1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/12(土) 14:12:14.57 ID:CAP_USER*.net
新田さんは大人になった今、「元おニャン子」という肩書きを大切にしている。
「実は、そう言われるのがイヤだった時期もありました。でも、10年ぐらい前から、皆さんの中の“新田=おニャン子”のイメージを払拭するのは難しいと気づいて、
“こうなったら一生、元おニャン子という肩書きを背負ってやろう”って、覚悟を決めたんです」

31年前、埼玉の高校に通う彼女がオーディションを受けたのは、優勝特典のハワイ旅行に魅力を感じたからだ。
「それをきっかけに、バイト感覚で『夕やけニャンニャン』に出演することになります。
そして気がつくと、自分の力ではどうにもならないスゴい状況になっていたんです」 
わずか数か月で、おニャン子の人気が爆発。その中心メンバーだった新田さんはトップアイドルになった。

だが、実は当時の彼女には、交際中の男性がいた。「スタッフの方からは“将来のために別れたほうがいい”って言われました。
でも、アイドルとして、長くやる気持ちはなかったので、別れませんでした(笑)」 イヤなものはイヤだと、はっきり主張する頑固な性格だったと振り返る。
水着こそ着用したものの、セパレートタイプでの撮影はNGだったとか。
「あるとき、とんねるずの貴さん(石橋貴明)が、私の水着グラビアが載っている本を出して、“新田、これを見て、どれだけの男がヤッてるか分かるか?”って言ってきたんですよ。
当時はまだ10代ですから、それがショックで。
水着に消極的になってしまったのは貴さんのせいです(笑)」

当時の話題で避けて通れないのが、犬猿の仲といわれる国生さゆりとの関係だ。
数年前には、あるイベントを通じて和解が報道されたが……。「好きとか嫌いとかじゃなくて、さゆりちゃんとは“水と油”なんです。
そのときはシェイクしてくれた人がいてくれて、水と油がドレッシングのようにうまく混ざったんですが、しばらく放っておくと分離してしまう……」

では、その他の仲間たちとは交流はあるのだろうか?「最近も、なかじ(中島美春)とランチしたり、麻子ちゃん(白石)が連絡をくれたりしましたよ。
岡本貴子ちゃんやスーザン(山本スーザン久美子)とは、解散後の同窓会で仲良くなったんです。

さゆりちゃんたちも、仲良しメンバーで今でも集まっているみたいですよ」

おニャン子は、テレビの企画などでの同窓会的なことが多い。だが、全員が揃うケースは皆無である。
「旦那さんや、その家族、職場と、みんな、いろいろな事情があるみたいで、全員では揃えません。
旦那さんが定年になって、そうしたシガラミがなくなる60歳とか70歳のときに、全員で集まれたらいいなって思います(笑)」 
おニャン子ファンだった読者諸兄よ、そのときを気長に待とうではないか!

新田恵利 にった・えり
1968年3月17日生まれ。85年4月、おニャン子クラブ会員番号4番としてフジテレビ『夕やけニャンニャン』に出演。
86年「冬のオペラグラス」でソロデビュー。86年9月おニャン子クラブを卒業。
現在はテレビ神奈川『ありがとッ!』にレギュラー出演などの他、執筆活動や介護をテーマとした講演活動も展開。

http://dailynewsonline.jp/article/1101849/
日刊大衆 2016.03.12 09:30

no title

【【芸能】元おニャン子・新田恵利「30年目の告白」直撃インタビュー】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/12(土) 13:11:32.12 ID:CAP_USER*.net
◆ファンが心配する乃木坂46の“世代交代”

人気アイドルグループ乃木坂46のメンバーが総出演した連続ドラマ「初森ベマーズ」のブルーレイ&DVDボックス発売イベントが10日、都内の映画館で開催され、生田絵梨花(19)、西野七瀬(21)らメンバー12人が出席した。

同作は、昨夏にテレビ東京系で放送された乃木坂46初主演ドラマで、弱小ソフトボールチームを舞台に“スポ根”はもちろん、友情や恋愛などが描かれる。
生田は「半年ぶりくらいにこのユニホーム着たんですけど、シューズに泥とかが付いてて汚くて。
それが自分たちが頑張った証しだなと思いました」と明かした。

そんな乃木坂でファンから心配されているのが“世代交代”だ。

「昨年末、念願だったNHK紅白歌合戦へ初出場を果たした乃木坂ですが、今月23日に発売される最新シングル『ハルジオンが咲く頃』では、選抜メンバー17人中、14人が20歳以上になった。
これはアイドルグループの年齢構成としてはやや高め。AKB48もそうでしたが、20歳を超えた人気メンバーは卒業も視野に入ってくる。
AKBも課題として挙げられているが、乃木坂も次世代を担うメンバーの台頭が必要になっています」(アイドル誌ライター)

「ハルジオン――」のセンターを務めるのは最年長メンバーで、今作をもってグループからの卒業を表明している深川麻衣(24)だ。

「乃木坂はここ数年のシングルで、選抜メンバーが固定化されてきた。
今回は卒業する最年長の深川がセンターを務めますが、以後はAKBと同じように“世代交代”を進めると予想されている。
夏に3期生オーディションも開催されますし、新陳代謝を起こせるメンバーの加入を期待する声も多い」(同)

果たして乃木坂は世代交代という課題にどう立ち向かうのか。

写真:久々のユニホーム姿の乃木坂46メンバー
no title


東スポWeb 3月12日(土)10時40分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160312-00000008-tospoweb-ent

【【芸能】ファンが心配する乃木坂46の“世代交代”】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/12(土) 14:21:50.26 ID:CAP_USER*.net
ロック歌手の内田裕也(76)が、矢沢永吉(66)との間に噂される過去の“大ゲンカ”の真相を明かした。

「内田が矢沢をボコボコにした」などといううわさ話はかねてよりファンの間で都市伝説のように語り継がれている。
内田は11日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」にゲスト出演した際にその真相を尋ねられた。

内田は、矢沢のバンド「キャロル」がまだ駆け出しの頃に、人を介して「会いたい」と伝えてきた矢沢らと会うことになったという。
矢沢からは「僕らを男にしてください」とどうやらプロデュースの依頼があったようだ。

しかしその後、キャロルは別の人物とタッグを組むことに。
内田は「冗談じゃねぇよ、お前らが『ヨロシク』って来たんだろ」と怒り、矢沢を殴ってやろうと焼肉屋に呼びつけたという。
しかし矢沢は内田の前で正座し「自分が悪いので、1発もらえますか」と殴られる覚悟で詫びを入れたそうだ。
その姿に内田は「ここで『負けた』と思ったね。『こいつイケるな、大スターになるな』って」と振り返った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160312-00000079-nksports-ent
日刊スポーツ 3月12日(土)13時59分配信

no title

【【芸能】内田裕也、矢沢永吉を“ボコボコ”伝説の真相明かす】の続きを読む




このページのトップヘ