ももいろクローバーZ

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 23:43:26.04 ID:CAP_USER9
no title

ももいろクローバーZが夏のスペシャルライブとして2014年より3年間にわたり行ってきた「桃神祭」。
日本各地の伝統あるお祭りと、ももクロならではのにぎやかなライブを融合させたド派手なステージは、通常のももクロライブとはひと味違う真夏の祭典として好評を博してきた。
2016年夏の「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」では、2日間で合計11万5446人のモノノフ(ももクロファンの総称)が盛大な祭りを楽しんだ。
この2日間の模様を収めたライブBlu-ray / DVDの発売に合わせ、音楽ナタリーではももクロのメンバー5人から個別に話を聞き、それぞれにとっての「桃神祭」を振り返ってもらった。

取材・文 / 臼杵成晃 撮影 / HAJIME KAMIIISAKA+Z
https://youtu.be/JXguvBmhmBQ



http://natalie.mu/music/pp/momoclo14
http://natalie.mu/music/pp/momoclo14/page/2
http://natalie.mu/music/pp/momoclo14/page/3
http://natalie.mu/music/pp/momoclo14/page/4

【【ももクロの夏祭り】ももいろクローバーZ「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」インタビュー「桃神祭」とはなんだったのか】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 04:55:39.25 ID:CAP_USER9
【百田夏菜子/モデルプレス=1月31日】ももいろクローバーZの百田夏菜子が31日、都内にて開催された「2016エイボン女性年度賞」授賞式に出席。今年のバレンタインの予定を明かした。


バレンタインの予定を明かした百田夏菜子 (C)モデルプレス
no title



現在、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(毎週月~土曜あさ8:00)に子育て中の主婦・小澤良子役で出演する百田。

そろそろバレンタインの季節ということで司会者から、予定を問われると「わたし今、主人がいるので…」と役に重ねて回答。「ちょうどバレンタインの日は大阪でばっちり撮影が入っているので、旦那さん役の田中要次さんに何かをこの機会に、渡してみようかな、と(思います)」と愛嬌たっぷりに微笑み、「ありったけの思いをこめて、田中要次さんに(渡したい)」と楽しそうにコメントした。

百田夏菜子、アクシデント乗り切る

百田夏菜子 (C)モデルプレス
no title

大賞の久能祐子氏、百田夏菜子、原林麻奈ドラマ番組部チーフ・プロデューサー (C)モデルプレス
no title

「社会のために有意義な活動を続け、人々に勇気や希望を与える女性達の活動を後押ししたい」といった願いのもと、1979年に創立された同賞。第37回目となる今年は、エイボン女性年度大賞に1名、教育賞に1名、芸術賞に1組、スポーツ賞に1名、ソーシャルイノベーション賞に1名。計4名1組が選ばれた。

この日は「連続テレビ小説(NHK/朝ドラ)」制作チームが芸術賞を受賞し、ゲストとして登壇した百田。スピーチを飛ばされる、というアクシデントもあったが、笑顔で機転を利かせ、会場を和ませた。(modelpress編集部)


百田夏菜子、原林麻奈ドラマ番組部チーフ・プロデューサー (C)モデルプレス
no title

授賞式の様子/南谷真鈴氏、三宅宏実選手、井村雅代氏、久能祐子氏(「連続テレビ小説」制作チーム(百田夏菜子、原林麻奈ドラマ番組部チーフ・プロデューサー)(C)モデルプレス
no title


大賞:久能祐子氏(S&R財団理事長兼CEO)
教育賞:井村雅代氏(シンクロナイズドスイミング指導者)
芸術賞:「連続テレビ小説」制作チーム
スポーツ賞:三宅宏実選手(ウェイトリフティング選手)
ソーシャルイノベーション賞:南谷真鈴氏(世界七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者)

【【ももクロ】 百田夏菜子「“主人”がいるので…」バレンタインの予定明かす】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 09:48:59.64 ID:CAP_USER9
1


no title


「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。
ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。
毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、
「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。

2017年1月8日(日)の放送では、「人を伸ばすマネジメント学!」のハピクロ・アカデミーを開講します。
先生は、ももいろクローバーZチーフマネージャーの川上アキラさん。
ももいろクローバーZの育ての親でもある、マネージャーの川上アキラさんが、人を伸ばす育成術や、実際に実践してきたマネジメント方法などを、クイズを織り交ぜながら教えてくれます。ぜひ、お聴きください。

