衝撃の真実があった。
利用されたことを悟った環は、派閥争いに終始する男たちに、巨大組織の悪事に敢然と闘いを挑んでいく。

スーツを着こなし、ハイヒールを履いてさっそうと歩く主人公・環を通して、
キャリアウーマンの現実を鮮やかに描き出す本作。タイトルにちなんで、衣装のどこかに
必ず“ゴールド”に輝くアイテムを身につけて役作りしている。

「新しいものにチャレンジする気持ちは常に持っていたいので、やりがいのある
お仕事だなと思って取り組んでいます」と気合十分の小雪は
「銀行のような男性社会で女性が生き抜くのは、とても大変なこと。
女性の皆さんにとって爽快感が味わえるドラマになると思います」と自信をみなぎらせた。

鈴木も「働いている方だけではなく、生きにくさを感じている女性たちがこのドラマを観て
共感してくれたらいいな。そして、溜飲を下げてくれるようなことがあればうれしいですね」と同調。

原作の芦崎氏は「デビュー小説がドラマ化されるなんて夢のよう。
原作を超えて、より時代性、エンタメ性をもったドラマへとパワーアップしそうですね。
とっても楽しみです」とコメントを寄せている。

ほかに、村上弘明、駿河太郎、伊武雅刀、六角精児、矢野浩二、MEGUMI、山本學、吉行和子らが共演。
身長が180センチ以上の 8人組男性音楽グループ・SOLIDEMOの新曲「Landscape」(発売中)
のカップリング曲「Ride on」がエンディングテーマに起用される。


・男社会に敢然と闘いを挑む“ゴールドウーマン”を演じる小雪(右)。鈴木保奈美と初共演に歓喜(C)テレビ朝日
no title

no title

http://www.oricon.co.jp/news/2070601/full/

【小雪、憧れの鈴木保奈美と初共演「夢の中にいるよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 13:57:03.44 ID:CAP_USER*.net
テレビ朝日の「マツコ&有吉 怒り新党」(水曜後11・15)が20日に放送され、平均視聴率は
10・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

 タレントの夏目三久(31)に代わり、テレビ朝日の青山愛(めぐみ)アナウンサー(27)が進行役を
務めるなどリニューアル後2度目の放送。番組の人気コーナー「新・3大○○」も復活し、前回の9・8%から
2桁台に回復した。

 新進行役の青山アナは有吉弘行(41)に「今まで挫折したことある?」と質問されると「あります」と答えたが、
「この大学に行きたいな、行けましたとか、この会社に就職したいな、できましたとか、あの男を落としたいな、とかで
挫折したことあるの?」と聞かれると、帰国子女の青山アナは「その3点では、ないです」とスパッと答え
スタジオはどよめいた。マツコ・デラックス(43)も「そこまで言えるのは素晴らしいわ。いじめられないわ…」と
驚嘆。インターネットで視聴者も「青山アナのキャラがいい」「嫌味がない受け答え」などとコメントし、
青山アナのキャラクターに好感を受けた様子だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000096-spnannex-ent

no title

【「怒り新党」視聴率2桁に回復!青山アナ「挫折ない」発言が話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 05:09:32.41 ID:CAP_USER*.net
2016-04-17 05:00

タレントの篠田麻里子が、テレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係』(毎週水曜 後9:00)の
第4話(27日放送)にゲスト出演することがわかった。

現役、OGを問わずAKB48グループとは“無縁”だった『9係』に、卒業生の篠田が初登場。
事件の被害者遺族でありながら、唯一の“目撃者”でもあるため9係の刑事たちともたっぷり絡んでいる。

篠田が演じるのは、ベンチャー企業の社長として成功した高見沢(金子昇)の妻・美咲。
高級レストランで結婚記念日のディナーを楽しんだ夜、夫が駐車場で何者かに射殺されてしまう。
銃声を聞きつけ、駆けつけたときには夫はすでに死亡。美咲は逃げる男の背中を目撃する。

