クランクアップ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/25(土) 08:50:15.46 ID:CAP_USER9
 女優・田中麗奈主演の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』(毎週土曜 後11:40~深0:35)がこのほどクランクアップを迎えた。技能も優秀な美人外科医だが、その裏では身の毛もよだつ残虐な事件を起こす“悪魔”大河内葉子を演じきった田中は、スタッフから拍手でねぎらわれると「とても強烈な役だったので、葉子にお別れするのは寂しいです。葉子の人生に夢中になった、幸せな2ヶ月間でした」と号泣しながら葉子として過ごした日々をかみ締めた。

 最終日、ラストシーンの撮影では気持ちの入った演技で魅力した田中。「彼女が自分の人格に疑問を持って苦しんでいるという人生だった。彼女を通じてその人生を体験できることができ、自分自身の人生も深くさせてくれたような感じがします」と感慨深げで、「今までピンと張った何かが解れた瞬間だと思いました」と肩の荷が降りたかのように大粒の涙を流した。

 また、悪魔の医師・葉子に苦しめられる、葉子の患者で小説家志望の難波役を演じた中村蒼は、「難波は葉子と出会って振り回されてから、性格的に波のある人間になったので、僕自身も(演じるうえで)いろいろと振り回されました」と苦笑。葉子が感情を吐露する場所として通った教会の神父役を演じた伊武雅刀は、「神父さんは品行方正といいますか、神のしもべみたいな所もあるので、神聖な人格をベースにして演じるのが難しかったですが、終わってみると、とても充実感のある役でしたね」と手応えを明かしていた。

 25日放送の最終回では大塚(大倉孝二)と結婚し、娘を産んだ葉子の3年後の姿から始まる。難波は小説家として活躍し、次作を『白衣の悪魔』という題材で練り、葉子に関わった人々を訪ねていた。贖罪の日々を送る葉子からは、もはや悪魔の心は消え去ったと思われた。しかし彼女は自分の罪の償いとして、ある恐ろしい計画を進めていた…というあらすじが展開される。

 中村は「見てくださっている方の今までのもやもやが、きっとすっきりすると思います。でも、最終回だからといって穏やかには終わらない、最後もちゃんと『真昼の悪魔』らしい衝撃的なシーンもあるので、楽しんでもらえたらいいなと思います」とアピール。田中は「時が経った彼女を視聴者の方はどう思うのか私にも想像がつきませんが、自分が彼女の人生を最後まで映像に刻むことができ、そして皆さんの心に届く作品になれたのなら、本当にうれしいという願いはあります」と想いを伝えていた。

2017-03-25 08:00
http://www.oricon.co.jp/news/2087971/full/
no title

【田中麗奈、“悪魔”とお別れ「寂しいです」 クランクアップに号泣】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 14:24:12.69 ID:CAP_USER9
 女優の吉高由里子(28)が20日、ツイッターを更新し、主演する日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」(水曜・後10時)の撮影が終了したことを報告した。

 吉高は「大好きでした 無事終わりました みんなが思ってるよりも ずーっとずっと この現場が好きだったんだ 久々のドラマが ドラマ復帰がこれで本当によかった 優子、奈々ちゃん ありがとう」と共演の女優・榮倉奈々(29)と大島優子(28)に感謝した。

 吉高は、毎週ドラマ放送日に合わせて「今日もあなたの1時間私にください」とツイートを続けていた。「東京タラレバ娘」は、22日に最終回を迎える。

 「東京タラレバ娘」は東村アキコさんの人気漫画をドラマ化。吉高にとっては、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年4月期)でヒロインを演じて以来の連続ドラマ出演だった。

2017年3月20日11時3分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170320-OHT1T50078.html
no title

【吉高由里子、「タラレバ娘」クランクアップ「ドラマ復帰がこれで本当によかった」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 05:15:24.14 ID:CAP_USER9
・先日無事にクランクアップしました[mizuki_yamamoto_official]
no title



モデルで女優の山本美月(25歳)が3月7日、自身のInstagramで、出演していた連続ドラマ「嘘の戦争」(フジテレビ系)のクランクアップを報告している。

7日付けの投稿では、この日放送の「嘘の戦争」の告知と共に、「先日無事にクランクアップしました」と、花束を受け取っている写真を投稿。

「嘘の戦争」については「とても素敵な作品に関われて、本当に幸せでした…」と感慨深げだ。

これにファンからは「撮影お疲れ様でした!」「美月ちゃん、素敵な笑顔ですね」「本当に面白いドラマで毎週楽しみだよ~~!」「次回出演するドラマも楽しみに待ってます」「ずっと観てました!来週で終わるの寂しいけど…。すごく面白くて可愛くて大好きです」などの声が寄せられている。


http://www.narinari.com/Nd/20170342671.html


∥その他の画像∥
no title

【山本美月「嘘の戦争」撮了、幸せだった】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 06:41:42.78 ID:CAP_USER*.net
「ほんま、ええ役をいただいたなあって。うめを演じながら、こういう生き方の女性に憧れました。
厳しくもあり、柔らかくもあり、いつも自分よりも人のことを考えた言動が素敵。
自分が演じてなくても、いちばん好きなキャラクターでした」

そう話すのは、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロイン・あさ(波瑠)のお付き役・うめを演じた友近(42)。
クランクアップの瞬間は、うめがいい人だけに、「ご期待に応えられたかな」という思いが頭をよぎったそう。

「この10カ月間は、ふだんから私のなかにうめがいました。バラエティ番組に出演していて、
『うめの印象が悪うなるから、このセリフは言わんほうがええな』って思ったり(笑)。
それくらい、うめが体中に染みわたっていました」

番組プロデューサーいわく、『友近さんが秘めていたものが、うめの芝居に出てる』と。

「そう言われると確かに、演じようとしなくても自然に表現できた部分が多かったかも。ほんまいい脚本で、読むたびに泣いたように思います。
放送開始から半年、すっかり立派になったおあさ様ですが、昔はやんちゃだったなぁ、とか、
過去のシーンを思い出しながら最後まで見届けていただけたらうれしいです」「ほんま、ええ役をいただいたなあって。
うめを演じながら、こういう生き方の女性に憧れました。厳しくもあり、柔らかくもあり、いつも自分よりも人のことを考えた言動が素敵。
自分が演じてなくても、いちばん好きなキャラクターでした」

そう話すのは、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロイン・あさ(波瑠)のお付き役・うめを演じた友近(42)。
クランクアップの瞬間は、うめがいい人だけに、「ご期待に応えられたかな」という思いが頭をよぎったそう。

「この10カ月間は、ふだんから私のなかにうめがいました。バラエティ番組に出演していて、
『うめの印象が悪うなるから、このセリフは言わんほうがええな』って思ったり(笑)。
それくらい、うめが体中に染みわたっていました」

番組プロデューサーいわく、『友近さんが秘めていたものが、うめの芝居に出てる』と。

「そう言われると確かに、演じようとしなくても自然に表現できた部分が多かったかも。
ほんまいい脚本で、読むたびに泣いたように思います。放送開始から半年、すっかり立派になったおあさ様ですが、昔はやんちゃだったなぁ、とか、
過去のシーンを思い出しながら最後まで見届けていただけたらうれしいです」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160324-00010002-jisin-ent
女性自身 3月24日(木)6時1分配信



hqdefault

no title

【【芸能】友近、朝ドラクランクアップで「ご期待に応えられたかな」】の続きを読む




このページのトップヘ