のん

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 14:07:05.08 ID:CAP_USER9
「今は、仕事をするのがいちばん楽しいです」。彼女の来た道を思って、深く頷く。スラリとした手足。考えを巡らし、思いに至ると、目の奥ははたとひらめく。少女と呼ぶには大人びていて、大人と呼ぶには幼すぎる。

のん、23歳。彼女ほど一挙手一投足を“見守られている”女優は、今ほかにいないだろう。好意、共感や激励、あるいは好奇や傍観……世間の目にはさまざまな思いが交錯する。

2016年11月、各地のミニシアターで封切られた映画「この世界の片隅に」(こうの史代原作、片渕須直監督・脚本)は、反響が反響を呼び、異例のロングランヒットを記録。キネマ旬報日本ベスト・テン第1位、ヨコハマ映画祭作品賞を受賞するなど、並みいる作品を抑え、多くの映画賞に輝いた。

のんはそんな作品の主人公である浦野(北條)すず役として、声優を務めている。映画の成功と同時に、ふたたび檜舞台に上がった彼女の、心の動きを追った。(ライター・大矢幸世 撮影・伊藤圭/Yahoo!ニュース編集部)

(中略)

◆野山を駆け回った「悪ガキ」の描いた夢

のんが生まれ育ったのは、兵庫県のちょうど真ん中、人口1万2000人弱の小さな町だ。山にはシカやサル、クマなどが生息し、川にはホタルが棲む。

「田んぼで駆け回ったり、おたまじゃくしを捕まえたり……ダンボールで秘密基地を作って、大切なものを持ち込んでたのに、雨でしなしなになって『さよなら』したり……山の子ども、ですね。近所の家のまだ青い柿を袋いっぱいに採ってきて、あとでお母さんと謝りに行ったり、先生にも怒られまくったりして、『悪ガキ!』でした(笑)」

幼いころの夢は、キューティーハニーの「ナースハニー」。それから「パリコレのモデル」にファッションデザイナー、イラストレーターにお笑い芸人……。なりたいものがいくつもあった。

「昔から、何かを作るのが大好きだったんです。見つけた瞬間に『やってみたい』って思って、そこにまっすぐ打ちこんじゃう感じで。絵を描いたり、編み物したり……何か表現できるものに惹かれてたんですかね」

最近では自作のオリジナルキャラクター「ワルイちゃん」を発表したり、動画生配信「のんちゃんねる」をはじめたりと、女優以外の活動もはじめた。

「あまりしゃちこばった(身構えた)ようには見られたくなくて、アーティストじゃなく『創作あーちすと』って呼んでるんです。ちょっとうさんくさい感じで(笑)。自分が作ったものを『かわいい』と思ってくださる方がいるのは、すごくうれしいですね。表現することは、誰かに伝わったほうが気持ちのいいことだ、って思います」

◆「なるようになる」。彼女が行き着いた心境

表現すること。それは彼女にとって、小さなころからあたりまえのように、そばにあったのかもしれない。やりたいこと、好きなことに手を伸ばして、やってみる。それがひとたび制約されたとき、彼女は何を思ったのだろう。

「うーん……。自分でやっちゃえばいいんですよね。結局はどうとでもなる、というか。『演じる』ということ自体は不確かなものですし、失われるものではないから、自由なものだと思っています」

彼女は言葉を選びとりながら、目の前の相手に真摯にこたえていく。

>>2以降につづく)


no title

https://giwiz-tpc.c.yimg.jp/q/tpc/images/story/2017/3/3/_1488537442_1488537424_170124_17.jpg
no title

no title

【女優のん「(表現することに制約があれば)自分でやっちゃえばいいんですよね。」 野山を駆け回った“悪ガキ”の描いた夢】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 14:17:51.61 ID:CAP_USER9
女優・のん(本名・能年玲奈=23)が22日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜・前11時半)にゲスト出演し、「ビバデミー賞2017」の最優秀声優賞を受賞した。

