2016年09月

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 05:53:59.36 ID:CAP_USER9
NHKの朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が最終盤にさしかかり、平均視聴率22%超と好調のまま、10月1日の最終回を迎える。

同作は雑誌「暮しの手帖」を創刊した出版社「暮しの手帖社」社長の大橋鎭子さんがモデルで、高畑充希(24)がヒロイン・常子を演じた。
だが、現役女性誌編集者からは「雑誌作りはドラマに描かれているように甘くない!」と厳しい声が上がっている。

「ドラマでは、唐沢寿明さん演じる『あなたの暮し』の雇われ編集長・花山が一人で企画立案からレイアウトまでを考え、表紙の挿絵を描き、原稿も書いている。
花山のモデルとなった花森安治氏は実際、自分でイラストを描き、デザインもするなど優秀な方だったと聞きますが、
そこまで一人に任せきりはあり得ないですよ」(女性誌編集者)

現実離れしているシーンは他にもあるという。

「ドラマでは、花山が仕上げてくる原稿や挿絵などに常子はすべて『いいと思います!』といつも、褒めたたえて終わり。
『もう少し修正してほしい』といった指示など一つもせず、方向性も示さない。
常子のモデルとなった大橋さんも社長になる前は編集者だったのに、本当に花森さんに全く口を出さなかったのか? 
通常の女性誌の世界では修正指示は当たり前なので、違和感がある」(女性ファッション誌編集者)

常子に対するバッシング記事も出始めている。
「週刊朝日」は、ドラマで「あなたの暮し」の名物企画となった商品試験の企画は、常子が発案者として描かれたが、事実は違うと指摘した。
「実際は花森(花山)が考案者というのが真相」(制作会社幹部)。
週刊朝日では「『とと姉ちゃん』に異議あり!」との特集記事を組むなど、「波紋が広がっています」(同)。

これでは、常子が一編集長に丸投げで何の経営ビジョンもない出版社社長と映るのも仕方ない。
しかも高畑の今後にも影響しかねないという。

「ドラマは高視聴率で終わりそうなので、高畑は紅白歌合戦の紅組司会者の有力候補。
(常子への)バッシング記事でそれがなくなったとなれば一大事」(芸能プロ関係者)。そうならないことを願うばかりだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000007-tospoweb-ent
東スポWeb 9月30日(金)5時37分配信

no title

no title

【「とと姉ちゃん」に現役編集者が異論…現実は甘くない】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 14:37:29.47 ID:CAP_USER9
歌手の浜崎あゆみが29日、羽田空港で11日にファンクラブサイトで
離婚を示唆するつぶやきをしてから初めて、報道陣の前に姿を見せた。

 30日に札幌市のZepp Sapporoでファンクラブツアーのコンサートを
行うために、全日空機で新千歳空港へ向かった浜崎は、キャップ、バルマン
ノースリーブTシャツにダメージジーンズと全身黒のいでたち。腰には
赤いチェックのシャツを巻き、スタッフ5人を連れ立って、出発ゲートに現れた。
集まった報道陣30人から「離婚するんですか」と声をかけられたが、
2度頭を下げたのみで、声を発しなかった。左手の薬指に指輪はしていなかった。

 浜崎は14年3月に結婚した米国の医学部大学院生だった夫と結婚。しかし
今月11日にファンクラブサイトで「伝えたいこと」というタイトルで
「今日は、皆へ報告したい事があります。3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、
それぞれの道へ進むことになりました。 彼は彼の想う道を。私は私の想う道を。」と
つづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000051-dal-ent
画像
no title

no title

no title

no title

【浜崎あゆみ 離婚報道後初めて登場も無言 左手に指輪はなし】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 13:19:06.41 ID:CAP_USER9
9月21日放送『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)にて、「周りから“真面目な人、しっかりしている”とよく言われるが、
これは褒め言葉なのか? “取り柄のないつまらない人”と言われている気がして、いたたまれない気持ちになる」という投稿が紹介された。

これを受け、マツコ・デラックス(43)は「なにか褒めなきゃいけないとき、青山くらいのレベルだったら
“おきれいですね”ってとりあえず言っとくじゃん」と、進行役の青山愛アナウンサー(27)を引き合いに出し、コメントし始めた。

