1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 13:45:56.41 ID:CAP_USER*.net
映画「トランスポーター イグニション」ブルーレイ&DVDが3月9日(水)に発売されることを記念して、都内で特別イベントが開催された。
イベントには、作品に登場する謎の美女・アンナになりきり、セクシーな衣装を身にまとったおのののかが出席した。

おのは「『トランスポーター イグニション』に出てくる美女3人をイメージして、いつもと違う髪形と黒のワンピースで大人“おのののか”としてまいりました」とあいさつ。

「いつもテレビに出るときは(髪形は)お団子で、ふわりとした服を着ているので、きょうはだいぶ違って気恥ずかしい気がします」と照れ笑いを浮かべた。

作品を見た感想について「やっぱり運転のうまい男性って本当に格好いいなって思いました。
私自身も車の運転はする方なので、『この人うまい』とか感じやすいです。うまいとキュンキュンしますね」と告白した。

主役のエド・スクレインについては「スーツを着ている感じでは、細身の男性なのかなと思うんですけど、アクションシーンがすごくて。
上半身を脱ぐシーンがあるんですけど、服脱いだら意外と体がゴツくて、(腹筋が)“6パック”みたいな(笑)。すごい格好いい、そそられる体で(笑)。
細マッチョでしたね。理想の体形でした。一番好きです。
観賞用に置いておきたいくらいでした」と惚れ惚れした表情を見せた。

また、イベント終了後の囲み取材では、運転のうまい男性に引かれるという話題から、おの自身の恋愛観にも話が及んだ。

「浮気する男性はダメですね。浮気されたら嫌ですし、すぐ分かります。1回浮気されたら別れます」と宣言。

おのの“浮気”経験については「あ~絶対嫌です。絶対ないです。事務所にも散々不倫はダメだと言われているので(笑)。
既婚者だけは、いくなって言われてるのでそこは大丈夫です」と自信を見せた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160307-00000023-the_tv-ent
Smartザテレビジョン 3月7日(月)13時35分配信

no title

no title

no title

【【芸能】おのののか、大胆セクシー衣装に「気恥ずかしい」エド・スクレインについては「すごい格好いい、そそられる体で(笑)。」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 14:39:41.40 ID:CAP_USER*.net
6日に放送された『情熱大陸』では女優・土屋太鳳に密着。ドラマ『下町ロケット』(TBS系)や映画『orange‐オレンジ‐』など、立て続けにヒット作に出演している土屋太鳳は
今年、エランドール新人賞に受賞し、そこで「女優として生きていこうと思いました。
いろんな気持ちをたくさんの人に魂を削って伝えていく覚悟を決めました」と宣言した姿も映し出された。

土屋は筋トレと愛用のガラケーによるブログのアップを日課にしているというそうで、
「お芝居ではまだまだいろんな人に助けてもらっているので、体調管理とか体力しか自分のできることがないから、日常からできることはやりたい」と明かす。
度々、熱のこもった長文のブログを更新する土屋は「読者の方から助けてもらうことが多いです。コメントとかから」とファンとの交流を語る。

高校時代、ダンス部で全国大会準優勝の栄冠を手にした土屋。
当時のダンス仲間とは今でも仲がよい。女子会で写真付きの寄せ書きをプレゼントされた土屋は唇を噛みしめながら、涙を流していた。

また、そのダンスの実力から昨年のグラミー賞ノミネート歌手SiAのミュージックビデオに抜擢された。
猛々しい力強さが求められたが、性格からか上品で優美なダンスになってしまう。土屋は涙しながらその壁に立ち向かった。

「女優として、この先は?」という質問に「考えたことはあります。どこまで持つかなって。
だから、今の役がちゃんとできたら、また次の役。一つ一つ大事にすることができたらいいかなって」と答えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00041856-crankinn-ent
クランクイン! 3月7日(月)11時40分配信

no title

no title

no title

【【芸能】土屋太鳳、日課は愛用のガラケーでブログ更新 「読者に助けてもらってる」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 14:59:33.18 ID:CAP_USER*.net
ベッキーから桂文枝師匠まで、今年の芸能界はまさに不倫スキャンダルの嵐だが、芸能人にとって不倫は、発覚した「その後」こそが大事だ。
テレビの情報番組記者A氏(30代)、スポーツ紙デスクB氏(40代)、週刊誌ベテラン女性記者C氏(50代)の3名を集め、「不倫カップルのその後」をテーマに緊急座談会を実施した。

A:年明けから芸能界の話題を独占したのはタレントのベッキー(32)と「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の不倫騒動です。
CM降板などでベッキーの事務所が被る損害は8億円と噂されるなか、最近になってベッキーがゲスと別れたと報じられました。

B:本当だとしたらもったいない。
今年2月に体調不良(脳リンパ腫と判明)で舞台を降板した俳優の松方弘樹(73)のケースでは、30歳年下の元女優・山本万里子(43)が久しぶりにマスコミに登場し、
「入籍しなくても一生松方を支えます」と告白した(『女性自身』3月15日号)。
あまりに長い期間の事実婚に驚いたマスコミ関係者も多かった。

C:1998年秋に当時の松方の妻・仁科亜季子(62)が『女性セブン』に離婚決意を告白して大騒動になったのよね。
原因が当時26歳の山本と松方の不倫だった。それから17年も事実婚が続いたわけで、二人の関係はいまとなっては美談として扱われている。ベッキーにも見習ってほしいわ。

B:てっきり入籍していると思っていたけど、事実婚のままだったのが意外だな。

A:松方さん自身も周囲に「奥さんだ」って紹介していたみたいですね。
仁科さんと子供たちの手前、籍を入れるのは控えていたとか。その子供たち(タレントの仁科克基と仁科仁美)とは絶縁しているそうで、これも不倫の現実です。

C:事実婚を続けた女性といえば、1987年にアパレル会社社長の佐々木力氏との不倫が発覚した女優の萬田久子(57)がいます。
当時の佐々木氏の妻が「絶対に萬田とは再婚しないこと」を条件に離婚に応じたというが、2011年に佐々木氏が逝去するまで彼女はその約束を守り続けたから見直したわ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160307-00000008-pseven-ent
NEWS ポストセブン 3月7日(月)7時0分配信

no title

【【芸能】芸能人不倫 篠原涼子と市村正親など結果的に祝福された例も】の続きを読む




このページのトップヘ