 声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒットし、各映画賞を総なめ状態。MCの落語家・春風亭昇太(57)が対面し開口一番、「お肌がつるつるでかわいいよね」と絶賛。のんはすっぴんでスタジオ入りしていたことを明かすと、昇太は「本当に、君それ、すっぴんなの?何だよもう!」と絶叫した。

 肌のお手入れ法を聞かれ「内臓の調子が肌の調子につながるので、内臓の調子を整えるものを摂取している。ご飯とかは野菜を中心に…」と話しながらも、大好きなものはポテトチップと即答。「食べものの中で一番好きです」と不思議なトークを繰り広げ、昇太を大爆笑させた。

 表彰したい人物を聞かれると「考えたんですが、“おーい、はに丸くん”です」とNHKのキャラを挙げ、「この間、初めてお会いして共演させていただきました。むちゃくちゃ元気でした。顔色? ちょっと土系で心配でした。(はに丸くんに)似ていると言われたことがあったので…。2人から…」と話した。

 声優の挑戦については「声だけで演技をする、感情の流れを声に乗せる今までと違うことができました」と語り、リスナーからの質問で「今、一番やりたいこと」を聞かれると「仕事ですね」と回答。女優業について振られると「企画があれば…」と意気込んだ。


no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170222-OHT1T50055.html

【のん、ラジオで激白!「今、一番やりたいことは仕事ですね」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 22:32:27.70 ID:CAP_USER9
・「野宮真貴、渋谷系を歌う。」1stにのんちゃんも来てくれた![missmakinomiya]
no title

・[yoshi yuki mayama]
no title



女優で声優ののんが、ピチカート・ファイヴ(2001年3月解散)の3代目ヴォーカルとして知られる野宮真貴のライブを訪れた。自身のブログで「写真を撮ってもらって浮かれてる近所の人みたいで気に入ってます。近所に野宮さんいたら浮かれますね!」とレアショットを公開している。

2月12日、野宮真貴のバレンタインライブを楽しんだ彼女は『のん 公式ブログ』で「素敵だった~~。紅茶を飲みながらライブに浸りました」と振り返った。憧れの野宮真貴にも会うことができ、「一緒にふわふわを巻きました。野宮さん美しい~~!」とまさに「近所の顔なじみの女の子」みたいなはしゃぎようである。

一方の野宮も『野宮真貴 missmakinomiya Instagram』にて「モーションブルーヨコハマ『野宮真貴、渋谷系を歌う。』1stにのんちゃんも来てくれた!」とツーショットを投稿しており、「マキさん、お美しいです」「のんちゃんキラキラ」「真貴ちゃんとアキちゃんだ!」とフォロワーを喜ばせた。

のんは「能年玲奈」を名乗った頃から趣味のエレキギターを披露するなど音楽への関心は強く、この日は松尾レミ(GLIM SPANKY)もゲスト出演したとあってさらにテンションが上がったことだろう。昨年12月には『岡村靖幸2016 FALL~WINTER TOUR「運命」』ファイナル公演に参戦するなど、時間があればアーティストのライブに足を運んでいるようだ。


出典:https://www.instagram.com/missmakinomiya
出典:https://www.instagram.com/yoshiyukimayama
出典:http://lineblog.me/non_official
http://japan.techinsight.jp/2017/02/maki02141655.html

【のん「浮かれてる近所の人みたい…」 元ピチカート・ファイヴ野宮真貴と2ショット】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 05:19:50.20 ID:CAP_USER9
2 月 13 日に発売のヤングキングが、大ヒット中の映画「この世界の片隅に」の主演女優を務める”のん” を表紙、巻頭、中ページで起用しました。 通常は巻頭と中ページで別の被写体を起用することが多い中、インタビューを含め、全 16 ページとヤングキング創刊以来、初めてとも言えるほど豊富に登場します。
 本企画が決まった際に、フォトディレクションに定評のあるアートディレクターの岡田考功 (FIRSTORDER)に本件のクリエイティヴを依頼しました。
 本件について岡田は「今回のお話を伺った際に現場の雰囲気を含め、のんさんとの不思議なマッチングが思い浮かび、藤代冥砂さんにカメラマンをご依頼しました。撮影はスタッフと会話をしながら終始和やかでしたが、ぼーっとしているようで、レンズを向けられた瞬間、のんさんの目やポージングがカチッと決まるので、撮影中からページ構成が思い描けました。逆に良すぎてセレクトが大変でしたね」とコメントしました。
 撮影は、青山をのんびりと歩きながら行われ、スタジオでは、一年半前から習っているバレエのピルエットを彷彿させる、動きのあるポージングも披露しました。様々な表情の詰まった、バレンタインシーズンに相応しい特別な贈り物の1冊になっております。 なお、藤代冥砂が漫画雑誌の表紙のカメラマンを務めるのは実に約10年ぶりとなります。