しかしこの内容が、本当にひどい。「だって、特に知性も感じないし、優しさも感じないし、
そうなってくると顔はそこそこだから“顔だけ褒めときゃいいや”みたいな」と、あまりにも愛のないコメントに終始したのだ。

さすがに、今回の罵詈雑言は青山アナにも響いたのか、彼女はうつむきながら「最低じゃないですか(苦笑)!」と必死の対応を見せ、
マツコも「ハハハハ!」と高笑いのリアクション。一方、間に挟まれた有吉弘行(42)は
二人の小競り合いを眺めるしかなく、「俺はムコ養子か!」と絶叫してなんとか場を収めていた。

もはや最近のこの番組は「マツコVS青山アナ」の関係性が軸になっており、有吉は仲裁に入る役回りばかり。
京大出身、『報道ステーション』レギュラーを務めていた青山アナは、思わぬかたちでバラエティの表舞台に躍り出てしまった。

http://dailynewsonline.jp/article/1203240/
2016.09.29 11:00 日刊大衆

no title

no title

【青山愛アナを「知性も優しさもない」マツコが一刀両断】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:15:19.66 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」「マッサン」に出演したことも話題になった
女優の優希美青(ゆうき・みお)さんが、29日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)44号の
巻末グラビアを飾った。優希さんが同誌に登場するのは約2年ぶり。

優希さんは1999年4月5日生まれの17歳。
2012年に第37回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝き、デビューした。
グラビアは、優希さんの地元・福島県で撮影され、ワンピース姿で無邪気に走る姿、
アンニュイな表情を浮かべたり、汗ばむ写真などが掲載されている。

「週刊ヤングジャンプ」44号では、「乃木坂46」の生田絵梨花さんが表紙と巻頭グラビアに登場している。


「週刊ヤングジャンプ」44号の巻末グラビアを飾った優希美青さん(C)細野晋司/週刊ヤングジャンプ
no title

no title

http://mantan-web.jp/2016/09/29/20160928dog00m200028000c.html

【優希美青:朝ドラで話題の美少女が2年ぶり「ヤンジャン」グラビア 汗ばむ姿も…】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 18:40:58.11 ID:CAP_USER9
アイドルグループ、HKT48の田島芽瑠のコメントがファンの間で話題になっている。

HKT48は、新シングルの発売が発表され、指原莉乃が同グループとしては初のセンターを担当することが明らかになっている。
しかし、田島は自身のトークライブアプリ「755」で、
「9枚目シングルが発売する事も選抜発表が行われる事もそして既にレコーディングを終えてる事も何も知らなかったです」とコメント。
さらに、「知ったのは755のコメントを見てでした。皆さんから教えられました」とも。
そして、改めて、「私は次の選抜メンバーに選ばれませんでした」とファンへ告げた。

そして田島は、「悔しい。悔しいです。だから私は泣かないって決めたの。やせ我慢ではありません」「這いつくばって、這いつくばって絶対に次のシングルで選抜に復帰したい!するんだ! 戻った時に誰よりも輝けるような人になる」と今後の意気込みを語っている。

田島芽瑠は、HKT48の2期生として加入。
オーディションでは総合プロデューサーの秋元康が“逸材”と絶賛。
「第2の松井珠理奈。将来のセンター候補が出てきた」と最大限の評価をしていた。
さらにHKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」で1期生でなく田島がセンターを担当。
今後の成長が大きく期待された。

しかし、今回のシングルでは、まさかの選抜落ち。
今後の活躍に期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000013-reallive-ent

参考
HKT48 9thシングル 「バグっていいじゃん」選抜
指原莉乃(センター) 宮脇咲良 兒玉遥 松岡はな
朝長美桜 田中優香 井上由莉耶 荒巻美咲
今村麻莉愛 駒田京伽 冨吉明日香 下野由貴
地頭江音々 武田智加 小田彩加 月足天音

HKT48 田島芽瑠
no title

no title

デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」でセンター田島芽瑠
no title

【【HKT48】秋元康が“逸材”と絶賛したメンバー田島芽瑠は今…「9枚目シングルが発売する事も何も知らなかった」】の続きを読む




このページのトップヘ