のん

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 19:48:40.05 ID:CAP_USER9
 NHKの連続ドラマ「あまちゃん」で人気となった女優、のん(本名・能年玲奈)さん(23)が16日、岩手県産の安全で安心な農畜産物をPRする「純情産地いわて宣伝本部長」に就任した。

 「純情産地いわて」は全国農業協同組合連合会岩手県本部(JA全農いわて)の平成元年からからのキャッチコピーで、「ほのぼのとしたキャラクターが純情産地のイメージにぴったり」と、のんさんに宣伝本部長を委嘱した。

 盛岡市で開かれた発表会で特大の委嘱状を手渡されたのんさんは「岩手は第二の故郷みたいなところ。その岩手で作られる食材の応援ができることをうれしく思います」と語り、この後、東京都内に移動して「いわて牛」をPRした。

 契約期間は来年3月末までだが、JA全農いわては「その後もできればお願いしたい」としている。


2017.1.16 16:41
http://www.sankei.com/entertainments/news/170116/ent1701160016-n1.html
no title

no title

no title

【女優のんさん、「純情産地いわて」PR 宣伝本部長に就任】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 12:25:29.96 ID:CAP_USER9
 能年玲奈改め「のん」(23)に、“最強の味方”、NHKがバックについた!
 「のんは'15年1月、所属大手芸能プロに無断で個人事務所を立ち上げたとしてトラブルに。事実上、干される状態となり、結局、昨年6月末の契約切れをもって、のんとして活動を始めたのですが、芸能プロサイドは、いまだ独立を認めていないのです」(芸能記者)

 のんは昨年11月公開され、ヒットしたアニメ映画『この世界の片隅に』で声優として主演するなど地道に復活中だが、かつてのようなメディア露出はない。しかし、そんな彼女に、強い「バック」が登場したという。
 「ずばりNHKですよ。民放各局は大手プロの政治力を恐れてか、のんの出演を見合わせている状況が続いているのですが、NHKが先陣を切って昨年12月21日放送の人気情報番組『あさイチ』に生ゲスト出演させるという決断に踏み切ったのです。映画のヒットにちなんだ出演でしたが、のんはいつもの純朴な笑顔で不思議発言を連発するなど、健在ぶりを印象付けました」(同)

 のんといえば、'13年に主演した朝ドラ『あまちゃん』が社会現象になっただけに、NHKとしても大きな恩義があるのは確か。
 「NHKの午前の看板番組である『あさイチ』に出るということは、大きな裏がある。実はなんと、今年中に『あまちゃん』続編を実現させようとしているのです。ただ、朝ではなく、夜の連ドラが有力。実現すれば、干されていた彼女の“大逆転”復活になります」(NHK関係者)

 実はNHK、昨年頃から'20年東京五輪に向けて芸能界との黒い癒着などをなくしていくという方針を強めているという。
 「芸能界のドン的な人と癒着している幹部を異動させたり、そういった人の意向に従うのをやめようという局内の内規が決まったようです。
実際、昨年の紅白歌合戦選考でも、芸能界のドン的連中の意向が通じない人選がいくつもあった。のんを堂々と起用したのも、新しいNHKの姿勢の一環とみていい」(同)

 (以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

http://npn.co.jp/article/detail/17260026/

【のん 先取りスクープ「あまちゃん」続編は大人の夜ドラマ (週刊実話)】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 13:16:08.70 ID:CAP_USER9
【東京支社】久慈市は14日、北三陸久慈市ふるさと交流会を東京都内で開いた。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地として上がった知名度を維持・拡大しようと昨年に続き開催。主演の女優のん(本名・能年玲奈)さんもゲスト参加し、盛り上げた。

 出身者や同市に関心を寄せる首都圏在住者ら約160人が来場。のんさんは台風10号被害で昨年は中止になった久慈秋まつりの山車組・巽町(たつみちょう)組のおはやしなどに加わり「久慈は特別なまち。震災や台風の被害に遭われた方々が元気になってくれれば」と市民にメッセージを送った。