倫太郎(渡瀬恒彦)、直樹(井ノ原快彦)ら9係は、怨恨による殺人事件として捜査を進めるが、
やがて高見沢がかつてある犯罪に手を染めていた可能性が浮上。
犯罪被害者の息子・土橋(須田邦裕)から強く恨まれていたことがわかる。
結婚前の夫の過去は何も知らなかったという美咲。9係は土橋を最重要容疑者としてマークしつつ、
高見沢の過去を調べていくと、“悲劇のヒロイン”であるはずの美咲をも巻き込み、捜査は急展開する。

「長く皆さんに愛されている作品でもありますし、私自身も見ていたので、
出演が決まったときはうれしかったです。渡瀬さんと共演できるというワクワクもすごかった」という篠田。
短時間でテキパキと撮影が進む緊張感あふれる現場を体験し、
「私自身、こんな現場は初めて。とても勉強になりました」と感動していた。

「AKB時代の篠田さんをあまり知らなかった」という渡瀬は、色眼鏡なしで
「今回の『9係』が、女優としての一つの転換点になるのかな、という気もします」と評価。
犯人役や事件解決のカギを握る人物役を演じるゲスト出演者は毎回欠かせない存在だが、
「ゲストの俳優さんには、ゲスト出演したドラマの代表作が『9係』とおっしゃっていただけるように
なればいいな、と思っています」と親ごころをのぞかせていた。


・テレビ朝日系『警視庁捜査一課9係』第4話(4月27日)にゲスト出演する篠田麻里子。左は主演の渡瀬恒彦(C)テレビ朝日
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2070278/full/

【【ドラマ】篠田麻里子、テレ朝『9係』初出演「とても勉強になった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 21:19:33.84 ID:CAP_USER*.net
何事も「変わる」瞬間は戸惑いがあるものだが......。

フリーアナウンサーの夏目三久が、3月30日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で初回から
5年間務めてきたレギュラーを卒業したわけだが、世間は「ガッカリ」のオンパレードといった様子だ。

まあそれも当然か。有吉弘行、マツコ・デラックス、そして夏目とも、番組開始当初はまだ芸能界でのポジションを確固たるものにはしていなかった。
同番組のヒットによって話題になり、完全に地位を確立した。この番組なくして今の3人はないと言っても大げさではないのかもしれない。

特に夏目はコンドームの箱を手に持った写真&彼氏との2ショット写真をスクープされたことで最終的に日本テレビを退社することにすらなってしまった。
フリーアナになって最初の大仕事で起死回生。視聴者からの印象もよかったとなれば、夏目のいない『怒り新党』に違和感を覚える人も非常に多いだろう。
現在では『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)に加え『あさチャン!』(TBS系)のメインキャスターも務める夏目だが、やはり彼女を象徴する番組は『怒り新党』なのだ。

それに輪をかけるかのように、テレビ朝日が行った「新MC」がさらに視聴者を逆なでした模様。『報道ステーション』を卒業したばかりの局の青山愛アナを抜擢したのだ。

青山アナが特段人気がないわけではなく、バラエティ経験は乏しいものの独特の「ブリっ子」キャラもあるので、有吉とマツコにいい感じにイジッてもらえる可能性は大きい。
ただ、やはり5年もの年月同番組に貢献してきた夏目と比較されると弱く感じられてしまうのだろう。仕方のないことなのだが、やはりリスクは大きかった。

さらに、青山アナという「局アナ」を使ったことに対しても「コスト削減ね」「セコいのミエミエ」と批判は多い。
テレ朝も企業なのでその判断を責めることはできないが、やはり露骨なカットを印象づけた部分もある。

夏目アナも『あさチャン!』の視聴率は振るわない部分もあり、ファンにとっての"屋台骨"的作品を失った今、
今後も楽に芸能界を渡っていけるのかは不透明だが、それ以上に『怒り新党』の今後を不安視すべきのようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1115211/
2016.04.11 21:01 ビジネスジャーナル

2069225_201603290177377001459198826c

【【芸能】夏目三久アナ卒業から「局アナ」リスク人事に視聴者絶望!? 暗雲垂れ込む『怒り新党』の未来と夏目アナの「現状」】の続きを読む




このページのトップヘ