のん

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 21:38:11.14 ID:CAP_USER9
「節分の日」の2月3日、東京・千代田区の神田明神では「豆まき式」が開かれた。?ヒット映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督と女優の「のん」さん(能年玲奈から改名)、放送中のテレビアニメ「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」の博史池畠監督と声優の長久?友紀さんらが参加。「福は内!鬼は外!」と、威勢の良い掛け声とともに豆まきをした。

詰め掛けた人たちは、飛んでくる豆やみかんを取ろうと両手を広げながら、大きな歓声をあげていた。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

no title

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/03/non-mamemaki_n_14589258.html


∥その他の画像∥
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

(Thanks to All The Photographers!)

【のん、微笑みながら「鬼は外!」 神田明神で豆まき】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 08:55:00.30 ID:CAP_USER9
 第二次大戦下の広島県呉市を舞台に、厳しい日常を精いっぱいに生きる女性の姿を描いて大ヒット中のアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督、こうの史代原作)。その主人公、すずの声を担当した女優、のんさん(23、本名=能年玲奈)の写真集『のん、呉へ。2泊3日の旅』(双葉社、1500円+税)が昨年末に刊行され、発売記念イベントに伴う囲み取材が東京都内の書店で行われた。

 映画は昨年11月公開。ミニシアターを中心とした独立系作品ながら、口コミで評判が広まり徐々に上映館が拡大、1月上旬時点で動員75万人、興行収入10億円を突破する異例のヒットとなった。昨年のキネマ旬報ベスト・テンで日本映画の1位に選ばれるなど、作品としての評価もきわめて高い。

 映画の主人公は、昭和19年に18歳で海軍軍属の夫に嫁入りした絵が好きなおっとり女性、すず。のんさんはその声優を務め、映画成功の立役者の一人となった。今回の写真集は映画アフレコ後の昨年10月末、作品の舞台となった軍港の街、呉市で撮影された。

 海上自衛隊の現役潜水艦や護衛艦を間近で望める公園「アレイからすこじま」や、本州と倉橋島の間90メートルを結ぶ日本一短い定期航路「音戸渡船」など、呉の名所をのんさんが元気いっぱいに探訪する様子が収録されている。

 映画に登場した、3つ並んだ古い土蔵「三ツ蔵」など、作品鑑賞後に見るとさらに味わい深いカットもある。「すずさんが嫁ぎ先から買い物に行く道沿いに並んでいる三ツ蔵が、そのまま残っていて。海も、映画の中の当時とは少し違っていたりするけど、空気感、雰囲気がそのまま感じられます」

 写真集を眺めた感想として「すごく楽しそう。われながら、23歳には見えない幼さだと…」と、はにかみながら語るのんさん。自身の一番のおすすめは、大正時代から続く呉駅近くの老舗大衆食堂「森田食堂」だという。

 「すごくおいしくて、ついつい、いっぱい食べてしまって…。私が今まで食べたご飯の中で一番、世界一おいしいご飯だなぁと幸せになる食堂でした。あと、食堂を切り盛りしている方が鈴子さんといって、すずさんと2文字同じなのも、めちゃくちゃうれしかったです」

 写真集でのお気に入りの一枚も、森田食堂で食べ物を思い切りほおばっている場面だとか。「まるで動物のような、子供の妖怪(座敷わらし)のような…」と照れつつも、報道陣からの「同じ顔をしてください」とのリクエストに律儀に応じ、ほおを膨らませた“変顔”を披露する一幕もあった。

>>2以降に続きます

2017.1.21 01:00
http://www.sankei.com/entertainments/news/170121/ent1701210003-n1.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【写真集チラ見せ 23歳「のん」の魅力が満載「この世界の片隅に」の舞台、広島・呉で見せた素顔と天然キャラ】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/20(金) 13:02:39.31 ID:CAP_USER9
戦前、戦時中の広島市、呉市を舞台にしたアニメーション映画「この世界の片隅に」で主人公・すずの声優を務めた女優のんさんが18日夜、広島市中区のサロンシネマで舞台あいさつした。

 声優として役作りの大変さについて、「表情などの視覚的表現を声に乗せないといけないのが難しかった」と振り返った。どう演じればいいのか、アフレコまでに質問を箇条書きにして片渕須直監督にメッセージを送ってアドバイスを受けたエピソードも披露した。

 広島弁については「すごく気合を入れてやりました。なじませるために、普段から友達と話すときに広島弁で話してみたりした」と苦労を明かした。

 映画は専門誌「キネマ旬報」の2016年のベスト・テンで日本映画で1位に選ばれ、片渕監督も監督賞を受賞。配給会社の東京テアトルによると、観客動員数は107万人を超え、興行収入も14億円を突破し、ヒットを続けている。


・舞台あいさつするのんさん(広島市中区で) 記事へ
no title

http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20170119-OYTNT50178.html


∥その他の画像∥
no title

no title

no title

【女優のんさん 広島弁習得「気合入れた」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 05:49:06.73 ID:CAP_USER9
アウトサイダーアートの特集記事が、本日1月17日発売の『美術手帖』2月号に掲載されている。

同特集はアウトサイダーアートを「『描かずには生きられない』という、強い衝動から生まれた表現」と捉え、アウトサイダーアートを通して様々な創作の原点を探ろうという試み。巻頭には表紙も飾る女優・のんが登場し、「創作あーちすと」としての活動も始めた彼女が、奈良美智のアドバイスを受けながら大型の絵画を描くことに初挑戦。またのんと奈良が描くことの原点について語り合う。

さらに福住廉、櫛野展正、松岡剛、嘉納礼奈、ジェルマン・ヴィアットの5人のキュレーターが、専門的な美術教育を受けていない高齢者や死刑囚の作品、古代の洞窟絵画など様々な表現を紹介。会田誠や高嶺格、大山エンリコイサム、卯城竜太(Chim↑Pom)、日比野克彦をはじめとするアーティストたちが自分にとっての「アウトサイダーアート」をセレクトする記事も掲載されている。

また第2特集では、のんが主演声優を務めたアニメーション映画『この世界の片隅に』を取り上げる。精神科医の斎藤環と片渕須直監督の対談が収められるほか、斎藤が同作を分析した論考も紹介している。


・『美術手帖』2017年2月号表紙
no title

・美術手帖』2017年2月号より
no title

no title

no title

no title

http://www.cinra.net/news/20170117-bijutsutecho

【女優・のんが奈良美智に絵画制作を学ぶ、『美術手帖』アウトサイダーアート特集】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 19:48:40.05 ID:CAP_USER9
 NHKの連続ドラマ「あまちゃん」で人気となった女優、のん(本名・能年玲奈)さん(23)が16日、岩手県産の安全で安心な農畜産物をPRする「純情産地いわて宣伝本部長」に就任した。

 「純情産地いわて」は全国農業協同組合連合会岩手県本部(JA全農いわて)の平成元年からからのキャッチコピーで、「ほのぼのとしたキャラクターが純情産地のイメージにぴったり」と、のんさんに宣伝本部長を委嘱した。

 盛岡市で開かれた発表会で特大の委嘱状を手渡されたのんさんは「岩手は第二の故郷みたいなところ。その岩手で作られる食材の応援ができることをうれしく思います」と語り、この後、東京都内に移動して「いわて牛」をPRした。

 契約期間は来年3月末までだが、JA全農いわては「その後もできればお願いしたい」としている。


2017.1.16 16:41
http://www.sankei.com/entertainments/news/170116/ent1701160016-n1.html
no title

no title

no title

【女優のんさん、「純情産地いわて」PR 宣伝本部長に就任】の続きを読む




このページのトップヘ