◆ハピクロをradikoでチェックしたい方は、radikoアプリで番組を予約! http://www.tfm.co.jp/clover/#sidebar(一部対応できないエリアもございます。radikoアプリ設定は、スマートフォンのみの機能となりますので、ご注意ください)

〈番組概要〉
番組名:「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00~16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/ http://www.tfm.co.jp/clover/

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170107/TokyoFm_HfzFbbgnE6.html

【ももクロ 育ての親川上アキラが語る「人材の育成術」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 07:50:17.70 ID:CAP_USER9
no title

 ももいろクローバーZが、2017年に47都道府県ホールツアーを開催することが明らかになった。

 31日、パシフィコ横浜で開催された年越しライブ「第二回 ゆく桃くる桃 ~年またぎ笑顔三昧~」で発表された。

 ももクロの年越しライブは15年に引き続き2年連続。「ももいろクローバーZジャパンツアー『青春』」と題されたツアーの6月第1週までの日程が発表された。

 ももクロらしく主に県庁所在地“以外”で開催するといいい、この日発表された13会場のうち県庁所在地は約半数の7会場。会場もそれだけ大きくなく、ファンとの距離が近いツアーになりそうだ。

 リーダーの百田夏菜子(22)は「きっとみんなの近くに会いに行けるかなと思います」とライブエンディングであいさつ。人気曲「ももクロのニッポン万歳!」のように、ひょひょいと全国を飛び回る1年になりそうだ。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170101-OHT1T50039.html

【ももクロ、47都道府県ホールツアーを年越しライブで発表】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:22:45.52 ID:CAP_USER9
 大晦日恒例「NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表の時期が刻一刻と近づいてきている。

 上半期に流行した「PERFECT HUMAN」を引っ提げ、オリエンタルラジオが率いるRADIO FISHか、それとも今最も世界で知られる日本人となったピコ太郎が「PPAP」を披露するのか、芸人間の出場枠争いも気になるところだが、女性アイドルのファンたちは、自分たちが応援するグループが無事出場できるかどうか気が気でないだろう。アイドル誌編集者が語る。

「昨年初出場を果たしている乃木坂46は11月9日に発売された最新シングル『サヨナラの意味』が発売初日で累計出荷枚数が100万枚を超え、グループ初のミリオンを達成していることもありほぼ確実。AKB48も安全圏でしょう。

姉妹グループでは、昨年は『365日の紙飛行機』でNMB48の山本彩がセンターを務めたこともあり、そのNMB48が出場を果たしていますが、今年は単純な最新シングルのセールスではAKBと乃木坂に続いての3番手につけている欅坂46という大型グループが出てきましたから、出場を巡ってし烈なバトルが繰り広げられていることでしょう」

 そんななか、アイドルファンがいちばん気になっているグループが、ももいろクローバーZだという。

「昨年落選したことを受け、公式サイトで『ももクロは紅白歌合戦を卒業します』と宣言してしまった。ところがその後、当のメンバーたちの紅白への憧れが消えていないことが判明し、物議を醸しました。

今年は現在放送中の朝ドラ『べっぴんさん』にメンバーの百田夏菜子が出演していますから、出場の可能性は十分ある。CDセールスは頭打ちですが、今年上半期のライブでは11公演でのべ40万人を動員しており、女性アイドルの中では文句なしのトップ。

実績面では申し分ないだけに、出場するには昨年の“卒業宣言”がネックとなるのは間違いない。もし卒業宣言を“洒落だった”などとごまかせば、ネット民からフルボッコにされるでしょうね」(前出・アイドル誌編集者)

 昨年は涙をのんだきゃりーぱみゅぱみゅ、西内まりやなども返り咲きを狙うが、激戦を制し出場権を手に入れるのは果たして──。

(田村元希)

2016年11月16日 9:59 AM
http://www.asagei.com/70095

写真
no title

【<ももいろクローバーZ>昨年の「紅白卒業宣言」撤回なら大炎上必至!】の続きを読む




このページのトップヘ