【写真=巽町組のメンバーと一緒におはやしを披露するのんさん】
no title

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170115_5


∥その他の画像∥
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【のんさん、久慈市民にエール 東京で「北三陸」交流会 ※画像あり】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:04:33.64 ID:CAP_USER9
2015年の事務所独立騒動以来、
仕事を干される形でメディアへの露出が極端に減っている「のん」こと、能年玲奈(23)。

一時期は完全に休業状態だったが、声優として出演した映画「この世界の片隅に」の大ヒットもあり、
年末にかけて少しずつ活動を活発化させている。

秋口から地方のイベントや雑誌のインタビューに出演するようになり、
LINE LIVEに「のんちゃんねる」を開設して生の姿をファンに公開。
10月19日にはNHK「おはよう日本」に出演して「この世界の片隅に」の告知を行った。
さらに12月16日には写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」を発売し、
21日にはNHK「あさイチ」に生出演した。
いよいよ本格的に活動再開かと期待するファンも増えている。

しかし、「映画がこれだけヒットした立役者といってもいい『のん』をテレビ局が話題にもしないのは、
大物タレントを多数抱える旧事務所とのつながりを大事にしているから。
つまり、旧事務所との独立問題をクリアにしない限り、本格的な復活はまだ先ということです」(芸能ライター)。

実際、映画評論家の町山智浩氏が12月3日に「MXテレビでのんこと能年玲奈を番組に
出そうとしたら旧事務所から抗議があって断念した」という内容をツイートして話題になった。

そんなアゲンストの嵐の中、はたしてのんは再び脚光を浴びられるか。

「映画や舞台では徐々に起用されていくでしょうが、それがメディアで取り上げられることは当分ないでしょう。
しかし今、のんが得意の絵を生かして生み出したキャラクター
『黄色いワンピースのワルイちゃん』グッズが博品館やキディランドで人気です。
女優より先にアーティストとして復活する可能性のほうが高いかもしれません」(前出の芸能ライター)

年女の今年中にテレビで女優・のんが見られる見通しはまだまだ暗い。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/197092

能年玲奈
no title

no title

no title

【「のん」こと能年玲奈、いまだ険しい完全復活への道のり…番組に出そうとしたら旧事務所から抗議受け断念するメディアも】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 08:29:14.93 ID:CAP_USER9
∥画像∥
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title



【衝撃】能年玲奈(芸名: のん)から国民に新年の挨拶キタアアアァァァーーッ! 激ヤバ可愛すぎる!2017年は素晴らしい年に
2017.01.01

能年玲奈は「のん」という芸名で活躍している国民的日本人女子だが、そんな彼女が2017年の新年のご挨拶を発表し、多くのファンが歓喜している。それもそのはず、能年玲奈は自身の美しすぎる和服姿も同時に公開したのだ!

彼女は自身の公式ブログにて「ハッピーニューイヤー! 新年ですね。振袖を着ました。わーい!」とコメントしている。

(中略)

・2017年は素晴らしい年に
能年玲奈にとって波乱にとんだ2016年たったかもしれないが、2017年は仕事もメンタル面も彼女にとって良い年になることを強く願いたい。いや、他人が彼女の幸せを願わなくても、彼女はすでに映画「この世界の片隅に」の声優として国民に認められ、自身の力で多くの人たちに認められる存在となった。(中略)

・2017年の彼女の活躍が楽しみ
ちなみに、あまり知られていないが、能年玲奈はギターが得意である。女優「のん」としてもギターの腕を披露する日がやってくるかもしれない。とにかく、2017年の彼女の活躍が楽しみだ。

http://buzz-plus.com/article/2017/01/01/nonen-rena-non/


∥関連∥
のん 公式ブログ - 新年!
http://lineblog.me/non_official/archives/13103671.html
あけましておめでとうございます | のん 公式サイト:
https://nondesu.jp/581/

【能年玲奈(芸名: のん)が新年の挨拶 大正ロマン風の振袖姿にファンからは喜びの声】の続きを読む




このページのトップヘ