のんさん コメント
「こんにちは、のんです。バレンタインのシーズンですね!私はバレンタインを『たくさんチョコレートを食べてもいいイベント』だと思ってるので、今年もチョコを楽しみたいと思います!(笑)まだまだ『この世界の片隅に』が上映中ですので、気になる方はぜひ足を運んでいただけたらと思います。ヤングキングさんには初めてお邪魔いたしましたが、すごく楽しい撮影でした。ぜひ、写真にもご注目ください!」

藤代冥砂さん コメント
「のんちゃんは僕と一緒でおそらく宇宙から降りてきた者同士、この後も一緒に頑張っていきましょう。」

<ヤングキング 2017年2月13日号概要>
発売日 :2017年2月13日(月)
価格 :400 円(税込)
出版社 :少年画報社
WEB SITE:http://shonengahosha.co.jp/


http://www.jiji.com/jc/article?k=000000085.000004078&g=prt


∥画像∥
no title

no title

【女優「のん」が青山を散歩 漫画雑誌で前代未聞の16ページぶち抜き特集「今年もバレンタインを楽しみたい。」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 17:00:30.62 ID:CAP_USER9
 女優ののん(23)が再び表舞台に躍り出た。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレーク後、事務所の移籍騒動もあったが、映画「この世界の片隅に」のヒロインの声優を務めたことで再度スポットライトを浴びているのだ。そこには良作や心強い共演者や支援者に恵まれる強運ぶりがあるようだ。

 「この世界~」は昨年11月に公開され、現在までの動員は130万人、興行収入は17億円を超える大ヒット。4日からは上映館が73館増えた。第90回キネマ旬報ベストテンでは評者、読者ともに日本映画で1位になるなど多くの映画賞を総なめ。5日にはキネ旬の授賞式にのんも登壇した。

 「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが、事務所の移籍騒動をめぐりメディア露出は激減。そこを救ったのが「この世界の片隅に」だ。

 「朝ドラ復興の貢献者でもあるのんだけに、NHKでも何度も『この世界~』を取り上げるなど異例のバックアップ態勢です」と放送関係者。

 「あまちゃん」で共演した小泉今日子(51)や渡辺えり(62)ら強力な援軍も、のんを支え続けている。

 「あまちゃん」の舞台である岩手県の達増拓也知事自らバックアップを明言したほか、久慈市のイベントへのゲスト出演など、芸能界とのしがらみが薄い人や組織からも支援の手が差し伸べられている。デザイナーとしての活動も始めている。

 芸能評論家の三杉武氏は「まさに幸運、強運。『この世界の片隅に』も大手スポンサーがついておらず、ここまでのヒットは上映前には想像もできなかった。そういう意味では、まさに“神ってる”状態」と指摘。

 「もちろん所属事務所側にも言い分はあるでしょうが、逆境に負けず活動する姿が、ファンの間では『あまちゃん』と重なるようで“リアルあまちゃん”として注目を集めている。今後も“御当地活動”やアニメの声優など、芸能界とのしがらみの薄いフィールドを中心に独自路線を見せていくのでは」

 強い女優だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000012-ykf-ent

能年玲奈

【再ブレーク呼んだのんの強運 声優出演「この世界の片隅に」が映画賞総なめ、NHKや小泉今日子ら強力援軍】の続きを読む




このページのトップヘ